甲府がブラジル人FWジェトゥリオを期限付き移籍で獲得…ブラジル2部で20ゴール

2022.08.10 10:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴァンフォーレ甲府は10日、ブラジルのトンベンセからブラジル人FWジェトゥリオ(25)を期限付き移籍で獲得することを発表した。

期限付き移籍期間は2022年12月31日までとなる。背番号は「29」に決定した。

ジェトゥリオは、トンベンセでキャリアをスタート。アヴァイ、パソス・デ・フェレイラへの期限付き移籍を経験すると、今シーズンはヴァスコ・ダ・ガマへと期限付き移籍してプレーしていた。
これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)で98試合で20ゴール9アシストを記録。セリエAでは8試合でノーゴールだった。

今シーズンはヴァスコ・ダ・ガマでセリエB14試合に出場し1ゴール1アシストだった。

ジェトゥリオはクラブを通じてコメントしている。

「初めまして、ジェトゥリオです。ヴァンフォーレ甲府からチャンスを頂き、とても幸せです」

「早くチームに合流し、選手の皆と力を合わせて、クラブの全ての目標を達成出来る様に頑張ります。サポーターの皆様、共に戦いましょう!」

関連ニュース
thumb

甲府が大和優槻、山内康太、内藤大和と契約更新

ヴァンフォーレ甲府は7日、DF大和優槻(19)やGK山内康太(23)、FW内藤大和(18)の契約更新を発表した。 今年4月にプロ契約を結び、アカデミーから昇格した内藤を含め、3選手ともに今季入団のルーキー。今季の明治安田生命J2リーグでは大和が7試合出場、山内が出場なし、内藤が3試合出場の数字を残した。3選手はクラブを通じて、それぞれ来季の抱負を語っている。 ◆大和優槻 「今年1年間どんな時も熱いサポート、ご声援ありがとうございました。来シーズンも甲府でプレーすることが決まりました。5月にプロデビューしプロの厳しさを痛感した1年でした。今年悔しい思いをした分、来年はJ1昇格へと導ける選手になれるように頑張ります。来シーズンも熱い声援、サポートよろしくお願いします」 ◆山内康太 「2023シーズンも甲府でプレーさせていただけることになりました。ありがとうございます。2022シーズンは、ヴァンフォーレ甲府の選手としてチームの勝利に貢献できず、自身の未熟さ脆さを痛感させられたシーズンでした。しかし、自分自身の現状を知る事ができた分『自分はこう言う選手になりたいんだ』と、これから追い求めていくべき理想の姿をはっきりと確立することができたシーズンでもありました。2023シーズンも自分の思い描く大きな野望に向かって、いつも通り一つずつ積み上げていきます。よろしくお願いします!」 ◆内藤大和 「今シーズンも熱い応援ありがとうございました。なかなか試合に絡めなかったり、怪我が多く、とても悔しくプロの厳しさを味わったシーズンでした。来シーズンはサポーターの皆様の期待に結果で応えられるように覚悟を持って戦います。来シーズンも引き続き熱い応援よろしくお願い致します」 2022.12.07 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

J2昇格の藤枝、甲府のGK岡西宏祐を完全移籍で獲得 「新しい歴史をクラブと共に築いていける」

藤枝MYFCは7日、ヴァンフォーレ甲府からGK岡西宏祐(32)の完全移籍加入を発表した。 大阪府出身の岡西は中央大学を経て2013年に甲府入り。長く控えGKとしての立ち位置が続いたが、2020シーズンに開幕スタメンを勝ち取ると、守護神として明治安田生命J2リーグで36試合に出場した。 しかし、その後は再び第2GKに降格。今シーズンは公式戦8試合の出場にとどまり、天皇杯でもラウンド16までは先発としてプレーしたが、決勝での出番はなかった。 長年過ごした甲府から去る決断を下した岡西は、両クラブを通じてこれまでの感謝と新天地での意気込みを述べている。 ◆藤枝MYFC 「このたび藤枝MYFCに加入することになりました、岡西宏祐です。サッカーのまち藤枝でプレーできることに今からワクワクしています。須藤監督率いる藤枝の攻撃的で観客を魅了するサッカーにおける ゴールキーパーの重要性は 試合を観ていても感じているので、責任は重いですがやりがいのある仕事だと思っています」 「J2初挑戦で、これから新しい歴史をクラブと共に築いていけることに大きな喜びを感じています。このクラブのために全身全霊で戦い、サポーターの方々の期待に応えられるように頑張ります。僕自身 初めての移籍なので、このサッカー文化が根付いた地域 藤枝が好きになれるように過ごしていければと思っています。来シーズン、共に戦いましょう」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「リリースの通り、来シーズンから藤枝MYFCでプレーすることに決めました。高校時代を含めて13年間過ごした山梨は、僕にとって特別な場所であり、地元以上に大切で大好きな場所になりました。高校時代に小瀬でヴァンフォーレ甲府の試合を観て、いつかこのクラブのユニフォームを着てピッチに立ちたい。それが僕の夢になりました」 「大学時代にオファーを頂いた時は本当に嬉しかったです。一方でプロ選手にはなれたものの、周りと自分のレベルの差を肌で感じ、何も出来ずに数年が過ぎました。もしそのときにクラブを去っていたら僕にとっての山梨生活は苦い思い出となっていたはずです」 「佐久間社長をはじめ、このクラブは試合に出場していない僕のことを信じて契約し続けてくれました。この頃から、いつかこのクラブに恩返しがしたいという気持ちになりました。そして、今年の天皇杯優勝。クラブ、選手、サポーター全員の力で勝ち取ることができました」 「日産スタジアムで体感したホームのような大声援は、ベンチに座っていても鳥肌が立ちました。そしてあの場で優勝カップを掲げられた事は一生忘れないです。ただ、なかなかピッチに立てない悔しさがあったのも事実で、この気持ちはまた来年の原動力にしようと思っていました」 「そのタイミングで今回のオファーを頂き、甲府一筋で引退したい気持ちと、もう一度、違う環境でチャレンジしたい気持ちの両方が出てきました。しっかりと考えているうちに、自分の中で決めたクラブへの恩返しとして、天皇杯を優勝することができ、最高の喜びをサポーターの方々と分かち合え、タイミングとしても今じゃないのか、そして、日を追うごとに、ここでチャレンジしないとずっと後悔が残ってしまうと思い、移籍を決断しました」 「来シーズン、星のついたユニフォームを着れないのは本当に残念ですが、自分で決めた道に後悔のないように、頑張ってきます。自分のことばかり長々と書いてしまいましたが、山梨の方々には本当にお世話になり、可愛がっていただきました」 「いろいろな所で『おかにー』と声をかけてくれる温かい方々、街、そしてこのクラブが大好きです。来年は同じカテゴリーのJ2に所属しますが、このクラブのことはいつまでも応援しています。10年間こんな僕を応援してくださり、本当にありがとうございました」 2022.12.07 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ACL戦う甲府、J3讃岐FWを完全移籍で獲得「J2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレー」

ヴァンフォーレ甲府は6日、カマタマーレ讃岐のFW松本孝平(28)が完全移籍で加入することを発表した。 松本は神奈川県出身で、国士舘大学から2017年に名古屋グランパスへと入団。SC相模原、FCマルヤス岡崎、FCティアモ枚方でプレー。今シーズンから讃岐に完全移籍で加入した。 松本は讃岐では明治安田生命J3リーグで31試合に出場し9得点を記録していた。 松本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「この度、カマタマーレ讃岐より加入させていただきます、松本孝平です。この歴史あるクラブ、ヴァンフォーレ甲府でプレーできることにとても感謝しています」 「天皇杯での活気ある甲府サポーターの熱い応援。そして、優勝という素晴らしい功績、とても震えました」 「来シーズンのJ2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレーしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆カマタマーレ讃岐 「この度、ヴァンフォーレ甲府に移籍になりました。まず今シーズン通して応援してくださったファン、サポーターの皆さま、チームがどんな状況でも支えていただきありがとうございました」 「正直みなさんが思うような結果ではなかったと思います。僕自身ももっともっとチームに貢献できたと思います。JFLで、もがき苦しんでいた僕に再びJリーグの舞台で闘う機会を与えてくれたこのクラブ。そしてチームを支えていただいているスポンサーの皆様には本当に感謝しています」 「Jリーグで1番若いチームとしてシーズンが始まり。経験が浅い選手が多い中、僕がみんなにできることは常に結果を求め、その姿勢を見せること。常に自分に何が足りなくてどうすれば良くなるのかを考え行動すること。それも全て今シーズン共に闘ってくれた仲間たちに学ばせてもらったことです」 2022.12.06 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府が飯島陸、林田滉也、小林岩魚と契約更新

ヴァンフォーレ甲府は6日にFW飯島陸(23)、MF林田滉也(23)、MF小林岩魚(26)の3選手と契約更新したと発表した。 飯島は法政大学在学中の特別指定選手を経験して今季から入団し、関東学院大学卒の林田もルーキー。甲府のアカデミーで育った小林は専修大学を挟み、2019年からプレーしている。 チームとして天皇杯で初タイトルも獲得した今季の明治安田生命J2リーグでは飯島が24試合2得点、林田が12試合出場、小林が21試合出場を記録。3選手はそれぞれ来季の抱負を語った。 ◆飯島陸 「今シーズンも熱い応援ありがとうございました! 2023年シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーをさせていただきます。今シーズン、プロサッカー選手として初めてピッチに立ち、それを応援して下さる、ファン、サポーターの皆さまの声援を間近で感じる事ができました」 「そして、思った事はその声援と期待にもっと答えれるような選手になりたいと強く思う事ができたシーズンです。2023シーズンはもっとヴァンフォーレ甲府に勝利をもたらせる選手になります! 引き続き、共に熱く闘いましょう!」 ◆林田滉也 「2023年もヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくこととなりました。ルーキーイヤーとなった今シーズンは、大きな怪我もあり、チームに貢献できなかったことは本当に悔しく思います。2023年シーズンは、プロサッカー選手としてプレーする機会を与えてくださったヴァンフォーレ甲府に恩返しができるよう、結果を求めてプレーします。来シーズン、元気な姿で皆様とスタジアムでお会いできる日を楽しみに、引き続きリハビリに励んで参ります!!」 ◆小林岩魚 「ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての皆様、今シーズンも最後まで最高の応援、そして熱いサポートをありがとうございました。来シーズンも甲府で戦うことになりました! 愛するこのチーム、生まれ育ったこの街でプレーできることは自分にとって誇りです。来季はACLにチャレンジしつつJ1昇格に向けて戦っていくという未知のシーズンになります。自分の左足で1試合でも多くの勝利を届けられるように全力で努力します。 今シーズンも終盤で大怪我をしてしまいました。来シーズンは絶対に怪我をしたくはないですが、そんな保証はどこにもありません。毎試合、これが最後の試合になっても後悔しないと言えるくらいピッチで全てを出し切りたいです。来シーズンもよろしくお願い致します!」 2022.12.06 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京DF蓮川壮大、次は甲府にレンタル 「必ずJ1に昇格しましょう」

ヴァンフォーレ甲府は5日、FC東京からDF蓮川壮大(24)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。同期間中、FC東京との全公式戦に出場できない。 蓮川はFC東京のアカデミー卒で、明治大学に進学。大学時代に2種登録も経験して、2021年に古巣のFC東京でプロ入りした。 今季もFC東京でスタートしたが、2022年5月からいわてグルージャ盛岡にレンタル。明治安田生命J2リーグ11試合に出場した。 来季からは天皇杯王者としてAFCチャンピオンズリーグも控える甲府へ。クラブの公式サイトで意気込みを語っている。 「この度、FC東京から加入することになりました、蓮川壮大です。身体能力を活かし、強度の高いプレーで対峙する相手に絶対に負けないというこだわりを持ちながら状況に応じてドリブルと走力で局面を打開し、チームの勝利に貢献したいです」 「ヴァンフォーレ甲府は、僕が小さな頃から凄く良い印象に残っており、青色のかっこいいユニフォームを含め、好きなチームです。また、山梨は自然が豊かな場所で、名物のほうとうも好きなので新たな生活にも期待が膨らみます。甲府の勝利の為に全力で戦います。そして必ずJ1に昇格しましょう。応援よろしくお願いします」 一方で、FC東京を通じては「このたび、ヴァンフォーレ甲府に期限付き移籍することになりました」と移籍を報告しつつ、成長を期した。 「FC東京と同じ青赤のユニフォームを着て、選手として一回りも二回りも大きくなり、成長してまた戻って来れるように頑張って来たいと思います。引き続きの応援よろしくお願いします」 なお、岩手の公式サイトでは「夏からの半年間という短い期間でしたが、ありがとうございました」と別れの挨拶をしている。 「絶対に残留させるという強い気持ちを持ってこのチームに来ましたが、結果的には降格することになってしまい、また、怪我でチームにも迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳ありません」 「いわてグルージャ盛岡に何一つ貢献できず、自分の力不足を感じました。ただ、何度負けても、ファン、サポーターの方々の声援は、次の試合に向けてのパワーになりました」 「ここで得た物を次のステージに活かして頑張ります。いわてグルージャ盛岡ファミリーの皆さん、本当にありがとうございました」 2022.12.05 10:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly