アルデルヴァイレルトがロイヤル・アントワープ移籍を匂わせる「Relaxing And Feeling Content」

2022.07.07 14:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ドゥハイルに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(33)が、母国復帰を匂わせている。

これまでアヤックスやアトレティコ・マドリー、トッテナムなどでプレーしてきたアルデルヴァイレルト。2015年夏に加入したトッテナムでは、在籍6年間で公式戦通算235試合に出場し、タイトルには恵まれなかったものの、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝進出など、多大な貢献をもたらした。

昨夏からは心機一転してカタールに活躍の場を移し、AFCチャンピオンズリーグを含む公式戦27試合に出場。カタールリーグはヨーロッパと同じ秋春制をとっているため、現在は休暇中のアルデルヴァイレルトだが、インスタグラムの楽しそうな家族写真の投稿が今夏の移籍をほのめかしていると話題となっている。

ベルギー代表DFは妻のシャニーさんと3歳の娘のアイラちゃんとの3ショットと共に「Relaxing And Feeling Content」と投稿。一見すると「リラックスできて充実しているよ」と、バカンスの様子を紹介しているだけに思えるが、その4単語の頭文字を組み合わせると“RAFC”で、移籍が噂されているロイヤル・アントワープFCの略称になるのだ。

勘の鋭いフォロワーは移籍を確信した様子で盛り上がっており、それに関する返信が多く寄せられている。仮に移籍することになれば、33歳にとってキャリア初の母国でのプレーとなる。

関連ニュース
thumb

三好康児所属のアントワープがヘルタのMFエケレカンプを完全移籍で獲得

ロイヤル・アントワープは7日、ヘルタ・ベルリンのオランダ人MFユルゲン・エケレカンプ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年6月までの4年間。背番号は「24」となる。 エケレカンプはアヤックスのアカデミー育ち。2019年9月にファーストチームに昇格すると、2021年8月にヘルタ・ベルリンへと完全移籍した。 アヤックスでは公式戦40試合で6ゴール5アシストを記録していたが、初のブンデスリーガ挑戦となった昨季はリーグ戦21試合で3ゴールを記録していた。 アントワープは、同じオランダ人のマルク・ファン・ボメル監督が指揮し、テクニカル・ディレクターは元アヤックスで元オランダ代表のマルク・オーフェルマルス氏が務めており、日本代表MF三好康児も所属している。 エケレカンプは世代別のオランダ代表をU-15からU-21まで経験。将来のオランダ代表入りが期待されている。 2022.08.08 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

三好康児と坂元達裕が共にアシスト記録! 上田綺世は初ゴールならず【ジュピラー・プロ・リーグ日本人選手】

2022-23シーズンのジュピラー・プロ・リーグの第3節が週末に開催された。 日本人10名がプレーするベルギー1部。日本人対決が実現したのはコルトレイクvsシント=トロイデン、シャルルロワvsオーステンデの2カードとなった。 コルトレイクは渡辺剛が先発フル出場。シント=トロイデンはシュミット・ダニエル、橋岡大樹がフル出場、香川真司、林大地が先発出場し、それぞれ58分、84分に交代した。 試合は昨季から11戦無敗のシント=トロイデンがペースを握るも、なかなかゴールを奪えず。ポゼッションしながらもゴールをこじ開けられない。 対するコルトレイクはカウンターから何度か決定機を作るものの、GKシュミット・ダニエルの好セーブもありこちらも得点を奪えず。ゴールレスドローに終わった。 またシャルルロワの森岡亮太、オーステンデの坂元達裕は共に先発出場。森岡は前半のみの出場、坂元はフル出場した。 試合はアウェイのオーステンデが主導権を握ると、28分にロビー・ダヒースのゴールで先制。その後シャルルロワが追いつくも、66分にニック・ベッツナーが勝ち越しゴール。後半アディショナルタイムには坂元が自陣から前線に蹴り出したロングフィードをテオ・エンディカがダメ押しゴールを決め、1-3で快勝した。 その他、ロイヤル・アントワープの三好康児はOHルーヴェン戦に先発出場し74分までプレー。0-1で迎えた38分にワンツーで抜け出しボックス内右からマイナスのクロス。これをラジャ・ナインゴランが蹴り込み、アシストを記録し4-2の勝利に貢献した。セルクル・ブルージュの上田綺世は後半から出場したもののゴールを奪えず、チームも2-0で敗戦。ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹はケガでメンバー外となった。 ★シュミット・ダニエル[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★橋岡大樹[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★香川真司[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆58分までプレー ★林大地[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆84分までプレー ★渡辺剛[コルトレイク] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★上田綺世[セルクル・ブルージュ] ▽8/7 スタンダール・リエージュ 2-0 セルクル・ブルージュ ◆後半開始から出場 ★三好康児[ロイヤル・アントワープ] ▽8/7 ロイヤル・アントワープ 4-2 OHルーヴェン ◆74分までプレー。1アシスト ★坂元達裕[オーステンデ] ▽8/6 シャルルロワ 1-3 オーステンデ ◆フル出場。1アシスト ★町田浩樹[ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ] ▽8/6 メヘレン 3-0 サン=ジロワーズ ◆ベンチ外 ★森岡亮太[シャルルロワ] ▽8/6 シャルルロワ 1-3 オーステンデ ◆ベンチ入りせず <span class="paragraph-title">【動画】三好がワンツーで抜け出し、最後はナインゴランが蹴り込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="M5aMldyKats";var video_start = 6;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.08 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがナポリ退団メルテンスを狙う? A・サンチェスの去就が鍵に

ナポリを退団したベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)に対し、インテルが獲得に本腰を入れる可能性があるようだ。 先日にナポリ退団が発表されたメルテンス。9シーズンにわたって在籍し、公式戦出場は通算397試合。クラブ史上最多の148ゴールと90アシストを記録し、点取り屋としてはもちろん、チャンスメイクにも秀でた希代のストライカーとして長らく活躍した。 先月30日に満了を迎えた契約を巡っては、しばらく更新に向けて話し合いが行われていたが、給与面の折り合いがつかず破断。23日にアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がメルテンスの退団を明言していた。 フリーとなったメルテンスに対し、すでに母国のロイヤル・アントワープや、恩師マウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオからの関心が伝えられているが、イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、インテルもその1つだという。 インテルは2020年夏にもメルテンスに接近。当時のアントニオ・コンテ監督も加入を熱望していたが、選手は最終的にナポリとの契約延長を選択した。そして、今夏はシモーネ・インザーギ監督が獲得を要求。メルテンスは35歳の大ベテランとなったが、インテルの首脳陣らも真剣に検討中とみられている。 しかし、ネックになるのが、チリ代表FWアレクシス・サンチェスの存在だという。首脳陣らはサンチェスに対して契約解除を求めているものの、現在までに同意を得られず。財政難に苦しむインテルだけに、新たな選手を加えるには、まず放出が前提となるようだ。 2022.07.25 14:39 Mon
twitterfacebook
thumb

アントワープがアルデルヴァイレルトの加入を正式発表!

ロイヤル・アントワープは15日、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(33)の加入を正式発表した。 11日にアル・ドゥハイルから移籍の口頭合意が発表されていたアルデルヴァイレルトは、15日にメディカルチェックを通過し、2025年までの3年契約にサインをした。背番号は23を着用する。 アルデルヴァイレルトはアヤックスの下部組織出身で、2009年1月にファーストチームに昇格。その後、アトレティコ・マドリー、サウサンプトンを経て、2015年7月にトッテナムへと完全移籍で加入した。 トッテナムでは公式戦235試合に出場し9ゴール5アシストを記録。主軸としてプレーしていた中、2021年7月にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 ベルギー代表としても121試合に出場し5ゴールを記録しているアルデルヴァイレルトは、加入が正式に決まれば、プロになってから初の母国でのキャリアがスタートする。 2022.07.16 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表DFアルデルヴァイレルトが三好康児所属のアントワープ加入で合意、メディカルチェック後に3年契約

ロイヤル・アントワープは11日、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(33)の完全移籍加入でアル・ドゥハイルと口頭合意に達したことを発表した。 クラブの発表によると、契約期間は3年間になるとのこと。メディカルチェック等を行い、数日後に正式発表できるとのことだ。 アルデルヴァイレルトはアヤックスの下部組織出身で、2009年1月にファーストチームに昇格。その後、アトレティコ・マドリー、サウサンプトンを経て、2015年7月にトッテナムへと完全移籍で加入した。 トッテナムでは公式戦235試合に出場し9ゴール5アシストを記録。主軸としてプレーしていた中、2021年7月にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 ベルギー代表としても121試合に出場し5ゴールを記録しているアルデルヴァイレルトは、加入が正式に決まれば、プロになってから初の母国でのキャリアがスタートする。 2022.07.11 21:58 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly