「チームのために戦う」32歳で日本代表初招集の水沼宏太、献身性で貢献誓う「ここがスタートライン」

2022.07.17 15:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
EAFF E-1サッカー選手権に臨む日本代表が17日から始動。MF水沼宏太(横浜F・マリノス)がメディアのオンライン取材に対応し、意気込みを語った。

19日に開幕するE-1サッカー選手権。日本代表は、初戦をカシマサッカースタジアムで戦うと、2戦目、3戦目を豊田スタジアムで戦うこととなる。

国内組の選手のみで構成され、さらにワールドカップ(W杯)を経験しているDF長友佑都(FC東京)やDF酒井宏樹(浦和レッズ)などが招集外となった中、水沼は32歳で初めて招集を受けた。
改めて日本代表に招集された心境を問われた水沼は、「サッカー選手である以上、目指してきた場所なので、初めて入ったことは嬉しく思います。でも、目指してきてここで終わりではないですが、ここがスタートラインだと思ってやっていきたいので、ここに来たからどうではなく、上を目指して、高みを目指してやっているということは、僕自身変わらずに年長者らしく、自分らしく、元気にひたむきにいつも通りサッカーをプレーしていきたいと思います」とコメント。喜びがありながらも、さらに上を目指したいとした。

世代別の日本代表は経験していた水沼。U-17世代までは主軸として活躍していたが、その後は縁がなかった。久々の日の丸のユニフォームについては「集合した時からそうですが、気合いが入るというか、やっとここに来れたなという感じですし、このエンブレムが入った服を着ると、やる気がどんどん出てくるなと感じています」と、改めて気合いが入ったとコメント。前日にはクラブでの試合があったが「昨日までは昨日の試合の悔しさはありましたけど、今日になれば新たな気持ちでやっていきたいと思っていましたし、すぐに試合があって、今日選手とも顔合わせがありましたけど、今このチームでとにかく勝利を目指してやっていかなければいけないという気持ちで、すごく楽しみです」と、気持ちを代表に切り替えて楽しんでいきたいとした。

初戦まではリーグ戦のリカバリーを含めて2日しかない状況。準備期間がない中で、いきなり試合を迎える。

水沼は時間がない中でチームになれるようにし安知と語り、結果を出すためにまとまりたいとした。

「僕自身も初めてこのチームに入ったので、自分がまとめるとか、そういう立場ではないかもしれないですが、年長者ですし、年長者らしくみんなとたくさんコミュニケーションをとって、僕自身は僕らしくいること、他の選手とコミュニケーションをたくさん取れるのは性格的にも良いところだと思います」

「短い期間ですが、チームとして先につながる大会じゃなければいけないです。みんながアピールの場だと感じているかもしれないですが、このチームで結果を残さないと先はないので、僕自身を含めて、みんなでチームとなって一体感を持って戦える集団の一員になれると思っています」

J1で首位を走る横浜FMにおいて、高い精度のクロスはもちろんのこと、ハードワークや流動的にポジションを変えてのプレーなど、今シーズンは特に特徴を出してプレーしている。

その中でも献身性が特徴の水沼は、自分でもそこが強みだと感じているとし、それは色々なチームへ移籍した経験が生きているとした。

「プロ生活でキャリアを積んでいく中で、たくさんの人に出会えて、恵まれたサッカー人生だなと思っています」

「プレースタイルの武器もありますが、それ以上にチームのために戦うことが自分が生きていくポイントでこれまでやって来ています。どのチームに行っても色々な選手から学ぶことがたくさんあって、チームのために戦うことが大好きで、それが自分らしく戦えるところなんだなといつも思っているので、どんなチーム状況であれ、どんな初めての人が多い場所であれ、チームのために戦うことがみんなの助けになり、逆にみんなを助けることで自分が助けてもらうことにも繋がると思います」

「この日本代表は、次に繋がる活動にしなければいけないと思っています。僕自身もですが、短い期間でチームのためにどれだけ自分が貢献できるかにフォーカスして、今まで通りやりたいと思っています」

「合計5チームに行っていますが、1番最初が肝心だと思っていて、最初に自分の性格を知ってもらうことが大事だと思っています」

「知ってもらうことができれば、思い切り自分を出せることに繋がると思っていて、移籍を重ねて感じているので、寄せ集めかもしれないですが、こういう時に自分は凄く力を発揮できると思っています」

「歳を重ねることで、自信というか、経験が積み重なって来ているので、どの時にそれができるようになったかは分からないですが、経験を重ねることでより固まって来たのかなと思っています。今回は最年長ですけど、だからこそできることはたくさんあると思うので、次に繋がるための時間にしなければいけないので、自分の出せる部分を全面に出していきたいと思います」

初めての日本代表招集となった中、解説者であり、現役時代は日本代表としても活躍した父・貴史さんからのアドバイスも受けたという水沼。「父はいつも通り、自分らしくやって来なということしか言わなかったです。言われなくても自分でやろうと思っていたので、いつも通りかなと思います」と、父と同じ考えだったとした。

また、代表選出を伝えたときには「選んだもらったことを聞いて、すぐに父に連絡して、凄く喜んでくれました」とコメント。「これまで頑張って来て良かったねと言ってくれましたけど、本当にこれからが大事だよとも言ってくれたので、そこは自分の考えと一緒だなと思いました」と、選ばれて終わりではないとし、「今まで支えてくれた父にすごく感謝していますし、これから父を追い越すためにも、もっと高みを目指して、ギラギラした自分を出してやっていかないといけないなと思います」と、結果を残すためにもしっかりと特徴を出していきたいとした。

プレー面で出したい特徴についても、「自分の武器があって、それで勝負して来たところはあるので、そこは出していきたいのはあります」とクロスやランニングでのチャンスメイク、ゴールに繋がるプレーを出したいとコメント。

また「色々な選手と関わりながらゴールに迫っていくことは楽しみにしているところでもありますし、ストロングなところでもあるので、周りの選手と連携しながら攻撃できるのかなとワクワクしています」と語り、「結果がとにかく求められると思うので、結果を出せれば、自分の価値を高めることにつながるので、チームのために特徴を出せればと思います」と、チームとしても個人としても結果を残すことに拘りたいとした。

関連ニュース
thumb

田中碧にトロフィーを渡したのは意外な人物!? スペイン戦後のツーショット公開「興奮しまくってますブラボー!!」

ププレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)のトロフィープレゼンターは意外な人物だった。 日本代表は1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節でスペイン代表と対戦。前半にアルバロ・モラタにゴールを許して先手を取られたが、後半に攻勢を仕掛け、堂安律と田中碧のゴールで一気に逆転し、2-1で勝利を収めた。 川崎フロンターレ時代のチームメイトというだけでなく、小学生時代から共闘してきた幼馴染、三笘薫の魂の折り返しを気持ちで押し込んだ田中碧。殊勲のMFはこの試合のPOTMに選出された。 記念のトロフィーを授与したのは那須大亮氏。 現役時代は横浜F・マリノスや東京ヴェルディ、ジュビロ磐田、柏レイソル、浦和レッズ、ヴィッセル神戸でプレーし、現在はYouTuberとして幅広い活躍を見せている。 「日本YouTube界最強のサッカーチームを作る」というコンセプトで結成した『Winner’s(ウィナーズ)』の監督も務める那須氏は、試合後に自身のインスタグラムを更新。授与の様子や田中とのツーショットを複数公開している。 「田中碧選手に渡してきました!!感動した~。田中選手他選手達の落ち着いた姿に頼もしさ感じました。那須が興奮しまくってます笑」 「この後森保監督にも握手できて、日本の底力を見せられたありがとう!!最高の言葉と最高チームの瞬間に立ち会えて幸せでした。ブラボー!!」 グループEを首位で通過した日本は、5日のラウンド16でグループF・2位のクロアチア代表と対戦する。新しい景色への道を切り開き、次にPOTMに輝くの一体誰か。 <span class="paragraph-title">【写真】スペイン戦POTMの田中碧へ、トロフィーを手渡すプレゼンター那須氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClqJHSAytsS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClqJHSAytsS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClqJHSAytsS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">那須大亮(@nasudaisuke_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.04 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「道徳的に間違っている」「常識に欠ける」VARに大賛成だったイングランド代表OBが衝撃の暴論、三笘のクロス、メッシのPKを引き合いに「VARを廃止すべき」

これぞまさにご都合主義と言わずして何なのだろうか。かつてはVARの導入に大賛成していた元イングランド代表選手が、突然の手のひら返しでVAR批判を展開している。 カタール・ワールドカップ(W杯)もグループステージが終了し、ノックアウトステージがスタートしている。 今大会では、半自動オフサイド判定のテクノロジーの他、VARも導入されており、テクノロジーの発展を感じさせる大会に。しかし、そのVAR判定をめぐっては、多くの議論がなされている。 特に世界中で大きな話題となったのは、日本代表vsスペイン代表の一戦で生まれたゴール。日本がスペインを下すことに繋がった田中碧のゴールだが、その前の折り返しのシーンで三笘薫が蹴ったボールが、ラインを割っていたかどうかという議論が大きくされている。 W杯を主催する国際サッカー連盟(FIFA)もこの議論に対して公式見解を示し、ラインの外には出ていないことを説明。また、プレミアリーグの元主審なども見解を示し、多くの人がラインアウトのルールの解釈を間違っていると指摘した。 FIFAのルール上、ボールが「完全に」ラインの外に出ている必要があり、少しでもラインにかかっていればインプレーとみなされる。三笘の折り返しのシーンは、ボールが接地している部分は完全に外にあるが、側面の頂点が僅かにラインにかかっていることが証明されており、ルールに則れば間違いなくラインアウトはしていないことになる。 このシーンの他にも、アルゼンチン代表vsポーランド代表の一戦では、クロスボールに出たポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーの手がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの顔に触れた。しかし、それがVAR判定の結果ファウルとなりPKが与えられ、このシーンも問題視されていた。 数々のVARの判定にはもちろん議論がつきものだが、イギリス『ミラー』でコラムニストを務め、イングランド代表やリバプールでもプレーしたスタン・コリモア氏が噛み付いた。 『ミラー』は、VARが導入された際には大きく賛成していたとコリモア氏のことを紹介。しかし、今は完全に考えを変え、VARが試合からなくなることを望んでいると伝え、コメントを紹介した。 「ワールドカップ、特に大会の終盤では、世界最高のレフェリーがいるはずだ。ここ数日、グループステージが終わったら、VARを廃止すべきだったという説得力のある議論がある」 「我々は今、VARを人々が望んでいるものにすることができる領域に入りつつある。もしそれができたとしても、どこかで反則行為は起こるだろう。それが心配だ」 「それがアルゼンチンvsポーランドで起きたことだと言っているのではない。あれは単にレベルの低い審判だった。実際、メッシにPKを与えるというダニー・マッケリーの決定は、私が今まで見た中で最悪のVARの決断だった」 「メッシが恐らく彼の最後のW杯であるとか、カタールが支援するクラブでプレーしているとか、このW杯で特別な重要性を持っていると考える人ではいことは良かった」 「ただ、トーナメントでより優れた審判の1人がモニターに行き、それを見て、VARと話し、それでPKを与えたという事実は、その瞬間の審判とVARの基準が恐ろしいものだったことを示している」 「この決定は計り知れないものであり、フットボールのルール上全く意味をなさない。過去150数年の間に、世界中のどのレベルで行われたフットボールのどの試合においても、それはPKではなかったと言える。また、別のVARも長く待つ必要はなかった」 「ボールの1mmを除いで全てが白線を越えたにも関わらず、まだ白線の中にあるとみなされる状況に陥ったとは信じられない。私は、ドイツが敗退したことなど本当に気にしていない」 「イングランドの観点からすれば素晴らしいことだが、それでも道徳的に間違っており、そのボールが入っていたという判定は、常識に欠けているだろう」 「これは、交通監視員がやって来て、『あなたのホイールがラインを 0.00001mm 超えているので、80 ポンドの罰金を科す』と言っているのと同じだ。なぜなら、それについて我々がどう感じるかは誰もが知っているからだ」 「ルールを変更して、ボールが1mmラインを越えたらアウトというルールにしたほうが公平だ」 「選手たちが、105m×68mのピッチで必要なことをするのに十分なスペースがないわけではない。そして、各ボールにチップを入れれば、レーザートリップワイヤーに相当するものを周囲に巡らせ、我々に知らせることができる」 「もしイングランドがそのように倒されていたら、私は本当に怒っていただろう。そして、それら2つの決定がVARを『決められた仕事しかできないもの』と再び見えるようにしてしまった」 コリモア氏が言わんとしていることは分からなくもないが、明らかに都合の良い手のひら返し。もし、イングランド代表が恩恵を授かっていれば、こんな発言はしないと思われ、VARを称賛する可能性も考えられる。 そもそも、FIFAが定めている競技のルールを変えるべきと言い出すあたり、何とでも言える話。この先イングランド代表がVARに救われた際にはどんな発言をするのか注目されそうだ。 2022.12.04 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の解説が話題の「ABEMA」で日本vsクロアチアが観られないことも? 入場制限の可能性を告知…地上波はフジテレビが放送

カタール・ワールドカップ(W杯)の全64試合を放送する「ABEMA」が、5日に迫った日本代表vsクロアチア代表について入場制限の可能性を発表した。 1日、日本はグループステージ最終節でスペイン代表と対戦。2-1と見事な逆転勝利を収め、グループ首位でラウンド16に進出した。 新しい景色としてベスト8以上の成績を目標としてきた中、その新しい景色を見られるかどうかが懸かった重要な一戦は、5日(月)の24時からスタートする。 遅い時間ではあるものの、比較的観戦が可能な時間のキックオフということもあり、これまで以上の人が応援することになるはず。そんな中、「ABEMA」が事前に通達を行った。 「連日多くのみなさまに「FIFA ワールドカップ カタール 2022」を楽しんでいただいており、日本史上初となるベスト8かけた一戦となる当日も、多くのアクセスが「ABEMA」に集中することが予想されます」 「そのため、快適な視聴環境を維持するために必要だと判断した際には、「ABEMA」への入場制限をさせていただく場合がございます」 サーバーへの負荷の影響も考えてのこと。ドイツ戦、スペイン戦も多くの視聴者がいた中、クロアチア戦は「ABEMA」で観られない人も出る可能性があるようだ。 また、ここまで3試合で解説を務めた本田圭佑も再び解説を務めることに。名物となりつつある本音の解説を聴きたい人も多いはずだ。 なお、地上波ではフジテレビが生中継。本田の解説は聴くことはできないが、ゲストに元日本代表監督の岡田武史氏、解説は清水秀彦氏、風間八宏氏、坪井慶介氏、小野伸二氏、田中マルクス闘莉王氏が務める予定となっている。 2022.12.04 13:28 Sun
twitterfacebook
thumb

世界中が驚いた日本代表の美女サポーター、ベスト8懸けて戦うクロアチア主将モドリッチとの激レア2ショット披露も「日本が勝たせて頂きます」

世界中を驚かせた日本代表の美女サポーターが驚きの2ショットを披露した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で躍進を見せる日本代表。ドイツ代表、スペイン代表と世界屈指の強豪国を相手に連勝したことが世界中で話題となった。 一方で、日本代表のサポーターも大きな話題に。ゴミ拾いをする姿が称賛されたほか、休暇をくれたメッセージを紙に書いた男性、スペイン戦の逆転ゴールが決まった後に早々と泣いていた男性などが世界中で取り上げられた。 その中でも、最も世界を驚かせ、大きな反響を受けたのがドイツ戦前に国際サッカー連盟(FIFA)の国際映像に映り込んだ女性サポーター。東京発ガールズバンド「PARADOXX」のドラムを務めるSHONOさんだが、一気にSNSのフォロワーが爆増したことが話題となり、帰国後はワイドショーなどに数多く出演して反響の大きさを語っていた。 そのSHONOさんは、日本代表だけでなく、レアル・マドリー、そしてジュビロ磐田も好きとされ、日本の他にはクロアチア代表を応援していることを明かしており、中でもキャプテンのMFルカ・モドリッチが大のお気に入りだった。 そのクロアチアとは日本がベスト8を懸けてラウンド16で対戦。まさかの対戦となったが、インスタグラムではそのモドリッチとの2ショットを披露した。 SHONOさんはインスタグラムで「だいだいだいだいだーーーーーい好きなモドリッチにはごめんなさい。ここは日本が勝たせて頂きます」とラウンド16では勝たせてもらうことを宣言。それでも、2ショットともにモドリッチとのエピソードを明かした。 「先日クロアチアまで取材に行った時に撮った写真。大好きなモドリッチと」 「まだモドリッチが19番だったころのユニフォームに快くサインを書いてくれて、「マドリードダービー、ヴィニシウスに出したパスが最高でした!」って言ったら「よく見てるね」って言ってくれたの!!!ずーーーーーーーっと見てたよ!!!わら」 「まじ天使すぎる」 大好きな選手との対面を果たしていたことも驚きだが、モドリッチも世界が驚いた美女サポーターに笑顔が止まらない様子。SHONOさんは再び勝利の女神となれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】世界が驚いた日本代表の美女サポーター、大好きなモドリッチとの激レア2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@shono.contact)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.04 13:03 Sun
twitterfacebook
thumb

「勝利の女神」「可愛すぎるサポーター」上田綺世の妻・由布菜月さんがカタール入りしエール「残りの試合も全力で応援します!」

新しい景色であるベスト8まであと一歩に迫っている日本代表。FW上田綺世の妻であるモデルの由布菜月さんがカタールを訪れたことを報告しエールを送った。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペイン代表と対戦した日本代表。2-1で逆転勝利を収め、ラウンド16に駒を進めた。 スペインの他、ドイツ代表、コスタリカ代表と”死の組”とも言われるグループに入り、世界でも屈指の強豪であるドイツとスペイン相手に勝利するのは難しいと見られていた日本だが、なんとその2カ国に勝利する展開に。グループ首位通過を果たしていた。 そんな中、由布さんもカタールを訪れていたことを報告。日本代表ユニフォームを着用した写真と共に、日本代表へとエールを送った。 「決勝トーナメント進出おめでとうございます。本当にたくさんの感動をもらってまだまだ余韻に浸っています。残りの試合も全力で応援します!」 由布さんは夫である上田の背番号「21」をつけた日本代表のユニフォームを纏うなか、背中には「NATSUKI」と自身の名前を入れており、一緒に闘っている連帯を示している。 ファンは「名前入りユニフォーム素敵」、「勝利の女神」、「可愛すぎるサポーター」、「ユニホームめっちゃ似合ってる」とコメントが寄せられている。 上田は今シーズンからベルギーのセルクル・ブルージュへと移籍。新天地ではなかなかゴールを決められずに苦しんでいたが、由布さんが初めてベルギーを訪れた試合で初ゴールを記録するなど持っている男。ここまではコスタリカ戦でしか出番がないが、この先何かを成し遂げてくれる可能性がありそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】自身の名前と夫の背番号を入れた日本代表ユニフォーム姿の由布さん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clqpisspmdt/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clqpisspmdt/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clqpisspmdt/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">由布菜月 / Natsuki Yufu(@yufudayo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.04 10:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly