岡山が秋田の主力、輪笠祐士を完全移籍で獲得 「今いただいたチャンスにチャレンジしたい」

2022.08.08 10:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ファジアーノ岡山は8日、ブラウブリッツ秋田からMF輪笠祐士(26)の完全移籍加入を発表した。背番号「34」をつける。

輪笠はFC東京のアカデミー育ちで、2018年に日本体育大学から福島ユナイテッドFCに入団。2020年から秋田に加わった。

今季もここまで明治安田生命J2リーグ29試合に出場して1得点と主力を担ったが、この夏からの岡山入りを決断している。
10日から合流する岡山を通じて「ブラウブリッツ秋田から加入することになりました輪笠祐士です。ファジアーノ岡山のために全身全霊を尽くして戦います。よろしくお願いします!」とコメントした。

一方で、秋田を通じては「このような形での急なご報告となってしまい申し訳ありません。この度、ファジアーノ岡山へ移籍することとなりました」と別れと感謝の言葉を述べた。

「今のチーム状況や、昨年J2に昇格し、ブラウブリッツ秋田というクラブが今後大きくなっていく上で、とても大事な時期であるということは重々承知しています。ですが、今後の自分のサッカー人生を考えたとき、今いただいたチャンスにチャレンジしたいというのが素直な気持ちであったため、このような決断をしました」

「約2年半前に吉田監督から熱いオファーをいただき、ブラウブリッツ秋田での僕の挑戦が始まりました。1年目は開幕28戦無敗など、記録ずくめのJ3最速優勝。2年目はJ2経験のある選手が少ない中挑んだ、秋田としても、僕としても初めてのJ2の舞台」

「そして今年は12試合勝ちなしと苦しい時期を過ごしましたが、その中でも選手・監督・スタッフで試行錯誤し、細かいところまで突き詰めながら過ごした濃い日々。本当にどれも自分にとっては大きくてかけがえのない経験となっております。秋田での経験を必ず今後のサッカー人生に活かして、変わらず精進していきたいと思います」

「どんなときでもあたたかく応援していただいたファン・サポーターの皆様、スポンサー様、監督、スタッフ、選手、ブラウブリッツ秋田に関わるすべての皆様に本当に感謝しています。今後は別のチームとはなりますが、同じサッカー仲間としてこれからも切磋琢磨していければと思います。今まで本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

岡山が鹿島GK山田大樹を育成型期限付き移籍で獲得「チームの勝利に貢献したいとウズウズしています」

ファジアーノ岡山は7日、鹿島アントラーズのGK山田大樹(20)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 山田は鹿島の下部組織出身で、ジュニアユース、ユースと昇格し、2020年にトップチームに昇格した。 プロ1年目には明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場したものの、この2年間は出番がなかった。 山田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「初めまして。鹿島アントラーズから加入することになりました山田大樹です。早く試合に出て、チームの勝利に貢献したいとウズウズしています」 「そんな熱量と覚悟を持って来ました。今シーズン、チームはJ1昇格を逃してしまいましたが、来シーズンこそは昇格できるよう、自分がその力となり、目標に向かって皆さんと一緒に戦いたいと思います」 ◆鹿島アントラーズ 「自分はとにかく、公式戦の経験を積みたいという気持ちが強く、そこに成長のカギがあると思っています」 「アントラーズではジュニアの頃から11年プレーしてきて、外の世界に出て環境を変えることは初めての経験で、寂しい気持ちもありますが、持ち前の図太さで戦ってきます。アントラーズ、そして、僕のことも引き続き応援してもらえると嬉しいです。行ってきます」 2022.12.07 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛が岡山MF疋田優人を期限付き移籍で獲得「子どもたちに夢を与えられる選手に」

愛媛FCは7日、ファジアーノ岡山のMF疋田優人(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 なお移籍期間は2024年1月31日まで。岡山との公式戦には出場できない。 疋田は広島皆実高校から大阪体育大学へと進学し、2021年に岡山に加入した。 1年目はJ2で12試合に出場し2得点、今シーズンは3試合に出場していた。 疋田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆愛媛FC 「愛媛FCに関わる皆さん、初めまして疋田優人です。愛媛FCの勝利、J2昇格のために全力を尽くし、子どもたちに夢を与えられる選手になるため覚悟を持って戦います。よろしくお願いします」 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、愛媛FCに期限付き移籍することを決断しました。どんなときも熱い応援をしてくださったファン・サポーターの皆さんに、活躍する姿を見せられず岡山の地を離れるのは悔しいですが、必ず成長して戻ってきます。愛媛FCでの活躍が岡山の地まで届くよう日々精進してまいります」 2022.12.07 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山がFWハン・イグォンと契約更新、今季韓国2部から加入

ファジアーノ岡山は5日、韓国人FWハン・イグォン(28)の契約更新を発表した。 世代別の韓国代表歴もあるハン・イグォンはこれまで慶南FCや大田ハナシチズン、牙山ムグンファFC、水原三星ブルーウィングスと母国でプレー。昨シーズンはKリーグ2(韓国2部)のソウルイーランドFCでリーグ戦28試合6ゴールを記録し、今シーズンから岡山に加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグ第6節の大宮アルディージャ戦でデビューを飾ると、徐々に出場機会が増加。リーグ戦28試合に出場して、4ゴールを記録した。 2022.12.05 11:37 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山が3選手と契約更新! 今夏加入の輪笠祐士も

ファジアーノ岡山は2日に契約更新選手として、GK金山隼樹(34)、GK谷口璃成(19)、MF輪笠祐士(26)を発表した。 金山は2018年にコンサドーレ札幌(現・コンサドーレ札幌)から加わり、谷口は明秀日立高校から今季入団のルーキー。輪笠は今年8月にブラウブリッツ秋田から加入した。 今季の明治安田生命J2リーグでは金山が13試合、輪笠が12試合(秋田時代は29試合出場で1得点)。谷口は出番なしだった。 2022.12.02 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山が水戸MF鈴木喜丈を完全移籍で獲得「身体を張って頑張りたい」

ファジアーノ岡山は1日、水戸ホーリーホックのMF鈴木喜丈(24)の完全移籍加入を発表した。 鈴木は東京都出身で、FC東京の下部組織で育ち2017年にトップチームに昇格。2020年9月に水戸へと育成方期限付き移籍すると、2021年はFC東京でプレーも、2022年に完全移籍で水戸に加入していた。 水戸ではキャプテンマークを巻くこともあり、今シーズンの明治安田生命J2リーグで36試合に出場していた。 鈴木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「はじめまして。水戸ホーリーホックから来ました鈴木喜丈です。左利きでポジションはセンターバックです。岡山の屈強なディフェンス陣に負けないくらい身体を張って頑張りたいと思います」 「チームのJ1昇格に貢献できるよう、そしていち早くファジアーノ岡山の一員として認めてもらえるように一生懸命頑張ります。たくさん応援していただけると嬉しいです」 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックファミリーの皆さんへ」 「2020年夏からお世話になりました。怪我で丸2年サッカーができず、それでも這い上がるために必死だった自分を温かく受け入れていただいて、ホーリーホックファミリーの皆さんには感謝しかありません」 「移籍に関しては本当にたくさん悩みました。水戸でやり残したこともあるし、自分自身まだまだ水戸で成長できると感じていたからです。しかし、新たな環境で挑戦したいという思いが強くあり、移籍を決断しました」 「水戸ホーリーホックに関わる皆さん、2年半本当にありがとうございました。どこに行っても水戸ホーリーホックの名に恥じないように頑張ります」 2022.12.01 14:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly