チャンスをしっかり生かした鳥栖が5試合ぶり勝利、磐田は決定機逸が響く【明治安田J1第24節】

2022.08.07 20:59 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
7日、明治安田生命J1リーグ第24節のサガン鳥栖vsジュビロ磐田が駅前不動産スタジアム行われ、2-0で鳥栖が勝利を収めた。

ホームの鳥栖は直近4試合で勝利なし。前節は清水エスパルスとアウェイで戦い、2点リードを終盤の連続失点で追いつかれていた。

その鳥栖は[4-4-2]を継続。田代雅也と森谷賢太郎が外れ、ジエゴと菊地泰智を起用した。
対する磐田は5戦未勝利、4連敗中だったが、前節は湘南ベルマーレに1-0で勝利。久々の勝利を収めた。

磐田は[3-3-2-2]のシステムで、1名が変更。松本昌也が外れ、出場停止だったリカルド・グラッサが復帰した。

互いに守備では前からプレスをかけながら、攻撃では細かくパスを繋いでビルドアップしていくスタイルの両者。立ち上がりは磐田が効果的にボールを運んでいく中、3分に左サイドでパスを受けたリカルド・グラッサに対して長沼が激しいタックル。グラッサが痛む中で、長沼にはイエローカードが出された。

鳥栖はGK朴一圭を使ういつものスタイルで徐々にポゼッションの時間を長くしていくと11分、縦パスを受けた宮代がコントロールするもシュートは打てず。それでもこぼれ球を繋いでパスを受けた小泉がドリブルで運んでシュート。これは枠を捉えるが、GKがキャッチする。このシーンで森岡が足を痛めたがプレーを続行した。

さらに鳥栖は12分にチャンス。岩崎がスピードを生かして裏を取ると独走。GKとの一対一の決定機を迎えると、GKをかわしたもののタッチが大きくなりシュートはサイドネットに。ビッグチャンスを逸してしまう。

すると21分に磐田にアクシデント。最終ラインで先発した森岡が、その前のプレーで足を痛めていた影響でプレー続行不可能に。松原后が入り、鈴木が3バックの一角に入る。

鳥栖がポゼッションを高めてプレーしていく中でオープンな展開に。それでも決定機は作れない。

それでも37分、金子がカットインから細かくパスを繋ぐと、ボックス中央でジャーメイン良がトラップからボレー。シュートは枠を捉えるが、GK朴一圭が鋭い反応でセーブする。

さらに39分にも磐田が決定機。FKのリスタートの流れから、右サイドでこぼれ球を拾った金子がクロス。ファーサイドで松原が折り返すと、最後は黒川が詰めるが、中野がギリギリでクリアして事無きを得る。

連続したピンチを凌いだ鳥栖は43分にスコアを動かす。右サイドでボールを受けた長沼が松原との駆け引きを制すると、フリーでグラウンダーのクロス。これが抜けると、待ち構えた宮代が蹴り込んで先制に成功する。

鳥栖がワンチャンスを物にして迎えた後半。磐田は黒川を下げ、ファビアン・ゴンザレスをハーフタイムに投入する。

それでも後半は鳥栖が立ち上がりからペースを握って攻め込んでいく。67分には岩崎がドリブルで運ぶと左の宮代へ。宮代はカットインから右足でシュートも、GK梶川がセーブする。

磐田はリカルド・グラッサが負傷し遠藤保仁と、ジャーメイン良は杉本健勇と交代に。鳥栖は菊池、長沼を下げ、本田風智、堀米勇輝を投入する。

すると77分に磐田がビッグチャンス。右サイドから鈴木がアーリークロス。これに杉本が飛び込むが、相手に対応され飛び切れず届かない。さらに78分にはカウンターから左に展開。最後は松原がボックス内左からシュートも、バーに嫌われる。

終盤にかけてはメンバー交代でシステムを変えたこともあり、磐田が押し込んでいく時間が続くと、80分には上原を下げて、大津祐樹を投入して、さらに攻撃力を増していく。

その中で鳥栖も少ないチャンスからシュートに持ち込むことに。82分には、CKの流れから堀米のクロスに対して宮代が飛び込むがわずかに合わない。

磐田は84分、左サイドからのパスを受けた杉本がボックス手前で受けると、フリーの状態でシュート。しかし、枠を取られられない。

すると鳥栖は84分に先制点の宮代を下げて垣田裕暉を投入。すると85分、本田がボックス手前でパスを受けると、相手との駆け引きにかって縦に突破。本田のクロスを垣田が合わせて、リードを2点に広げる。

数ある決定機を生かせなかった磐田を尻目に、少ないチャンスを仕留めた垣田。磐田はその後も猛攻を仕掛けるが、ネットを揺らすことができない。

結局そのまま試合が終了。チャンスをしっかりと生かした鳥栖が5試合ぶりの勝利。磐田は連勝とはならなかった。

サガン鳥栖 2-0 ジュビロ磐田
【鳥栖】
宮代大聖(前43)
垣田裕暉(後40)

関連ニュース
thumb

京都が主将の松田天馬、麻田将吾と契約更新! 「日々努力して引っ張る存在に」

京都サンガF.C.は7日、MF松田天馬(27)とDF麻田将吾(24)の契約更新を発表した。 鹿屋体育大学出身の松田は湘南ベルマーレでプロ入り後、2021年に京都入り。麻田は京都の下部組織育ちで、レンタル先のカマタマーレ讃岐から今季復帰した。 両選手はともに主力として徴用され、主将も務めた松田が公式戦32試合1ゴール、麻田が42試合出場を記録。クラブを通じて、それぞれ来季の抱負を語った。 ◆松田天馬 「京都サンガF.C.を支えてくださる全ての皆さま、今シーズンも熱い想いを常に届けていただきありがとうございました。来シーズンも共に戦う事を決めました。このチームの成長を手助けできるよう、日々努力して引っ張る存在になっていきます! 京都の街のように一緒に大きく強くしていきましょう。よろしくお願いします」 ◆麻田将吾 「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。来シーズンも京都の一員としてプレーできることをとても嬉しく思います。京都サンガF.C.に関わる全ての人が一丸となって、より多くの勝利を掴み取れるように一緒に頑張りましょう!! 来シーズンもよろしくお願いします」 2022.12.07 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島が韓国の高校から18歳GKを獲得! 世代別韓国代表歴ありで身長192cmの左利き

鹿島アントラーズは7日、韓国の漢陽工業高校からGKパク・ウィジョン(18)の2023シーズン加入内定を発表した。 パク・ウィジョンはU-15からU-18までの韓国代表歴を持つ左利き。プロフィール上は身長192cm、体重86kgと大柄だが、俊敏性ある動きと判断力に優れ、ビルドアップ能力も高いという。 Jリーグでプロキャリアをスタートさせるパク・ウィジョンはクラブを通じて意気込みを語った。 「高校卒業と同時に、Jリーグの名門である鹿島アントラーズに加入することができ、光栄に思います。アントラーズにふさわしい選手になれるよう、常に献身・誠実・尊重という言葉を肝に銘じ、日々謙虚に努力していきますので、応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】韓国の高校から世代別韓国代歴ありのG18歳GKが鹿島入団</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【お知らせ】<a href="https://twitter.com/hashtag/antlers?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#antlers</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パクウィジョン</a><br><br>漢陽工業高校(韓国)のパク ウィジョン選手が2023シーズンより加入することが内定しました。<br><br>パク ウィジョン選手からのメッセージです!<br><br>これからともに戦いましょう!<br><br>詳細はこちら:<a href="https://t.co/8S5FTxOYkJ">https://t.co/8S5FTxOYkJ</a> <a href="https://t.co/VvJpiMRNYw">pic.twitter.com/VvJpiMRNYw</a></p>&mdash; 鹿島アントラーズ (@atlrs_official) <a href="https://twitter.com/atlrs_official/status/1600369724453687297?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 17:02 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山が鹿島GK山田大樹を育成型期限付き移籍で獲得「チームの勝利に貢献したいとウズウズしています」

ファジアーノ岡山は7日、鹿島アントラーズのGK山田大樹(20)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 山田は鹿島の下部組織出身で、ジュニアユース、ユースと昇格し、2020年にトップチームに昇格した。 プロ1年目には明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場したものの、この2年間は出番がなかった。 山田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「初めまして。鹿島アントラーズから加入することになりました山田大樹です。早く試合に出て、チームの勝利に貢献したいとウズウズしています」 「そんな熱量と覚悟を持って来ました。今シーズン、チームはJ1昇格を逃してしまいましたが、来シーズンこそは昇格できるよう、自分がその力となり、目標に向かって皆さんと一緒に戦いたいと思います」 ◆鹿島アントラーズ 「自分はとにかく、公式戦の経験を積みたいという気持ちが強く、そこに成長のカギがあると思っています」 「アントラーズではジュニアの頃から11年プレーしてきて、外の世界に出て環境を変えることは初めての経験で、寂しい気持ちもありますが、持ち前の図太さで戦ってきます。アントラーズ、そして、僕のことも引き続き応援してもらえると嬉しいです。行ってきます」 2022.12.07 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ピカチュウがブラジルへ、J2降格の清水から古巣フォルタレザへ期限付き移籍「J1に復帰することを心から祈っています」

清水エスパルスは7日、MFヤゴ・ピカチュウ(30)がブラジルのフォルタレザへ期限付き移籍することを発表した。 ピカチュウは、長らくヴァスコ・ダ・ガマでプレー。2021年3月にフォルタレザへと完全移籍した。 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで174試合に出場し32ゴール14アシストを記録。セリエB(ブラジル2部)でも97試合で21ゴール14アシストを記録していた中、今年7月に清水へ完全移籍で加入していた。 Jリーグ初挑戦となった中、明治安田生命J1リーグで12試合に出場もゴールは奪えず。チームはJ2に降格していた。 ピカチュウはクラブを通じてコメントしている。 「エスパルスに関わる全ての皆さん、私を歓迎していただき本当にありがとうございました」 「J2降格という結果になってしまい、私自身も力を発揮することができず申し訳なく思っています。来シーズン清水エスパルスがJ1に復帰することを心から祈っています。また会いましょう」 2022.12.07 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、躍進熊本のアタッカー杉山直宏を獲得! 今季J2全試合出場で9ゴール

ガンバ大阪は7日、ロアッソ熊本からMF杉山直宏(24)の完全移籍加入を発表した。 杉山はアビスパ福岡U-15の出身で、大津高校から順天堂大学に進学。2021年に熊本入りし、プロ入り後は左利きのアタッカーとして、初年度から明治安田生命J3リーグで28試合に出場して5ゴールを決めた。 迎えた今季は熊本が4位でJ1参入プレーオフに進み、昇格まであと一歩に迫ったなかで、自身もより存在感を高める1年に。J2リーグ全42試合出場で9ゴールのほか、プレーオフでも3試合1得点の数字を残した。 G大阪は今オフのここまで主力の退団者が目立つなか、大卒2年目の若きアタッカーを射止めた格好に。杉山はクラブの公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度、ロアッソ熊本から加入することになりました、杉山直宏です。ガンバ大阪という素晴らしいクラブの一員になれたことをとても嬉しく思います。一つでも多くのタイトルをとるために、自分の持っている全ての力を尽くして闘います! よろしくお願いします!」 一方で、熊本の公式サイトを通じては「この度、ガンバ大阪に移籍することになりました」と移籍を報告するとともに、感謝の言葉を綴った。 「2年間という短い期間ではありましたが、ロアッソ熊本という素晴らしいチームでプレー出来たことをとても嬉しく思います。大木さんをはじめ、スタッフ、チームメイトには本当に感謝しかありません」 「熊本のファン・サポーターの温かさ、試合の時の声援の力強さ、頼もしさはこれからも忘れることはありません。ロアッソ熊本の一員になれて本当に最高でした! ロアッソ熊本でプレーした選手として恥じないプレーをこれからもしていきたいと思います。2年間本当にありがとうございました!」 2022.12.07 14:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly