大迫勇也が大仕事! 後半ATに反転ボレー決め神戸が今季初の連勝、清水を抜き最下位脱出【明治安田J1第20節】

2022.07.06 20:59 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
6日、明治安田生命J1リーグ第20節のヴィッセル神戸vs清水エスパルスがノエビアスタジアム神戸で行われ、2-1で神戸が勝利を収めた。最下位の神戸(勝ち点14)と17位の清水(勝ち点17)の一戦。降格圏に沈む両チームの対戦となった。

前節は今季のリーグ戦でサガン鳥栖を相手にアウェイ初勝利を挙げた神戸。新体制での連勝を目指す試合は、1名だけスタメンを変更。菊池流帆が外れ大﨑玲央が入った。

対する清水は前節は国立競技場での一戦で横浜F・マリノス相手に3-5で敗戦。そこからスタメンは1名変更し、立田悠悟が外れ、カルリーニョス・ジュニオを起用した。

互いに負けられない一戦。裏天王山とも言われる試合は立ち上がり2分に清水が早速セットプレーのチャンス。キック精度の高い西澤はクロスを入れずにトリックプレー。最後は原がヘディングで前に送るが、これはGK飯倉がキャッチする。

神戸は立ち上がりからハイプレス。最前線から激しく寄せていく一方で、清水も前からプレスをかけて素早く攻める展開を見せる。

互いにアグレッシブな入りを見せた中、ペースを握っていた神戸が先にスコアを動かす。8分、イニエスタのパスを受けた武藤がボックス手前からドリブルスタート。ボックス内右から折り返すと、DFにあたりながらも溢れたボールを汰木がダイレクトシュート。これがゴール左に決まり、神戸が先制する。

神戸が先制してからは互いに攻め込むも精度を欠いてチャンスを作れない。

それでも28分、神戸はカウンターからシュートまで持ち込む。ロングフィードに抜けた小田がドリブルを仕掛けると、折り返しをイニエスタがシュート。しかし、これはGK権田の正面に飛んでしまう。

その後はこう着状態が続き、互いにスペースを使って攻め込んでいくが、決定機を作るまでには至らない。

神戸が1点リードで迎えた後半も、立ち上がりから神戸が積極的な姿勢を見せると47分、左サイドを突破した汰木がクロス。ニアサイドに飛び込んだ武藤がダイビングヘッドも枠外。このプレーで武藤が足首を抑えていたが、問題なくプレーを続ける。

52分にも神戸がカウンター。イニエスタがボールを運び武藤へパス。ボックス内でシュートに行こうとするが、相手に対応されてシュートは打てない。

なかなかゴールをこじ開けられなかった清水だったが66分にチャンスを生かす。ハーフウェイラインからの大きなサイドチェンジを山原が受けると、パスを受けたカルリーニョス・ジュニオのクロスがディフレクト。これに早く反応したチアゴ・サンタナがフリーで蹴り込み、清水が同点に追いつく。

タイスコアとなった試合。清水は西澤を下げて、ベンジャミン・コロリを投入。対する神戸は、イニエスタと小田を下げて、大迫勇也、佐々木大樹を投入する。

清水はチアゴ・サンタナがゴールに迫るシーンが増えていく。対する神戸はボールを保持しながらも、鋭い仕掛けでゴールを狙っていく。

清水は82分、相手のミスを逃さず、縦パスを受けた神谷がボックス手前からシュート。しかし、これはゴールとなならない。

さらに84分にも清水が決定機。右サイドからのアーリークロスにチアゴ・サンタナがドンピシャヘッド。離れた位置から力のあるシュートが放たれネットを揺らしたが、わずかにオフサイドでゴールは認められなかった。

互いに攻めるがゴールまで迫れない中、後半アディショナルタイムにドラマが。アディショナルタイム2分、神戸はこぼれ球を繋ぐと、武藤のシュートをブロック。これを片山がクリアもミスとなると、浮き球を大迫が振り向きざまボレー。これが決まり、神戸が土壇場で勝ち越しに成功する。

その後試合は再開するも程なくして終了。途中出場の大迫の5試合ぶりゴールで2-1と勝利した神戸が今季初の連勝。勝ち点で清水と並び、得失点差で上回ったために最下位を脱出した。

ヴィッセル神戸 2-1 清水エスパルス
【神戸】
汰木康也(前8)
大迫勇也(後47)
【清水】
チアゴ・サンタナ(後21)

1 2

関連ニュース
thumb

「想像を超えるアメージングなオーバーヘッド」鹿島FWエヴェラウドの驚愕ゴールが7月のJ1月間ベストゴール受賞「自然にできた」

鹿島アントラーズに所属するブラジル人FWエヴェラウドのスーパーゴールが、7月の「明治安田生命J1リーグ KONAMI月間ベストゴール」を受賞した。 そのゴールが決まったのは、7月6日に行われた第20節の鹿島アントラーズvsセレッソ大阪の一戦。逆転に次ぐ逆転で、鹿島が2-3と1点ビハインドで迎えた89分のことだった。 66分からピッチに入ったエヴェラウドは、ディフェンスラインからのロングボールをFW鈴木優磨が頭で落としたボールに反応。ボックス左で高く浮いたボールを右足オーバーヘッドに持ち込むと、相手GKの頭上を越えてそのままゴール右に吸い込まれた。 6月にケガから復帰したエヴェラウドは前節の柏レイソル戦で待望の今季初ゴールを決めており、復活の2試合連続弾でチームに勝ち点をもたらしていた。 エヴェラウドはこのアクロバティックなゴールについて、幼少期からの遊びが功を奏したとし、残りシーズンへの抱負も語っている。 「子どもの頃から遊びでボールが浮いた時にオーバーヘッドをしていたことが体に染みついていたので、(あの場面では)自然にできたプレーでした。自分のキャリアの中でオーバーヘッドは何本か決めていますが、おそらくあのゴールは一番きれいなゴールだと思います」 「今シーズンの残りの戦いに向け、選手全員が目指すべきゴールをしっかりと意識して取り組めば、タイトルを手にすることができると思います。皆さんが期待をしている結果を出すため、全身全霊をかけて戦っていきます」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 窪田慎二委員 「『あの角度から』『あの体勢から』のオーバーヘッドでのゴール。その技術も素晴らしいが、ゴールへの執着心や勝利への執念を強く感じるゴールであった」 宮本恒靖委員 「見る者を驚嘆させるゴール。100回トライしても入らないようなシュートをねじ込んだ」 柱谷幸一委員 「ゴールまでの距離かかなりある中でのバイシクルシュート。どんな体勢でも常にゴールを揺らすストライカーらしいスーパーゴール」 北條聡委員 「見る者の度肝を抜いた超絶の"ビシクレタ"。ボールを浮かせて守備者の頭上を破るシャペウから軽やかに宙を舞った傑作。しかも角度のないところから逆サイドへねじ込んだ」 寺嶋朋也委員 「想像を超えるアメージングなオーバーヘッド。ストライカーは背中でゴールを見る」 <span class="paragraph-title">【動画】鹿島FWエヴェラウドの驚愕オーバーヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JnSN_TN0_qg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.16 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

柏DF上島拓巳が一般女性と結婚「夫婦で支え合い、幸せな家庭を作っていきたい」、プロポーズシーンも

柏レイソルは16日、DF上島拓巳の入籍を発表した。 クラブの発表によると、上島は一般女性と入籍したとのことだ。上島はクラブを通じてコメントしている。 「私事にはなりますが、この度お付き合いしていた方と結婚を致しました。朝目をこすりながら起きたら朝ご飯があり、練習から帰って来たら嬉しそうに『おかえり』と言ってくれ、美味しい夜ご飯を一緒に食べ、同じベッドで『おやすみ』を言って寝られる、そんな当たり前のようで、当たり前ではない日々に幸せを感じています」 「これからは夫婦で支え合い、幸せな家庭を作っていきたいです。リーグ戦は残り9試合となりましたが、引き続き応援よろしくお願いします」 上島は柏の下部組織育ちで、中央大学へと進学した後に2019年に入団。2020年はアビスパ福岡へ期限付き移籍していたた。 今シーズンは明治安田生命J1リーグで17試合に出場。YBCルヴァンカップでも4試合に出場していた。 自身のインスタグラムでは結婚指輪をはめた奥さんの手をアップ。また、遠目ではあるがプロポーズするシーンと思われる写真もアップし、喜びを伝えた。 <span class="paragraph-title">【写真】上島拓巳が妻の指輪とプロポーズシーンをアップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChUPVToPLgO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChUPVToPLgO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChUPVToPLgO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">上島 拓巳/Takumi Kamijima(@takumikamijima)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.16 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「女性サポーターにも人気なイケメン選手」をJリーグが紹介!ピックアップされたのは…?

Jリーグの公式ツイッターが16日、「今日は女子大生の日 そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼」と綴り、選手たちの写真を紹介した。 現在は8月21日が「女子大生の日」として登録されているが、2020年までは一般的に8月16日が「女子大生の日」と認識されていた。 Jリーグはそこで、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、土居聖真(鹿島アントラーズ)、汰木康也(ヴィッセル神戸)、キャスパー・ユンカー(浦和レッズ)をピックアップ。特徴の違う4人のイケメンショットを並べている。 さらに、「皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか?」とし、4人以外の選手も募集。この投稿には各チームのファンから思い思いの選手の名が挙げられている。 「この人たちは本当にかっこいい」、「もちろんレイソルの上島くん」、「山岸祐也選手」、「圧倒的ユンカーだな!」、「志知くんがいない!?」、「大宮アルディージャにはイケメン沢山いますよ!」、「あれ、谷くんは?」など様々だ。 アスリートらしい引き締まった体と精悍な顔つきの持ち主が多いJリーガー。彼らがピッチの上でさらに輝く姿に期待だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「女性サポーターにも人気なイケメン選手」たちのイケてるショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#女子大生の日</a> <br>\<br><br>そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼ <br><br>皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか? <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグあいさつ</a> <a href="https://t.co/sfFgEtjb1R">pic.twitter.com/sfFgEtjb1R</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1559317548130152448?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

7月5戦6発の横浜FMストライカー、レオ・セアラが月間MVP! 「チーム全員で勝ち取った賞」

Jリーグは16日、7月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのFWレオ・セアラ。今季のここまで21試合出場で10得点を決め、7月はハットトリックで飾った同月2日の清水エスパルス戦を皮切りに計5試合で6ゴールをマークした。 首位をひた走るチームで得点源として引っ張る27歳のブラジル人ストライカーは喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「昨年に引き続きKONAMI月間MVPを受賞できたことを、とてもうれしく思います。この賞をいただけたのは、チームメイトみんなのおかげです。チームが好調なのはチーム全員が頑張っているからこそと同じように、今回僕が選ばれた理由は、みんなにあると思います。チーム全員で勝ち取った賞だと感じています」 また、J2リーグからはV・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオで、J3リーグは藤枝MYFCのMF久保藤次郎に。それぞれ喜びを語った。 ◆エジガル・ジュニオ 「質の多い選手がそろっている中で、KONAMI月間MVPに選出いただきとてもうれしく思います!選出してくださった皆さんとチームメイト、家族、ファン・サポーターの皆さんに感謝しています。FWとしてゴールの近くでプレーできていることがこの結果につながったと思います。これからもチームの勝利のために、そしてJ1昇格のために100%でプレーします!」 ◆久保藤次郎 「月間MVPに選んでいただき大変嬉しく思います。監督をはじめ、選手、サポーター、クラブ関係者の方々と一緒に掴み取ったクラブ初6連勝があったからこそ受賞することが出来ました。とても感謝しています。残りのシーズンもサッカーはエンターテイメントだという監督の考えのもと、日々の努力を怠らず戦い抜きます。今シーズン、藤枝MYFCのサッカーを観たことがない方には是非一度観ていただきたいと思います。そしてサポーターの皆様、引き続き応援よろしくお願いします!」 2022.08.16 17:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly