昇格組レッチェがヴェローナDFチェティンをレンタル 元トルコ代表でかつてローマに所属

2022.08.08 13:37 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レッチェは6日、エラス・ヴェローナから元トルコ代表DFユルドゥルム・メルト・チェティン(25)のレンタルを発表した。明日にもメディカルチェックを受ける。

具体的な契約内容は明かされなかったが、『transfermarkt』によれば、レンタル期間は1年間の模様。買い取りオプションが付帯するという。

自国クラブで頭角を表したチェティンは2019年夏にローマ入り。しかし、出場機会を掴めず、翌年夏からヴェローナに買取オプション付きのレンタルで旅立った。

昨夏にはヴェローナに完全移籍移行を果たしたが、今冬からはカイセリスポルにレンタル。久々に母国で半年間にわたってプレーし、公式戦13試合に出場した。

優れたアジリティと足元の技術を持つチェティンは本職であるセンターバックに加えて、右サイドバックでもプレー可能。2019年にはトルコ代表として1試合に出場した。

関連ニュース
thumb

「左足が理不尽すぎる」ミランの逸材がレンタル先でナポリ相手に衝撃ゴラッソ「コロンボ・ロケット」

ミランからレンタル移籍中である、レッチェのイタリア人FWロレンツォ・コロンボがゴラッソを沈めた。 昇格組のレッチェは8月31日、セリエA第4節でナポリの敵地へ乗り込んだ。27分に先制を許すも、とんでもない一撃で試合を4分後に振り出しに戻した。 ボックス手前、ゴールを背にした状態でパスを受けたコロンボは、振り向きざまに左足を一閃。強烈なミドルシュートを左上隅に突き刺した。 トラップでボールの勢いを殺しているうえに、素振りなく突然の振りにも関わらずこの威力。「左足が理不尽すぎる」との一撃にはイタリアメディア以外でも話題に。イギリス『デイリーメール』が「コロンボ・ロケット」と形容すれば、アメリカ『CBS』は「センセーショナルなフィニッシュ」と紹介している。 弱冠20歳のコロンボは2020年6月にトップチームデビュー。2020-21シーズンはミランでセリエA4試合、ヨーロッパリーグ3試合に出場。後半戦は出場機会を求めてセリエBのクレモネーゼにレンタル移籍すると、昨シーズンもセリエBのSPALへ武者修行に。 SPALでは、開幕スタメンを勝ち取るとリーグ戦34試合に出場しチーム最多タイとなる6ゴールを記録していた。 試合はこのまま1-1で終了。3季ぶりのセリエAを戦うレッチェはここまで4戦未勝利だが、2試合連続のドローでしぶとく勝ち点を積み上げている。 <span class="paragraph-title">【動画】コロンボの理不尽な左足ロケット砲</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="et0gyMjly7Q";var video_start = 64;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.01 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

2戦連続ドローのナポリ、指揮官がスタメン6人変更に言及「すべての選手が良い状態になくてはならない」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督がレッチェ戦を振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 31日、ナポリはセリエA第4節でレッチェとのホームゲームに臨んだ。試合は27分に北マケドニア代表MFエリフ・エルマスのゴールで先制するも、直後の31分に同点とされる。その後は多くのチャンスを作ったが、最後まで勝ち越し点を挙げることができず、1-1のドローとなった。 開幕2試合は大量得点で連勝を収めたナポリだが、一転してここ2試合は引き分け続き。スパレッティ監督は90分を振り返り、課題や選手起用について言及した。 「今日のナポリのパフォーマンスは全体的に良く、最後までゲームを戦っていたよ。だが、ドリブルで前に運ぶことには苦慮していたように思う。この点は力を入れて取り組まなければいけないと感じた」 「確かに前半はボールを素早く動かすことができなかった。だが、後半のスタートからスタニスラブ・ロボツカが入ったことで、彼がゲームをより良く指揮してくれた。あとは決定的なクオリティが必要となる」 「前節からスタメンを6選手変更した。なぜなら私は多くの優れたプレーヤーを抱えており、常に同じ顔ぶれでプレーさせることは到底考えられない。セリエAとチャンピオンズリーグ(CL)の戦いを両立させるため、すべての選手が良い状態になくてはならない」 長いシーズンを見越した戦略を示したスパレッティ監督。次節は3日に行われるラツィオとのアウェイゲーム。続く7日には、いよいよCLが開幕し、グループステージ初戦で昨季のファイナリストであるリバプールをホームに迎え撃つ。 2022.09.01 14:44 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組レッチェ、2部降格のボルドーからFWレミ・ウダンを1年間のレンタルで獲得

レッチェは8月31日、ボルドーのフランス人FWレミ・ウダン(25)がレンタル移籍で加入することを発表した。 レンタル期間は2023年6月30日までとなり、契約に買い取りオプションは付随されていない。 シャロン=アン=シャンパーニュ出身のウダンは、15歳で入団したスタッド・ランスで2016年8月にファーストチームデビュー。2017-18シーズンにはチームの主力としてリーグ・アン昇格にも貢献した。 その後、2020年1月にボルドーへ加入。新たなクラブでもポジションを掴んだウダンは、在籍2年半で公式戦81試合に出場して9ゴール10アシストを記録した。 しかし、昨季チームはリーグ・アンで最下位に沈み、リーグ・ドゥ(フランス2部)降格が決定していた。 2022.09.01 12:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、メレトPKストップも昇格組レッチェとドロー…2戦連続引き分け《セリエA》

ナポリは8月31日、セリエA第4節でレッチェをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節フィオレンティーナにゴールレスドローに終わって2勝1分けスタートとなったナポリは、新戦力のラスパドーリが先発。オシムヘンと2トップを形成した。 1分け2敗スタートのレッチェに対し、ナポリがボールを持つ展開となると、21分にポリターノがショートコーナーの流れからGK強襲のシュートを浴びせて牽制。 しかし22分、自陣ボックス内でエンドンベレがディ・フランチェスコを倒してPKを献上。だが、キッカーのコロンボのシュートをGKメレトがセーブ。 すると27分、ポリターノが放ったシュートをゴール前のエルマスがコースを変えてネットを揺らし、ナポリが先制した。 しかし31分、PKを失敗したコロンボに強烈なミドルシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻されてしまう。 1-1で迎えた後半、ナポリはジエリンスキを投入。さらに56分、鮮烈な活躍を見せているクワラツヘリアを投入した。 すると69分にはオシムヘンが右クロスにヘディングで合わせる決定機を迎えるも枠の左へ。さらに71分、ポリターノがカットインから際どいシュートを放ったが、終盤にかけてはレッチェの守備を攻略できず。 痛い引き分けに終わり、2試合連続ドローとなった。 2022.09.01 06:03 Thu
twitterfacebook
thumb

レッチェ加入のユムティティが意気込み「サッカーをする喜びを再発見したい」

バルセロナからレッチェへレンタル移籍したフランス代表DFサミュエル・ユムティティが意気込みを語っている。 戦力外となっていたバルセロナからようやく移籍することになったユムティティ。2016年夏にリヨンから加入したものの、ケガや不安定なパフォーマンスから、ここ数シーズンは年間20試合以下の出場にとどまっていた。 今季もベンチ入りできない状況だったが、3シーズンぶりにセリエAに復帰したレッチェが獲得に名乗り。空港に到着した際にはファンから熱烈な歓迎を受けた。 昨シーズンは公式戦出場はわずか1試合のみだったユムティティ。イタリア『スカイ』の取材では、サッカーをする楽しみを再確認したいと、新天地での生活に胸を高鳴らせた。 「レッチェの役員から話しを聞いて、自分に合うクラブだと実感した。適切な言葉を探してくれて、同じ価値観を持っていることがわかった。静けさや穏やかさを求めていた僕にとって、とても大切なことだったんだ」 「この数年、とても苦しい時期が続いたから、またサッカーをする喜びを再発見したい。サッカーをしたい、対話をしたい、それもまた僕にとって大切なことだ。レッチェで良いシーズンを送れるといいね」 2022.08.27 17:23 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly