シャルケ加入迫る吉田麻也、レンジローバー“2台持ち”に「違う良さがたまらない」

2022.07.05 21:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF吉田麻也が愛車の乗り心地を実感しているようだ。

2021-22シーズンをもってサンプドリアへ別れを告げることになった吉田には、現在シャルケ加入間近との報が上がっている。

渦中の吉田は5日に自身のインスタグラムを更新。「Thank you @landroverjpn #レンジローバー#newvogue めちゃくちゃ良い。#ディフェンダー も違う良さがたまらない」と綴った。

2台のレンジローバーを乗りこなす代表キャプテンには、大まかに3つの反応が。ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀が「助手席乗せてもらお」といったように「乗せてください」との反応が多数。その他に、「娘ちゃん可愛い」、「ナンバー隠さなくて大丈夫ですか?」といった類のリアクションが届いた。

気の早いシャルケのファンからは早くも青と白のハートも届けられているが、去就はどのようにまとまるのだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

三笘薫が最後の仕上げ! 素早い判断でのクロスでトロサールのハットトリックをお膳立て、リバプール戦ドロー呼び込む!

日本代表MF三笘薫が短い時間で結果を残した。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンは1日、アウェイでリバプールと対戦した。 プレミアリーグでは好スタートを切り、4位につけるブライトン。グレアム・ポッター前監督がチェルシーに引き抜かれるという緊急事態に陥った中、ロベルト・デ・ゼルビ監督を招へい。エリザベス2世女王陛下の逝去や鉄道のストライキなどもあり、1カ月ぶりのゲームとなった。 デ・ゼルビ新監督の初陣となったリバプール戦ではレアンドロ・トロサールが躍動。4分、17分と連続ゴールを記録しリードを広げる。 今季なかなか調子が出ないリバプールもしっかりと反撃。33分、54分にロベルト・フィルミノが連続ゴールで追いつくと、63分にはオウンゴールで逆転に成功する。 苦しくなったブライトンは逆転された直後の65分に三笘を投入。すると83分に三笘が大きな仕事をする。 逃げ切りを図りたいリバプールが守備を固める中、ボックス左でパスを受けた三笘が対応される前にダイレクトでクロス。これをボックス内でトロサールがダイレクトシュート。記録上はアシストにならなかったが、三笘のお膳立てでトロサールはハットトリックを達成。さらにチームはリバプールに追いつき、そのまま3-3で勝ち点1を持ち帰ることに成功した。 日本代表としては、アメリカ代表戦でゴールを決めていた三笘。エクアドル代表戦は良さをあまり出せずに終わっていたが、クラブに戻って新監督の下で早速輝きを見せることに成功した。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の絶妙なクロスからトロサールがハットトリック達成!(00:30〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/QUdKjW5gTp">pic.twitter.com/QUdKjW5gTp</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1576316023619391494?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.02 09:25 Sun
twitterfacebook
thumb

美しすぎる!日本代表で出番なく帰った旗手怜央が豪快ミドル弾で今季初ゴール!

1日、スコティッシュ・プレミアシップ第9節のセルティックvsマザーウェルが行われ、セルティックが2-1で勝利した。 セルティックは日本代表帰りのFW古橋亨梧、MF旗手怜央に加え、招集外となったFW前田大然の3人が同時に先発出場する。 すると15分、ボックス左横でパスを受けたジョタがダイレクトクロスを供給するとゴール前のオライリーがヘディングシュート。相手GKが弾いたボールを古橋が押し込み先制する。 その後オウンゴールで追いつかれたセルティックだったが、64分に旗手が魅せた。 左CKを獲得したセルティックは、ショートコーナーから旗手にパス。すると、相手DFと対峙した旗手はカットインからボックス手前で右足一閃。鋭い弾道のミドルシュートがゴール左に突き刺さった。 日本代表では1秒もピッチに立てずに悔しい思いをした旗手。早速、その悔しさを結果で示すことに成功。セルティックは前節の敗戦を払拭する勝利を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】チームを勝利へ導く旗手怜央の圧巻ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4cRQjDjGAMo";var video_start = 168;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 08:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「何でもできる選手」現地紙がチーム最高評価で日本代表MF守田英正を絶賛「常にライン間で解決策を示した」

スポルティングCPの日本代表MF守田英正が高い評価を受けている。 9月30日、プリメイラリーガ第8節でスポルティングはジル・ヴィセンテと対戦した。 日本代表から戻った守田はこの試合もボランチの一角で先発出場。ジル・ヴィセンテもMF藤本寛也が先発出場を果たした。 守田は16分に味方のシュート性のクロスに飛び込み、移籍後初ゴールを記録。チームの先制ゴールを奪うと、22分にはロングボールに走り前線でキープ。すると見事なヒールパスでオーバーラップしたペドロ・ゴンサウベスに繋ぎ、アシストを記録した。 1ゴール1アシストで3-1の勝利に貢献した守田。ポルトガル『レコルド』はチーム最高点の4点(5点満点)をつけ、MVPに選出した。 「彼は中盤でも攻撃でも何でもできる選手であり、今回もそれを見せてくれた」 「最初のゴールの狡猾さに加え、2点目を品よく直線的にデザインした。ただ、それだけに留まらなかった」 「さらに前に出ていき、フィールドを埋める働きを見せ、中盤ではストッパーにもなっていた。彼は常にライン間で、解決策を示していた」 ゴールとアシストの数字だけでなく、プレスや守備、ポジショニングでも絶賛された守田。また一段上のレベルに上がるキッカケとなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】見事な飛び込みで初ゴール&技ありヒールアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JcPD1BAOL8k";var video_start = 67;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.01 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「監督の功績ではない」スポルティングCPが1G1Aの守田英正を改めて称賛「とても良い選手」

スポルティングCPのルベン・アモリム監督が、日本代表MF守田英正について語った。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 9月30日、プリメイラリーガ第8節でスポルティングはジル・ヴィセンテと対戦した。 日本代表から戻った守田はこの試合もボランチの一角で先発出場。ジル・ヴィセンテもMF藤本寛也が先発出場を果たした。 守田は16分に味方のシュート性のクロスに飛び込み、移籍後初ゴールを記録。チームの先制ゴールを奪うと、22分にはロングボールに走り前線でキープ。すると見事なヒールパスでオーバーラップしたペドロ・ゴンサウベスに繋ぎ、アシストを記録した。 1ゴール1アシストで3-1の勝利に貢献した守田。試合後の記者会見で、アモリム監督は守田について質問を受け、高く評価していることを改めて語った。 「私は彼にあまり教えていない。ただ、彼にはクオリティがあり、タイミングを持っており、パスもシュートもうまく、とても知的な選手だと伝えた」 「彼のような選手に教えることはせず、励ますだけで良い。彼は一生懸命ハードワークしており、それは監督の功績ではない」 「彼はとても良い選手だ」 <span class="paragraph-title">【動画】見事な飛び込みで初ゴール&技ありヒールアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JcPD1BAOL8k";var video_start = 67;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.01 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.115】本番2カ月前にカタールW杯正GKに名乗り!エクアドル戦のMVP/シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/GK)

ドイツ、コスタリカ、スペインという強豪国と中3日でグループリーグを戦わなければならない2022年カタールワールドカップ(W杯)の日本代表。森保一監督も「初戦のプレッシャーや相手の力を踏まえた時、普段より想像以上に大きなエネルギーを使うので、心身ともに中3日で回復できない状況も起こり得る」と見ており、そのためには選手の入れ替えが必要不可欠と考えている様子だ。 そこで、27日のエクアドル戦(デュッセルドルフ)は23日のアメリカ戦(同)から先発11人全員を入れ替え、完全なるターンオーバーを実施。谷口彰悟(川崎)と伊藤洋輝(シュツットガルト)の両センターバック(CB)、柴崎岳(レガネス)と田中碧(デュッセルドルフ)の両ボランチなど実戦経験が少ない面々の連係不足が見て取れたが、強度と球際の迫力に優れた相手を何とかしのぎ切り、スコアレスドローに持ち込んだ。 もちろんW杯本番を視野に入れると、ドイツに勝ち点3を奪うのは非常にハードルが高いため、2戦目のコスタリカ戦での白星が必須。となれば、今回のエクアドルとの2戦目は引き分けでは足りない。 ただ、後半38分のエネル・バレンシア(フェネルバフチェ)のPKを決められていたら、負けていた可能性が大だった。そう考えると、一撃を阻止したシュミット・ダニエルの貢献度の高さは特筆に値する。彼がマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるのも当然のなりゆきと言えるだろう。 197cmの高さを誇るシュミットは、以前から「規格外の日本人守護神」として期待されてきた。日本代表デビューは森保ジャパン発足直後の2018年11月のベネズエラ戦(大分)。もともとボランチだったこともあり、足元の技術やつなぎのうまさで見る者を驚かせた。そこから代表にコンスタントに呼ばれるようになり、2019年アジアカップのウズベキスタン戦(アルアイン)にも出場。2019年夏にベルギーに赴いてからも地道な努力を続け、少しずつ成長してきた。 とはいえ、日本代表には川島永嗣(ストラスブール)、権田修一(清水エスパルス)という経験豊富なライバルがいる。特に森保ジャパン発足後は権田の評価が高く、アジアカップ以降の公式戦でほぼフル稼働。2021年9月から始まった最終予選でも10試合中9試合に先発した。シュミットは出場権獲得後の今年3月のベトナム戦(埼玉)では出番を与えられるかと思いきや、その一戦に出たのは川島。自身の序列の低さを痛感させられたのではないか。 しかしながら、W杯に向けて本格始動した6月シリーズ以降、森保監督の起用法に微妙な変化が生まれる。シュミットは4連戦のうち最初のパラグアイ戦(札幌)とチュニジア戦(吹田)に出場。後者は0-3で完敗を喫したものの、「敵に脅威を与えられる世界基準のサイズとビルドアップ能力を誇る守護神を使いたい」という指揮官の思惑が透けて見えるようになった。 それが9月シリーズになって顕著となり、今回のシュミットは権田の背中打撲の影響もあって、アメリカ戦の後半とエクアドル戦に出場。スーパーセーブを連発する。本人が長年の課題と言い続けたシュートストップの部分も目覚ましい進化を感じさせたのだ。 エクアドル戦前に行われたデュッセルドルフでのメディア対応で、シュミットは24日にスペインの猛攻を止め続けたスイスの守護神、ヤン・ゾマー(ボルシアMG)を引き合いに出し、「スペインやドイツの強豪に勝つには最後の部分でGKのビッグセーブが絶対に必要。ゾマーはそれをほぼ日常的にやっている。アメリカ戦のようなゲームではないと思うし、エクアドル相手にピンチの場面があれば、自分にできるところをアピールしていければと思います」と意気込んでいた。 その言葉通り、ゾマーを超えるほどの強烈インパクトを残したシュミット。森保監督も「ピンチも多かった中、ダンが最後の砦としてビッグセーブをしてくれたことで、試合がより引き締まったと思いますし、フィールドの選手たちが勇気を持って落ち着いて戦えることにつながったのかなと思っています」と絶賛していた。 常に謙虚な本人は「今日の自分のパフォーマンスは80点くらいかな。20点分はハイボールの部分。CKとかでもっと力強さというか『空中戦、大丈夫だ』という安心感を与えられるプレーがもうちょっとできたらいい」と自分に厳しかったが、これでW杯本大会の正守護神に大きく近づいたのは間違いないだろう。 「ここで序列が変わった? そうは思わないですね。やっぱり2次予選、最終予選で何試合も苦しい試合があった中、ゴンちゃんがチームを救ってくれた。これは親善試合ですし、差はあると思います」とシュミットはあくまで慎重な姿勢を貫いたが、これだけチームに勢いをつけられる守護神を使わない手はない。 2カ月後のドイツ戦(ドーハ)で日本屈指の大型GKがスタメンでピッチに立てるか否か。それはシントトロイデンでの一挙手一投足次第。ここから11月までのシュミットのさらなる前進を願ってやまない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.09.30 20:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly