群馬の選手1名が新型コロナ陽性…4日はチーム活動せず

2022.08.04 18:34 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ザスパクサツ群馬は4日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、2日のトレーニング前に実施した定期的な抗原定性検査では陰性に。3日もトレーニングに参加していた。

しかし、4日の起床後に発熱。抗原定性検査で陽性判定となった。
なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのこと。4日時点で体調不良を訴えている者もいないという。

また、4日のチーム活動は実施せず。5日のトレーニング前に抗原定性検査を行い、陰性の者のみでチーム活動を再開するとのことだ。

関連ニュース
thumb

群馬が地元出身・MF天笠泰輝と契約更新、今季は出場機会増でJ初ゴールも記録

ザスパクサツ群馬は8日、MF天笠泰輝(22)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 地元・群馬県太田市出身の天笠は関西大学を中退して2020年夏に群馬へ加入。左サイドを主戦場に今季は25試合出場と出番を増やし、第7節のV・ファーレン長崎戦ではJ初ゴールも記録した。 天笠はクラブを通じ、来季への意気込みを語っている。 「今シーズン、沢山の応援ありがとうございました。2023シーズンもザスパクサツ群馬でプレーさせて頂くことになりました。地元出身選手として、強い気持ちを持って全力で戦います。宜しくお願いします!」 <span class="paragraph-title">【動画】群馬MF天笠泰輝のJ初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CYigT6NsJRY";var video_start = 94;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

群馬FW高木彰人が来季契約を更新 「リハビリからのスタートになりますが…」

ザスパクサツ群馬は7日、FW高木彰人(25)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 かつて世代別の日本代表でもプレーした高木はガンバ大阪のアカデミーからトップチームに昇格してプロ入りしたものの、定位置を掴めず、モンテディオ山形や松本山雅FCにレンタル移籍。2021年から群馬に移り、今季は負傷による離脱もあったが、公式戦24試合で3ゴールを記録した。 クラブを通じて「来シーズンもザスパクサツ群馬で戦うことになりました! リハビリからのスタートになりますが、しっかり怪我を治してチームに貢献できるように頑張りたいと思います。来シーズンもよろしくお願いします!」とコメントしている。 2022.12.07 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬、徳島からMF川上エドオジョン智慧を獲得! 「自分のできることを精一杯頑張りたい」

ザスパクサツ群馬は5日、徳島ヴォルティスからMF川上エドオジョン智慧(24)の完全移籍加入を発表した。 浦和レッズのアカデミーで育った川上エドオジョン智慧は2017年に徳島入り。その後、カターレ富山やSC相模原への期限付き移籍を経て、2020年に徳島へ復帰した。 しかし、復帰初年度は出場機会を得られず、昨シーズンは明治安田生命J1リーグでわずか5試合の出場のみ。出場機会確保を目指して臨んだ今シーズンも、J2リーグでの先発は3試合にとどまった。 6シーズンを過ごした徳島を去る決断を下した川上エドオジョン智慧は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「はじめまして! 川上エドオジョン智慧です! 強い覚悟をもってザスパクサツ群馬にやって来ました。群馬のために自分のできることを精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆徳島ヴォルティス 「期限付き移籍中も含めて6年間ありがとうございました。徳島ヴォルティスでたくさんのことを学び、プロ選手として喜怒哀楽すべてを経験することができました。どんな時も応援してくださったファン・サポーターの皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。この感謝の気持ちを忘れずに、徳島で経験したことを活かしてこれからも頑張っていきます! 本当にありがとうございました!」 2022.12.05 12:36 Mon
twitterfacebook
thumb

「この環境にいられる事に感謝」 群馬がGK清水慶記と契約更新、今季出場なし

ザスパクサツ群馬は5日、GK清水慶記(36)との契約更新を発表した。 群馬県出身の清水は前橋商業高校から流通経済大学を経て、2008年に大宮アルディージャへと入団。控えGKの立ち位置だったこともあり、デビューは5年目のリーグカップとなった。 その後は群馬やブラウブリッツ秋田への期限付き移籍を経験し、2020年には群馬へと完全移籍。2020、2021シーズンは正守護神としてプレーしたが、今季はGK櫛引政敏にポジションを奪われ、出場ゼロに終わった。 清水は契約更新を受け、クラブを通じてコメント。感謝の言葉を述べつつ、決意を新たにした。 「2023シーズンも、ザスパクサツ群馬でプレーすることになりました!地元の愛するクラブのエンブレムをつけて、またプレー出来ることを大変嬉しく思います」 「多くの方の支えがあり、この環境にいられる事に感謝し、皆さんに喜んでもらえる活躍が出来るようチームメイトと共に頑張っていきたいと思います。クラブに関わる全ての皆さんで団結し、群馬を盛り上げていきましょう。また熱い応援よろしくお願いします!」 2022.12.05 11:17 Mon
twitterfacebook
thumb

群馬の大卒ルーキー田部井悠が契約更新 「躍動します」

ザスパクサツ群馬は5日、MF田部井悠(23)との契約を更新した旨を発表した。 前橋育英高校出身の田部井は早稲田大学から今季加入。ルーキーイヤーは明治安田生命J2リーグで出場なく、天皇杯の1試合でプレーした。クラブを通じて、来季の抱負を以下のように語っている。 「2023シーズンもザスパクサツ群馬でプレーさせて頂くことになりました。自分にとって勝負の2年目。2022シーズンに感じた悔しさを胸に、強い覚悟と想いを持って闘います。必ずピッチに立ち、躍動します。また、チームとしては2022シーズンは目標を達成することができませんでした。期待してくれた皆様に申し訳なく思います」 「しかし、自分はこのザスパクサツ群馬が、もっと上に行けるクラブだと本気で想っています。2023シーズンはもっと良い景色をみなさまに届けられるよう、全身全霊をかけてチーム全員で毎日を積み上げていきます。最後になりますが、2023シーズンも共に熱く闘いましょう。応援よろしくお願いします。 2022.12.05 10:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly