スポルティング、トリンコン獲得でバルセロナと合意へ

2022.07.09 20:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スポルティングCPがバルセロナのポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコン(22)獲得に向け、クラブ間合意に至った模様だ。ポルトガル『レコルド』が報じた。

報道によると、スポルティングはバルセロナに対して、1000万ユーロ(約13億8600万円)を支払い、保有権の50%を得ることになるという。トリンコンとは2027年までの5年契約を結ぶ模様だ。

一方、財政難のバルセロナは今夏のタイミングで移籍金を得ると共に、引き続き50%の保有権を維持することで、将来的な同選手の買い戻し、リセール時のより高額なキャピタルゲインを期待しているようだ。
交渉はすでに大詰めを迎えており、トリンコンは近日中に日本代表MF守田英正の新たなチームメイトになる見込みだ。

ポルトやブラガの下部組織で育ったトリンコンは、2018年7月にブラガのファーストチームに昇格すると、2020年8月にバルセロナへと完全移籍を果たした。

バルセロナでは公式戦42試合に出場し3ゴール2アシストを記録。しかし、2021年7月にはウォルバーハンプトンへとレンタル移籍。30試合で3ゴール1アシストの成績を残した。


関連ニュース
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】守田フル出場のスポルティングCPがリーグ戦連勝で中断期間へ!

プリメイラ・リーガ第13節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正や昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、に加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。 日本代表に選出された守田が先発したスポルティングCPは、前半終盤の42分にトリンコンのゴールで先制すると、前半終了間際にもトリンコンの右クロスが相手DFの手に当たって獲得したPKをゴンサウヴェスが決め、2-0で前半を終える。 後半は一進一退の展開が続く中、スポルティングCPは62分に右CKをニアのパウリーニョがフリックしたボールをファーサイドの守田が押し込んだが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 スポルティングCPは78分にイバン・ハイメのジャンピングボレー弾で1点を返されたが、その後のファマリカンの攻撃を凌ぎ切り、2-1で勝利した。なお、守田はフル出場している。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽11/13 ファマリカン 1-2 スポルティングCP ◆フル出場 ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆75分までプレー ★新井瑞希[ジル・ヴィセンテ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆ベンチ入りも出場せず ★小川諒也[ギマランエス] ▽11/13 ギマランエス 1-0 マリティモ ◆ベンチ入りも出場せず ★田川亨介[サンタクララ] ▽11/14 サンタクララ 3-1 エストリル ◆74分からプレー ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽11/12 ボアヴィスタ 1-4 ポルト ◆56分までプレー ★川﨑修平[ポルティモネンセ] ▽11/13 ポルティモネンセ 1-2 ブラガ ◆ベンチ入りせず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽11/13 ポルティモネンセ 1-2 ブラガ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽11/13 カーザ・ピア 1-2 シャヴェス ◆ベンチ入りせず 2022.11.15 07:14 Tue
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】負傷明けの守田が今季3点目!スポルティングがギマランエスとの日本人対決を制す

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第12節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正や昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、ヴィトーリア・ギマランエスに加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。 負傷明けの守田が3試合ぶりの先発したスポルティングは、ホームに小川の所属するギマランエスを迎えた。試合は34分にボックス左に侵入したレイスのクロスをエドワーズが頭でゴールに流し込み、スポルティングが先制。 さらに40分には、右CKの二次攻撃からエドワーズがクロスを供給すると、守備陣の頭を超えてファーサイドに流れたボールを走りこんだ守田が左足ボレーで流し込んだ。 守田の復帰弾でリードを広げたスポルティングは、後半にもう1点を追加し、3-0の勝利している。なお、守田はハーフタイムに交代、小川は33分からプレーした。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽11/5 スポルティングCP 3-0 ギマランエス ◆前半のみプレー、40分にゴールを記録 ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽11/6 エストリル 1-5 ベンフィカ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆86分までプレー ★新井瑞希[ジル・ヴィセンテ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆ベンチ入りも出場せず ★小川諒也[ギマランエス] ▽11/5 スポルティングCP 3-0 ギマランエス ◆33分からプレー ★田川亨介[サンタクララ] ▽11/7 シャヴェス - サンタクララ ◆ ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽11/6 リオ・アヴェ 1-0 ボアヴィスタ ◆66分までプレー ★川﨑修平[ポルティモネンセ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆ベンチ入りせず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽11/6 ブラガ 0-1 カーザ・ピア ◆ベンチ入りせず 2022.11.08 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサvsユナイテッドのビッグカードがPOで実現! 守田英正、南野拓実、原口元気の対戦相手は?《EL》

7日、ヨーロッパリーグ(EL)のノックアウトステージ・プレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのEL。グループ首位がラウンド16に、2位はチャンピオンズリーグ(CL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 バルセロナやユベントス、アヤックスなど強豪クラブがCL敗退となった中、日本代表MF守田英正が所属するスポルティングCPもプレーオフに参加した。一方で、ELからは日本代表MF南野拓実が所属するモナコ、日本代表MF原口元気が所属するウニオン・ベルリンが参加している。 なお、DF冨安健洋のアーセナル、MF堂安律のフライブルク、MF久保建英のレアル・ソシエダ、DF町田浩樹のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは1位で突破し、既にラウンド16進出を決めていた。 そんな中、2年連続でCLをグループステージで敗退となったバルセロナは、マンチェスター・ユナイテッドと対戦することに。プレーオフの最大のカードとなった。 また、守田のスポルティングCPはミッティラン、南野のモナコはレバークーゼン、原口のウニオン・ベルリンはアヤックスとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ELプレーオフ組み合わせ バルセロナ(CLグループC・3位) vs マンチェスター・ユナイテッド(ELグループE・2位) ユベントス(CLグループH・3位) vs ナント(ELグループG・2位) スポルティングCP(CLグループD・3位) vs ミッティラン(ELグループF・2位) シャフタール・ドネツク(CLグループF・3位) vs スタッド・レンヌ(ELグループB・2位) アヤックス(CLグループA・3位) vs ウニオン・ベルリン(ELグループD・2位) レバークーゼン(CLグループB・3位) vs モナコ(ELグループH・2位) セビージャ(CLグループG・3位) vs PSV(ELグループA・2位) ザルツブルク(CLグループE・3位) vs ローマ(ELグループC・2位) 3 個のファイル 2022.11.07 21:33 Mon
twitterfacebook
thumb

「この活躍はえぐい」「くそかっちょいい」ケガから復帰の守田英正がダイレクトで合わせ今季3ゴール目「ポジショニング素晴らしい」

ケガからの復帰初戦となったスポルティングCPの日本代表MF守田英正がいきなりゴールを決めた。 5日、プリメイラ・リーガ第12節でスポルティングは、ヴィトーリア・ギマランイスをホームに迎えた。 負傷していた守田は、リーグ戦のアロウカ戦とヨーロッパリーグのフランクフルト戦を欠場。3試合ぶりの出場で先発に名を連ねた。 ヴィトーリアのDF小川諒也は33分から途中出場。日本人対決が実現した中、1点リードを迎えた40分に守田が決めた。 スポルティングは右CKを獲得すると、クロスは相手DFにクリアされてしまう。しかし、こぼれ球を拾ったマーカス・エドワーズがボックス手前からクロス。すると、ファーサイドでフリーになっていた守田がダイレクトで合わせてゴール。スポルティングがリードを2点に広げた。 絶妙なポジショニングと、しっかりとダイレクトで合わせたこのゴールには「復帰戦でこの活躍はえぐい」、「ポジショニングは本当に素晴らしい」、「復帰したのマジででかい」、「くそかっちょいい」とコメント。なお、対応すべきだったのは小川。守田に見事にしてやられた形となった。 なお、試合はその後にも追加点を奪ったスポルティングが3-0で勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】守田英正が復帰初戦で今季3ゴール目を決める</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="V8YwC4_yy5U";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.06 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【CLグループD総括】最終節までもつれ込む大混戦をスパーズとフランクフルトが制す

トッテナムが頭一つ抜けた存在も、大本命不在となったグループDは、戦前の見立て通りに今グループステージ最激戦区に。その混戦を土壇場で制したのはトッテナムとフランクフルトの2チームとなった。 ■順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.トッテナム[11/3/2/1/2] 2.フランクフルト[10/3/1/2/-1] 3.スポルティングCP[7/2/1/3/-1] 4.マルセイユ[6/2/0/4/0] ◆思わぬ苦戦も土壇場首位通過~トッテナム~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループ本命に挙げられた中、苦しみながらも劇的に首位通過を決めた。 昨季の終盤戦で躍動したスカッドに加え、今夏MFペリシッチやFWリシャルリソン、MFビスマ、DFラングレと実力者を迎えてシーズンに臨んだトッテナム。内容面に大きな課題を残しながら3位に付けるプレミアリーグ同様にCLにおいても、相手を圧倒するパフォーマンスは見せられなかったが、FWケインFWソン・フンミンを中心に見事な勝負強さを発揮した。 安定したホームゲームではスポルティング戦こそ微妙なVAR判定で劇的決勝点を取り消されて勝ちを逃したが、2勝1分けの無敗を維持。近年不得手とするUEFAコンペティションでのアウェイゲームでは、1敗1分けの未勝利で臨んだマルセイユとの最終節で2-1の逆転勝利。前半の失点によって一時敗退の危機に直面したが、DFラングレの同点ゴールと後半ラストプレーでMFホイビュアが決めたゴールによって逆転勝利し、最終節での劇的な勝ち上がりを決めた。 攻守両面で大きな課題を残しており、決勝トーナメントでは負傷者の復帰や今冬の補強と共にスロースタートの悪癖、ビルドアップとプレス精度の改善が求められるところだ。 ◆鎌田躍動で初の決勝トーナメント進出~フランクフルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者としての意地をみせ、初参戦となったグループリーグを見事に2位通過した。 EL優勝の立役者となったMFコスティッチの流出や補強面が振るわず、ブンデスリーガで厳しい序盤戦を過ごしたフランクフルト。このグループリーグでもホームでの初戦でスポルティングに大敗と大きく躓いたが、しり上がりに調子を上げたチームはマルセイユ相手の連勝とトッテナム相手の善戦で望みを繋ぐと、最終節ではスポルティングとの敵地での直接対決を2-1の逆転勝利で飾り、見事に逆転での突破を決めた。 MF鎌田大地とMF長谷部誠の日本人2選手では、CL初参戦となった鎌田が第4節のトッテナム戦から日本人選手史上初の3試合連続ゴールを記録。セントラルMFとシャドーのポジションで攻守にハイパフォーマンスを披露し、世界最高峰の舞台で自身の価値を大きく高めた。一方、ヴォルフスブルク時代以来、久々の参戦となった長谷部は第2節のマルセイユ戦からリベロとして3試合連続スタメンを飾った中、ホームでのトッテナム戦ではケインやリシャルリソンを完璧に封じ込める圧巻のパフォーマンスを披露し、国内外のメディアから激賞を浴びた。その後、ヒザの負傷で2試合を欠場したが、決勝トーナメントでの躍動が期待されるところだ。 ◆守田奮闘もマルセイユ戦連敗が痛恨~スポルティングCP~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループリーグを通じて最も安定したパフォーマンスを披露したが、無念の3位敗退となった。 今夏の移籍市場でMFマテウス・ヌネス、MFパリーニャなど絶対的主力が流出し、国内リーグの序盤戦の低迷によって下馬評では最も低い評価となったが、若き智将アモリムの下でグループリーグ序盤戦は見事なパフォーマンスを披露。フランクフルトを敵地で粉砕すると、第2節ではトッテナム相手に互角以上の内容をみせ、試合終盤の2ゴールによって金星を挙げた。 しかし、2連敗で最下位のマルセイユとの連戦ではいずれも自滅でまさかの連敗。初戦では守護神アダンが2失点に絡むミスに加えて退場、第2戦では前半に2人の退場者を出し、自ら厳しい試合展開に。それでも、ホームでの最終節を2位で迎えたが、フランクフルトに競り負けて無念のEL行きとなった。 CL初参戦となったMF守田英正は最終節を負傷欠場したものの、5試合でスタメン出場。デビュー戦となったフランクフルト戦ではアシストを記録するなど、マン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を披露。それ以外の試合においても攻守両面で安定したプレーをみせ、前述の鎌田同様に自身の価値を高めている。 ◆勝負強さ欠いて最下位フィニッシュ~マルセイユ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 選手個々のクオリティや経験値で突破の候補に挙がるも、無念の最下位フィニッシュに。 開幕前にサンパオリからトゥドールへの監督交代という混乱はあったものの、昨季リーグ・アン2位の戦力に加えて、FWアレクシス・サンチェス、DFバイリー、MFヴェレトゥら経験豊富な新戦力の加入。リーグ戦での序盤戦の快進撃によって良い形でグループリーグに臨んだマルセイユ。 グループリーグではトッテナムとの初戦のDFムベンバの退場など不運もあったが、パフォーマンス自体は決して悲観すべきものはなかった。ただ、いずれも競り負けたフランクフルトとの2試合、先制点を含め試合の大半で圧倒したトッテナムとの最終節での逆転負けを含め、決定力や耐える時間帯での失点とゲームコントロール、勝負強さを欠いたことが最下位という結果に繋がった印象だ。 2022.11.04 17:31 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly