ヴェルナーが完全移籍でライプツィヒ復帰

2022.08.10 02:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは9日、チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約27億6000万円)+アドオンとのことだ。

ヴェルナーは2020年夏にライプツィヒから5300万ユーロ(約72億8000万円で)の移籍金でチェルシーに加入。新たなエースとしての期待が寄せられていたが、イングランドではブンデスリーガで見せていたほどの決定力を発揮できず。昨シーズンはプレミアリーグで21試合出場4ゴール1アシストの成績にとどまるなど、不本意なシーズンを過ごした。

一時はユベントスやニューカッスルへの移籍も取り沙汰されたたが、古巣復帰となった。
なお、ヴェルナーはライプツィヒ在籍期間に156試合90ゴール40アシストと圧倒的なスタッツを叩き出していた。

関連ニュース
thumb

骨髄提供のオルバン、ウニオンとの上位対決欠場か

ライプツィヒのハンガリー代表DFヴィリー・オルバンが、11日に行われるブンデスリーガ第20節ウニオン・ベルリン戦を欠場する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 2017年から骨髄バンクに登録していたオルバン。この度、適合者が現れたとのことで4日のケルン戦後、幹細胞を採取する注射を受けていた。その影響でウニオン戦を欠場する可能性があるという。 ライプツィヒによれば8日か9日には練習に戻れるとのことだが、今季フルタイム出場でライプツィヒの守備の要であるオルバンは2位ウニオニとの上位対決に出場できるだろうか。 なお、オルバンはドナー登録について「もっと多くの人が登録してくれることを願っている。とても簡単なことだ。私は日々、周りの人に助けられていると感じる。ドナー登録は理にかなったことだ」とコメントした。 2023.02.07 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯で大注目のクロアチア代表DFグヴァルディオル、行き先の希望は一択か…移籍金は150億円超に

カタール・ワールドカップ(W杯)で大きな注目を集めたクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(21)だが、移籍先の希望は決まっているようだ。 グヴァルディオルは、ディナモ・ザグレブから2021年7月RBライプツィヒへ完全移籍。加入1年目ながらブンデスリーガで29試合に出場し2ゴール2アシストを記録するなど、公式戦46試合に出場し2ゴール4アシストを記録した。 今シーズンも公式戦24試合で1ゴールを記録。カタールW杯でもクロアチアの守備の要としてプレーし、チームの3位に貢献していた。 今冬の移籍市場でステップアップするかと思われたが、結果として残留。ライプツィヒとは2027年6月まで契約を結んでいる状況だ。 ただ、夏にはビッグクラブへステップアップすると予想されているなか、イタリア『カルチョメルカート』は行き先はすでに決まっているとした。 グヴァルディオルには、インテルやユベントスなども興味を寄せているが、ラ・リーガやプレミアリーグに行くとされている。 しかし、『カルチョメルカート』によれば希望はレアル・マドリーとのこと。そして、マドリーも獲得リストに入れているという。 グヴァルディオルの移籍金は1億〜1億1000万ユーロ(約142億〜156億円)と見られており、簡単には合意に持っていけないとみられている。なお、これまでのDFの最高額はマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアで8700万ユーロ(約123億6000万円)となっている。 ただ、代表チームの大先輩であるルカ・モドリッチが所属するマドリーに行きたいという意志は明確とのこと。マドリーが投資をするのかどうか注目されている。 2023.02.06 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒにケイデン・クラークが復帰! アメリカ帰りの19歳攻撃的MF

ライプツィヒは3日、ニューヨーク・レッドブルズにレンタルしていたU-20アメリカ代表MFケイデン・クラーク(19)が復帰することを発表した。背番号は28番を着用する。 アメリカにあるバルセロナアカデミー出身の180cmの攻撃的MFは、2020年2月にNYレッドブルズのリザーブチームであるNYレッドブルズⅡに加入すると、リーグ戦12試合3ゴール5アシストの活躍を披露。 そのパフォーマンスが評価され、同年10月に行われたアトランタ・ユナイテッド戦ではいきなりスタメンでMLSデビューし、チームを1-0の勝利に導く決勝点を決める鮮烈なデビューを飾った。 さらに、そのデビュー戦から3日後のトロントFC戦でも見事なミドルシュートを突き刺し、2試合連続ゴールを達成。そして、17歳4カ月18日でのMLSデビュー戦からの2試合連続ゴールは、歴代最年少記録となった。 2021シーズンからは本格的にトップチームに定着し、MLSで24試合4ゴール3アシストを記録。ただ。2022シーズンはヒザのケガもあり出場時間が減少。リーグ戦では16試合1ゴール1アシストにとどまり、通算成績は49試合8ゴール4アシストだった。 トップ下から両ウイングまでこなせるケイデン・クラーク。今季のブンデスリーガは現状で首位バイエルンから5位のフライブルクまで3ポイント差にひしめき合う、例年にない大混戦が繰り広げられており、19歳には優勝争いに向けて追い風となる活躍が期待されている。 2023.02.04 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ダニ・オルモが負傷で数週間離脱…ウニオン戦やCLシティ戦の出場は微妙

ライプツィヒは28日、スペイン代表FWダニ・オルモの負傷を報告した。 27日に行われたブンデスリーガ第18節のシュツットガルト戦で負傷し、ハーフタイムでの交代を余儀なくされたダニ・オルモ。検査の結果、左太ももの筋繊維断裂が判明し、数週間の離脱を強いられることになった。 今季のダニ・オルモはここまで公式戦17試合に出場し4ゴール6アシストをマーク。カタール・ワールドカップではラウンド16までの全試合に先発出場し、初戦のコスタリカ戦では1ゴール1アシストを記録していた。 なお、ライプツィヒは現在、ブンデスリーガでは3位に位置しており、首位のバイエルンとは2ポイント差。今季のブンデスリーガはバイエルンの1強ではなくなっており、6位のドルトムントまで6ポイント差でひしめき合っている。 今後は現状2位のウニオン・ベルリン戦やチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦が控えているが、ダニ・オルモの復帰が間に合うかは不明だ。 2023.01.29 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ショボスライのドッペルパックでシュツットガルトは後半戦黒星スタート…遠藤&伊藤はフル出場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節のライプツィヒvsシュツットガルトが27日に行われ、2-1でライプツィヒが勝利した。シュツットガルトの遠藤航、伊藤洋輝はフル出場している。 直近の試合でシャルケに大勝した3位ライプツィヒが、ホームに3試合勝利のない15位シュツットガルトを迎えた一戦。前節のホッフェンハイム戦でゴールを挙げた遠藤と伊藤が揃って先発となったシュツットガルトは[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。 シュツットガルトは9分、敵陣でボールをカットした遠藤のラストパスから最初の決定機を迎えたが、ボックス右手前に走りこんだカスタナラスのダイレクトシュートはGKブラシュヴィッヒの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、シュツットガルトは25分にセットプレーから失点する。バイタルエリア中央手前で遠藤がダニ・オルモを倒すと、このFKをショボスライが直接ゴール左隅へ突き刺した。 さらにライプツィヒは、32分にもラウムの左クロスからニアに飛び込んだアンドレ・シウバに決定機が訪れたが、ヘディングシュートは左ポストに弾かれた。 両チームが1選手を交代して迎えた後半、再びスコアを動かしたのはライプツィヒ。49分、左クロスのクリアボールをアンドレ・シウバが頭で繋ぐと、ボックス右のショボスライがワントラップからハーフボレーをゴール左隅に突き刺した。 2点を追う展開となったシュツットガルトは、セットプレーから反撃に出る。56分、右CKをファーサイドの遠藤が頭で折り返すとゴール前のファイファーが頭で合わせたが、これは枠の左に外れた。 さらにシュツットガルトは64分、ナルティの左クロスが対応したグヴァルディオルの右手に当たっており、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。このPKをヒューリッヒがゴール左下に決めた。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。ショボスライのドッペルパックで逃げ切ったライプツィヒは公式戦16試合無敗、一方のシュツットガルトは4試合勝利なしとなった。 2023.01.28 06:32 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly