チェルシーが期待の若手MFチュクエメカを獲得!「ここ数日はチェルシーで頭がいっぱいだった」

2022.08.04 19:27 Thu
Getty Images
チェルシーは4日、アストン・ビラからU-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカ(18)を獲得したことを発表した。契約は6年間となる。
PR
すでにクラブ間合意が伝えられ、正式発表を残すのみとなっていたチュクエメカ。アストン・ビラとの契約が残り1年となっていた18歳を巡っては、バルセロナやドルトムント、ミランと競合していたが、この度チェルシーが移籍金1500万ポンドに最大500万ポンドのボーナスが付随した条件で合意に至った。
移籍が決まったチュクエメカは、慌ただしかったここ数日を無事に終えられたことに安堵のコメントを残している。

「かなり忙しかったけど、ここ数日はチェルシーのことが頭から離れなかったから、すべてが終わって嬉しいし、ホッとしているところだよ」

「すごく興奮している。ピッチに立って、選手みんなに会って、試合に勝って、トロフィーを獲得することが待ち遠しいよ」
チュクウェメカはアストン・ビラの下部組織出身で、昨年5月に行われたプレミアリーグのトッテナム戦でトップチームデビュー。本格的にトップチームに昇格した昨シーズンは、プレミアリーグ12試合、EFLカップ2試合に出場した。

セントラルMFを主戦場とする選手で、広い視野や軽やかな身のこなしを生かしたボールキープや推進力が魅力。ユースでは10番を背負い、一昨季のFAユースカップでは準々決勝のニューカッスル戦のハットトリックを含め7ゴールという高い得点力を示し、大会制覇に貢献した。

チェルシーのトッド・ベーリー会長は「カーニーはヨーロッパで最もエキサイティングな若手の一人だ。スタンフォード・ブリッジでプレーしている姿を見るのが楽しみだ」とコメントしており、新シーズンのチェルシー残留を示唆している。

PR
関連ニュース

オサスナがビセンテ・モレノ氏を新監督に招へい…今季はアルメリアを指揮も開幕7戦未勝利で解任

オサスナは27日、新指揮官にビセンテ・モレノ氏(49)を招へいすることを発表した。 今シーズンのオサスナはラ・リーガを11位でフィニッシュ。2018年7月から指揮を執るハゴバ・アラサテ監督(46)が契約満了で退任することが決定していた。 新任のモレノ氏は、シェレスやヒムナスティック・タラゴナ、マジョルカ、エスパニョール、アル・シャバブなどで指揮を執っていた。 今シーズンはアルメリアの監督に就任したが、開幕7試合で2分け5敗で未勝利。そのまま解任されると、チームは第29節まで未勝利が続く大不振に陥り、19位で2部に降格していた。 2024.05.27 21:20 Mon

ベンフィカがアルバロ・カレーラスの買取OP行使! ユナイテッドは買戻条項盛り込む

ベンフィカは26日、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFアルバロ・カレーラス(21)の買い取りオプション行使を発表した。同選手はベンフィカと2029年6月30日までの5年契約にサインした。 なお、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ベンフィカはユナイテッドに600万ユーロ(約10億2000万円)を支払うことになるという。また、両者の契約には買い戻し条項やリセール時の移籍金一部の支払いなどの細かい条項が盛り込まれている。 レアル・マドリーのカンテラ出身の左サイドバックは2020年夏にユナイテッドのアカデミーに移り、プレストン・ノースエンド、グラナダへの武者修行を経験。その後、今年1月からベンフィカにローン先を変更していた。 その新天地では公式戦16試合1ゴール1アシストの数字を残していた。186cmの恵まれた体躯に加え、アスリート能力に優れる攻撃的サイドバックは、豊富な運動量と推進力が最大の売りだが、現在レバークーゼンで活躍する同胞DFアレハンドロ・グリマルドのような成長曲線を描くことが期待されるところだ。 2024.05.27 07:30 Mon

1年でセグンダ降格のグラナダがサンドバル監督の退任を発表

グラナダは26日、ホセ・ラモン・サンドバル監督(56)が今季限りで退任することを発表した。 パコ・ロペス監督のもと1年でラ・リーガ昇格を果たしたグラナダ。しかし、今シーズンは開幕から成績不振に陥りると、パコ・ロペス監督とアレクサンデル・メディナ監督をシーズン途中に解任。 その後、今年3月19日にサンドバル監督が新監督に就任。しかし、リーグ戦10試合で2勝1分け7敗とチームを立て直すことはできず。3節を残して1年でのセグンダ(スペイン2部)への降格が決定していた。 グラナダは公式サイトで「グラナダは不利な状況の中、クラブを助けるために名乗りを上げたサンドバル監督の仕事、努力、献身に感謝している。彼らの今後のプロとしての活躍を祈っている」と、感謝の声明を発表している。 2024.05.27 07:00 Mon

モナコ主将ベン・イェデルが今季限りで退団…在籍5年で歴代2位の118ゴール

モナコは25日、元フランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(33)の今シーズン限りでの退団を発表した。 トゥールーズでの台頭後、セビージャでのプレーを経て2019年にモナコへ加入したベン・イェデル。以降は公式戦201試合に出場し、デリオ・オニスに次ぐクラブ歴代2位の118ゴールを記録。加入2年目からはキャプテンも務めていた。 今シーズンは公式戦34試合で20ゴールを挙げる活躍をみせ、チームの2位フィニッシュに大きく貢献を見せたが、チーム最高給ということもあり、契約延長交渉が難航していた。 そういったなか、クラブサイドも退団に備えてジョージア代表FWジョルジュ・ミカウタゼ(23)らの獲得への動きを見せていた。 2024.05.26 07:00 Sun

シュツットガルト、ケルンから左利きの大型CBシャボーを獲得!

シュツットガルトは25日、ケルンからドイツ人DFジェフ・シャボー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年となる。 U-21ドイツ代表歴を持つ、195cmの左利きのセンターバックであるシャボーは、スパルタ・ロッテルダムやフローニンヘンでのプレーを経て、2019年の夏にサンプドリアへ加入。だが、イタリアの地では思うように出場機会を得られず、2022年1月から1年半のレンタルで母国のケルンに加入。その後、完全移籍に移行した。 その新天地では公式戦61試合に出場。今シーズンはブンデスリーガ32試合に出場し、チームは17位で降格したものの、個人としては優れた対人プレーを中心にインパクトを残していた。 新シーズンからのシュツットガルト加入が決定した26歳DFは、新天地での意気込みを語っている。 「シュツットガルトで新たな挑戦をし、チャンピオンズリーグというヨーロッパの最高レベルでプレーする機会を得ることを楽しみにしているよ」 「それは僕が常に望んでいたことであり、素晴らしい歴史を持つクラブで、その夢が実現することを嬉しく思う。すべてが形になり、新しいチームメイトと出会い、ファンと知り合うということも含め、新たな挑戦が待ち切れないよ」 2024.05.26 06:30 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly