トラブゾンスポル、アストン・ビラからエジプト代表MFトレゼゲを獲得!

2022.07.04 21:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トラブゾンスポルは4日、アストン・ビラからエジプト代表MFトレゼゲ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。

元フランス代表のダビド・トレゼゲ氏に見た目やプレースタイルが似ていたことから、選手名をトレゼゲで登録しているマフムード・ハッサン。

母国のアル・アハリでプロデビューすると、アンデルレヒトやムスクロン、カスムパシャでのプレーを経て、2019年の夏にアストン・ビラへ完全移籍した。

2年半在籍したアストン・ビラでは、公式戦64試合に出場し9ゴール5アシストを記録。しかし、負傷やクラブの積極補強の影響により、直近の2021-22シーズンはリーグ戦1試合の出場に留まり、今年2月にはトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルにシーズン終了までのレンタルに出されていた。

その新天地でリーグ戦13試合6ゴール4アシストという見事な活躍を見せた結果、トルコ王者への移籍を勝ち取ることになった。

関連ニュース
thumb

バルトラがトラブゾンスポルへ完全移籍! ベティスが移籍発表

レアル・ベティスは14日、元スペイン代表DFマルク・バルトラ(31)のトラブゾンスポルへの完全移籍が合意したことを発表した。 また、トラブゾンスポルは同日、公式SNSを通じて空路で現地へ向かう同選手の短いメッセージ動画を伝えている。 バルセロナのカンテラ育ちのバルトラは、2012年7月にファーストチームに昇格。その後、2016年7月にドルトムントへ完全移籍するも、2018年1月からベティスでプレーしていた。 ベティスではこれまで公式戦146試合で7ゴール1アシストを記録。主力としてプレーし、2021-22シーズンはコパ・デル・レイの優勝に貢献していた。 ただ、スペイン『アス』によると、ベティスはバルセロナも抵触しているサラリーキャップの規制に引っかかっており、1年契約を残す高年俸のバルトラに対して、20%のサラリーカットでの契約更新を打診。しかし、バルトラがその申し出を拒否したことで、放出候補の筆頭になったという。 バルトラは移籍に否定的だったが、トラブゾンスポルの会長が代理人と直接交渉を行い、考えを変えたとのこと。トラブゾンスポルは今季のチャンピオンズリーグ(CL)に出場する可能性もあり、大きな後押しとなったと見られている。 なお、移籍金は500万ユーロ(約6億9000万円)弱で、バルトラは1年間の延長オプションを含む、2年契約にサインする模様。年俸は250万ユーロ(約3億4500万円)に加えて、50万ユーロ(約7000万円)のボーナスがあるようだ。 2022.08.15 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

選手登録に問題抱えるベティス、サラリーカット拒否の主軸CBバルトラがトルコ移籍へ

レアル・ベティスの元スペイン代表DFマルク・バルトラ(31)がトルコに移籍することになるようだ。スペイン『アス』が報じた。 バルセロナのカンテラ育ちのバルトラは、2012年7月にファーストチームに昇格。2016年7月にドルトムントへと完全移籍すると、2018年1月にベティスに加入していた。 ベティスではこれまで公式戦146試合で7ゴール1アシストを記録。主力としてプレーし、2021-22シーズンはコパ・デル・レイの優勝に貢献していた。 バルトラは契約が残り1年となっている中、今夏の移籍が急浮上。トルコのトラブゾンスポルへと移籍する可能性が濃厚となっているようだ。 この移籍は、ベティスの選手登録に関係しており、バルセロナも抵触しているサラリーキャップの規制に引っかかったとのこと。20%のサラリーカットでの契約更新をバルトラは拒否しており、放出される候補の筆頭になったという。 『アス』によれば、移籍金は500万ユーロ(約6億9000万円)弱と見られている。バルトラは移籍に否定的だったが、トラブゾンスポルの会長が代理人と直接交渉を行い、考えを変えたとのこと。トラブゾンスポルは今季のチャンピオンズリーグ(CL)に出場する可能性もあり、大きな後押しとなったと見られている。 なお、バルトラは2年契約を結び、1年間の延長オプションがあると見られている。年俸は250万ユーロ(約3億4500万円)に加えて、50万ユーロ(約7000万円)のボーナスがある見込みだ。 2022.08.12 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

森岡亮太にトルコ行きの可能性? 王者トラブゾンスポルが興味か

シャルルロワの元日本代表MF森岡亮太(31)にトルコ移籍の可能性があるようだ。『MSV FOOT』が伝えた。 森岡は2019年7月にアンデルレヒトから完全移籍でシャルルロワに加入。今シーズンは4シーズン目を迎えている。 これまで公式戦通算115試合に出場し16ゴール28アシストを記録。2021-22シーズンはジュピラー・プロ・リーグで30試合に出場し4ゴール10アシストを記録。今シーズンも開幕戦のオイペン戦で1アシストを記録していた。 チームの主軸として新シーズンもスタートした森岡だが、トルコのトラブゾンスポルが獲得に興味を持っているようだ。 トラブゾンスポルは、2021-22シーズンのスュペル・リグの王者。今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフから参戦し、ヨーロッパの舞台で戦うことが確定している。 その中で、中盤を補強したいと考えており、その中で森岡に興味を持ったようだ。 森岡とシャルルロワの契約は残り2年となっている状況。市場価値は200万ユーロ(約2億7000万円)と見られており、150万ユーロ(約2億円1000万円)でアンデルレヒトから獲得したシャルルロワとしては利益が出る状況だ。 ただ、チームとしては攻撃の核を失うこととなり、非常に大きな痛手に。一方で、森岡としてはステップアップになる可能性が高く、移籍を決断する可能性もあるようだ。 2022.08.03 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルやローマでプレーしたジェルビーニョがギリシャに挑戦、アリスと2年契約

ギリシャのアリス・サロニカは16日、トラブゾンスポルのコートジボワール代表FWジェルビーニョ(35)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年夏までの2年契約となる。背番号は「27」となる。 ジェルビーニョはベルギーのベベレンでキャリアをスタート。その後、ル・マン、リーグと渡り歩き、2011年7月にアーセナルへ完全移籍。2013年8月にローマへと完全移籍する。 2016年1月には中国スーパーリーグの河北華夏へと1800万ユーロ(約25億1500万円)で完全移籍。しかし、中国では輝けずに2018年7月にパルマへと移籍。2021年7月からトラブゾンスポルでプレーしていた。 セリエAでは159試合40ゴール26アシスト、リーグ・アンで125試合に出場し36ゴール30アシスト、プレミアリーグで46試合で9ゴール8アシストを記録している。 2021-22シーズンはトラブゾンスポルで公式戦13試合の出場に終わり2ゴール1アシストだった。 2022.07.17 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

27歳のベルギー代表DFデナイヤー、新天地はトルコに? 数多のクラブが獲得を検討か

元リヨンのベルギー代表DFジェイソン・デナイヤー(27)に、トルコ行きの可能性が浮上しているようだ。 デナイヤーはマンチェスター・シティの下部組織で育ったセンターバック。シティのファーストチームには定着できず、2014-15シーズンからはセルティックやガラタサライなど、様々なクラブに貸し出され、2018年夏にリヨンへと完全移籍をしていた。 リヨンではこれまでDFラインの主力として活躍。しかし、2021-22シーズンは長期離脱を経験し、公式戦20試合の出場にとどまった。シーズン終了後には契約満了を迎え、現在は無所属となっている。 フランス『Foot Mercato』によると、現役のベルギー代表DFは各方面から高い人気がある模様。セビージャ、ビジャレアル、バレンシア、セルタなどスペイン勢からの関心がとりわけ高いが、かつてレンタルで在籍したガラタサライや、ベジクタシュ、トラブゾンスポルといったトルコの強豪クラブも獲得を検討しているようだ。 中でも獲得に熱心なのがトルコ王者トラブゾンスポルとみられ、新天地として名前が挙がるクラブの中では、セビージャと共に新シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を有するクラブの1つだ。 現時点でトラブゾンスポルがデナイヤー獲得に漕ぎ着けられるかどうかは不明瞭とのことだが、27歳と脂が乗った実力派センターバックをフリーで獲得できるチャンスとあって、各クラブが熱視線を送っているようだ。 2022.07.14 17:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly