長崎の選手へ危害を加える予告…仙台が投稿者を無期限入場禁止の処分に「社会的にも決して許される行為ではありません」

2022.07.29 16:24 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベガルタ仙台は29日、V・ファレーン長崎の選手への悪質な投稿への処分を発表した。

事件は、23日の明治安田生命J2リーグ第28節、仙台vs長崎の試合後に起きていた。

試合後、SNSで長崎の選手に危害を加えることを予告する旨の投稿があったとのこと。仙台、長崎ともに声明を出し、「同投稿は既に削除されておりますが、投稿内容が極めて悪質なものでしたので主管クラブとして、V・ファーレン長崎および宮城県警と連絡を取り合っております」としていた。

そんな中、投稿した本人から仙台に連絡があったとのこと。面会し、本人であることを確認。仙台のホーム、アウェイの全ての試合に対し、無期限の入場禁止処分を下したという。

仙台は今回の件について、声明を発表している。

「2022明治安田生命J2リーグ 第28節 V・ファーレン長崎戦後、SNSにおきまして、V・ファーレン長崎の選手に危害を加えることを予告する旨の投稿を行った本人より連絡がございました」

「当クラブでは、本人との面会及びヒアリングを実施し、投稿者本人であることを確認いたしました。当該投稿は、Jリーグ統一禁止事項に抵触する違反行為であるだけではなく、社会的にも決して許される行為ではありません。事の重大さを鑑み、JリーグやV・ファーレン長崎と連携した上で、無期限の入場禁止処分とし、本人に通告いたしました」

「改めまして、V・ファーレン長崎の選手、関係者の方々、ファン・サポーターのみなさま、またJリーグや各クラブの関係者の方々に、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫びいたします。なお、引き続き宮城県警の調査には全面協力してまいります」

関連ニュース
thumb

山口DF渡部博文が今季限りで現役引退…プロ生活13年で計5クラブを渡り歩く

レノファ山口FCは4日、DF渡部博文(35)の今季現役引退を発表した。 山形県出身の渡部は山形中央高校、専修大学を経て、2010年に柏レイソルでプロ入り。2011年を栃木SCで過ごして、2012年から柏に戻り、3シーズンにわたってプレーした。 その柏では2010年のJ2優勝に始まり、2012年の天皇杯や翌年のJリーグカップでタイトル獲得を経験。その後、2015年からベガルタ仙台、ヴィッセル神戸を渡り歩いた。 2017年からプレーした神戸でも2019年に天皇杯優勝を経験し、2021年からは山口へ。キャプテン就任の今季もここまでJ2リーグ32試合の出場で1得点を記録している。 計5クラブ、13年間のプロ生活に終止符を打つ渡部。23日にジェフユナイテッド千葉をホームに迎え撃ってのJ2リーグ最終節後に引退セレモニーが行われるため、言葉少なめにコメントしている。 「この度、現役生活を引退することを決意しました。経緯についてはシーズン終了後の引退セレモニーで、直接お話しさせていただきたいと思います。まずは残り3試合に全精力を注ぎ、レノファのために最後まで戦います!」 2022.10.04 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台DF吉野恭平が左ヒザ手術…全治まで約4カ月

ベガルタ仙台は29日、DF吉野恭平の戦線離脱を報告した。 吉野は27日に仙台市内の病院で手術。左ヒザ外側半月板損傷で術後約4カ月の全治見込みだという。 2020年にサンフレッチェ広島から加わって3年目の今季はここまで公式戦24試合出場で1得点だった。 仙台は残り4試合の明治安田生命J2リーグでプレーオフ圏の6位に位置。吉野の今季以降となりそうだ。 2022.09.29 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「粋なことしてくれる!」PKストップで殊勲のシュミット・ダニエル、J公式がJ時代のセーブ集公開「正キーパー決まり」

エクアドル代表の前に立ちはだかった日本代表GKシュミット・ダニエル(シント=トロインデン)。試合後には、Jリーグ公式が当時のセーブ集を公開した。 27日、日本代表はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドルと対戦。2-0で勝利した23日のアメリカ代表戦から先発11名を全て変更して臨み、シュミットがゴールマウスを守った。 鋭い出足のエクアドルに苦戦し、ゴールレスで後半を迎えると、試合終盤にDF谷口彰悟がPKを献上。絶体絶命のピンチを迎えた。だが、ここでシュミットが横っ飛びでセーブ。コースを完璧に読み切り、無失点で切り抜けた。 試合はゴールレスドローに終わったものの、会心のPKストップを含めて随所で好守を披露した守護神。Jリーグ公式SNSアカウントがシュミットのJリーグ時代のセーブ集を作成し、公開すると、瞬く間に大きな反響が上がった。 「粋なことしてくれるね!」、「間違いなく今の代表に必要な選手!」、「1対1の状況でのセーブが得意なイメージ」、「最高だぜダン」、「正キーパー、シュミットダニエルで決まり」などの賛辞に加え、「熊本で覚醒して様々な経験を積んで今がある!」、「間違いなくベガルタのベスト3に入る守護神です」のように、所属していたクラブのサポーターからも声援が送られた。 現在はベルギーでプレーする守護神は、Jリーグではベガルタ仙台、ロアッソ熊本、松本山雅FCに所属。J2でプレー経験を積みながら日本代表まで上り詰めた。 カタール・ワールドカップ(W杯)までおよそ2カ月。メンバー発表前最後のテストマッチでアピールに成功したシュミット。本大会でもピッチに立つことはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】シュミット・ダニエルがJリーグで見せた好セーブの数々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CjA3SA6L0C-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CjA3SA6L0C-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CjA3SA6L0C-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.28 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「天才だよ!」「マエストロ」ジーコのスコーピオンボレーを覚えているか? 本人公開の圧巻2ゴールが大反響「私たちの王」

30年近くたっても色褪せないゴールがある。 鹿島アントラーズのクラブアドバイザーであるジーコ氏は、18日に自身のインスタグラムを更新。「6-0で勝った天皇杯での2得点」と、自身の2ゴールを紹介した。 1993年、第73回天皇杯でベガルタ仙台の前身である東北電力と対戦した鹿島。ジーコは72分に極上の切り返しから右足のループシュートでネットを揺らすと、5分後には裏への浮き球パスに反応し、スコーピオンボレーで追加点を挙げた。 21世紀に振り返っても、驚愕を覚える2発のゴール。ファンからも「あれは何!」、「天才だよ!」、「このゴールはよく覚えている」、「フィールド上のマエストロ、ジーコ」、「私たちの王」、「なんてクレイジー」など、多数の賛辞が相次いでいる。 色褪せることのないジーコのビューティフルゴール。余談だが、実際のスコアは6-1だ。 <span class="paragraph-title">【動画】鮮やか切り替えしからの一発にスコーピオン、ジーコ本人公開の当時の2ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cink1k6pyVL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cink1k6pyVL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cink1k6pyVL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arthur Antunes Coimbra(@zico)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.18 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟が引き分けに終わった横浜FCを抜いて首位浮上、残留争いは快勝の大宮、土壇場勝利の岩手が浮上で群馬が降格圏転落【明治安田J2第35節】

10日、明治安田生命J2リーグ第35節の11試合が行われた。 首位の横浜FC(勝ち点67)は15位の栃木SC(勝ち点39)と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった。 前節のレノファ山口FC戦は2点差を追いつかれるというまさかの引き分けに終わった中、この試合は5バックを形成。ポゼッションしながら栃木に対して攻め込んでいく。 しかし、栃木のハードワークの前に苦戦。逆にボールを奪うプレスをかけた栃木が何度か決定機を作っていくがゴールは生まれない。 14分には相手CKからカウンターを仕掛けた横浜FCは、中村拓海のパスに伊藤翔が合わせにいくが、届かずゴールを奪えない。 その後も攻め込む一方で、栃木の集中した粘りの守備の前にゴールを奪えず。時間ばかりが経過する中、82分には途中出場の山下諒也のシュートがクロスバーに嫌われゴールならず。0-0で引き分けに終わった。 勝てば首位に浮上できる2位のアルビレックス新潟(勝ち点65)は、最下位のFC琉球(勝ち点29)と対戦した。 “声出し応援”が再開した新潟。およそ3年ぶりのチャントが戻ってきた中、前半は新潟ペースで試合が進む。 立ち上がりこそ落ち着かなかったが、徐々にペースを握ると何本もシュートを浴びせるが、ゴールには繋がらない。 ゴールレスで前半を終えた中、55分に動きが。渡邊泰基のロングスローから最後は高木善朗が蹴り込み、新潟が先制する。 残留のために負けられない琉球は、途中出場のサダム・スレイが活性化。しかしゴールを奪えないでいると、75分に伊藤涼太郎のパスから高木が追加点。さらに85分には途中出場のアレクサンドレ・ゲデスが加入後初ゴールを決めて3-0で勝利。首位に浮上した。 その他、上位では3位のファジアーノ岡山(勝ち点60)、5位のロアッソ熊本(勝ち点54)、6位の大分トリニータ(勝ち点52)が揃って勝利。一方で、監督交代に踏み切った4位のベガルタ仙台(勝ち点55)は大分との昇格争い直接対決で1-0と敗れ、5位に転落した。 また、残留争いも白熱。降格圏の21位・いわてグルージャ盛岡(勝ち点30)は、11位の水戸ホーリーホック(勝ち点46)と対戦。互いに譲らない展開となる中、お互いに決定力を欠いて引き分けに終わるかと思われた。 しかし91分、中村太亮のクロスに宮市剛が飛び込んでゴール。土壇場で6試合ぶりに勝ち点3を獲得し、降格圏を脱出した。 20位の大宮アルディージャ(勝ち点31)は13位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦。甲府はクラブ史上初の天皇杯ベスト4入りを果たした一方で、中2日という過密日程での戦いとなった。 するとコンディション的に有利な大宮が立ち上がりに攻め込む。まずは5分、矢島慎也のアウトサイドのスルーパスをボックス内右で富山貴光がダイレクトシュート。これが決まり、大宮が先制する。 さらに25分にも大宮。相手陣内でボールを奪った柴山昌也がスルーパス。これに反応した富山が完全にフリーとなり、GKとの一対一を決め切り追加点を奪った。 その後はゴールがなかなか生まれなかったが、85分にはボックス付近で得たFKから大山啓輔がクロス。これを袴田裕太郎がヘッドで合わせて3点目を奪い、0-3で快勝した。 岩手、大宮が勝った中、19位のザスパクサツ群馬(勝ち点31)は14位の東京ヴェルディ(勝ち点41)と対戦し、1-1のドロー。新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が多く出ている中、控えにGKがいないという異例のメンバー構成に。それでも54分に川本梨誉のゴールで先制するも、58分に東京Vが森田晃樹のゴールですぐさま同点に追いつく。その後は互いにゴールを奪えず、引き分けに終わって降格圏に転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽9/10(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 1-1 ザスパクサツ群馬 FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> 横浜FC 0-0 栃木SC ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 3</span>-0 FC琉球 ブラウブリッツ秋田 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 1</span>-0 ベガルタ仙台 2022.09.10 22:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly