ラツィオ、昨季マドリーでトップデビューのDFマリオ・ヒラを獲得

2022.07.06 13:27 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは5日、レアル・マドリーからスペイン人DFマリオ・ヒラ(21)を獲得した。クラブ公式SNSを通じてスペイン人センターバックの到着を伝えている。

イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じるところによれば、移籍金は600万ユーロ(約8億3000万円)程度になる模様だ。

2018年夏にエスパニョールからマドリーのカンテラ加入したヒラ。その翌年にはレアル・マドリー・カスティージャに昇格し、ここまで73試合に出場。また、今年4月に行われ、マドリーがラ・リーガ優勝を決めた第34節のエスパニョール戦でトップチームデビューを飾ると、その後のレバンテ戦でも途中出場していた。

過去にU-19スペイン代表にも招集歴がある185cmのセンターバックは、攻守両面におけるバランスの良さと、リーダーシップに優れる有望株の一人だ。

関連ニュース
thumb

チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。 2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。 先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。 また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。 一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。 2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオMFエスカランテ、昇格組クレモネーゼにレンタル

ラツィオは9日、アルゼンチン人MFゴンサロ・エスカランテ(29)がクレモネーゼに1年間のレンタルで移籍することを発表した。 エイバルで活躍したセントラルMFのエスカランテは、2020年1月にラツィオに加入。シモーネ・インザーギ監督体制下では準主力としてプレーしていたものの、昨季はマウリツィオ・サッリ監督の構想外となりセリエA1試合の出場にとどまっていた。 そして1月にアラベスへレンタル移籍。そのアラベスでは慣れ親しんだラ・リーガで17試合に出場して5ゴールを挙げる活躍を見せていた。 クレモネーゼは新シーズン、26季ぶりにセリエAを戦う。 2022.08.10 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レイナやストラコシャ退団のラツィオ、スペツィアからプロベデルを獲得

ラツィオは8日、スペツィアからイタリア人GKイバン・プロベデル(28)を獲得したことを発表した。契約は5年間、移籍金はボーナス付きの250万ユーロと言われている。 ウディネーゼ出身のプロベデルは、これまでピサやヴェローナ、ペルージャ、プロ・ヴェルチェッリなど、イタリアの中小クラブを転々。スペツィアには2020年夏にエンポリから加入し、正GKとしてここ2シーズンで60試合に出場した。 ラツィオでは今夏、GKトーマス・ストラコシャとGKホセ・マヌエル・レイナが揃って退団。一方でグラナダからポルトガル人GKルイス・マクシミアーノが加入しており、プロベデルは開幕から守護神の座を争うことになる。 2022.08.09 13:34 Tue
twitterfacebook
thumb

エンポリが逸材DFパリージとの契約を2025年まで延長

エンポリは8日、U-21イタリア代表DFファビアーノ・パリージ(21)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ベンヴェントの下部組織で育ったパリージは、2018年の夏にトップチームを経験せずにセリエD(イタリア4部)のアヴェッリーノへレンタル移籍するとリーグ優勝に貢献し2019年の夏に完全移籍。 その後、2020年の夏に当時セリエB(イタリア2部)のエンポリへ移籍すると、加入初年度からリーグ戦20試合に出場しセリエBの優勝に貢献。自身初のセリエAとなった昨季はリーグ戦25試合に出場していた。 今年5月に行われたイタリア代表の短期トレーニングキャンプにも招集された逸材には今夏、ナポリやラツィオが関心を示していたが、最終的に残留を決断した。 2022.08.09 00:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ジエリンスキがナポリ残留を希望か、ウェストハムやラツィオが関心も

ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(28)がナポリ残留を希望しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ジエリンスキは2016年夏にウディネーゼから加入。ナポリでは常に主力選手としてプレーし、6年間で通算281試合40得点33アシストを記録。全てのシーズンで40試合以上に出場するなど、チームにとって欠かせない存在だ。 ただ、今夏はウェストハムからジエリンスキに触手が。相手方は4000万ユーロに迫る移籍金と年棒600万ユーロ(約8億2000万円)を用意したとされ、選手にとっても魅力的なオファーだったが、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長は放出を固辞。結局ウェストハムは手を引いた模様だ。 また、元ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオもジエリンスキに関心。同クラブはセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチに移籍の可能性があり、後釜候補としてポーランド代表MFをリストアップしているとのことだ。 しかし、当の本人はナポリ残留が基本姿勢。今夏にセネガル代表DFカリドゥ・クリバリや、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェなど、攻守の主力が相次いで退団したチームにおいて、ルチアーノ・スパレッティ監督は、ジエリンスキをチームの軸に据える方針だと考えられている。 2022.08.04 16:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly