神戸も獲得に動いたサンチェスは未だインテルとの契約解除に同意せず…欧州トップレベルでのプレーを希望

2022.07.22 17:08 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテル退団が確実視されてきたチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)だが、その去就は未だ不透明のようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。

サンチェスは2019-20シーズンからインテルの一員としてプレー。FW陣のバックアッパーという扱いではあるものの、クラブ通算108試合出場で20得点23アシストを記録するなど、貴重な戦力としてタイトル獲得に貢献してきた。

しかし、今夏は財政難にあえぐインテルから契約解除の申し出を受けている状況。契約はあと1年残っているものの、首脳陣らは33歳のベテランFWを退団させ、チーム全体のサラリーを減らしたいようだ。

だが、現在までにサンチェスは400万ユーロ(約5億6000万円)という契約解除金を受け取れる中でもオファーに同意しておらず、プレシーズンが始まった現在もインテルで全体トレーニングに参加しているとのことだ。

サンチェスに対してはガラタサライが交渉にあたっていたほか、チリ『En Cancha』の情報として、サウジアラビアのアル・ナスルからも正式オファーが届いているとのこと。潤沢な資金をバックに世界的スターの獲得を目指すと考えられている。一時はヴィッセル神戸もオファーしたが、断ったという情報も流れた。

一方、今年12月に34歳となるサンチェスは、まだまだ自身が欧州トップレベルでプレーが可能と感じており、競争力が高いとは言えないトルコや中東などからのオファーには首を縦に振らないだろうとみられている。

どうやら、希望するクラブからのオファーがないことが、インテルとの契約解除に同意しない最大の理由のようだ。

関連ニュース
thumb

殊勲の決勝弾チャルハノール、解任論拡大の指揮官を「幸せな気分にできた」

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、解任論が拡大しつつある指揮官への信頼を口にした。イタリア『スカイ』が伝えている。 インテルは4日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第3節でバルセロナと対戦。試合はボールを握られる時間が続いたが、前半終了間際のチャルハノールのゴールを守り抜き、1-0で勝利。バルセロナをかわしてグループ2位に浮上した。 今季は低調が続き、1日にローマに逆転負けを喫したことで、ここ数日はシモーネ・インザーギ監督の解任論が急拡大。だが、バルセロナ戦で殊勲の決勝ゴールを決めたチャルハノールは試合後の記者会見で、指揮官の笑顔を取り戻せたと喜び、揺るがぬ信頼感をうかがわせた。 「インザーギの大きな勝利? 僕ら選手はどんな時でも彼とともに戦う。今日は彼を幸せな気分にさせることができたはずさ。インザーギは自分のために戦っているチームを目の前で見ていたからね」 「この一戦をどう戦うか。何度も話し合い、準備してきた。今日は僕らがやりたかったフットボールができたよ」 2022.10.05 16:26 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、CLインテル戦黒星では判定に泣く... S・ロベルト「以前と同じ傾向」

バルセロナの選手たちがインテル戦のレフェリングに苦言を呈している。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えた。 バルセロナは4日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第3節でインテルとアウェイで対戦。試合はバルセロナがボールを握って攻め込むも、前半終了間際に先制を許す展開に。後半はさらに攻勢を強めたが、結局ゴールは奪えず0-1で敗れている。 また、この一戦では20分過ぎにPKを獲得かと思われたシーンがあったが、ここはオフサイドの判定に。1点ビハインドで迎えた68分にはMFペドリがネットを揺らすも、直前にFWアンス・ファティのハンドがあったとしてオンフィールドレビューの結果、取り消しとされた。 極めつきは後半アディショナルタイムの出来事。敵陣ボックス内でインテル選手の手にボールが当たり、今度こそPK獲得かと思われたが、VARチェックの結果、これも認められず。 試合後の記者会見ではチャビ・エルナンデス監督が判定に不満をあらわにしていたが、選手たちも同じ様子。ペドリが試合終了間際のシーンを「明らかなハンド」と振り返れば、DFエリック・ガルシアも68分のゴール取り消しについて、レフェリング講習の説明と食い違うと語気を強めた。 「シーズンが始まる前に彼ら(審判協会)は、ゴールを決めた選手のハンドでなければチェックの対象ではないと言っていた。だが、それは嘘だった。オナナ(インテルGK)が直前にボールに触れていて、アンス・ファティのは意図的じゃない」 DFセルジ・ロベルトも「レフェリーは僕らからゴールを奪い、PKも与えなかった。これは以前と同じ傾向だ」と、不満を吐露。この敗戦でグループ3位に転落したともあり、チーム全員がフラストレーションの溜まる一日になってしまったようだ。 2022.10.05 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「憤りを感じている」インテルに敗れCL連敗のバルサ、チャビ監督が判定に怒り「審判に説明させるべき」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、インテル戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でインテルとアウェイで対戦したバルセロナ。グループステージを突破する上では大事な一戦となった。 試合はバルセロナがボールを握り、コントロールしていく展開に。しかし、インテルは隙を突いてゴールに迫ると20分すぎにはPKのチャンスかと思われたが、オフサイドの判定でPKとはならなかった。 しかし、前半アディショナルタイムにハカン・チャルハノールがミドルシュートを決めてインテルが先制する。 バルセロナは後半も攻め込むがゴールは奪えず。1-0でインテルが勝利し、痛い連敗となった。 試合後、チャビ監督は記者会見で振り返り、もっと高いパフォーマンスを出すべきだったと振り返った。 「サイドから攻めようとしたが、循環とリズムが犠牲となった。最後の30分間で我々は良くなり、試合をよりオープンなものにすることができた」 「あらゆる方法を試した。ただ、リズムが足りなかったと思う。後半のペースはチャンピオンズリーグで求められるものだ。自己批判をしなければいけない」 また、この試合では68分にペドリがネットを揺らすも、その前のプレーでアンス・ファティがハンドだったことがオンフィールド・レビューで確認し認められず。後半アディショナルタイムにはハンドかと思われたが、VARチェックで認められずにPKはなし。バルセロナは判定に泣く場面が目立った。 チャビ監督は、試合中から怒りを示していたが、判定が変わる説明がないとして、怒りを口に。不公平だったと感じていると語った。 「正直、憤りを感じている。我々は何も分かっていない。まず、アンスが触り、他の選手がゴールをしたらゴールと言われ、それが無効になる」 「これは昨日も言ったこと。我々は彼らを人間としてみているわけで、レフェリーは説明をしに出てくるべきだ。憤りを感じるとともに、全く…という気持ちだ」 「不公平だが、それがサッカー。決戦は残り3試合あある」 「もっと報われても良かったかもしれないが、我々には決勝戦だと思い、そのつもりでの臨まなければいけない」 「憤りを感じる。立て直さなければいけないが、もっと力を出していかなければいけない」 「一般的に考え、我々は大きな不公平だと感じている。私は憤慨している。大きな不公平だ。ただ、彼にここに来て説明させて欲しい。今日の言葉は『憤り』だ」 <span class="paragraph-title">【動画】チャビ監督が怒りを露わにしたインテル戦ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hyZefAog_HI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 11:02 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ撃破のインテル、S・インザーギ監督「重要な試合での勝利。素晴らしい夜に」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは4日に行われたCLグループC第3節でバルセロナと対戦した。セリエAで連敗中と苦境に陥るチームだが、この日は押し込まれながらも粘り強い守備で対応すると、前半アディショナルタイムにMFハカン・チャルハノールが目の覚めるようなミドルシュートを叩き込み、先制に成功。後半は防戦の続く展開となったが、いくつかの判定にも助けられると、最後までリードを守り、1-0で勝利した。 試合後、S・インザーギ監督はグループステージ2連勝で2位に浮上したチームを称賛。現在のラ・リーガで首位に立つバルセロナを相手に全力を尽くせたと喜んでいる。 「選手、クラブ、ファンにとっての重要なチャレンジとなった試合で勝利を飾り、素晴らしい夜になった。バルセロナ相手の勝利は滅多に起こらない。それでも、犠牲心、走力、チーム全体のアグレッシブさがあれば、このような夜もあり得るのだ」 「選手たちは良くやってくれたと思う。互いに助け合い、信じられないほど犠牲の精神があり、集中力を持って試合に臨めていた」 「(セリエA低迷の)批判? 先週の土曜日の我々はよく戦っていて、敗北には値しなかったと思う。このチームは(マルセロ・)ブロゾビッチと(ロメル・)ルカクというキープレーヤーなしでプレーしていて、今日も何人かは筋肉が痙攣していた」 「私はここからできるだけ多くの選手が回復することを望むよ。そして、こうした相手への勝利は自尊心を与えてくれる。確かに、先週末に手痛い敗北を被った。それでも、そこからの48時間で選手たちはこの挑戦に勝つことへ頭と心を切り替えたんだ」 2022.10.05 10:24 Wed
twitterfacebook
thumb

チャルハノールの鮮烈ミドルでインテルがバルセロナに先勝!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第3節、インテルvsバルセロナが4日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが1-0で勝利した。 インテルは前節、ビクトリア・プルゼニに2-0の勝利を飾った今季グループリーグ初勝利を飾った。しかし、低迷するリーグ戦ではインターナショナルマッチウィークの中断を挟んでウディネーゼ、ローマに連敗を喫し、シモーネ・インザーギ監督の進退も怪しくなっている。そういった中、グループ突破を左右するバルセロナとの連戦初戦に向けてはローマ戦から先発4人を変更。アチェルビ、ダンフリース、アスラニ、ジェコに代えて、デ・フライ、ダルミアン、ムヒタリアン、ホアキン・コレアを起用した。 一方、バルセロナはレヴァンドフスキ帰還に注目が集まったバイエルンとのアウェイゲームを0-2で落とし、今季の公式戦初黒星。それでも、こちらは直近のマジョルカ戦も1-0でしぶとく勝ち切ってリーグ6連勝を達成して首位に浮上。負傷者の多さは懸念材料も良い形で敵地へ乗り込んで来た。チャビ監督はそのマジョルカ戦から先発5人を変更。ディフェンスラインはクリステンセンを除き全員を入れ替え、エリック・ガルシア、セルジ・ロベルト、マルコス・アロンソを起用。さらに、ケシエとアンス・ファティに代えてペドリとハフィーニャの主力2人を戻した。 戦前の予想通り、アウェイのバルセロナがボールを握る入りとなったが、先にゴールへ迫ったのはホームのインテル。開始7分、相手陣内中央でルーズボールに反応したチャルハノールが鋭い右足のロングシュートを枠に飛ばすが、これはGKテア・シュテーゲンにはじき出される。 その後はバルセロナが押し込む形で幾度かボックス内でのコンビネーションで局面の打開を図るが、インテルも5バックを中心に身体を張った守備で決定機までは持ち込ませない。 ビッグマッチ特有の緊迫した攻防が続く中、20分過ぎには試合の行方を左右する場面が訪れる。インテルが背後への長いボールからボックス中央のコレアの対応にあたったDFエリック・ガルシアの左手にボールが接触。オンフィールド・レビューで当該プレーが確認されたが、ここは抜け出しの時点でのオフサイドが取られてハンドでのPK獲得はならず。 前半半ばから終盤にかけても試合は拮抗。インテルはディマルコやラウタロ・マルティネス、バルセロナはペドリとデンベレの個の輝きで攻撃の糸口を掴みかけるが、いずれも相手の集中した守備を前にゴール前での決め手を欠く。 そのため、このままゴールレスで前半終了かに思われたが、ホームチームがスーパーゴールでゴールをこじ開けた。前半アディショナルタイム2分、右サイドからダルミアンが入れたクロスの流れからボックス内でラウタロが放ったボレーシュートのこぼれがボックス手前左のディマルコに渡る。ここでDFを引き付けてペナルティアーク付近のチャルハノールに冷静に横パスを送ると、トルコ代表MFがグラウンダーの鋭いミドルシュートをゴール左下隅の完璧なコースに突き刺した。 チャルハノールの鮮烈な一撃によってホームチームの1点リードで折り返した試合。後半もボールを握って攻めるバルセロナ、堅守速攻で応戦するインテルという構図は変わらず。 睨み合いの状況が続く中、インテルはホアキン・コレアを下げてターゲットマンのジェコを投入。対するバルセロナは足首を痛めたクリステンセンに代えてピケ、64分にはマルコス・アロンソ、ハフィーニャを下げてバルデ、ファティのカンテラーノコンビをピッチに送り出す。 すると、68分には右サイド深くで縦に仕掛けたデンベレのクロスがファーに流れ、このこぼれを拾ったペドリがゴールネットを揺らすが、ここはオンフィールド・レビューの結果、GKオナナと競ったファティの右手にボールが当たったとの判定でゴールは認められず。 この決定機は逃したものの、バルセロナが攻勢を強める中で消耗激しいインテルは、75分過ぎに両ウイングバックとデ・フライを下げてアチェルビ、ゴセンス、ダンフリースとフレッシュな選手をピッチに送り出す。 インテルのこの交代が機能し、守備の強度、集中力が増した中、バルセロナはエースのレヴァンドフスキが完全に封じ込められて外回りの攻撃に終始。デンベレらの仕掛けでチャンスの糸口を見いだそうとするが、ゴールが遠い。 そういった中、8分が加えられた後半アディショナルタイムにはセットプレーの際にインテルのダンフリースの手にボールが当たって土壇場でのPK奪取かに思われたが、VARの介入後もお咎めなしの判定となった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、低迷打破へチーム一丸となった気迫のパフォーマンスを見せたインテルが対バルセロナ相手に5戦ぶりの白星を飾り、グループリーグ2連勝で2位に浮上した。一方、敵地で競り負けたバルセロナはバイエルン戦に続く連敗で3位に交代。クラシコが控える中で臨む次節の第2戦を、よりプレッシャーのかかる状況で戦うことになった。 2022.10.05 06:24 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly