今治のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性…40.1℃の発熱

2022.08.10 22:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC今治は10日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該スタッフは9日に40.1℃の発熱があり、10日にPCR検査を実施。陽性判定を受けた。

なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのことだ。
また、当該者は適切な指導及び対策の下、療養しているとのことだ。

関連ニュース
thumb

今治がかつて福岡でプレーしたスペイン人GKセランテスを獲得「みなさんが望む以上の力を発揮できるように頑張ります」

FC今治は8日、スペイン3部のログロニェスからスペイン人GKセランテス(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 セランテスは、アスレティック・ビルバオの下部組織や、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)やセグンダB(スペイン3部)のチームを渡り歩いて、2014-15シーズンからレガネスでプレー。加入当初はスペインのセグンダ・ディビシオンに所属していたが、2015-16シーズンに2位でシーズンを終え、プリメーラ昇格。セランテスはそのシーズンはリーグ戦42試合に出場していた。 福岡には2019年に加入。正守護神として41試合に出場すると、2年目の2020シーズンも26試合に出場し、チームの5年ぶりのJ1昇格に貢献していた。 同年限りで退団し、短期契約でテネリフェに所属。その後、プリメーラ・ディビシオンRFEF(スペイン3部)のログロニェスへと移籍していた。 セランテスはクラブを通じてコメントしている。 「みなさん、こんにちは。ここに来ることができて、とてもうれしいです。来シーズン、2年ぶりに日本でプレーすることができます。そのため、FC今治にとても感謝しています」 「これからは、シーズンの開幕に向けて100%の力を発揮し、クラブの目標達成に向け、みなさんが望む以上の力を発揮できるように頑張ります」 「新スタジアムの雰囲気作りにご協力をお願いします。一緒に行こう今治!」 2022.12.08 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

今治、38歳GK修行智仁が契約更新 「来シーズンも応援よろしくお願いします」

FC今治は7日、GK修行智仁(38)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 修行は立命館大学卒で、ガイナーレ鳥取やFC町田ゼルビア、大分トリニータを渡り歩き、2019年から当時日本フットボールリーグ(JFL)だった今治でプレー。今季は明治安田生命J3リーグ6試合に出場した。 クラブの公式サイトを通じて今季の感謝とともに、来季に向けて決意を新たにしている。 「今シーズンも最後まで熱い応援ありがとうございました。来シーズンもFC今治でプレーすることを報告させていただきます。今シーズンの悔しさはこのためにあったと来シーズンの最後に思えるよう努力していきたいです。今年のこの悔しさが、全て未来に繋がればいいなと思います」 「そして今治のみなさん。日本中を巻き込むW杯のような大きな感動は与えられませんが、今治でここにしかない感動と特別な幸せを感じてもらえるように、選手として頑張っていきたいと思っています。里山スタジアムで会いましょう。来シーズンも応援よろしくお願いします」 2022.12.07 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本が今治退団の島村拓弥を獲得 「一日でも早く自分を認めてもらえるよう」

ロアッソ熊本は6日、FC今治からMF島村拓弥(23)の完全移籍加入を発表した。 島村は京都サンガF.C.の育成出身で、2017年からトップチーム昇格。FC岐阜や、ブラジルのロンドリーナEC、セレッソ大阪でのレンタルも経験して、2021年から今治に活躍の場を移した。 今治では初年度から出番に恵まれ、今季も明治安田生命J3リーグ22試合に出場したが、シーズン終了後に退団。来季から熊本に加わることを受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「FC今治から加入することになりました、島村拓弥です。このチャンスをくれたロアッソ熊本に感謝したいです。一日でも早く自分を認めてもらえるように試合に出て、勝利に貢献できるように頑張っていきます! よろしくお願いします」 2022.12.06 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

今治がFW高瀬太聖ら若手3選手との複数年契約更新を発表「新しい景色を見るために」

FC今治は5日、MF佐藤璃樹(19)、MF松井治輝(20)、FW高瀬太聖(19)の複数年契約更新を発表した。 鹿児島県出身の佐藤は、神村学園高校から今シーズン今治入り。明治安田生命J3リーグ第8節のカマタマーレ讃岐戦でプロデビューを飾ったが、9月に右ヒザ外側半月板を損傷。デビューシーズンはリーグ戦1試合の出場にとどまった。 松井は昨シーズンに神戸弘陵学園高校から加入すると、公式戦2試合に出場してJリーグデビュー。今シーズンはJ3リーグ第22節の鹿児島ユナイテッドFC戦が唯一の出場になった。 今治市出身の高瀬は、今治が掲げる地元の地域育成システム「今治モデル」の一期生として、昨シーズン入団。ルーキーイヤーから公式戦14試合に出場する活躍を見せると、今シーズンもリーグ戦25試合に出場して2ゴール1アシストの成績を残した。 今治と複数年契約を締結した3選手は、クラブを通じてそれぞれ新シーズンへの意気込みを述べている。 ◆佐藤璃樹 「2023年もFC今治の選手として戦います!みなさんと新しいスタジアムで新しい景色を見るためにチームのために全力で頑張ります!よろしくお願いします!!」 ◆松井治輝 「来シーズンもFC今治でプレーさせて頂くことになりました。今シーズンは8月の鹿児島戦しか試合に出てチームの勝利に貢献することが出来なかったのですが、来シーズンはもっと多くの試合に出て、自分のプレーでJ2昇格に導けるよう日々成長していきます!熱い声援よろしくお願いします!」 ◆高瀬太聖 「来シーズンもFC今治でプレーさせて頂けることになりました。今シーズンは自分にとっても結果があまり残せず悔しい気持ちでいっぱいでした。これまで以上に強くなり、ピッチでゴールを決める姿をファン、サポーターの皆さんに多く見せれるように精一杯頑張ります!」 「J2昇格に向かってもう一度、一緒に戦いましょう!そして最後に皆さんと喜びを分かち合えるよう、最後まで熱い応援よろしくお願いします!」 2022.12.05 15:52 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、修行続いたGK茂木秀が岐阜に完全移籍!

FC岐阜は5日、セレッソ大阪からGK茂木秀(23)の完全移籍加入を発表した。 桐光学園高校卒の茂木はC大阪でプロ入り後、FC町田ゼルビアや水戸ホーリーホックに続くレンタルで今年5月からFC今治に。アンダー世代の代表歴も持つ23歳GKは明治安田生命J3リーグの20試合でプレーした。 来季からはC大阪を完全に離れ、岐阜に活躍の場を求める茂木。今治を含めた3クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「初めまして。セレッソ大阪から加入しました茂木秀です。今シーズンFC岐阜さんと対戦した時のサポーターの応援や圧力は相手チームながらとても嫌な存在でした。それが来年自チームの応援となるとこんな力強いことはないと思っています。選手、サポーター一体となって来シーズンを駆け抜けましょう! このチームのJ2昇格に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。たくさんの応援よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪のサポーターの皆様、この度FC岐阜に移籍することになりました。目標であるトップチームでの出場は叶いませんでしたが、セレッソ大阪でプロ生活を始め、主にU-23で経験を積み、たくさんのいい思い出を作らせてもらいました。このチームでプレーしたい気持ちは変わらないし、いつか必ずまた戻って来て、また会える日を楽しみにしています。セレッソで培った経験を活かして、これからのサッカー人生も楽しみたいと思います! 今まで本当にありがとうございました。これからも引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆FC今治 「サポーターの皆様。半年間の間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。僕自身、FC今治での時間はとても濃く本当に大好きなチームとなりました。来シーズンこのチームでプレーすることはできませんでしたが、このチームで得れたものを活かしてまたいつかこのチームに欲してもらえるような選手になれるようこれからも頑張っていきます。また来年は対戦相手として里山スタジアムに行けるのでまた皆様と会える日を楽しみにしています! 改めて今シーズンの応援ありがとうございました。今後とも茂木秀の応援をよろしくお願いします。#モギヒヤクノトシニ 」 2022.12.05 13:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly