「めっちゃ浮いてる」久保建英の躍動感あふれるジャンプにファンも驚き「ジャンプ力すごい」

2022.08.09 11:51 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が開幕に向け調整を続けている。すでにプレシーズンマッチをすべて消化しているソシエダ。14日に行われるラ・リーガ開幕節ではカディスと激突する。

開幕に向けてチームトレーニングを行ったソシエダだが、8日にはクラブの公式SNSでその様子を公開。公式ツイッターでは、練習の中で久保がジャンプしてトラップしようとする瞬間を収めた1枚を投稿した。

目線はしっかりとボールに送っている久保だが、ファンはその高さに注目。高々とジャンプすつる姿に「めっちゃ浮いてる笑」、「ジャンプ力すごい」、「ジャンプ力すごくね?」、「フライング・タケ」、「躍動感すき」といった言葉を寄せた。

練習でもアピールを続けている久保。カディス戦での出場は叶うだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

ソシエダの久保建英が周りからの印象とのギャップを告白「実はめちゃくちゃしゃべります」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がクラブの一問一答に応じ、クラブのこと、自身のことを語った。 久保は今夏、完全移籍でソシエダに加入すると、ここまで公式戦8試合で1ゴール2アシストを記録。開幕戦で加入後いきなりゴールを決めると、18日に行われた第6節のエスパニョール戦でもアシストを記録。チームの中での重要な役割を担っている。 日本代表でもクラブの経験を生かし、23日のアメリカ代表戦では左サイドで先発出場していた久保だが、クラブはこのタイミングで久保への20個の質問とアンサーを公開している。 話せる言語については「2.5くらいですね。スペイン語、日本語、ちょっとだけ英語って感じです」とした久保。その他、得意料理は「カレー」、肉か魚なら「肉」、一緒にプレーしたいレジェンド選手は「ロナウジーニョですね」など久保はプライベートについても語っている。 そして、「まわりの人が持つ印象で実際と違うこと」については、「あんまり喋らないイメージがあると思うんですけど、実はロッカーではめちゃくちゃ喋ってます」と明かし、周りからの印象とはズレがあると明かしている。 その他にも、好きな曲や今観てるドラマまで回答している久保。21歳の素が垣間見えている。 <span class="paragraph-title">【動画】「スーパーヒーローになるとしたら?」久保建英が20個もの質問に答える!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">喋り出すと止まらない<br><br>タケ・クボへの20の質問<a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/uBt7rWqcha">pic.twitter.com/uBt7rWqcha</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1573975602977202176?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.26 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

久保同僚のダビド・シルバ、若い女性への暴行で1000ユーロの罰金処分

レアル・ソシエダの元スペイン代表MFダビド・シルバが女性への暴行で有罪判決を受けたようだ。スペイン『ティエンポ・デ・カナリアス』が報じている。 問題が起きたのは、6月19日にスペインのカナリア諸島で行われていたマスパロマス・カーニバル。その中で乱闘騒ぎが起こっていた。 シルバの地元でもあるカナリア諸島でのお祭り。この騒動には、シルバの他、兄弟のフェルナンド・アントニオ・ヒメネス・シルバと第三者も参加。若者を石で殴り、ナイフで脅したとされている。 シルバ本人は、「被害者の身体の完全性を損なう」目的があり、「腕を掴んで引き剥がし、女性を地面に倒した」という行為で容疑がかけられていた。 なお、被害女性はこれにより「外傷性の頸部痛、左ヒジの挫傷、左手第2指の裂傷、両ヒザの裂傷、両足の裂傷」を負ったと判決文では書かれているとのこと。判事は「その後の医療行為と8日間の基本的人身傷害を伴わない初期の医療援助」が必要としたという。 シルバはこの事実を認めており、検察庁の判決に同意。1080ユーロ(約15万3500円)の罰金を言い渡されたという。 また、民事責任を問われ、女性に対して520ユーロ(約7万4000円)を支払うことも言い渡され、280ユーロが負傷に、240ユーロが物的損害に対する補償とされている。 2022.09.22 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

今季で退団報道のブスケッツ、バルサは後継者に久保建英の同僚を狙う

バルセロナは、今シーズン限りでの退団が確定的と報じられているスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者をすでに見つけているようだ。 バルセロナのカンテラーノとして2008-09シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督の下、トップチームデビューを果たしたブスケッツ。現時点で通算685試合の出場を数え、リオネル・メッシやチャビ・エルナンデスに続く歴代3位の出場数を誇っている。 34歳となった今シーズンも、優秀な若手が台頭する中盤において主将としてここまで5試合に出場。派手さはないものの、卓越したボールスキルと視野、戦術眼でチームをコントロールするいぶし銀の活躍を披露している。 契約が残り1年となっており、契約満了をもって退団する意向があるとのこと。そうなれば、バルセロナにとっては大きすぎる穴となるが、その後継者にはレアル・ソシエダのスペイン代表MFマルティン・スビメンディ(23)を据えたいと考えているようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、若くしてリーダーシップがあり、アンカーとしての立ち回り、プレースタイルもブスケッツの後継者に相応しいと考えられている。 今季から日本代表MF久保建英も加入したソシエダにおいて、大きな役割を担い、イマノル・アルグアシル監督の下で大きく成長。戦術理解度、ボールの扱いに関しても高いレベルを誇っており、クラブOBでもあるシャビ・アロンソ氏と比較される才能の持ち主と評価されている。 ソシエダ産のスビメンディはファーストチームで105試合3ゴール3アシスト、ラ・リーガでも82試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。 スペイン代表としても2021年に1試合に出場しており、東京オリンピックにもU-24スペイン代表として出場し、銀メダル獲得に貢献していた。ペドリやエリク・ガルシアらバルセロナにも同僚がいるため、フィットすると見られている。 2022.09.22 10:48 Thu
twitterfacebook
thumb

「サポーターの心を鷲掴み」久保建英の“泥臭い”アシストをソシエダがプレイバック「上手いだけじゃなくて戦える選手に」

レアル・ソシエダの公式SNSがエスパニョール戦のゴールを改めて紹介している。 18日、ラ・リーガ第6節でエスパニョールをホームに迎えたソシエダ。先制点を呼んだのは2トップの一角として先発した日本代表MF久保建英の執念のプレスからだった。 7分、相手が後方から繋ごうとGKアルバロ・フェルナンデスにバックパス。これを追い続けた久保が一気にギアを上げて寄せると、GKのキックをブロック。こぼれ球に反応したアレクサンダー・セルロートが無人のゴールに流し込んだ。 その後すぐに追いつかれてしまったソシエダだったが、29分にブライス・メンデスが勝ち越しゴールを決めて2-1で勝利を収めていた。 そして、21日にはソシエダの公式SNSが改めてこのゴールをピックアップ。泥臭くも執念が感じられるアシストにファンも「泥臭い献身はサポーターの心をさらに鷲掴みですね!」、「何度みてもハラハラ 凄い」、「闘うプレーでしたね!」、「ただ上手い選手から戦える選手になっていたね」と賛辞を贈っている。 現在はドイツのデュッセルドルフで行われている日本代表の合宿に参加中の久保だが、代表でも輝きを放つことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】「サポーターの心を鷲掴み」久保建英の“泥臭い”アシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MRs2f17jv5s";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.21 11:52 Wed
twitterfacebook
thumb

「飛躍する最後のチャンスかも」強い覚悟を持って移籍した久保建英、ファンの歓迎が後押しに「大きな自信に繋がった」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、エスパニョール戦後にこれまでのシーズンを振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 2019年7月にレアル・マドリーに加入した久保だが、ファーストチームはEU圏外枠の影響もあり武者修行を続けることに。マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェ、マジョルカと3シーズンで3クラブを経験した。 その久保は今夏、完全移籍でソシエダに加入。すると、ここまで公式戦8試合で1ゴール2アシストを記録。開幕戦で加入後いきなりゴールを決めると、18日に行われた第6節のエスパニョール戦でもアシストを記録。チームの中での重要な役割を担っている。 これまでのクラブとは周囲の選手のレベルやチームスタイルも異なる中で、本領を発揮しつつある久保。今シーズン自分に起きている変化はよく分からないとしながらも、より強い覚悟を持って臨んでいることを明かした。 「僕も自分に何が起きているのかを上手く説明できません」 「プレシーズンにこのホテルにいた時、もう次はない、これがサッカー選手として飛躍する最後のチャンスかもしれないと思ったことを覚えています」 「そして今のところ、期待されていることを満たせているつもりです」 その久保は、開幕戦のカディス戦で先制ゴールを記録し0-1の勝利に導くと、ファンから歓迎のチャントを歌われていた。 「あれは大きな自信に繋がりました。最終的に決定権を持つのはファンです。監督やコーチングスタッフ、チームメイトもいますが、ある意味エンターテインメントであり、発言権があるのはファンだと思います」 「お金を払って、僕たちのプレーを見にきてくれています。そして、彼らが幸せであればあるほど、僕たちも幸せになれます。だから、あのファンからの喝采は本当に嬉しかったです」 充実感も手にしている久保。今季はヨーロッパリーグ(EL)も戦っており、より多くの経験を積めている。 今回ソシエダに移籍したことは成功だったかという質問には、自分を求めてくれているとコメント。あとは自分次第だとした。 「マドリードで話を聞いた時、3年前から追いかけていて、全部説明してくれました。僕も知っていました」 「ソシエダは僕を必要としてくれるクラブであり、会長、スポーツディレクターも僕を必要としてくれ、監督も僕を必要としてくれていました」 「そこからは全て自分次第で、今のところベストを尽くしています」 その中で、エスパニョール戦でのアシストにも見られた守備の献身世を見せている久保。自身に持たれているイメージを払拭できているとした。 「ずっと前から言われていました。久保は守備が苦手で、チームの役に立たないと常々言われていましたし、体格で偏見を持たれているのも原因かもしれません」 「今年はその逆で、自分もチームを助け、犠牲を払っていることを証明できたと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】GKへのチェイスから久保建英がアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MRs2f17jv5s";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.20 11:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly