山下良美さんが日本人女性初のプロ審判契約、カタールW杯で主審に選出

2022.08.01 23:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は1日、山下良美さん(36)とプロ契約を結んだことを発表した。女性でプロ契約を結ぶのは日本初となる。

山下さんは2021シーズンにJリーグで初めて主審を務めたことでも知られ、今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で初の女性主審として試合を担当するなど、日本のみならず世界に通じる審判員として知られている。

その山下さんは今年11月に開幕を迎えるカタール・ワールドカップでは日本人で唯一主審に選出される快挙を成し遂げていた。
今回のプロ契約は、7月14日に行われたJFA第9回理事会にて決議。8月1日から2023年1月31日までが契約期間となる。

関連ニュース
thumb

ベスト8で涙のブラジル主将チアゴ・シウバ「しくじった」…代表引退も?

ブラジル代表DFチアゴ・シウバが言葉を紡いだ。イギリス『メトロ』が報じている。 ブラジルは9日、カタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝でクロアチア代表と激突。0-0の延長前半にFWネイマールのゴールで均衡を破ったが、同後半に追いつかれ、PK戦に持ち込まれると、2-4で力尽きた。 2大会連続のベスト8に終わったブラジルの主将は相手を称えつつ、同点弾を許した場面の対応を悔しがっている。 「フットボールにおいて、相手がどこであれ、失点はつきものだ。クロアチアはクオリティのあるチームだけど、突如として少し集中力を欠いた」 「あのようなカウンターに免疫がない。少ししくじった感がある。ロストしたセカンドボールから相手に望む形でカウンターを許してしまった」 そんなチアゴ・シウバだが、年齢は38歳。このW杯で代表キャリアに区切りをつけるのも推察されるが、選手自身もその可能性を示唆した。 「残念ながら、選手としてこのトロフィーを掲げることはないだろう。将来、別の役でチャンスがあるかどうかもわからない」 「つらいね。でも、悲しくても、人生では前に進まないといけない。僕らの歩みや、みんなを誇りに思うけど、これもフットボールの一部だ」 2022.12.10 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン4強入りにメッシが胸を張る! 一方でイエロー乱発の主審に「FIFAは検証を」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがコメントした。イギリス『メトロ』が報じている。 カタール・ワールドカップ(W杯)は準々決勝の戦いに入り、9日にアルゼンチンが登場。オランダ代表との対戦となり、2-0から追いつかれ、延長戦、そしてPK戦にもつれ込んだが、4-3でベスト4入りを果たした。 1得点1アシストのメッシは自国の2大会ぶりとなる4強入りに安堵しながら試合を振り返り、チームとしてのパフォーマンスを誇っている。 「大きな喜びとホッとした気持ちがある。PK戦に持ち込まれるような試合じゃなかったし、かなり苦しめられた。でも、W杯の準々決勝だ。勝ち上がるのが何よりも美しく、素晴らしいことなんだ。アルゼンチンが4強の一角を占めるのはどの試合でも同じ強度、同じ意志をもって戦う術を知り、そして示しているからさ」 そんなオランダとの準々決勝だが、計17枚のイエローカードが乱れ飛ぶ荒れ模様に。担当主審はラ・リーガから派遣のアントニオ・マテウ・ラオス氏だった。 メッシも警告を受け、主審のジャッジぶりに「審判のことは話したくない。後で制裁をくらう羽目になるのだから」と言いつつ、苦言も呈した。 「でも、みんなは何が起こったかを目にしたはず。FIFAは検証すべきだと思う。あんなレフェリーを、あのような大事な試合を担当させるべきじゃない。あのレフェリーがこの任務を果たせるわけがないんだ」 2022.12.10 09:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ケイン「細部にこだわったチームが勝つ」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが10日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝フランス代表戦を前日に控え、意気込みを語った。 ラウンド16のセネガル代表戦で今大会初ゴールを挙げたケインはフランス戦に向けて以下のように述べた。 「明日の試合がどうなるか予測は難しい。これまで経験したビッグゲームでは細部が重要だった。細部にこだわったチームが勝つと思う。サッカーでは多くのことが起こる。それに対応するために正しい準備をしなければならない」 「試合までできる限りオフの状態でいる。ピッチに入った瞬間、本能のままプレーする。それが最も重要だよ」 2022.12.10 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「扉を閉ざすわけではないし、100%戻ってくるとも言いたくない」、ネイマールがセレソンでの今後に言及

自身3度目のワールドカップ(W杯)敗退が決定したブラジル代表FWネイマールがセレソンでの今後について言及した。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジルは9日に行われたカタールW杯準々決勝でクロアチア代表と対戦。0-0のまま突入した延長前半終了間際の106分に味方との2度のワンツーでボックス内に侵入したネイマールのゴラッソで先制に成功。だが、延長後半終盤の失点で同点に追いつかれると、PK戦を2-4で落として無念のベスト8敗退となった。 同試合後、ピッチに座り込み、人目をはばからず号泣したネイマールの姿を見ると、大会前に示唆していた通り、これが最後のW杯となる可能性が濃厚と思われたが、試合後の取材では必ずしもセレソンの扉を閉ざしてはいないようだ。 「今は考えることがたくさんあって、熱くなっているし何も言いたくない。自分にとって何がいいのか、代表チームにとって何がいいのか、この時間を使って考えたい。扉を閉ざすわけではないし、100%戻ってくるとも言いたくない」 また、試合全体についての振り返りを求められたセレソンのエースは、「悪夢のようだ」と大きなショックを隠さない。 「悪夢のようだ。僕にはここで起こったことが信じられない。この敗北は長い間、僕らを傷つけるはずだ。ブラジルファンのサポート、愛情、そしてすべてのチームメイトへの敬意に感謝したい。残念ながら、夢を実現できなかったとはいえ、それは人生の一部であり、フットボールであり、起こり得ることなんだ。今は家に帰り、嘆き悲しみ、敗北に苦しむときだ」 「今は話すのが難しいし、何も言いたくない。ただ、ゲームで起こったことがすべてだ。誰のせいでもないし、僕らは一緒に勝ち、一緒に負ける」 「このグループの一員であることを嬉しく思うよ。一人一人を誇りに思っている。残念ながら、このグループに勝利をもたらすことはできなかったけど、それは起こり得ることだ。今は悲しみの瞬間にあるし、それぞれを慰める言葉を見つけるのは難しいよ」 2022.12.10 07:32 Sat
twitterfacebook
thumb

前回王者フランスに挑むイングランド、サウスゲイト監督は「全てのチームに向けて準備するのと同じ」と特別視せず

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督が10日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝フランス代表戦を前日に控え、意気込みを語った。 イングランドはラウンド16でセネガル代表に3-0と快勝し、2大会連続ベスト8進出とした。充実の内容で勝ち上がった中、前回王者フランスに対し、特別視することはないと強調した。 「全てのチームに向けて準備するのと同じだ。もちろん、彼らがどのようにプレーし、個人個人がどう動くかという全てのパターンをチェックしている。ムバッペだけを注意することはできない。ジルーが今大会どのようなゴールを決めているか、彼にも注意が必要だ。そしてグリーズマンがいる。彼がムバッペとジルーにとってどれだけ重要な存在か。そこにポイントがあると思う。彼は驚異的な選手だよ。このレベルでは特定の選手だけを警戒することはできない」 2022.12.10 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly