「チームのためにゴールやアシストを」フライブルク加入の堂安律がファーストインタビュー! 覚えているドイツ語は?

2022.07.05 19:40 Tue
©超ワールドサッカー
フライブルクへの完全移籍が発表された日本代表MF堂安律が、クラブのファーストインタビューに応じた。
PR
5日、PSVから完全移籍でフライブルクへと加入した堂安。アルミニア・ビーレフェルト時代以来、2年ぶりにブンデスリーガの舞台へと戻ってきた。
フライブルクは、2021-22シーズンのブンデスリーガで6位。DFBポカールで準優勝に終わったが、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得。ブンデスリーガだけでなく、ヨーロッパの舞台でもプレーできる。

その堂安律は、早速クラブのインタビューに応じ、全編英語で対応。クラブの印象や今シーズンの意気込みについて語った。

まず、フライブルクのユニフォームを手渡された堂安は「かなり気に入っています。強そうですね。このユニフォームを着てプレーするのが楽しみです」とコメント。PSVのユニフォームと似た赤と白のストライプのユニフォームは非常に似合いそうだ。
また、日本から長いフライトを経てフライブルクへとやってきた中、初日の印象については「僕はここに来るので少し疲れましたが、今は疲れていないです。とても良い気分で、ここにいられて幸せです」とコメント。新たな本拠地を訪れ、疲れも吹き飛んだようだ。

2020-21シーズンはブンデスリーガでも戦った堂安。フライブルクの印象については「ビーレフェルト時代にフライブルクと対戦し、良い印象を抱いていました」とコメント。また、クリスチャン・シュトライヒ監督との会話をした印象についても語り、「監督と話をしました。すぐに良い感触を得ましたし、彼の情熱と姿勢が好きです」と、好印象を持ったようで、「彼のために勝ちたいです」と意気込みを語った。

またチームでの目標については、「次のステップに一緒に進みたいです」と語り、「僕はチームのためにゴールやアシストをしたいです。自分のためではなく、クラブや素晴らしいサポーターのためにです」と目標を語った。

話題は日本代表にも及び、カタール・ワールドカップ(W杯)でドイツ代表と同居していることが話題に。堂安は難しいグループだとしながらも、今はクラブのために活躍することを考えているとした。

「勝利するためには、強いチームと自信が必要です。僕たちのグループには、強いスペインと素晴らしいドイツがいます。ワールドカップは簡単ではありません」

「ただ、今はこのクラブ、監督の下で良いプレーをしなければなりません。そうすれば、これからのワールドカップが楽しみになります。今はワールドカップについてあまり多くのことを考えていません」

最後に、ドイツ語はまだ覚えていますか?という質問を投げかけられ「『お元気ですか?』や『どうぞ』という一言です」とコメント。「あとは汚い言葉で、カメラの前では言えません」と笑顔で答え、色々と悪い言葉を教わっていたようだ。



PR
1 2
関連ニュース

「ポジションの規律が乱れ、自滅する場面も」 バイエルン監督が足踏みのフライブルク戦に憤慨

バイエルンのブンデスリーガ12連覇がさらに遠のきそうだ。 バイエルンは1日の第24節でフライブルクと対戦。堂安律が先発したフライブルクに開始12分で先制を許してから、35分にマティス・テルのゴールで追いつき、75分にジャマル・ムシアラのスーパーな一撃で逆転したが、87分に同点弾を浴び、2-2のドローに終わった。 これで連勝とはならず、3日に今節を控える首位レバークーゼンにも7ポイント差までしか迫れず。5日に行われ、逆転突破に勝利必須となるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのラツィオ戦に向けても弾みをつけられなかった。 ドイツ『Sport1』によると、トーマス・トゥヘル監督は『DAZN』で振り返り、特に先制を許した最初の30分間に不満げだ。 「まったくもって無秩序にプレーしたし、あまりにも規律がなく、自分たちのポジションをとれていなかった。まったくうまくいっていないのに攻撃を仕掛けて、前でボールを失い、相手のカウンターを招いた。最悪の30分だった」 また、「勝てなかったのはセットプレーからの幸運なゴールによるもので、もっとうまく守れたはず」としつつ、「ポジションの規律が乱れ、自滅する場面もあった。センターバックがサイドバックを追い越していったりね」とこう不満を続けたようだ。 「これまでの練習でやっていなければ、話をしてもいないようなことをやった。まるで85分で1点を追いかけるかのようなプレーをした。意欲の問題ではなかったと思うが、最初の30分間は何も考えずにプレーした挙句、その罰を受けた」 2024.03.02 09:35 Sat

華麗ゴール計4発、バイエルン一時逆転も堂安先発フライブルクに追いつかれドロー【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第24節、フライブルクvsバイエルンが1日に行われ、2-2で引き分けた。フライブルクのMF堂安律は77分までプレーしている。 前節アウグスブルクに逆転負けし、5試合勝利のない9位フライブルク(勝ち点29)は、堂安がフラットな[4-4-2]の右MFでスタメンとなった。 一方、ケインの劇的ドッペルパックで前節ライプツィヒを下し、公式戦連敗を3で止めた2位バイエルン(勝ち点53)は、4日後にチャンピオンズリーグのラツィオ戦を控える中、主力を起用。負傷欠場のサネに代わってテルが[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった。 主導権争いの序盤を経て12分、フライブルクが先制する。堂安のサイドチェンジを受けたグリフォの左クロスからサライがヘディングシュート。これはGKノイアーのビッグセーブに阻まれた中、ルーズボールを再びサライがバイシクルシュート。今度はバーに直撃したものの、二次攻撃でボックス手前のギュンターのミドルボレーが見事ゴールに決まった。 さらに16分、ボックス左に侵入したギュンターがフィニッシュに持ち込んで追加点に迫ったフライブルクは、続く22分にもショートカウンターからグリフォが際どいシュートを浴びせて主導権を握っていった。 しかし35分、バイエルンがワンチャンスで追いつく。CKの流れからルーズボールをボックス左角のテルが見事なコントロールシュートで決めきった。 追いついたバイエルンがハーフタイムにかけては押し込むと、39分にゴレツカがオンターゲットのミドルで牽制。1-1で前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で推移した中71分にバイエルンに決定機。遅攻の流れからバイタルエリアでパスを引き出したミュラーがスルーパス。ボックス中央に侵入したムシアラがシュートに持ち込むもGKアトゥボルの好守に阻まれた。 直後のCKからケインのヘディングシュートでゴールに迫ったバイエルンは、75分に押し切る。ボックス左で仕掛けたムシアラがDFに囲まれながらも圧巻のカットインシュートを決めきった。 失点後、堂安に代えてグレゴリッチュを投入したフライブルクに対し、バイエルンは殊勲のムシアラに代えてウパメカノを投入。5バックとして逃げ切りを図ったが、87分にフライブルクが追いつく。 ロングスローの流れからグレゴリッチュの落としをホーラーが見事な左足ボレーで流し込んだ。このまま2-2で決着。華麗な4ゴールが生まれた一戦は引き分け決着となった。 2024.03.02 06:31 Sat

【ブンデス第24節プレビュー】CLラツィオ戦控えるバイエルン、金曜に堂安フライブルクと対戦

前節はバイエルンがFWケインのドッペルパックでライプツィヒとの上位対決を制し、公式戦連敗を3で止めた。そして首位レバークーゼンは下位に沈むマインツを下し、バイエルンとの8ポイント差を維持している。迎える第24節、翌火曜にチャンピオンズリーグ(CL)ラツィオ戦を控える2位バイエルン(勝ち点53)はMF堂安の9位フライブルク(勝ち点29)と金曜に対戦する。 バイエルンは前節、ケインの後半追加タイムに生まれた決勝弾でライプツィヒに競り勝ち、連敗をストップ。トゥヘル監督の今季限りでの退任が発表された中、白星を取り戻した。一先ず悪い流れを断ち切った中、逆転でのベスト8進出を目指すCLラツィオ戦に向けて連勝して勢いを付けられるか。 一方、アウグスブルクに逆転負けし、5試合勝利のないフライブルク。アウグスブルク戦では守勢に回った中、後半序盤には堂安に追加点のチャンスがあったが決めきれなかった。右サイド起用で守備も奮闘している堂安だが、バイエルン戦でもディフェンスに回ることが多くなると思われるが、凌いで攻撃面でも見せ場を作れるかに注目だ。 初優勝へ邁進を続ける首位レバークーゼン(勝ち点61)は16位ケルン(勝ち点17)と対戦。前節マインツ戦ではMFジャカとMFアンドリッヒのボランチコンビによる圧巻ミドル弾で勝利したレバークーゼン。日替わりでヒーローが生まれる良い循環が続く中、今節も残留を争う相手で厄介だが、勝ち切ってしまうだろうか。 前節ケルン戦ではDF伊藤が先制点に絡んだものの同点に追いつかれてしまった3位シュツットガルト(勝ち点47)は13位ヴォルフスブルク(勝ち点25)と対戦。ケルン戦ではFWウンダブを負傷で欠いた中、決定力を欠いて勝ち切るには至らなかった。そのウンダブが復帰予想となっている中、FWギラシーとの強烈コンビでゴールをこじ開けられるか。 バイエルンに惜敗した5位ライプツィヒ(勝ち点40)は、翌水曜にCLレアル・マドリー戦を控える中、FW浅野の15位ボーフム(勝ち点25)と対戦。バイエルン戦では引き分けに持ち込めるかと思われた中、惜敗となったライプツィヒ。悔しい敗戦となったが、ボーフムに勝利して逆転突破を目指すマドリー戦に向かいたい。 対するボーフムは前節、ボルシアMGに5失点大敗。浅野は1点に絡む働きを見せたが、守備陣が崩壊してしまった。仕切り直しの一戦でライプツィヒは厳しい相手だが、守備陣は持ちこたえられるか。 そのボーフムに勝利して6戦ぶりの白星とした12位ボルシアMG(勝ち点25)は17位マインツ(勝ち点15)と対戦。出場停止明けの板倉としては良い流れに乗りたいところ。スタメン予想となっており連勝に貢献したい。 4位ドルトムント(勝ち点41)は14位ウニオン・ベルリン(勝ち点25)と対戦。前節ホッフェンハイムに2-3で打ち負けて波に乗り切れないドルトムントだが、白星を取り戻せるか。 ◆ブンデスリーガ第24節 ▽3/1(金) 《28:30》 フライブルクvsバイエルン ▽3/2(土) 《23:30》 ウニオン・ベルリンvsドルトムント マインツvsボルシアMG ボーフムvsライプツィヒ ハイデンハイムvsフランクフルト ダルムシュタットvsアウグスブルク 《26:30》 ヴォルフスブルクvsシュツットガルト ▽3/3(日) 《23:30》 ケルンvsレバークーゼン 《25:30》 ホッフェンハイムvsブレーメン 2024.03.01 18:01 Fri

堂安フル出場のフライブルクがアウグスブルクに逆転負け…【ブンデスリーガ】

堂安律の所属するフライブルクは25日、ブンデスリーガ第23節でアウグスブルクと対戦し1-2で敗戦した。堂安はフル出場している。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ2ndレグのRCランス戦を延長戦の末に勝利しラウンド16へ駒を進めた8位フライブルク(勝ち点29)は、その試合からスタメンを3人変更。堂安は[4-4-2]の右MFでスタメンとなった。 リーグ戦4試合勝利のない15位アウグスブルク(勝ち点23)に対し、開始早々にピンチを迎える。4分、バルガスのパスでボックス左から侵入したイアゴが堂安に寄せられながらもシュートを放つと、これが右ポストを直撃。 ピンチを凌いだフライブルクは18分、ボックス左から侵入したグリフォが切り返した場面でイェンセンに倒されると、主審はPKを宣告。このPKをグリフォがゴール左隅に決めた。 その後はポゼッションで上回るアウグスブルクにやや押し込まれる展開が続いたが、自陣で集中した守りを見せるフライブルクは決定機を作らせず。前半はフライブルクの1点リードで終了した。 迎えた後半も膠着状態が続く中、フライブルクは62分にホーラーのパスで左サイド深くまで駆け上がったグリフォの折り返しに堂安が飛び込んだが、右足で合わせたシュートはわずかに枠の右に外れた。 追加点が欲しいフライブルクは、66分にグレゴリッチュとギンターを下げてR・サライとマケンゴを投入。しかし、スコアを動かしたのはアウグスブルクだった。 72分、イアゴのパスで左サイド深くまで駆け上がったA・マイアーがクロスを供給。これをゴールを背にしながらもティーツが左足で上手く合わせると、GKアトゥボルの弾いたボールをウドゥオカイがゴールに押し込んだ。 その後、76分に最後の交代でグリフォとロールを下げてヴァイスハウプトとシディリアをピッチに送り出したフライブルクだが、81分に再び失点を許す。右サイドから斜めのドリブルで持ち上がったデミロビッチのパスを受けたエンゲルスがボックス中央左から侵入し、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 逆転を許したフライブルクは、終盤にかけてもなかなかシュートシーンを生み出すには至らず。試合はそのまま1-2でタイムアップ。痛恨の逆転負けを喫したフライブルクはリーグ戦5試合勝利なしとなった。 2024.02.26 05:45 Mon

日本人5人出場のELラウンド16組み合わせ決定! 三笘ブライトンはローマ、堂安フライブルクはウェストハム、遠藤リバプールはスパルタ・プラハと対戦

23日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われた。 22日にプレーオフが終了し、ベスト16のチームが決定。日本人所属クラブでは、日本代表MF遠藤航のリバプール、MF三笘薫のブライトン&ホーブ・アルビオンが1位通過。プレーオフでは、MF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカが勝ち上がり、5名が出場する。 遠藤のリバプールはスパルタ・プラハと、三笘のブライトンはFW上田綺世が所属するフェイエノールトをプレーオフで下した強豪・ローマと対戦が決定。堂安のフライブルクは、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者のウェストハムと、守田のスポルティングはアタランタ、小久保のベンフィカはレンジャーズと強豪との組み合わせが決まった。 また、優勝候補のミランはスラビア・プラハと対戦する。 1stレグは3月7日、2ndレグは3月14日にt開催される予定となっている。なお、スポルティングの1stレグは、ベンフィカと同じ街での開催となるため、3月5日に1試合だけ前倒してやられる。 スパルタ・プラハ vs リバプール(遠藤航) ローマ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン(三笘薫) フライブルク(堂安律) vs ウェストハム ミラン vs スラビア・プラハ マルセイユ vs ビジャレアル ベンフィカ(小久保玲央ブライアン) vs レンジャーズ スポルティングCP(守田英正) vs アタランタ カラバフ vs レバークーゼン 2024.02.23 20:35 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly