京都がウクライナからブラジル人FWパウリーニョ・ボイアを期限付きで獲得…ユーティリティ性が高い万能型のFW

2022.08.10 10:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
京都サンガF.C.は10日、ウクライナのメタリストからブラジル人FWパウリーニョ・ボイア(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は「47」をつける。

パウリーニョ・ボイアは、サンパウロから2018年8月にポルティモネンセへとレンタル移籍。その後、サン・ベント、ジュヴェントゥージでのプレーを経て、2022年1月にメタリストへと完全移籍する。

しかし、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まったことで国外へ退去。アメリカ・ミネイロでプレーしていた。
ポルティモネンセ時代には日本代表GK権田修一(清水エスパルス)とチームメイトだった。

カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)では、39試合で3ゴール1アシスト。セリエBでは24試合で3ゴール1アシストを記録していた。

京都はパウリーニョ・ボイアについて「CFとしてプレーすることが多いが、左右ウイング及びトップ下(シャドー)など前線のポジションはどこでもこなせるユーティリティな選手。小柄ながらテクニックとスピードがあり、前線での突破に長けている。また、ハードワークができることから攻守にわたってチームに貢献することができる」とプレーの特徴を紹介している。

パウリーニョ・ボイアはクラブを通じてコメントしている。

「私に京都でプレーするチャンスを与えて下さったことに対し、また、チームが望む目標を達成するお手伝いが出来ることに感謝したいと思います。日本でプレーするという夢をかなえることが出来ましたので、京都をチャンピオンに導けるよう全力を尽くします」

関連ニュース
thumb

J1残留の京都、DFアピアタウィア久、MF荒木大吾と契約更新

京都サンガF.C.は8日、DFアピアタウィア久(24)、MF荒木大吾(28)との契約更新を発表した。 アピアタウィアは、流通経済大学から2021年にベガルタ仙台に入団。今シーズンから京都に完全移籍し、明治安田生命J1リーグで17試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 荒木は柏レイソルの下部組織育ちで、青山学院大学へと進学。2016年にジュビロ磐田に入団すると、2020年から京都でプレーしている。 今シーズンはJ1で15試合、ルヴァンカップで7試合、天皇杯で3試合に出場した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DFアピアタウィア久 「夏以降怪我でなかなかプレーできず、チームが苦しい時に力になれず本当に申し訳ありませんでした」 「2023シーズン、京都サンガF.C.の勝利に貢献し、サポーターの方々と共にたくさんの喜びを分かち合えるよう全力で戦います。応援よろしくお願いします」 ◆MF荒木大吾 「今シーズンも応援ありがとうございました。2023シーズンは京都サンガF.C.をJ1で勝たせられる存在に、より進化した自分を魅せたいと思います!たくさんの勝利を掴み取りましょう!」 2022.12.08 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府がACLで9試合4得点、京都退団のFW武富孝介を獲得「全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」

ヴァンフォーレ甲府は8日、京都サンガF.C.を契約満了となっていたFW武富孝介(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 武富は柏レイソルの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格。ブラジルのモジミリンで半年間プレー。その後柏に復帰すると、ロアッソ熊本、湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経験する。 2018年に浦和レッズへと完全移籍。2019年には期限付き移籍で湘南へ戻ると、2021年から京都でプレーしていた。 京都では加入1年目に明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点を記録。今シーズンは明治安田生命J1リーグで25試合に出場し3得点、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も2015年の柏時代に9試合に出場し4得点を記録している。 甲府に加入する武富は、クラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました武富孝介です。自分を必要としてくれたこのチームのために全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」 「J2リーグ、天皇杯、そしてACL、全ての試合で山梨全体が盛り上がり、喜んでもらえるように自分の持っている全てを出し切ります」 「どんなときでもチームが一体感を持ち、ポジティブに前へ進んでいけるように努力していきたいと思います」 「みなさんとスタジアムで会えるのを楽しみにしています!よろしくお願いします!」 2022.12.08 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

京都が主将の松田天馬、麻田将吾と契約更新! 「日々努力して引っ張る存在に」

京都サンガF.C.は7日、MF松田天馬(27)とDF麻田将吾(24)の契約更新を発表した。 鹿屋体育大学出身の松田は湘南ベルマーレでプロ入り後、2021年に京都入り。麻田は京都の下部組織育ちで、レンタル先のカマタマーレ讃岐から今季復帰した。 両選手はともに主力として徴用され、主将も務めた松田が公式戦32試合1ゴール、麻田が42試合出場を記録。クラブを通じて、それぞれ来季の抱負を語った。 ◆松田天馬 「京都サンガF.C.を支えてくださる全ての皆さま、今シーズンも熱い想いを常に届けていただきありがとうございました。来シーズンも共に戦う事を決めました。このチームの成長を手助けできるよう、日々努力して引っ張る存在になっていきます! 京都の街のように一緒に大きく強くしていきましょう。よろしくお願いします」 ◆麻田将吾 「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。来シーズンも京都の一員としてプレーできることをとても嬉しく思います。京都サンガF.C.に関わる全ての人が一丸となって、より多くの勝利を掴み取れるように一緒に頑張りましょう!! 来シーズンもよろしくお願いします」 2022.12.07 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「ここでタイトルを取り、日本一になります」33歳GK上福元直人が京都から川崎Fへ完全移籍!

川崎フロンターレは7日、GK上福元直人(33)が京都サンガF.C.から完全移籍加入することを発表した。 上福元は2011年に順天堂大学から大分トリニータに加入しプロ入り。しばらく公式戦デビューを迎えられなかったが、当時J2だった2015年についに初出場。翌シーズンはJ3に降格したチームで19試合に出場し、1年でのJ2昇格に貢献。そして2017年は守護神としてゴールマウスに立った。 2018年から東京ヴェルディに活躍の場を移し、2シーズンを通してJ2全試合に出場。2020年には徳島ヴォルティスへ移籍し、ここでも守護神として活躍。J2優勝に貢献し、2021年にJ1デビューを果たした。 昨季は京都に移籍し、リーグ戦31試合に出場。チームは16位フィニッシュで降格の危機に直面したが、プレーオフで上福元はロアッソ熊本の得点を1点に抑え、レギュレーションのアドバンテージを生かして残留となった。 そして、33歳にしてJリーグトップクラスの川崎へ移籍することになった上福元。川崎と京都の公式サイトを通じて、意気込みと感謝を語っている。 ◆川崎フロンターレ 「京都サンガF.C.から来ました、上福元直人です。ここでタイトルを取り、日本一になります。そしてその先の、川崎フロンターレが目指す場所に向かいます。勝つための準備、財産を持ってここに来ました。自分を信じて戦います。いかなる時も勝つにふさわしい選手、チーム、戦いを追い求め日々努力してまいります。熱いご支援よろしくお願いします」 ◆京都サンガF.C. 「2022シーズンの大きなご支援、ご声援本当にありがとうございました。応援して下さる全ての方が期待していたものに至らない部分も多かった中で、皆様の熱いサポートが私達に最後まで勇気を与え、来シーズンのJ1という舞台をサンガに関わるみんなの力で守る事が出来ました」 「そして自分自身、更なる成長を誓い、京都サンガF.C.に行くと決断したあの日の自分を誇りに思います。ここでしか得られない経験を日々自分の財産に変えることが出来ました」 「どんな時も勝利を追い求め、一つにまとまってプレーし続けたチームメイトのみんな。曺さんをはじめ、選手の成長をサポートしてくれたテクニカルスタッフの皆様。一年間怪我と病気無くプレーさせてくれたメディカルスタッフの皆様。困難な要求でもスケジュールや用具を選手にストレスなく管理して下さる裏方の皆様。緊急事態にもスムーズにTOPチームを支えてくれたアカデミースタッフの皆様。影ながらチームを支えて下さるフロントスタッフの皆様。天から見守ってくれている稲盛さんをはじめ、支援して下さるスポンサー、行政の皆様。そしてどんな時でも心から勝利を願い拍手、声出しで支え続けてくれたサポーターの皆様。そんなみんなで作ったサンガスタジアムby KYOCERAの一体感を忘れる事はありません」 「自分自身のチャレンジはこれからも続きます。その中で決断した選択をまた誇りに思えるよう自分らしく全力で戦っていきます。一年間とは思えないくらいの大切な時間を与えて下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」 2022.12.07 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、町田の主将MF平戸太貴を完全移籍で獲得! 「このクラブで何かを成し遂げられるように」

京都サンガF.C.は7日、FC町田ゼルビアからMF平戸太貴(25)の完全移籍加入を発表した。 ジュニアユース時代から鹿島アントラーズの下部組織で育った平戸は2016年に昇格し、2017年から2年間にわたって町田に期限付き移籍。2019年に鹿島復帰を果たすが、同年途中から町田に完全移籍で再加入した。 町田では不動の主軸としてプレー。今シーズンもチームが目標としていたJ1昇格を逃すなかで、キャプテンとして明治安田生命J2リーグ38試合に出場して、9ゴールの活躍を見せた。 新シーズンからJ1での挑戦に臨む平戸は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「京都サンガF.C.に加入することになりました、平戸太貴です。京都サンガF.C.の勝利に1日でも早く貢献して、そしてこのクラブで何かを成し遂げられるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、京都サンガF.C.に移籍することになりました。FC町田ゼルビアにはレンタル期間も含め5年半在籍させていただきました。これまでを振り返るとFC町田ゼルビアでは本当に様々な経験をさせていただきました」 「決して恵まれる環境ではない中で、FC町田ゼルビアに関わる全ての方達が同じベクトルに向かって戦い、J2優勝を目の前まで掴みかけていた2018年。そして、クラブ全体で明確にJ1昇格という目標を掲げた今シーズン。僕自身、FC町田ゼルビアで絶対にJ1昇格するという強い気持ちを持って、皆さんからの期待や想いを背負い戦ってきました。ただ、自分の力不足で不甲斐ない結果となってしまいました」 「今シーズンは人生で初めてのチームキャプテンも任せていただき、1つのチームをまとめて上へ引っ張っていくことが、これほど大変なことなのかと改めて感じさせられました。このクラブに加入した当時。19歳で何もない僕をプロサッカー選手として、1人の人間としてここまで成長させてくれたのはこのクラブです」 「ここで出会った監督・スタッフ・選手・フロントの方々。FC町田ゼルビアに関わり、応援してくださる全ての方のおかげです。本当にありがとうございました。嬉しいこと・楽しいこと、苦しいこと・悔しいこと。ここでの全ての経験が僕にとっての大きな財産です」 「大好きなこのクラブを離れるのは本当に寂しいですし、たくさんの思い入れもあります。ここで目標を達成できなかったことはとても悔しいですが、この想いを胸に、J1での活躍を期待して応援していただけると嬉しいです」 「最後にどんな時も熱く応援をしてくださり、前向きな声をかけてくださった沢山のファン・サポーターの皆さん。本当にありがとうございました。頑張ってきます。FC町田ゼルビアの躍進とJ1昇格を心から応援しています!」 2022.12.07 10:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly