ハフィーニャが圧巻ゴラッソ! バルセロナがアメリカ開催のクラシコに勝利!《PSM》

2022.07.24 14:07 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレシーズンマッチのバルセロナvsレアル・マドリーが23日にラスベガスのアレジアント・スタジアムで行われ、バルセロナが1-0で勝利した。

アメリカでプレシーズンツアーを行う数チームが参戦している『サッカー・チャンピオンズ・ツアー』で実現したエル・クラシコ。

バルセロナはここまでスペインでオロト戦、アメリカでインテル・マイアミ戦と2つのプレシーズンマッチをこなし連勝中。3連勝を狙う今回のビッグマッチでは昨季の主力に加え、クリステンセン、ハフィーニャと共にブラウグラナデビューのレヴァンドフスキをスタメンで起用した。
一方、昨季のラ・リーガ、チャンピオンズリーグ王者のマドリーは、アメリカの地でプレシーズン初戦に臨む。宿敵相手の初陣では対戦相手同様にベンゼマ、モドリッチらベテランを除き主力を起用。リュディガー、チュアメニの新戦力2人がデビューを飾り、前線はロドリゴ、ヴィニシウスの両翼にアザールのファルソ・ヌエベという構成となった。

新シーズンのラ・リーガの覇権争いを占う前哨戦となったアメリカ開催の伝統の一戦。互いにプレシーズンマッチ特有の緩さは見せず、立ち上がりからアグレッシブな攻防を繰り広げていく。

よりコンディションで勝るバルセロナがボールを握る時間が続き、11分には右に流れてアラウホから縦パスを引き出したレヴァンドフスキがボックス右に持ち込んで右足を一閃。挨拶代わりの強烈な一撃をニアサイドに飛ばすが、これはGKクルトワが冷静にはじき出す。

一方、カウンターを基本に要所で相手のプレスをいなす巧みな局面打開で相手ゴールへ迫っていくマドリー。18分にはペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したバルベルデが抑えの利いたミドルシュートを放つが、これは左ポストを叩いた。

互いに一度ずつ見せ場を作り、スタジアムのボルテージが上がり始めると、その空気に呼応するようにゴールが生まれる。27分、マドリーのビルドアップの局面でミリトンを完全に嵌めてミスキックを誘うと、ペナルティアーク右でパスカットしたハフィーニャが見事な左足のシュートをゴール右上隅の完璧なコースに突き刺した。

ハフィーニャの2戦連発となるゴラッソで先制に成功したバルセロナは、直後にもアラウホがリュディガーを強引に振り切る縦への突破の流れから逆サイドのハフィーニャが丁寧に折り返したボールを、ゴール前のレヴァンドフスキがダイレクトシュート。だが、デビュー戦ゴールが期待されたこのシュートはわずかに枠の左に外れる。

前半終盤にかけてはレヴァンドフスキが積極的に足を振って積極アピールを見せる一方、守勢に回るマドリーもヴィニシウスが複数DFを鮮やかなドリブルで突破する見せ場を作る。だが、クラシコらしい熱いバトルは見られたものの、前半にこれ以上のゴールは生まれず。

迎えた後半、バルセロナはハーフタイム明けに5選手を変更。レヴァンドフスキやクリステンセンが下がり、オーバメヤンやデンベレ、ケシエがピッチに入る。途中投入のフレンキー・デ・ヨングは右のセンターバック、ハフィーニャは左ウイングにポジションを取った。

対するマドリーは6選手を変更。リュディガーとチュアメニの新戦力にアザールらを下げて、カゼミロ、モドリッチ、クロースの黄金の中盤、前線は右からアセンシオ、ロドリゴ、ヴィニシウスという構成に。

立ち上がりはハフィーニャの左クロスに飛び込んだオーバメヤンがいきなり決定機を作ったが、時間の経過と共にマドリーが主力が揃った中盤を起点に押し返す。59分には右サイドでのルーカス・バスケスとの細かいパス交換からボックス中央でボールを受けたアセンシオにビッグチャンスも、右足のシュートは枠の左に外れた。

その後、60分を過ぎて互いに控えクラスの選手を多くピッチに送り込むと、連携面やクオリティの問題などもあり、試合は膠着状態に陥っていく。

マドリーは中盤で主導権を握るものの、マリアーノやセバージョスが入った前線が停滞。一方のバルセロナはサイドバックや急造の中盤がいまひとつ機能せず、デンベレ、オーバメヤン、デパイの強力な前線へなかなか良い形でボールが入らない。

その後、1点差のまま試合終盤に入ると、バルセロナが良い形のカウンターからデンベレに2度の決定機が訪れたが、いずれもGKクルトワのビッグセーブで阻止。さらに、試合終了間際にもデストが意表を突くミドルシュートで見せ場を作ったが、これもベルギー代表GKの好守に遭い、試合はこのままタイムアップ。

ハフィーニャのゴラッソによってマドリーを破ったバルセロナがプレシーズンのクラシコを制し、プレシーズンマッチ3連勝を飾った。

バルセロナ 1-0 レアル・マドリー
【バルセロナ】
ハフィーニャ(27分)

◆バルセロナ
GK:テア・シュテーゲン(→ペーニャ)
DF:アラウホ(→デスト)、クリステンセン(→デ・ヨング)、エリック・ガルシア(→ピケ)、ジョルディ・アルバ(→バルデ)
MF:ガビ(→ケシエ)、ブスケッツ(→ニコ・ゴンサレス)、ペドリ(→セルジ・ロベルト)
FW:ハフィーニャ(→デパイ)、レヴァンドフスキ(→オーバメヤン)、アンス・ファティ(→デンベレ)

◆レアル・マドリー
GK:クルトワ
DF:ルーカス・バスケス(→オドリオソラ)、ミリトン(→バジェホ)、リュディガー(→メンディ)、アラバ(→ナチョ)
MF:バルベルデ(→モドリッチ)、チュアメニ(→クロース)、カマヴィンガ(→カゼミロ)
FW:ロドリゴ(→セバージョス)、アザール(→アセンシオ)、ヴィニシウス(→マリアーノ)

関連ニュース
thumb

マドリーとフランス代表で躍動するチュアメニ、かつてセスクがバルサに推薦「ブスケッツの後継者に最適だった」

フランス代表としてカタール・ワールドカップでも活躍中のオーレリアン・チュアメニだが、セスク・ファブレガスはいち早くその才能に気づいていたようだ。 セスクとチュアメニはモナコでおよそ2年半共闘した間柄。チュアメニはそのモナコで徐々に頭角を現すと、2021年9月にフランス代表デビューを果たし、今回のカタールW杯でもメンバー入り。本戦ではグループステージ3試合で先発出場している。 セスクが初めてチュアメニを知ったのは、チュアメニがまだボルドーに在籍していた頃のこと。リーグ・アンのボルドー戦で感銘を受けたと、セスクは『フットメルカート』の取材で語った。 「彼が他の選手とは違うことをすぐに見抜いたよ。初めて彼を見たのは、モナコで行われたボルドーとのリーグ戦のことだった」 「僕はベンチからのスタートだったんだけど、彼のパフォーマンスに驚かされてね。思わずスタッフに『ボルドーのあのMFは誰なんだ?』と尋ねたのを覚えている」 すると2020年1月、モナコはそのチュアメニを1800万ユーロで獲得し、2人はチームメイトに。当時のことをセスクは「彼はウチに来て、少し適応する時間も必要だったけど、その後はどんどん成長して僕が思っていた通りの素晴らしい選手になったよ」と語る。 そして、セスクはさらに、チュアメニを古巣のバルセロナに推薦したという。 「バルサでオーレルのことを話したのは本当だ。彼らはセルヒオ・ブスケッツの後継者を探す準備にとりかかっていて、僕にとっては完ぺきな選手だった」 「だけど、バルサが資金不足だった時期で、4000万ユーロ以上は提示できなかったと思う」 ただ、セスクの期待とは裏腹に、チュアメニは今夏レアル・マドリーへ移籍。多くのビッグクラブが獲得に動いた中で、最大1億ユーロの値がついた。 バルセロナの最大のライバルへ移籍したチュアメニだが、ここまではレギュラーとして公式戦18試合に出場中。セスクは「オーレリアンに限界はない」と、ライバルで活躍する22歳へエールを送っている。 2022.12.03 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、カタールW杯参戦中の左SBアレハンドロ・バルデとの契約更新が進む! 新たに5年契約へ

バルセロナとスペイン代表DFアレハンドロ・バルデ(19)の契約更新が迫っているようだ。 バルセロナのカンテラで育ち、昨シーズンにプロデビューを果たしたバルデ。同シーズンは公式戦7試合の出場にとどまったが、今季は本格的にトップチームに身を置き、中断前まで16試合に出場、3アシストを記録していた。 そんな活躍から、今回のワールドカップでは負傷したホセ・ルイス・ガヤに代わって追加招集を受けることに。これがA代表として初招集だったが、本大会ではここまで2試合で途中出場している。 クラブではチャビ・エルナンデス監督が絶大な信頼を置いていることもあり、2024年夏までとなっている契約の更新を進めている模様。移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、新契約は新たに5年間と、10億ユーロの契約解除金が設定されるようだ。 一方で、バルデと同じ左サイドバックで長らく活躍してきたジョルディ・アルバに関しては、クラブが2024年夏まで残す契約の解除を検討していると言われている。 2022.11.30 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「2月ぐらいにはっきりさせたい」 ブスケッツが去就に発言

スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)が今季限りでのバルセロナ退団説に言及した。 バルセロナの育成育ちで、2008-09シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督の下でトップチームデビューして以降、中盤の要として地位を築くブスケッツ。34歳となった今季も優秀な若手が台頭するなかでいぶし銀の存在感を放つ。 今やバルセロナの主将としても頼れる存在だが、今季が契約最終年。その契約もあと半年を切ろうとしており、去就が騒がしくなるなか、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミ行きが有力な線として浮上している。 ただ、何も決め事はないようだ。カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦するなか、『El Larguero』で来季のプレー先を問われ、「いや、まだだ。夏もそうだし、サラゴサでのスイス戦の会見でも言ったけど、まだ決めていない」と話した。 「色々と言われているのは把握しているけど、僕はいつだって同じような話をしてきた。サインしていない。様子を見ながら、2月ぐらいにはっきりさせて結論を出したい」 また、今回のカタール大会が自身の代表キャリアにおける最後のW杯になる可能性については「まだ決めていないけど、どちらかというと、イエスに近い」と返して、こう続けている。 「もういい齢だけど、監督の信頼があって、良い感覚もある。とはいえ、最後に近づいているとは思う。でも、このW杯を楽しみたいし、今すぐ、あるいは大会後に決めるつもりはない」 2022.11.30 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly