ミラン、アバーテがプリマヴェーラの指揮官に就任

2022.07.06 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは5日、イグナツィオ・アバーテ氏(35)をプリマヴェーラ(U-19)の指揮官に任命したことを発表した。

現役時代、ミランで右サイドバックとして活躍した元イタリア代表のアバーテ氏は、2019年にミランとの契約を満了後、2020年に現役引退を発表。

2021-22シーズンにU-16のチームを任され、ミランに指導者として復帰していた。そしてU-16カテゴリーのリーグ戦で優勝に導いたことを評価され、今回のプリマヴェーラ指揮官就任となった。

関連ニュース
thumb

負傷者続出のミラン、カラブリアとケアーが右ハムストリングのケガで離脱

ミランのイタリア代表DFダビデ・カラブリアとデンマーク代表DFシモン・ケアーが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 両選手は1日に行われたセリエA第8節のエンポリ戦に先発出場。しかし、カラブリアは39分に右足を負傷しDFピエール・カルルとの交代。ケアーは73分までプレーしたが右足を痛めDFセルジーニョ・デストとの交代を余儀なくされた。 『スカイ』によれば、カラブリアは右ハムストリング付近の筋腱損傷、ケアーは右ハムストリングに軽度の損傷が見つかったとのこと。なお、同紙は離脱期間についてカラブリアは約3カ月、ケアーは15日程度の離脱になると伝えている。 現在ミランでは、守護神のマイク・メニャンやテオ・エルナンデス、アレッサンドロ・フロレンツィ、ジュニオール・メシアス、ズラタン・イブラヒモビッチ、ディヴォク・オリジら負傷者が続出しており、2選手の離脱はチームにとって更なる打撃となる。 満身創痍のミランは今後、5日と11日にチャンピオンズリーグでチェルシーと、8日にセリエAでユベントスとの対戦が予定されている。 2022.10.03 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

後半ATに合計3ゴール! 見事に勝利したミラン指揮官「意志と精神の勝利だ」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、エンポリ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 1日、ミランはセリエA第8節でアウェイでエンポリと対戦した。 そのミランは代表戦で選手が負傷。さらに、この試合でもMFアレクシス・サーレマーケルス、DFダビデ・カラブリア、DFシモン・ケアーが負傷交代する不運に。手負の状況となってしまった。 それでも79分にラファエル・レオンが先制ゴールを記録。逃げ切るかと思われたが、アディショナルタイムにエンポリにゴールを奪われ、追いつかれてしまう。 それでも諦めなかったミランは、94分にフォデ・バロ=トゥーレのゴールで勝ち越すと、97分にはレオンが2点目を奪い勝負有り。終盤の劇的ゴールで1-3で勝利を収めた。 試合後、ピオリ監督は「意志と精神の勝利だ」と語り、中断前の前節でナポリに1-2で敗れ、久々の黒星を喫していただけに、しっかりと勝ちたかったとコメントした。 「とても長い間負けなしだった中、ナポリに負けたのだから、良いスタートを切ることが重要だった」 「エンポリは我々に困難をもたらし、負傷者が出たことで連係が欠けてしまった」 「私は偏見を持っているが、選手たちはいつも私を興奮させ、それが私がいつも経験している素晴らしいことだった」 また、ケガ人が試合中も続出しているミラン。こういったことは起こりうるとし、良い選手がたくさんいることは良いことだとした。 「これはグループの勝利だ。我々には結束力があり、意思のある集団だ」 「忙しいシーズンにはケガはつきものだが、これだけ多くの選手がいて、全員が揃って、しかも正しい状態で臨めるというのは幸運なことだ」 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATに合計3ゴールの劇的展開!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0OzLdMfhNKQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

負傷者続出ミラン、代役たちの活躍でエンポリに劇的勝利《セリエA》

ミランは1日、セリエA第8節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、3-1で競り勝った。 代表ウィーク前の前節、ナポリに屈した5位ミラン(勝ち点14)は、代表戦で負傷した守護神メニャンに代わってGKタタルサヌ、テオ・エルナンデスに代わってバロ・トゥーレを起用した。 14位エンポリ(勝ち点7)に対し、立ち上がりからミランが押し込む展開とすると、7分に好機。右サイドに流れたレオンのクロスをジルーがヒールで合わせたシュートがわずかに枠を外れた。 さらに21分、レオンの突破からサーレマーケルスが決定的なシュートを放つも、こちらもわずかに枠を捉えきれず。 前半半ば以降、サーレマーケルス、カラブリアが負傷交代となったミランはハーフタイムにかけては攻めあぐね、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、押し込まれる入りとなったミランは主導権を握れない状況が続く。 そして後半半ばにはケアーも負傷交代となったミランは、74分に大ピンチ。トナーリがバイラミとの競り合いで負けて独走を許し、GKと一対一に。しかしシュートはGKタタルサヌが好守で救った。 すると79分にミランに先制弾。レオンがロングスローを受けてボックス右に侵入。クロスを送り、途中出場のレビッチが押し込んだ。 終盤にかけてはエンポリに好機を許さずに逃げ切れるかに思われたが、追加タイム2分に落とし穴。ボックス手前左で許したFKをバイラミに直接決められた。 しかし直後、ミランに劇的ゴールが生まれる。ラフなボールをクルニッチがヘッドで落とし、ゴール前に詰めていたバロ・トゥーレが押し込んだ。 そしてレオンがロングカウンターから3点目を決めたミランが苦しみながらも勝利。バックアッパーたちの活躍で白星を取り戻し、チャンピオンズリーグのチェルシー戦に臨むことになった。 2022.10.02 05:46 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで地位高めるダロト、新契約を期待か…古巣ミランら5クラブの関心ありも

ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(23)はマンチェスター・ユナイテッドとの契約延長が第一希望のようだ。 ミランに出番を求めた時期もあったが、昨季途中からDFアーロン・ワン=ビサカの独壇場だった右サイドバックのポジションを奪ったダロト。エリク・テン・ハグ新政権の今季もその地位を守り、課題だった守備面も成長を感じさせる。 先のポルトガル代表活動でも代表初ゴールを含む2発の活躍を披露したりとキャリアを全体的に大きく前進させるが、ユナイテッドとの現行契約は今季限り。1年延長オプションもあるが、クラブにとっては解決すべき問題の1つといえる。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ダロトには古巣のミランをはじめ、ユベントス、ローマ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの継続的な関心もあるが、ユナイテッドからの新契約を期待しているという。 なお、ユナイテッドは来年1月のマーケットまでにひとまず延長オプションを発動させる見込みとのことだ。 2022.09.29 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メニャン負傷のミラン、今冬にも新たな控えGKを獲得か

ミランがフィオレンティーナのイタリア人GKピエトロ・テラッチアーノ(32)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 セリエA第7節終了時点で4勝2分け1敗の5位に位置するミランだが、正守護神を務めるフランス代表GKマイク・メニャンが代表戦でふくらはぎを負傷。約1カ月の離脱と伝えられた。 現状ミランには控えGKとして元ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(36)と、元イタリア代表GKアントニオ・ミランテ(39)が在籍しているが、共に高齢で引退を考慮する時期に差し掛かっている。 そうした状況を受け、ミランは今冬にも新たなGK補強を決行する模様。そこで白羽の矢が立ったのがGKテラッチアーノだ。 ノチェリーナでプロキャリアをスタートした193cmの長身GKのテラッチアーノは、これまでカターニャやサレルニターナなどを渡り歩き、2019年1月にレンタル移籍でフィオレンティーナに加入。同年夏に完全移籍するも、ポーランド人GKバルトロミエ・ドラゴウスキの控えに甘んじていた。 しかし、昨夏にドラゴウスキがスペツィアへ完全移籍したことで守護神の座を獲得すると、昨季はセリエA36試合に出場。今季は新加入のイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニと正守護神の座を争っており、ここまでセリエA4試合に出場している。 なお、テラッチアーノとフィオレンティーナの契約は今季終了までとなっており、ミランは今冬に安価での獲得出来なかった場合は、来夏にフリーで獲得するつもりだという。 2022.09.27 06:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly