右ヒザ負傷のポグバにW杯欠場の可能性…手術の方式次第で今年中の復帰は困難

2022.07.28 17:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバがカタール・ワールドカップ(W杯)を欠場する可能性が浮上している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

ポグバは今夏、マンチェスター・ユナイテッドと契約満了を迎え、ユベントスに6年ぶりのカムバック。23日にはグアダラハラ戦で再デビューを果たしていた。

その一戦ではチームの勝利に貢献するとともに個人としてもさっそく違いを見せつけたが、ユベントスは25日にポグバの右ヒザ外側半月板に病変があると発表していた。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ユベントスはケガの完治のためポグバに手術を受けさせたい考えを持っているという。

ただ、その手術に関しては半月板の一部切除と、病変部を縫合する、2通りの方法があり、復帰までの期間に大きな差があるという。

前者はヒザの可動性に影響を与えるもので、比較的若い選手に対して実施される方法。離脱期間に関しては40日から60日程度が見込まれる。

一方、後者はケガの完治という部分ではより有効と言われるが、離脱期間に関しては4~5カ月を要するものだという。

現在、イタリアに戻っているポグバは、改めて専門医の診断を受け、クラブのメディカルスタッフ、フランス代表のメディカルスタッフと共に今後の治療法について話し合うことになるという。

今後のキャリアを考慮した場合、後者の手術を選択することがベターだが、29歳という年齢を考えれば、今回のW杯が自身最後の大舞台となる可能性もあるだけに、難しい選択を迫られることになりそうだ。

関連ニュース
thumb

アーセナルがロカテッリに関心、ユーベ首脳陣にとっても必ずしも「売却不可」ではない?

アーセナルが、ユベントスのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(24)に関心を抱いているようだ。 ロカテッリはミランの下部組織で育ち、サッスオーロを経由した昨夏に幼少期からの憧れであるユベントスの一員に。昨季は主力として公式戦43試合に出場し、背番号を5に変更した今季もセリエA5試合でピッチに立っている。 一方でプレミアリーグからの関心も。イタリア『カルチョメルカート』によると、今夏にマンチェスター・ユナイテッドから正式オファーがあったとのこと。ユベントスに忠誠を誓うロカテッリは、迷うことなくこれを一蹴したという。 だが、ユベントスの首脳陣らは必ずしもロカテッリを売却不可とは位置付けていないようで、来年1月の移籍市場でアーセナルへ売却する可能性があるという。 ロカテッリ自身が退団を考慮していないため、アーセナルが来冬に本腰を入れるかどうかは現時点で不透明。ただ、少なからず関心は持ち続けるつもりのようだ。 『カルチョメルカート』は、愛するクラブを退団という「邪念」を払い去るためには、ロカテッリ自らがプレーと結果で首脳陣らを納得させる必要があると付け加えている。 2022.10.02 21:42 Sun
twitterfacebook
thumb

国内9連覇の強さはどこへ… ユーベ指揮官が巻き返しに意欲「勝利を取り戻す」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が代表ウィーク明けの巻き返しを誓った。イタリア『スカイ』が伝えている。 セリエAで9連覇を果たした頃の勝負強さは、もはや見る影もないユベントス。現在はリーグ戦で8位に低迷しているほか、チャンピオンズリーグ(CL)でもまさかの連敗スタートと、アッレグリ監督の手腕を疑問視する声が後を絶たない。 2日には代表ウィーク明けの初戦となるセリエA第9節のボローニャ戦を迎えるが、同監督は前日会見の場で序盤戦の低調ぶりを認めつつ、この一戦からの巻き返しに意欲を示している。 「シーズン最初の約1か月が悪い出来だったことを忘れてはいけない。(開幕直後の)3試合は及第点のスタートだったが、そのあとは低調なゲーム内容と敗戦が続いた。データがそれを裏付けているよ」 「ここまで公式戦9試合で3敗と4分。我々はこのことをよく認識していて、チーム全体で現状について話し合った。次の対戦相手はボローニャだ。このゲームで勝利を取り戻す必要がある」 「代表チームに合流していた選手らは順調に復帰しているよ。イタリアは2試合とも勝利し、ボヌッチとガッティはリフレッシュも完璧だ。ヴラホビッチとコスティッチのセルビアも良い成績だったね」 2022.10.02 17:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ロカテッリとラビオが復帰、ミレッティもボローニャ戦出場へ

不振のユベントスに朗報だ。MFマヌエル・ロカテッリ、MFアドリアン・ラビオ、DFアレックス・サンドロの3選手が、10月2日に行われるセリエA第8節ボローニャ戦に出場できるようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 また、同メディアによれば足首を痛めてU-21イタリア代表を離脱したMFファビオ・ミレッティもボローニャ戦に出場できると報じている。 代表ウィーク前、格下モンツァに敗れた泥沼のユベントス。マッシミリアーノ・アッレグリ監督への風当たりが引き続き強い中、心強い戦力たちが復帰するようだ。 2022.10.01 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ復帰説をトッテナム監督コンテが一蹴! 「無礼だ」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督(53)がユベントス復帰話を否定した。 ユベントスでは開幕からの低調な滑り出しより、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の更迭話が浮上中。イタリアメディアではコンテ監督を後任候補として取り上げ、本人も古巣復帰に前向きとしている。 だが、2021年11月からトッテナムを率い、今季で指揮2年目のコンテ監督は噂に不快感を表立たせたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア人指揮官のコメントを報じている。 「信じられないね。時期的にユベントスの監督にもトッテナムで働く私にも無礼だと思う。我々はシーズンを始めたばかりだ。この手の話は何度もしているし、私はハッピーだし、常にトッテナムでの時間をエンジョイできていると言っている」 「クラブと私はシーズンを通して、ベストな解決策を見つけていくんだ。そして、確かにトッテナムでの時間を楽しめている。オーナーやファビオ・パラティチとは素晴らしい関係にある。今後に向けて問題もない。我々2人は契約にサインしたんだ」 「誰かがこの話をしているのを聞きたくないね」 2022.09.30 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで「思うようにいかなかった」 ポグバも自覚

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバにもマンチェスター・ユナイテッドで思い通りの活躍ができなかったという感覚があるようだ。 ユベントスでの4年間で実力を証明してみせ、2012年にユナイテッド復帰を果たしたポグバ。移籍金額も当時の史上最高額とまさに鳴り物入りだったが、相次ぐケガによる稼働率の悪さや、波の激しいプレーぶりからファンの信頼を掴み切れず、契約切れの今夏にユベントスでの再起を決意した。 ユナイテッドにもヨーロッパリーグとリーグカップの2つしかタイトルをもたらせず、周囲から失敗とする見る向きが強い29歳だが、本人もその自覚があるようだ。ファッション誌『GQ Italia』のインタビューでユベントス復帰を振り返るなかで、ユナイテッドでの歩みも語った。 「ユベントスに戻るという選択をしたのは僕の心だと思いたいし、そう言いたい。それにここに戻ってくるのにおそらく正しいタイミングだった。マンチェスターでのこの3年間はケガもあってコンディション面が整わず、思うようにいかなかったんだ。別にミステリーなんかじゃない」 「ユベントスはここ2年間、スクデットから遠ざかっている。僕らにとって良いチャレンジで、また一緒になり、双方にとって本来の居場所に立ち戻ろうとするための正しいタイミングだった。きっとね」 「自分のなかで、このジャージはすごく特別なもの。僕のベストを引き出してくれる。このチームとは良い歴史を築き、離れても決して忘れられないものだった。ここに戻ってくるというのはもっと頑張る理由になるし、刺激でもある。ここが自分の居場所だと疑ったことは一度もない」 2022.09.30 10:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly