元アーセナルDFジェンキンソンが豪ニューカッスルへ加入

2022.08.03 16:41 Wed
Getty Images
Aリーグ(オーストラリア1部)のニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツは3日、元イングランド代表DFカール・ジェンキンソン(30)の加入を発表した。

昨シーズン限りでノッティンガム・フォレストとの契約が満了したジェンキンソンは、フリートランスファーでの加入となり、2年契約にサインしている。
チャールトンの下部組織出身のジェンキンソンは2011年にアーセナルに加入。アーセナルでは在籍8年間で通算70試合に出場。その間、2014年夏からの2年間はウェストハムに、2017-18シーズンはバーミンガムにレンタル移籍していた。

その後、2019年には当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたフォレストに完全移籍で加入。しかし、その新天地では足首のケガなどの影響もあり、思うように出場機会を得られず。今年1月にはAリーグのメルボルン・シティへシーズン終了までのレンタルで加入し、公式戦27試合3ゴールの数字を残していた。
関連ニュース

ブラガが37歳MFモウティーニョと2025年まで契約延長

ブラガは1日、元ポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョ(37)と2025年6月まで契約を延長したことを発表した。 ポルトガル代表として146試合に出場し、クラブレベルではスポルティングCPやポルト、モナコにウォルバーハンプトンで主力として活躍してきたモウティーニョは昨年夏にブラガに加入。 11季ぶりにチャンピオンズリーグに出場していたブラガで今季ここまで公式戦33試合に出場と主力としてプレーし、まだまだ衰え知らずであることを示していた。 2024.03.02 07:30 Sat

ナイジェリアをANC準優勝に導いたジョゼ・ペセイロ監督が退任

ナイジェリア代表を率いるポルトガル人指揮官のジョゼ・ペセイロ監督(63)が1日、自身のSNSで退任を発表した。 ペセイロ監督は先月開催されていたアフリカネーションズカップでナイジェリアを準優勝に導いていた。 同氏はSNSにて「昨日、ナイジェリアサッカー連盟との契約が満了した。22カ月、多大な犠牲と熱意を払い、このファミリーの一員で居られたことは光栄だった」と綴った。 2022年5月にナイジェリア代表の指揮官に就任したペセイロ監督は当初、スタート7試合で5敗を喫する最悪な出だしとなったが、集大成のアフリカネーションズカップで優勝こそ逃したものの、好結果を残して退任する形となった。 2024.03.02 06:00 Sat

17位と低迷のサッスオーロ、バッラルディーニ氏を招へい

サッスオーロは1日、ダビデ・バッラルディーニ氏(60)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 サッスオーロでは先月25日、成績不振によりアレッシオ・ディオニージ監督(43)を解任していた。そして2月28日に行われたセリエA第21節延期分のナポリ戦ではプリマヴェーラを率いていたエミリアーノ・ビギカ氏を暫定監督に据えて戦ったが、1-6の大敗を喫していた。 バッラルディーニ氏はこれまでジェノアやパレルモ、カリアリなどを歴任。直近ではセリエBのクレモネーゼを率いていたが、9月に解任されていた。 残留を争うクラブで緊急登板することの多いバッラルディーニ氏。過去には残留に導く実績も残している中、12季ぶりのセリエB降格が迫るサッスオーロの危機を救えるだろうか。 2024.03.01 23:30 Fri

トロント、昨夏にニューカッスルを退団したマシュー・ロングスタッフをフリーで獲得!

トロントFCは2月29日、イングランド人MFマシュー・ロングスタッフ(23)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年12月31日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ニューカッスルのトップチームで主力として活躍するショーン・ロングスタッフを実兄に持つロングスタッフは、2019年10月のプレミアリーグデビュー戦となったマンチェスター・ユナイテッド戦でゴールを挙げる鮮烈なデビューを飾った。 しかし、以降は思うように出場機会を得られず、アバディーン、マンスフィールド、コルチェスター・ユナイテッドと武者修行を繰り返すと、昨季はレンタル先のコルチェスターで前十字じん帯損傷の重傷を負い、早期レンタルバック。シーズン終了後にはニューカッスルとの契約満了が発表されていた。 トロントのジョン・ハードマン監督は、ロングスタッフの加入について以下のようにコメントした。 「マシューが我々のチームに加わることを嬉しく思う。彼のプレミアリーグでの経験とダイナミックなプレースタイルは、我々の中盤に厚みを加え、戦術的なプランを補完してくれるだろう」 2024.03.01 07:00 Fri

ジェノア、ビッグクラブ関心のフレンドルップと2028年までの新契約締結!

ジェノアは2月29日、デンマーク代表MFモルテン・フレンドルップ(22)との新契約締結を発表した。新たな契約期間は2028年6月30日までとなる。 母国のブレンビーIFの下部組織で育ったフレンドルップは、果敢なプレスからのボール奪取能力が最大の特長のMF。主戦場はセントラルMFだが、守備的MFや中盤の両サイドでもプレーできるユーティリティ性を持ち合わせている。 2022年冬に加入したジェノアでは、すぐにレギュラーに定着。昨季は公式戦40試合に出場すると、今シーズンも主力としてここまで公式戦27試合に出場し1ゴール5アシストを記録している。 同選手に関しては、今冬の移籍市場でリバプールからの関心が伝えられたが、ジェノバの地でキャリアを継続する道を選択した。 2024.03.01 06:30 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly