「ニアに入れるかと思いきや」久保建英がGKの裏をかくふんわりシュートを披露「最高!」

2022.08.10 11:51 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、又しても練習で素晴らしい動きを見せている。

レアル・マドリーから完全移籍で加入した久保は、プレシーズンマッチ4試合に出場。ゴールやアシストといった結果は残せていないものの、右サイドで一定のアピールに成功している。

元スペイン代表MFダビド・シルバとの対面など一挙手一投足に注目が集まる中、9日のトレーニングでも輝きを見せた。

ボックス内でのシュート練習の最中、左サイドからのクロスを胸でトラップした久保は、GKとの1対1に。多くの選択肢があるなか、久保はゴール中央へのチップキックを選択。完全にGKの逆をつき、シュートはネットを揺らした。

この場面をソシエダの公式YouTubeチャンネルが公開すると、ファンも「ニアに入れるかと思いきや、ファー気味に蹴る完璧なシュート」、「TAKEいいぞ!」、「TAKE最高!」と興奮気味だ。

9日の練習では、この場面以外にも何度もネットを揺らしていた久保。いよいよ14日にはラ・リーガ開幕節のカディス戦を迎えるが、リーグ戦でもネットを揺らすことができるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

久保建英が開幕戦以来の今季2点目! 先制点もアシストする躍動でソシエダの今季初連勝に貢献《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節、ジローナvsレアル・ソシエダが2日にエスタディ・モンティリビで行われ、アウェイのソシエダが3-5で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英は88分までプレーした。 現在、8位のソシエダは、11位のジローナを相手に連勝を目指した。前節のエスパニョール戦で果敢なプレスからセルロートのゴールをお膳立てし、公式戦2試合連続アシストを記録した久保は、[4-4-2]の2トップの一角で引き続きスタメン出場となった。 立ち上がりから主導権争いが続いた中、ラ・レアルの好調2トップがいきなり魅せる。開始8分、相手陣内でのルーズボールを奪った流れからダビド・シルバの絶妙なスルーパスに反応した久保が左サイド深くから正確なグラウンダーのクロスを入れると、ファーでDFの背後を取ったセルロートが右足ワンタッチで流し込み、早々の先制点とした。 日本代表とノルウェー代表の3試合連続のホットライン開通でリードを手にしたソシエダだが、以降はホームチームの反撃に遭って守る時間帯が続く。 すると、23分には左サイドでボールを持ったリケルメにスビメンディが股間を抜かれてカットインを許すと、ボックス手前左から強烈な右足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺されて同点に追いつかれる。さらに、27分にはセットプレーの二次攻撃からボックス右でベルナルドが頭で折り返したボールをアルナウ・マルティネスにダイビングヘッドで叩き込まれ、瞬く間の連続失点で試合を引っくり返される。 以降も勢いづくホームチームの圧力に晒されるソシエダだが、粘り強い戦いで何とかこれ以上の失点を凌ぐと、前半終了間際に好調のストライカーが再び決定的な仕事を果たす。42分、ボックス手前のスビメンディからの浮き球パスに反応したセルロートがボックス右の位置で胸トラップから正確な左足のボレーシュートをニア下に突き刺した。 セルロートのドブレーテによって2-2のイーブンで試合を折り返したアウェイチームだが、後半立ち上がりに出ばなを挫かれる。 48分、ハーフウェイライン付近でボールを持ったカステリャノスに長い距離を持ち上がられてボックス付近まで運ばれると、ディフェンスラインが制限をかけられないまま右足のシュートを許す。GKレミロの手前でバウンドして球足が伸びると、これがゴールネットを揺らした。 再び追う展開となったソシエダは、失点直後の50分にボックス左で仕掛けた久保が左足のシュートを放つが、これはDFに触られてわずかに枠の右へ外れる。 ここから一進一退の攻防が続く中、アルグアシルのチームが勝負強さを発揮する。66分、相手陣内右サイド深くで得たFKの場面でキッカーのブライス・メンデスが左足インスウィングで低くて速いボールを入れると、ゴール前で飛び込んだ味方は触れずも、ボールがそのままファーポストに決まった。 やや幸運な形で追いついたアウェイチームは、71分にもボックス手前左でシルバが入れたクロスをボックス中央のメリーノがトラップし損なうと、ゴール前にボールがこぼれる。これに抜け目なく反応したスビメンディがGKの寸前で右足アウトで押し込み、再び幸運な形から逆転に成功した。 その後、ホームチームが積極的な交代策でリスクを冒して攻撃に出た中、80分には前節同様に久保の果敢なプレスからセルロートにトリプレーテのチャンスが訪れるが、ここはシュートを左ポストに当ててしまう。 この決定機逸で嫌な空気が漂うが、好調の日本代表MFが勝利を大きく引き寄せる決定的な仕事を果たした。85分、自陣中央でのボール奪取からスタートしたロングカウンターで右サイドに流れたセルロートが長い距離を持ち上がる。そして、DF2枚を引き付けてボックス左へ走り込む久保へラストパスを通すと、久保は冷静に寄せてきたDFを外して左足のグラウンダーシュートをゴール右下隅へ流し込み、開幕節のカディス戦以来となる今季2点目とした。 これで勝利を確信したソシエダベンチは殊勲の2トップを下げて長期離脱明けのカルロス・フェルナンデスらをピッチに送り込み、試合をクローズ。久保の1ゴール1アシストの活躍で昇格組ジローナとの激しい打ち合いを制したソシエダが、今季初のリーグ戦連勝を飾った。 2022.10.03 03:36 Mon
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第7節プレビュー】セビージャvsアトレティコ! “FIFAウイルス”懸念の代表戦明け初戦

インターナショナルマッチウィーク前に行われた第6節では、マドリード・ダービーを制した王者レアル・マドリーが開幕6連勝を達成。また、バルセロナやベティス、アスレティック・ビルバオといった上位陣も着実に勝ち点3を積み重ねている。 “FIFAウイルス”が懸念されるカタール・ワールドカップ前最後のインターナショナルマッチウィークを経て再開される第7節では、15位のセビージャと7位のアトレティコ・マドリーによるビッグマッチに注目が集まる。 セビージャは前々節にエスパニョールを破って今季初勝利を挙げたが、以降はチャンピオンズリーグ(CL)でコペンハーゲン、ラ・リーガでビジャレアルに2戦連続ドローと復調の兆しは見受けられず。ロペテギ監督の早期解任は見送られたものの、アトレティコ、アスレティック、CLでのドルトムントとの連戦と、ここからの4連戦が現体制の命運を握る。直近2試合では守備面に一定の改善が見受けられたが、攻撃面は選手個々の不振に加え、未だ最適解を見いだせておらず、アトレティコの堅守攻略に不安を残す。 対するアトレティコもレバークーゼン、ダービーでの敗戦によって今季初の公式戦戦連敗と調子はいまひとつ。CLでは2連勝で首位に立つクラブ・ブルージュとの連戦を控えており、このセビージャ戦でのパフォーマンスを浮上の足掛かりとしたい。やり繰りに苦戦するディフェンスラインではダービーで退場のDFエルモソを出場停止で欠くが、DFサビッチ、DFヒメネス、DFレギロンらに復帰の目途が立ち、MFヴィツェルを本来の中盤に戻し、より安定したゲームコントロールが期待される。一方、開幕以降トーンダウンが顕著なストライカー陣には奮起が求められるところだ。 ヨーロッパ5大リーグでも唯一となる開幕6連勝と絶好調の王者レアル・マドリーは、5位のオサスナを相手に7連勝を狙う。中断前のアトレティコ戦では主砲ベンゼマを欠くことで苦戦も予想されたが、FWヴィニシウス、FWロドリゴ、MFバルベルデの若手トリデンテが決定的な働きをみせ、敵地で2-1の勝利を収めた。週明けに行われるCLではシャフタールとの首位攻防連戦が控えるが、まずは難敵オサスナを相手に結果を残したい。 オサスナ戦ではクラブ、代表でフル稼働だったMFモドリッチの離脱にDFアラバもコンディションに不安を抱えるが、代わって負傷明けのベンゼマの復帰が決定的と見られ、自身不在の中で躍動した若手アタッカー陣との共演による攻撃陣のさらなる爆発が期待される。一方、対戦相手のオサスナはここまで2連勝後に敗戦というサイクルが続き、直近のヘタフェ戦では敗戦を喫しているが、自慢の堅守を武器に王者を撃破して前述のサイクルを継続することになるのか。 その王者を2ポイント差で追う2位のバルセロナは、10位のマジョルカとのアウェイゲームで6連勝を目指す。中断前の前節は前半序盤に数的優位を得た結果、FWレヴァンドフスキのドブレーテの活躍などで3-0の完勝を収めた。ただ、週明けからインテルとの重要なCL連戦を控える中、このインターナショナルマッチウィークでは“FIFAウイルス”に罹患。DFアラウホ、DFクンデ、MFフレンキー・デ・ヨング、FWデパイが代表活動中に負傷した上、チーム残留組のDFベジェリンと4選手が離脱を余儀なくされた。 そのため、今回のマジョルカ戦ではインテル戦に備えて大幅なターンオーバー敢行が見込まれており、緊急事態の右サイドバックに関してはDFセルジ・ロベルトが間に合わない場合、DFクリステンセンかDFエリック・ガルシアを右に回してDFピケをセンターバックで起用するか、3バックへの変更が想定される。FWムリキら馬力のある相手攻撃陣にへの対応に不安を残すだけに、[5-3-2]のソリッドな戦いを志向するホームチームに対して攻撃陣の力で押し切りたい。 MF久保建英を擁する8位のレアル・ソシエダは、11位のジローナを相手に連勝を目指す。久保は前節のエスパニョール戦で果敢なプレスからFWセルロートのゴールをお膳立てし、公式戦2試合連続アシストを記録。チームの2-1の勝利にきっちり貢献した。今回のインターナショナルマッチウィークではアメリカ代表戦で上々のパフォーマンスをみせ、エクアドル戦は完全休養となっており、今回のジローナ戦でもスタメン起用が濃厚だ。チームでは今季絶望のFWサディクに加え、FWカルロス・フェルナンデス、FWチョがコンディションの問題を抱えており、前述のセルロートやカンテラーノらと共にフル稼働が求められるところだ。 その他では連勝を狙う3位のベティスと13位のセルタが対峙するカード、開幕から唯一未勝利が続く最下位のエルチェの試合に注目したい。 《ラ・リーガ第7節》 ▽9/30(金) 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs アルメリア ▽10/1(土) 《21:00》 カディス vs ビジャレアル 《23:15》 ヘタフェ vs バジャドリー 《25:30》 セビージャ vs アトレティコ・マドリー 《28:00》 マジョルカ vs バルセロナ ▽10/2(日) 《21:00》 エスパニョール vs バレンシア 《23:15》 セルタ vs ベティス 《25:30》 ジローナ vs レアル・ソシエダ 《28:00》 レアル・マドリー vs オサスナ ▽10/3(月) 《28:00》 ラージョ vs エルチェ 2022.09.30 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「愛されてるねぇ」日本代表から帰ってきた久保建英をソシエダが“優しく”歓迎「あたたかく素敵なチーム」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がクラブに帰還した。 カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表前最後の実戦となった9月の欧州遠征のメンバーに入った久保は、23日のアメリカ代表戦に先発。本大会に向け一定のアピールに成功した。 27日のエクアドル代表戦では出番のなかった久保だが、遠征を行っていたドイツからスペインへと帰国。早速クラブでの練習に参加した。 練習の冒頭では、ソシエダの選手たちが花道を作り、その間を久保が通って頭をポンポン叩かれるという恒例の儀式が。かなり優しめの頭ポンポンだったが、花道の最後ではイマノル・アルグシアル監督が帰ってきた久保を笑顔で迎え入れた。 歓迎の様子はソシエダの公式ツイッターでも伝えられ、「愛されてるねぇ」、「本当に久保はいいクラブに入ったね」、「イマノル監督素敵」、「あたたかく素敵なチーム」と日本のファンも反応している。 この日はあいにくの雨中でのトレーニングとなったソシエダ。10月2日にはラ・リーガ第7節でジローナとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】ソシエダの選手と監督が久保建英を優しく”歓迎</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/IFrVaJlPps">pic.twitter.com/IFrVaJlPps</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1575444359557922817?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 11:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダ育ちのCBが久保建英に驚いたことを告白「まさか、こんな人だとは思っていなかった」

レアル・ソシエダのDFアリツ・エルストンドが、今夏加入した日本代表MF久保建英について語った。スペイン『El Desmarque』が伝えた。 エルストンドはソシエダ育ちのセンターバック。下部組織で育ち、2016年1月にファーストチームに昇格した。 これまで公式戦203試合に出場し11ゴール7アシストを記録。今シーズンもここまでラ・リーガで5試合、ヨーロッパリーグ(EL)で2試合に出場している。 主力センターバックとしてプレーするエルストンドだが、『El Desmarque』のインタビューに応じ、チームメイトについて言及。その中で、久保について印象の違いに驚いたとコメントしている。 「初日からおしゃべりが好きで、チームに入りたいと言ってくれた。まさか、こんな人だとは思っていなかったので、ビックリしたよ。僕たちはずっと驚いていた」 「彼はとても陽気だし、毎日話したり、必要な時は笑ったりして、僕たちを驚かせていた」 「ロッカールームでの彼の良い雰囲気に加えて、フィールドで彼を見た時のクオリティは注目に値したね。彼が僕たちと一緒にいることは成功だし、喜びだよ」 久保もクラブの公式インタビューで「あんまり喋らないイメージがあると思うんですけど、実はロッカーではめちゃくちゃ喋ってます」とコメントしていたが、チームメイトもその事実にかなり驚いた様子。ただ、良い関係をチームで築いているようだ。 2022.09.27 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ソシエダの久保建英が周りからの印象とのギャップを告白「実はめちゃくちゃしゃべります」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がクラブの一問一答に応じ、クラブのこと、自身のことを語った。 久保は今夏、完全移籍でソシエダに加入すると、ここまで公式戦8試合で1ゴール2アシストを記録。開幕戦で加入後いきなりゴールを決めると、18日に行われた第6節のエスパニョール戦でもアシストを記録。チームの中での重要な役割を担っている。 日本代表でもクラブの経験を生かし、23日のアメリカ代表戦では左サイドで先発出場していた久保だが、クラブはこのタイミングで久保への20個の質問とアンサーを公開している。 話せる言語については「2.5くらいですね。スペイン語、日本語、ちょっとだけ英語って感じです」とした久保。その他、得意料理は「カレー」、肉か魚なら「肉」、一緒にプレーしたいレジェンド選手は「ロナウジーニョですね」など久保はプライベートについても語っている。 そして、「まわりの人が持つ印象で実際と違うこと」については、「あんまり喋らないイメージがあると思うんですけど、実はロッカーではめちゃくちゃ喋ってます」と明かし、周りからの印象とはズレがあると明かしている。 その他にも、好きな曲や今観てるドラマまで回答している久保。21歳の素が垣間見えている。 <span class="paragraph-title">【動画】「スーパーヒーローになるとしたら?」久保建英が20個もの質問に答える!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">喋り出すと止まらない<br><br>タケ・クボへの20の質問<a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/uBt7rWqcha">pic.twitter.com/uBt7rWqcha</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1573975602977202176?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.26 21:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly