浦和がG大阪戦でのサポーターの声出し応援の違反行為認め、謝罪声明「これまでの努力と気持ちを裏切る行為と認識」

2022.07.05 14:12 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズは5日、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪戦での事象について説明した。

パナソニック スタジアム 吹田で行われたこの試合。1-1の引き分けに終わった中、Jリーグが進める「声出し応援」の検証試合の対象試合ではなかったものの、浦和のサポーターがチャントやブーイングなど、声出し行為を行っており、大きな問題となっていた。

Jリーグの野々村芳和チェアマンも「残念としか言いようが無い」とコメントするなどし、規制緩和に向けて動いている最中でのルール違反を非難した。

そんな中、浦和はクラブを通じて声明を発表。「声を出しての応援行為が確認された」とし、裏切り行為であると認めた。

「2022年7月2日(土)にパナソニック スタジアム 吹田にて行われました、明治安田生命J1リーグ 第19節 ガンバ大阪戦において、浦和レッズサポーターによる、声を出しての応援行為が確認されました」

「この行為は、飛沫感染につながる可能性があるという理由から「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」内で禁止されており、新型コロナウイルス感染拡大を防ぎながら公式戦の試合運営を円滑に行うことにより、愛するチーム・選手を鼓舞する声を再びスタジアムに取り戻したいと願う、Jリーグに関わるすべての皆さまのこれまでの努力と気持ちを裏切る行為であると認識しております」

「浦和レッズとして、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づいた試合運営業務を遂行することができなかった事実につきまして、心よりお詫び申し上げます」

「今後につきましては、下記の再発防止策を実行し、試合運営に努めてまいります」

また、再発防止策についても発表し、周知徹底の他、違反者への適時適切且つ毅然とした対応をしていくとした。

【再発防止策】
(1)事前周知
・「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の周知徹底
・オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施
・サポーターグループとの直接的なコミュニケーションの実施
(2)試合当日
・オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施
・ホームゲーム時のスタジアムオーロラビジョンでの啓発情報発信の強化
・違反行為への適時適切且つ毅然とした対応(即時退場を含む)

関連ニュース
thumb

攻撃陣好調の浦和が今季最多6ゴールの大勝!ホームで完敗の磐田は再び最下位に【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節、ジュビロ磐田vs浦和レッズが13日にエコパスタジアムで行われ、アウェイの浦和が6-0で勝利を収めた。 前節サガン鳥栖に敗れて再び降格圏に足を踏み入れた磐田は、森岡の負傷でスクランブル発進した松原がJ復帰後初先発を飾る。得点力向上を目指し、ファビアン・ゴンザレスも8試合ぶりにスタメンで起用された。 10日のYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦で快勝を収めた浦和は、その名古屋グランパス戦のスタメンフィールドプレーヤーが引き続き先発に。守護神はGK鈴木に代わってGK西川が務めた。 台風8号の影響も心配されながらも、幸い荒天にはならずに決行された一戦は、磐田のミスを突いた浦和が立ち上がりから複数得点を奪う。 まずは5分、自陣でブロックを組んだ中で鈴木の横パスを左サイドで小泉が引っ掛けると、自らボックス手前左まで運び、遠いサイドでフリーのモーベルグへ。磐田との前回対戦時にJ初ゴールを決めていたMFは、ワントラップから左足の巻いたシュートを対角へ流し込み、幸先良く先制点を挙げた。 さらに13分には、松尾が磐田陣内での鈴木の横パスを受けた伊藤槙人のコントロールミスを見逃さず、ボールをさらってボックス右へ侵入。悠々と中を確認して折り返すと、小泉が蹴り込んでリードを広げる。 ミス絡みで自らの首を絞めることになった磐田は飲水タイム明けにボックス手前から金子が左足のミドルを見せるも、前半終了間際に浦和が再び追加点を挙げる。 40分、長いボールで左の深い位置を取ると、枚数の少ない状況を踏まえてパスを回しながら時間を作ったのちに、中央の小泉が右を使う。開いていたモーベルグはまたぎフェイントを交えて縦に仕掛け、ボックス右からクロスを送ると、右足でのキックはファーのポストに当たってゴールへ吸い込まれた。元スウェーデン代表MFは直後にも敵陣ハイサイドからの直接FKが枠を捉えるなど、好調さを見せ付ける。 ハーフタイムには両ベンチが動き、磐田は吉永に代えて大津を、浦和は連戦も加味してモーベルグら3人に代えて江坂らを投入。キャスパー・ユンカーを含め、互いの途中出場選手が後半立ち上がりからゴール前のシーンに絡む。 50分には遠藤のFKをGK西川がワンハンドセーブしてカウンターへ転じると、ユンカーのキープから小泉がフィニッシュ。こちらもGK梶川が左足を残して好セーブを見せるなど、見応えのある攻防が繰り広げられる。 3バックから4バックへの変更が奏功し、チャンスの数も増え始めた磐田だったが、スコアを動かしたのは63分の浦和。先の名古屋戦ではCKからファインボレーをたたき込んだ伊藤が、この日は左深い位置から明本の上げたクロスにファーで合わせてネットを揺らすと、3分後には大久保のキープから右ポケットを取り、逆サイドへの折り返しで小泉のゴールをお膳立てした。 大量リードを奪ったアウェイチームは79分にもカウンターからユンカーが加点。センターサークル付近で江坂が前を向くと同時に裏へ抜け出すと、スルーパスのクリアボールがいい具合に足元へ転がり込み、GKとの一対一を冷静に制する。 守ってもジャーメインの決定機をGK西川が阻止するなどクリーンシートを達成した浦和は、今季最多6得点を奪って2試合ぶりに3ポイントを獲得。前回対戦時に1-4で敗れた磐田は今回も大量失点を喫し、得失点差でも痛手を被って再び最下位へ沈むこととなった。 ジュビロ磐田 0-6 浦和レッズ 【浦和】 ダヴィド・モーベルグ(前5) 小泉佳穂(前13) ダヴィド・モーベルグ(前40) 伊藤敦樹(後18) 小泉佳穂(後21) キャスパー・ユンカー(後34) 2022.08.13 20:39 Sat
twitterfacebook
thumb

「鳥肌が立った」浦和FWユンカーが初めて聞いた埼スタでの“生チャント”に感激!自身も「練習します」

浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーがサポーターの声援に感激している。 浦和は10日に行われたYBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝の第2戦で、名古屋グランパスを埼玉スタジアム2002に迎え、3-0と快勝。合計スコアを4-1とし、浦和が2年連続の4強入りを決めた。 この試合は、埼玉スタジアム2002で初の声出し応援対象試合。一部の座席から選手たちに熱い声援が送られただけでなく、試合後には「We are Diamonds」が歌われた。 ユンカーは名古屋戦に途中出場していたが、試合後に自身のツイッターを更新すると、「We are Diamonds」の瞬間の動画をアップし、「鳥肌が立った」と綴っている。 さらに、「ユンカーは歌えるのかな?」というファンのコメントにも反応。「歌えない」と正直に明かしつつも「でも練習します」とした。 昨シーズン途中に浦和に加入したデンマーク人FWにとってこれが初めての埼スタでの声援だっただけに、その迫力と熱量に心を打たれたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ユンカーが驚いた浦和サポーターの大迫力チャント</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">鳥肌が立った<a href="https://t.co/8KRbcGIxui">pic.twitter.com/8KRbcGIxui</a></p>&mdash; Kasper Junker (@KasperJunker) <a href="https://twitter.com/KasperJunker/status/1557496448295456768?ref_src=twsrc%5Etfw">August 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.12 13:31 Fri
twitterfacebook
thumb

「ゴラッソ過ぎる」デザインCKからの浦和MF伊藤敦樹の完璧ボレーを大絶賛「全盛期の稲本みたい」

浦和レッズの準決勝進出の立役者の1人、MF伊藤敦樹のボレーに注目が集まっている。 浦和は10日に行われたYBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝の第2戦で、名古屋グランパスを埼玉スタジアム2002に迎え、3-0と快勝。合計スコアを4-1とし、浦和が2年連続の4強入りを決めた。 ボランチの一角で先発起用された伊藤は31分に先制点となるヘディングを決め、劣勢だったチームへ勢いをもたらすと、41分にもセットプレーから再び自らネットを揺らす。 左CKを獲得し、岩尾憲はストレート性のキックを選択すると、ボールは糸を引いたようにファーの伊藤の左足へ。抑えの効いた完璧なボレーシュートはGKランゲラックの指先を弾き、鮮やかにゴール右隅へと吸い込まれた。 見事なボレーを称える声は多く、「全盛期の稲本(潤一)みたいになってきたな」、「2点目のボレーは完璧だったね」、「敦樹マジで誇らしい」、「何回も見られるヤツ」、「敦樹のボレーも好きなだけ再生できるわ」、「ゴラッソ過ぎる…」などの賛辞が多数寄せられている。 ゾーンとマンツーマンを併用する名古屋のCKの守備に対し、酒井宏樹らがマーカーの動きを制限するなど、見事にデザインされたセットプレーで追加点を奪った浦和。声出しの復活した埼スタで完勝を収め、直近のリーグ戦で完敗を喫した名古屋へ借りを返した。 <span class="paragraph-title">【動画】糸を引くような岩尾のCKから伊藤敦樹が完璧なボレー(1:52~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9b5nty3wKh8";var video_start = 111;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.11 21:17 Thu
twitterfacebook
thumb

4強決定!福岡がクラブ史上初、王者名古屋は浦和に敗れる《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝2ndレグが10日に各地で行われ、ベスト4が出揃った。 前回大会の王者である名古屋グランパスは、埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦。ホームでの1stレグを1-1で終えていた中、試合は伊藤敦樹のゴールで浦和が先制。浦和はさらに伊藤が41分のCKで鮮やかなボレーシュートを突き刺し、合計スコア3-1とする。 名古屋はハーフタイムで4人交代を敢行し攻勢を強めるも、浦和も 江坂任のシュートがクロスバーを叩くなど、こちらも追加点のチャンスを感じさせる。 すると迎えた86分、敵陣左サイドでの明本考浩のインターセプトから浦和の攻撃へ。キャスパー・ユンカーとのワンツーを経て江坂に繋がると、江坂はボックス中央から左足でシュートを流し込み勝負あり。合計スコア4-1でベスト4入りを決めた。 昨年度のファイナリストであるセレッソ大阪は、川崎フロンターレとの勝負で劇的な展開に。ホームでの1stレグではアダム・ダカートの89分のゴールで1-1に持ち込んでいた中、今回はホームの声援を得る川崎Fのマルシーニョに、前半終了間際と後半立ち上がりにゴールを許してしまう。 しかし、試合終了間際に劇的な展開が。まずは90分、左サイドの山中亮輔の低弾道のクロスを、ハーフタイム明けから出場した加藤陸次樹がダイビングヘッドで押し込み1点差に。 さらにほぼラストプレーとなった96分、波状攻撃から右サイドの中原輝が入れたクロスをボックス左の西尾隆矢がゴールラインぎりぎりで折り返し、最後は山田寛が頭で押し込み同点に。 この結果、合計スコア3-3となり、アウェイゴール差でC大阪が準決勝へ。直近の横浜FM戦とは異なり、悲劇の等々力劇場となった川崎Fは、ACL、天皇杯に続きルヴァンカップも敗退となった。 8年ぶりの準決勝進出を目指す広島は、ホームでの3-1という結果を手にニッパツ三ツ沢球技場へ乗り込んだ。第1戦の勢いそのままに、開始8分でナッシム・ベン・カリファがゴールを決めると、直後には横浜FMの角田涼太朗が決定機阻止で一発退場に。 これで大量点差とともに数的優位も得た広島は、1点を返されたものの野上結貴のゴールで再び突き放し、最終的に合計スコア5-2で勝利。2連勝で4強入りした。 ベスト電器スタジアムで行われたアビスパ福岡vsヴィッセル神戸は、43分にジョン・マリのパスを受けたルキアンがゴールを決めて、福岡が先制。 合計スコア3-1となった後半は、互いのGKの好セーブも光り、試合は動かず。結局、浦和を退けた福岡がクラブ史上初のベスト4入りを果たした。 準決勝は、第1戦は9月21日、第2戦は同25日に行われる。対戦カードは以下の通り。 浦和レッズ vs セレッソ大阪 サンフレッチェ広島 vs アビスパ福岡 2022.08.10 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和が3発快勝でベスト4入り!伊藤のファインボレーなどで前年王者・名古屋を下す《ルヴァンカップ》

10日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝第2戦、浦和レッズvs名古屋グランパスが埼玉スタジアム2002で行われ、3-0で浦和が勝利。合計スコア4-1で浦和が準決勝進出を決めた。 前回大会の覇者・名古屋と2016年以来の優勝を狙う浦和の同一カード3連戦は3日の第1戦が1-1、6日の明治安田生命J1リーグ第24節では3-0と名古屋が勝利を収めていた。 浦和は負傷から戻ってきた酒井とアレクサンダー・ショルツが先発に名を連ね、名古屋は夏に加入した新戦力の永井、永木、重廣がスタメン入りを果たした。 開始早々から攻勢を強めたのは名古屋。岩波のトラップミスに乗じたマテウス・カストロがボックス左の角度のない位置から左足を一閃し、5分にも単騎勝負から左足のシュートを放つ。さらには、ボックス手前右からもミドルを見せるなど、キックオフ直後から存在感を見せた。 アグレッシブな姿勢を見せたのは名古屋だったが、チャンスを生かしたのは浦和。31分、深い位置へ足の長いボールを送り、ボックス手前左にこぼれたボールを大畑が外へはたく。松尾が右足で柔らかいクロスを入れると、ワンテンポ遅らせてゴール前へ顔を出した伊藤が高い打点ヘディングを右隅へ決めた。 これでホームチームへ流れが傾くと、モーベルグのフィニッシュで得た右CKから岩尾のキックに岩波がヘッド。ディフレクションしたボールはGKランゲラックに辛うじてかき出されたものの、41分にセットプレーから追加点を挙げる。 左CKを蹴った岩尾のストレート性のボールは、糸を引くようにファーの伊藤の左足へ。抑えの効いた完璧なボレーシュートはGKランゲラックの指先を弾いて鮮やかにゴール右隅へと吸い込まれた。 2点のビハインドを負った名古屋はハーフタイムに4枚替えを決行。再び攻勢を強めると、中盤でのボールの奪い合いを制して相馬がボックス左から狙う。さらには、森下のグラウンダーのクロスを収めた仙頭が右足を振るが、シュートはクロスバーを越えてしまう。 時間とともに焦りも見え始めるアウェイチームを後目に、70分の浦和は浮き球に反応して右のポケットを取った明本が左足のボレー。これはGKランゲラックの顔面ブロックに遭うが、72分に投入された江坂が1分後にクロスバーをたたくヘディングを放つなど、こちらも攻撃の手を緩めない。 効果的な攻撃でフィニッシュまで至る浦和は86分に大きな3点目を奪取。敵陣左サイドで明本がインターセプトして持ち上がり、ユンカーとのワンツーを使って中央へ舵を取り、横パス。受けた江坂は丸山をかわしてボックス内へ侵入すると、戻ってきた稲垣とのコンタクトにも倒れず、左足で左隅へ流し込んだ。 勝負を決める一発が決まり、名古屋の勢いもトーンダウンすると、ホームサポーターの声援を背に浦和が残りの時間をコントロールしてタイムアップ。合計スコア4-1で、ベスト4入りを決めた。 なお、浦和は準決勝でセレッソ大阪と対戦。第1戦は9月21日、第2戦は25日に行われる予定だ。 浦和レッズ 3-0(AGG:4-1) 名古屋グランパス 【浦和】 伊藤敦樹(前31、前41) 江坂任(後41) 2022.08.10 21:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly