「選手の経験を無駄にしちゃいけない」岡崎慎司が日本サッカーに分析訴え、再び重傷の宮市亮にエール「強くなって戻ると確信してる」

2022.07.31 10:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カルタヘナに所属する元日本代表FW岡崎慎司が、再び重傷を負った横浜F・マリノスの日本代表FW宮市亮について言及した。10年ぶりに日本代表に選出された宮市は、27日に行われたEAFF E-1選手権の韓国代表戦に途中出場。しかし、相手選手との接触により負傷しプレー続行不可能となっていた。

試合後のセレモニーにも姿を見せないほどの重傷だった宮市は、クラブの診断の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷。手術を行うことが発表されていた。

キャリアを通じて、何度もヒザを負傷し、手術を重ねてきた宮市。日本に戻り、充実したキャリアを積んでいた最中での負傷には、多くのファンも悲しむとともに、再び復活してくれることを願い、激励するコメントが集まっている。

そんな中、10年前に一緒に日本代表としても活動した岡崎が自身のツイッターを更新。今回のケガについて言及し、エールを送るとともに、日本のサッカー界についても警鐘を鳴らし、ここまでの宮市のケガの理由とそこからの復活劇をしっかりと分析して欲しいと訴えた。

「宮市の今回の怪我は今までとは違う。接触があり右足が残り、踏ん張ってしまった。本人は本当に悔しいと思う」

「ただあれだけの怪我を負って代表に戻ってきた事実。日本に帰りトレーニングを繰り返し完全復活した宮市は自信に変えて欲しい。そして日本のサッカー界は選手の経験を無駄にしちゃいけない」

「経験を無駄にして欲しくないというのは、どうして怪我をしたか?とどうやって完全復活したか?に対して分析して次世代に還元して欲しい。という事です!」

「そしてもちろんこれから宮市がどう乗り越えていくのかも」

「膝を何度も経験するという選手は宮市だけじゃない問題です。だからこそそこから復活して代表に帰ってきた。みんなに期待されるとこまで来た宮市は凄いと思う。だから、またみんな期待したいし、俺もさらに強くなって戻ると確信してる。ただ必ず日本サッカー界は分析して欲しい」

ヨーロッパでのキャリアを若くして経験し、機体の反面ケガを何度も重ねてきた宮市。そこからの復活劇は多くの人が見守ってきたが、今回もその期待に応えてくれることを信じ、回復を願うばかりだ。

1 2

関連ニュース
thumb

森保一監督は試合中に何をメモ? 意外な内容を語る

日本代表は23日、アメリカ代表とのキリンチャレンジカップ2022を戦い、2-0で勝利を収めた。 カタール・ワールドカップ(W杯)まで残り2カ月となった中、調整を進める日本代表。チーム作りの最終段階に入っている。 多くのファンがスタジアムにも集まり、テレビを通じて観戦した方も多いだろうが、予てから多くの興味を持たれている謎の1つが解明された。 カタールW杯を全試合無料で配信する「ABEMA」が、W杯に向けて配信する番組『サッカー日本代表独占インタビュー THEVOICE』。毎週水曜日に配信されているのだが、最終回を迎え、森保一監督がゲストに登場した。 インタビュアーは、現役時代に日本代表でもチームメイトとして戦った福田正博氏。現在はJリーグの解説でも知られ、かつては“ミスターレッズ”と呼ばれた浦和レッズの元エースだ。 その「ABEMA」が森保監督のインタビューの切り抜きを公式TikTokで配信。福田氏から、みんなが気になっていたあの謎への質問が飛んだ。 福田氏が質問したのは試合中に森保監督が仕切りに取っているメモの内容。視聴者からの質問として「何をメモしているのか?」というものが寄せられた。 福田氏も気になっていたようで、森保監督に質問。すると森保監督は「前半が重要」と語り、その内容は選手のプレー内容を記録しているとのこと。福田氏を例に挙げ「福田シュートを打った、サイドからの攻撃」という、プレーの流れを書いていると明かした。 福田氏も意外な答えに驚いた様子。その理由について森保監督は「コーチとハーフタイムの時にロッカーに入る前に話をする」とし、「ポイントを言ってもらい、メモと一致していることは、チームに伝えた方が良いので選手に伝える」と語った。 つまり、自身が試合を見ていて気になったポイントをメモし、コーチ陣と気になるポイントが重なったらこれは問題点だと考えて修正するということ。攻撃に限らず守備でも行われていると見られる。 それぐらいなら覚えていられるという考えもあるが、試合中には何が起こるか分からず、全て気になったところを覚えていられる保証はない。ユーザーからは「そんなこと?」というコメントも多く見られるが、実際に45分間ピッチサイドで戦況を見つめ、声を出して指示し、すぐに修正しなければいけないポイントは相談。アクシデントや得点、失点でも状況は変化するため、全てを覚えることはまず誰もできないと思われる。 意外な内容ではあったが、このメモがハーフタイムでの修正、選手の交代、戦略に関わっていると考えると、ベスト8に進むためには非常に重要なメモとなりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】森保一監督が自らメモの内容を語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@fifawc_abema/video/7146847352815471873" data-video-id="7146847352815471873" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@fifawc_abema" href="https://www.tiktok.com/@fifawc_abema?refer=embed">@fifawc_abema</a> 森保監督が初告白!?試合中のメモの内容全貌 <a title="サッカー" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?refer=embed">#サッカー</a> <a title="abemaでfifaワールドカップ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/abema%E3%81%A7fifa%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?refer=embed">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a title="fifaワールドカップ全試合無料生中継" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fifa%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%84%A1%E6%96%99%E7%94%9F%E4%B8%AD%E7%B6%99?refer=embed">#FIFAワールドカップ全試合無料生中継</a> <a title="全64試合無料生中継" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E5%85%A864%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%84%A1%E6%96%99%E7%94%9F%E4%B8%AD%E7%B6%99?refer=embed">#全64試合無料生中継</a> <a title="thevoice" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/thevoice?refer=embed">#THEVOICE</a> <a target="_blank" title=" オリジナル楽曲 - FIFAワールドカップカタール2022@ABEMA" href="https://www.tiktok.com/music/オリジナル楽曲-FIFAワールドカップカタール2022ABEMA-7146868520721091329?refer=embed"> オリジナル楽曲 - FIFAワールドカップカタール2022@ABEMA</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.09.24 23:43 Sat
twitterfacebook
thumb

変化が見られた[4-2-3-1]、あと1試合で何を試し何を見せるのか/日本代表コラム

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで2カ月を切った中、日本代表はリスタート。メンバー発表前のラスト2試合に臨んでいる。 ドイツへ遠征した日本は、23日にキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦。結果は2-0で勝利を収めることに成功した。 アメリカが主軸選手をケガで書いていたこと、そして平均年齢が24歳と経験が浅かったことなど、数々のエクスキューズはあるが、相手に何もさせずに勝利できたことはプラス材料だ。 あまり手応えのない試合だったようにも見えるが、日本にとっては色々な発見があったと言える試合ではなかっただろうか。しっかりと本番に向けた準備を進められている印象があった。 <span class="paragraph-subtitle">◆システムの幅</span> この試合、森保一監督は[4-2-3-1]のシステムを採用して臨んだ。元々使っていたシステムだったが、アジア最終予選で結果が出ないという事態を受け、[4-1-4-1(4-3-3)]にシステムを変更。これが結果的にハマり、本大会の切符を掴んだ。 [4-1-4-1(4-3-3)]に変更してからは基本システムが変わった日本。中盤はアンカーに遠藤航(シュツットガルト)、インサイドハーフに守田英正(スポルティングCP)と田中碧(デュッセルドルフ)を配置。ボランチタイプの3人を中盤に並べ、1アンカー2インサイドハーフとも、3ボランチとも言えるシステムで戦った。 中盤の強度が上がり、ボール奪取の数も増え、攻撃は右サイドの伊東純也(スタッド・ランス)を軸に組み立てていった。 ただ、これは急場凌ぎの結果であり、結果が残ったという事実があるだけであり、日本代表の選手の構成から考えると最適とは言い難いシステムでもあった。 その森保監督は、6月の日本代表4試合で[4-1-4-1(4-3-3)]を継続。ただ、インサイドハーフに原口元気(ウニオン・ベルリン)、鎌田大地(フランクフルト)を配置するなど、選手を変更して試すことに。また、キリンカップのガーナ代表戦では[4-2-3-1]に戻し、堂安律(フライブルク)、久保建英(レアル・ソシエダ)、三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)を2列目に並べ、ダブルボランチを採用していた。 また、3バックも試し、[3-4-2-1]の形もトライ。最終予選を終えたことで、本番に向けて準備を進めていたが、アメリカ戦で辿り着いたのは[4-2-3-1]だった。 <span class="paragraph-title">◆変化が見られた[4-2-3-1]</span> ただ、この[4-2-3-1]も以前のものとは異なって見えた。配置こそ変わらずも、[4-1-4-1(4-3-3)]で戦って来たことが非常に生きていた。 まず、ボランチでコンビを組んだ遠藤と守田は横並びになったことで、よりコンビでのバランスを取ることに成功。その結果、よりボールを奪いに行く強度を高めることに成功した。互いにボールを奪い、時には2人で囲むというプレーも見せ、ドイツのデュエルキングとポルトガルの名門でレギュラーを張る2人の高いパフォーマンスが見られた。 さらに変化を感じたのは2列目の選手の意識だ。元々強度の高さを求める森保監督であったが、この試合で2列目に入った伊東、鎌田、久保の3人のプレスバックは非常に効いていた。 これは[4-1-4-1(4-3-3)]で生き残るために求められたものであることに加え、スタッド・ランス、フランクフルト、ソシエダとそれぞれのクラブで攻撃的なポジションを務めながら、クラブでも求められる能力だった。 それぞれが、代表、クラブで磨いたものであり、求められるものに応えようとした結果、中盤の5枚が非常にタイトな守備を見せ、アメリカを機能させなかった。 加えて言えば、1トップに入った前田大然(セルティック)も同様だ。スピードを生かしたプレス、ボール奪われた後のプレスバックと守備で貢献。攻撃面では今ひとつだったが、セルティックで求められているプレーの一端は見せられたと言える。 チームとして積み上げて来たもの、そしてクラブで各選手が成長したことで、その精度が高まったことは、アメリカ戦でも感じられた。 <span class="paragraph-title">◆増やしていきたいオプション</span> そしてアメリカ戦ではオプションも試すことができた。 病み上がりの酒井宏樹(浦和レッズ)は非常に高いパフォーマンスを見せたが、ハーフタイムで交代。そこで右サイドバックに入ったのは、山根視来(川崎フロンターレ)ではなく冨安健洋(アーセナル)だった。 これまでであれば山根との交代になっていたはずだが、クラブでサイドバックを務める冨安を右SBに配置。その冨安は、伊東との縦関係で何本か良いパスを供給。さらに、アーセナルで培ったビルドアップのうまさも随所に見せた。久々のCBでも高いパフォーマンスを前半見せていたことを考えると、2つのポジションを高いレベルで務められるという武器を手にしたと言える。アメリカ戦のみでチームを離れたが、あとはケガをせずに2カ月を過ごしてもらいたいところだ。 また、流れの中だと感じられるが、攻撃時には遠藤が降りての3バックになる形も何度か見られた。冨安と左サイドバックの中山雄太(ハダースフィールド・タウン)が高い位置を取り、[3-4-3]のような形になる場面があった。相手の陣形を崩すこと、試合中に対応するという点では、進化しているとも言えるだろう。 他にもトップ下でありながらフランクフルトでのパフォーマンスと同様にボックス内に積極的に飛び出す姿も見られ、最も得点チャンスを作っていたのが鎌田だった。それぞれが、しっかりと戦い方を理解し、クラブで積み上げたものを発揮できたという点で、良い試合になったと言える。 残すは27日のエクアドル代表戦。本大会ではドイツ代表、コスタリカ代表、スペイン代表と実力国と対戦するだけに、相手の力はこんなものではない。まだまだ精度を上げる必要はあるが、ひとまずはポジティブな変化が見られた試合と言って良いだろう。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2022.09.24 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「本当にらしいゴール」日本代表MF三笘薫、お得意ドリブルからの一撃に称賛の嵐「W杯本戦でも武器に」「語彙力飛ぶ」

これぞ日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーブ・アルビオン)の真骨頂だ。 日本代表は23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦し、2-0で快勝した。 25分にMF鎌田大地(フランクフルト)がネットを揺らして以降も主導権を握っていた日本は、再三の決定機を作りながらも2点目が遠かったが、最終盤にジョーカーが持ち味を発揮した。 68分からピッチに立っていた三笘は終了間際の88分、左サイドの敵陣中央でボールを受け、得意の形でドリブルを仕掛けると、最後はボックス左でDF2枚の間を抜く見事な右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺した。 見事な個人技で大きな追加点をもたらした三笘。ファンからも「本当に三笘らしいゴール」、「さすがです」、「W杯本戦でも日本の武器になりそうですねー」、「これは圧巻」、「伊藤のパスと中山のポジション取りが適切」、「別格の一文字に尽きる」、「語彙力飛ぶ」など、称賛の声が多数寄せられている。 日本は27日にエクアドル代表と対戦。出場すれば結果を残す日本が誇るドリブラーには、起用方法も含めて注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の十八番、アメリカ戦で勝負を決定づけたカットインからのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%972022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#キリンチャレンジカップ2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本</a> × <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アメリカ</a> 】<br>後半43分<br>左サイド <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> ドリブルからゴール!日本追加点!<br>フジテレビ系列で生放送中‼️<br>TVerでLive配信中‼️ <a href="https://t.co/J8oP9SjsEO">https://t.co/J8oP9SjsEO</a><br>ThePushで代表を応援‼️ <a href="https://t.co/uS1RuKHOoP">https://t.co/uS1RuKHOoP</a><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/4kX77YnEmb">pic.twitter.com/4kX77YnEmb</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1573315710465372160?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「ペンキをこぼした?」日本代表に敗れたアメリカ、新ウォームアップウェアにも賛否「見栄えはする」

アメリカ代表のトレーニングウェアのデザインは、賛否が分かれているようだ。 23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022、日本代表vsアメリカ代表は、MF鎌田大地(フランクフルトとMF三笘薫(ブライトン&ホーブアルビオン)がゴールを決め、2-0で快勝した。 日本にとっては新ユニフォームのお披露目試合となったが、同じくアメリカもこの日が新たなキットのデビュー戦に。また、ウォーミングアップ用のウェアも、新たなデザインのものが採用された。 これまでの単一青とは打って変わって、白地に青と赤の絞り染めグラフィックを使用。非常に目を惹くデザインとなった。ただ、評価は分かれているようだ。 肯定派から「それを本番用のジャージにできますか?」、「WC用よりは優れている」、「こっちの方が見栄えはする」と、新ユニフォームよりもこちらがいいという意見が上がった。 対照的に否定的なコメントとしては「ただのレジャーウェアだと思っていました」、「ジャクソン・ポロックによる春物かと」、「トレーニングキットも台無し」、「ホーム&アウェイも含めて5歳児が作ったんだ」、「誰の子がペンキをこぼしたん?」、「血痕を隠すために設計されている」など、抽象表現主義の絵画から子供遊びといったの声が届いている。 試合も敗れ、マイナスのイメージが先行してしまったアメリカの新キット。「アメリカのキットはひどいので、日本のジャージを着ざるを得ない」、「今日のプレーが悪かったのはナイキのせいだ」などと、愚痴をこぼさずにはいられないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】「ペンキをこぼした?」「血痕を隠す設計」と揶揄されたアメリカのウォームアップウェア</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Let’s go to work <a href="https://t.co/6FZhfQ6Xkm">pic.twitter.com/6FZhfQ6Xkm</a></p>&mdash; U.S. Men&#39;s National Soccer Team (@USMNT) <a href="https://twitter.com/USMNT/status/1573279549017686017?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">New kits, new pre-match gear.<br><br>Get your <a href="https://twitter.com/nikefootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@nikefootball</a> x <a href="https://twitter.com/VW?ref_src=twsrc%5Etfw">@VW</a> pre-match swag here » <a href="https://t.co/qgDgPXRvCO">https://t.co/qgDgPXRvCO</a> <a href="https://t.co/ezpoOPge2K">pic.twitter.com/ezpoOPge2K</a></p>&mdash; U.S. Men&#39;s National Soccer Team (@USMNT) <a href="https://twitter.com/USMNT/status/1573282664114692096?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ遠征中の日本代表、冨安健洋がクラブ事情で離脱…アメリカ戦ではCB&右SBをこなす

日本サッカー協会(JFA)は24日、アーセナルDF冨安健洋の日本代表離脱を発表した。 離脱理由は「クラブ事情のため」。ドイツ遠征中の日本はテストマッチ第2戦として27日にキリンチャレンジカップ2022のエクアドル代表戦を予定しているが、守備の要である冨安なしでの戦いが決まった。 冨安は23日に行われたアメリカ代表とのキリンチャレンジカップ2022にフル出場。4バックのセンターバックでスタートして、右サイドバックと3バックのセンターバックもこなし、2-0の勝利に貢献した。 今季でアーセナル在籍2年目の冨安だが、ケガでの出遅れもあり、ここまでプレミアリーグで先発なし。日本としても今年11月のカタール・ワールドカップに向けて追い込み段階だが、アーセナルに戻ってアピールを期すこととなった。 2022.09.24 16:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly