ビルバオ、第3GKエスキエタとの契約解除を発表

2022.07.05 00:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビルバオは4日、スペイン人GKジョキン・エスキエタ(25)と双方合意の下で契約を解消することを発表した。

オサスナの下部組織で育ったエスキエタは193㎝のGK。2014年夏にオサスナBに昇格しプロデビューを飾ると、2015年3月にバルセロナBへ移籍。2017-18シーズンに初めてトップチームに登録されると、2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ第2節のバジャドリー戦でベンチ入りを果たしたが、その後はケガの影響もあり、トップチームに定着とはならず。2019年の夏にビルバオへ完全移籍。

ビルバオでは加入初年度こそリザーブチームのビルバオ・アスレティックでプレーしたが、2020-21シーズンからトップチームに所属。しかし、スペイン代表GKウナイ・シモン、U-21スペイン代表GKジューレン・アギレサバラに次ぐ第3GKの位置から脱却できず、公式戦4試合の出場にとどまっていた。

昨季出場機会のなかったエスキエタとビルバオの現行契約は2023年夏までとなっていたが、プレシーズンのタイミングで契約を解消することになった。

関連ニュース
thumb

ジャウメ離脱のバレンシアが元ビルバオのGKイアゴ・エレリンを緊急補強!

バレンシアは28日、スペイン人GKイアゴ・エレリン(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ビルバオのカンテラ出身であるイアゴ・エレリンは、2010年夏にアトレティコ・マドリーのセカンドチームへ移籍するも、2012年夏にビルバオに復帰。その後、レンタル移籍で加入したヌマンシアやレガネスでは守護神を務めたが、ビルバオでは第2GKの座に甘んじ、在籍8シーズンで公式戦119試合の出場に留まった。 2021年夏にビルバオを退団したイアゴ・エレリンはサウジアラビアのアル・ライードへ完全移籍。しかし、リーグ戦13試合の出場に留まり、シーズン終了後に退団していた。 ここまでラ・リーガ6試合消化で3勝3敗の9位に位置するバレンシアでは、控えGKを務めていたスペイン人GKジャウメ・ドメネクが右ヒザの前十字靭帯を断裂の重傷を負ったため、代わりとなる選手の獲得を模索していた。 なお、イアゴ・エレリンは2週間のチームトレーニングを経てから、正式にチームに加入するとのことだ。 2022.09.29 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

アスレティックFWニコ・ウィリアムズ、スペイン代表デビューの感動語る「何よりも両親に感謝したい」

スペイン代表デビューを飾ったアスレティック・ビルバオのFWニコ・ウィリアムズが心境を語った。スペイン『アス』が伝えている。 23日のブラジル代表戦でガーナ代表デビューを果たしたアスレティックのFWイニャキ・ウィリアムズを兄に持つN・ウィリアムズ。2021年4月にトップチームデビューを飾ると、昨季から主力に定着し、今季は公式戦6試合に出場して2ゴール2アシストを記録している。 その活躍から9月のインターナショナル・ウィークでスペイン代表に初招集。24日に行われたUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ2第5節のスイス代表戦で後半から途中出場し、兄に続いて代表デビューを果たした。 チームは1-2と敗れたものの、その圧倒的なスピードで存在感を示したN・ウィリアムズ。スペイン代表のインタビューでデビューの喜びを語るとともに、両親をはじめとした周囲への感謝を伝えた。 「言葉では表せない気持ちだよ。フットボーラーなら誰でもこの瞬間を夢見るもの。監督は僕に必要な機会を与えてくれたんだ。とても感謝しているし、もっともっとチームに貢献したい」 「何よりも両親に、そして家族全員に感謝したいんだ。家族は僕のすべてであり、それ以上に僕を愛してくれている」 「ここでチームに貢献できることや、一流の選手たちから様々なことを学ぶことができ、とてもうれしく思っている。もっとそういった機会を増やしたいね」 「チームメイトは僕をとても良く迎えてくれた。同い年や同世代の選手もいて、そういった仲間のおかげで僕は何もかもがずっと楽になったよ」 2022.09.26 12:34 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表DFイニゴ・マルティネス、来夏フリーでバルサ移籍が濃厚か

アスレティック・ビルバオのスペイン代表DFイニゴ・マルティネス(31)は、来夏の退団が濃厚のようだ。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えている。 2018年冬にレアル・ソシエダから同じバスク地方のライバルクラブであるアスレティックへ移籍したイニゴ・マルティネス。身長181cmとセンターバックとしては小柄だが、国内で非常に高い評価を得ており、最新のスペイン代表メンバーにも名を連ねている。 今夏にはバルセロナからの関心も話題となり、バルセロナがセビージャからフランス代表DFジュール・クンデを獲得できていなければ、次点としてイニゴ・マルティネスに狙いを定めていたとも報じられていた。 最終的にアスレティック残留となったものの、現行契約は2023年6月まで。クラブとしてはなんとか延長にこぎつけたい思惑だが、選手本人は先日、「今は答える必要がない。全ては代理人とクラブに委ねている」と、去就をはぐらかすコメントを残している。 その一方、バルセロナはイニゴ・マルティネスと来夏のフリー加入で口頭合意したとも報じられており、左利きセンターバックを熱望するチャビ・エルナンデス監督のお眼鏡に適う人材として、31歳のスペイン代表DFに注目しているようだ。 2022.09.22 17:06 Thu
twitterfacebook
thumb

アスレティック、サイドでバックアップ担うモルシージョと契約延長

アスレティック・ビルバオは19日、スペイン人MFジョン・モルシージョ(24)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 SCDドゥランゴからアスレティックのサードチームにあたるCDバスコニアに加入したモルシージョは、185cmの左利きのウイング。2020年9月に行われたグラナダ戦でトップチームデビューを飾ると、同シーズンは途中出場がメインながらも左右のサイドハーフを主戦場にラ・リーガ30試合に出場。2ゴール2アシストの数字を残した。 昨シーズンは前半戦をアスレティック、後半戦はセグンダ・ディビシオンのバジャドリーにレンタル移籍していた。レンタルバックした今季はここまでリーグ戦5試合に出場しているが、いずれも試合終盤の途中出場にとどまっている。 2022.09.20 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

6年前にスペイン代表デビューのイニャキ・ウィリアムズがW杯出場に向けガーナ代表初招集

アスレティック・ビルバオのレジェンドが新たな挑戦をすることとなった。 アスレティックの下部組織で育ったFWイニャキ・ウィリアムズ(28)は、クラブの生けるレジェンドとしてプレーを続けている。 4日に行われたラ・リーガ第4節のエスパニョール戦では、足首の捻挫と言われながらも公式戦の連続出場記録を237に伸ばすほど。クラブへの忠誠を誓っている。 イニャキは、U-21スペイン代表として17試合に出場し3ゴール。2017年のU-21欧州選手権では準優勝を経験。2016年5月29日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表との国際親善試合には、スペイン代表として途中出場。30分間プレーしていた。 アスレティックの選手として公式戦344試合で76ゴール49アシスト、ラ・リーガでも通算276試合で55ゴール40アシストという実績がありながら、強力なライバルがいるFWとしてスペイン代表にはそれ以降招集されない日々が続いていた。 そんな中、イニャキはある決断を下し、自身のルーツであり、両親の国籍であるガーナ代表を選択。そして9月の国際親善試合に初招集を受けた。 ガーナサッカー協会は6日、ブラジル代表とニカラグア代表との国際親善試合に向けたガーナ代表メンバーを発表し、イニャキの名前もリストに入っていた。なおボスニア戦は親善試合のため代表チーム変更は国際サッカー連盟(FIFA)によって認められている。 イニャキの他、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのDFタリク・ランプティ、サウサンプトンのDFモハメド・サリスも初招集を受けている。 ガーナ代表はカタール・ワールドカップに出場するため、イニャキは夢の舞台に立つことも可能。まずは9月に自身6年ぶりとなる代表戦を戦う。 2022.09.06 21:13 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly