バルセロナ、ケシエ加入を公式発表! 4年契約&5億ユーロの契約解除条項

2022.07.04 20:46 Mon
Getty Images
バルセロナは4日、ミランを退団したコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となり、契約解除金は5億ユーロ(約707億円)に設定されている。
PR
なお、6日にシウタ・エスポルティバのクラブオフィスで契約書へのサイン、その後にトレーニング場で新ユニフォームを着用してのお披露目、同施設のプレスルームで公式会見が行われる予定だ。
2017年夏にアタランタから加入したケシエは、最初の2年間をローンプレーヤーとして過ごすと、2019-20シーズンから完全移籍に移行。昨季も攻守両面のパワフルさをもって公式戦39試合に出場し、チームの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献した。

しかし、契約最終年となったミランからの延長オファーを固辞し、今年初旬の段階でバルセロナ行きを決断。その後はメディカルチェックまで完了させ、クラブがラ・リーガのサラリーキャップの問題をクリアするのを待っていた。

PR
関連ニュース

バルセロナのキミッヒ獲得の動きが暗礁に…金銭面で折り合いつかず個人間交渉ストップ

バイエルンのドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ(29)はバルセロナからのオファーを受け入れられなかったようだ。スペイン『スポルト』が報じた。 かねてから一流の守備的MFの必要性に迫られているバルセロナ。一時続投が決まったチャビ・エルナンデス監督やスポーツ・ディレクター(SD)のデコ氏は、キミッヒやレアル・ソシエダのスペイン代表MFマルティン・スビメンディ(25)らの獲得を望んでいると報じられていた。 結局ジョアン・ラポルタ会長はチャビ監督との決別を選んだが、新指揮官就任が確実視されているのはハンジ・フリック氏。キミッヒとはバイエルンやドイツ代表で共闘済みと、より深い関係を築いている。 チャビ監督の解任に動く傍ら、バルセロナはキミッヒとの個人間交渉を進めていたというが、現在はこれがストップしているとのこと。金銭面で折り合いがつかず、バルセロナが提示したオファーをキミッヒ側が拒否したという。 現在キミッヒの総年収は約1950万ユーロ(約33億2000万円)とのことだが、財政難やサラリーキャップ制限に悩むバルセロナがこれに匹敵するオファーを出すのは困難。今夏の補強に向けては、今シーズンの収支をプラスで終え、「1対1ルール(選手売却の資金を100%投資できる状態)」に戻すことが最優先事項となっているが、このミッションもまだ達成できていない。 また、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(35)とは、来シーズンから年俸が3000万ユーロ(約51億1000万円)近くに上昇する契約を交わしている模様。チームの年俸バランスの維持に努める必要があり、これもキミッヒに満足なオファーを提示できない理由の1つとなっている。 2024.05.27 18:46 Mon

「矛盾した気持ち…」続投望むも解任されたチャビ監督、ラストマッチ終え後任監督へ一言「経済状況は不利。簡単な仕事ではない」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、ラストマッチを終えて心境を語った。スペイン『アス』が伝えた。 26日、ラ・リーガ最終節が開催され、バルセロナはアウェイでセビージャと対戦した。 2位が確定しているバルセロナ。チャビ監督にとっては、これがバルセロナでの最後の試合となる中、ロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制。しかし、すぐに追いつかれてしまう。 それでも59分にフェルミン・ロペスがゴール。そのまま逃げ切り、1-2で勝利。チャビ監督のラストマッチを勝利で飾ることとなった。 自らの電撃退任発言、一転しての続投決定、そして電撃的に解任と自身の去就が目まぐるしく変わったチャビ監督。最終節を終え、「解放されたか?」という質問には「続けたかった」と回答。それでも決断を受け入れるとした。 「解放されたか?いいや。我々は続けたかった。これはまだ終わっていないと思っていた。結果は良かったと思っているし、矛盾した気持ちだ」 「我々は正しい道を進んでいたと思うが、サッカーにはこうしたことがある。リーダーたちは決断を下すために存在し、彼らはそれを我々に伝えてくれた」 「非常に不利な状況の中で、我々は2つのタイトルを獲得した。いうまでもなく、私はバルサの幸運を祈っている」 「選手たちの反応は鳥肌ものだった。私のしたこと全てが物事を引き起こした」 「私をターゲットにし、落ち着いて冷静にすることができなかった。だから、1カ月前に安定を求めた。我々は働きたかったが、受け入れるしかない」 2021年11月にバルセロナの監督に就任したチャビ監督。ロナルド・クーマン監督(現オランダ代表監督)の後任としてシーズン途中で引き継ぎ、9位と低迷していたクラブを2位に引き上げることに成功。2022-23シーズンはラ・リーガとスーペル・コパを制した。 「我々が置かれた逆境の中で、仕事の内容は価値を認められない。9位で到着し、2位でフィニッシュした。昨シーズンは2つのタイトルを獲得した。今年は重要な4つの試合で敗れた。悲しいが、これが私の仕事だ」 結果を残していながらも、最終的には解任されたチャビ監督。自身の発言が不信感を生んだ結末だが、後任監督へのアドバイスを聞かれ、改めてクラブが置かれている財政的な苦境について語った。 「私はすでに言ったはずだ。彼らが困難な状況にあること、そして経済状況が不利であることを伝えて欲しい。新任者は、簡単な仕事にはならない」 2024.05.27 09:55 Mon

バルセロナがチャビ監督のラストマッチを勝利で飾り、4連勝でシーズンを締めくくる!【ラ・リーガ】

バルセロナは26日、ラ・リーガ最終節でセビージャとアウェイで対戦し2-1で勝利した。 一時は来季続投が発表されていたチャビ監督の退任を24日に発表した2位バルセロナは、前節のラージョ・バジェカーノ戦からスタメンを2人変更。ハフィーニャとセルジ・ロベルトに代えてペドリとクリステンセンをスタメンで起用した。 今季限りでのキケ・フローレス監督の退任を発表している13位セビージャに対し、立ち上がりからバルセロナから攻勢に出ると15分に先制する。ボックス右から侵入したカンセロのクロスをゴール前に走り込んだレヴァンドフスキがジャンピングボレーでゴールに叩き込んだ。 幸先良く先制したバルセロナだったが、その後はセビージャの反撃に遭うと徐々に劣勢へ。すると31分、ドリブルでゴール前まで切り込んだスマレのスルーパスに反応したエン=ネシリがゴールエリア左まで侵入すると、そのままシュートを流し込まれた。 追いつかれたバルセロナは35分、ボックス左横まで切り込んだフェルミン・ロペスのクロスをファーサイドのレヴァンドフスキが頭で折り返すと、ゴール前のペドリに決定機が訪れたが、ヘディングシュートはGKニーランのファインセーブに阻止。 さらに37分には、ボックス中央でフェルミン・ロペスの落としに反応したペドリがシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 立て続けのチャンスを逃したバルセロナは前半終了間際にピンチ。45分、セビージャに細かなパスワークで右サイドの突破を許すと、アグメのクロスをルケバキオがヘディングシュート。しかし、これは左ポストを直撃し、前半は1-1で終了した。 互いに選手を一人ずつ入れ替えて迎えた後半、先にスコアを動かしたのはバルセロナ。59分、ギュンドアンのパスを敵陣左サイドで受けたフェルミン・ロペスがボックス左手前まで切り込み右足一閃。狙いすました鋭いシュートはゴール左隅に突き刺さった。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すなか、バルセロナは72分にピンチ。セルヒオ・ラモスのロングフィードでDFの裏を狙ったマリアーノ・ディアスがDFクバルシの中途半端なクリアをボックス内で拾いシュートを放ったが、これはGKテア・シュテーゲンがセーブした。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。チャビ監督のラストマッチを勝利で飾ったバルセロナは4連勝で今シーズンを締めくくった。 2024.05.27 06:15 Mon

ボンマティ&プテジャスのバロンドールコンビがゴール、圧巻のバルセロナが女子CL3連覇達成! シーズン4冠と圧倒的な強さを見せる【UWCL】

25日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の決勝が行われ、バルセロナがリヨンを2-0で下し見事に3連覇を達成。今シーズンは4冠となった。 サン・マメスで行われた試合。3連覇が懸かるバルセロナは、最多8度の優勝を誇るリヨンと対戦した。 ハイレベルな戦いとなった試合はこう着状態のままゴールレスで展開。立ち上がりからバルセロナが積極的にゴールに迫っていくが、なかなかゴールが生まれず、リヨンがなんとか凌ぐ展開となる。 後半に入ってもなかなかゴールが生まれなかったが、リヨンが徐々にペースを取り戻すことに。セットプレー含めてバルセロナゴールに迫るが先にスコアを打とかしたのはバルセロナだった。 63分、マリオナ・カルデンテイのパスを受けたアイタナ・ボンマティがボックス内左を仕掛けると、角度のないところからニアにシュート。相手DFにディフレクトしたボールがGKの上を抜き、バルセロナが先制する。 先制したバルセロナはカウンターで追加点を目指すことに。それでもリヨンは体を張った守備を見せて追加点を許さない。 1点をリードしていたバルセロナは後半アディショナルタイム2分にアレクシア・プテジャスを投入。するとアディショナルタイム5分、ボックス内左からのクラウディア・ピナの折り返しを、プテジャスがダイレクトで蹴り込み試合を決め切った。 役者が揃ったバルセロナが2-0でリヨンを下して3連覇を達成。今シーズンはリーガF、コパ・デ・ラ・レイナ、スーペル・コパと共に4つのタイトルを手にして終了した。 <span class="paragraph-title">【動画】現代の最強チーム! バルサが最多優勝リヨンを下し、女子CL3連覇達成</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ERRbovFJNA4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.26 15:15 Sun

「感情的にはジェットコースター」二転三転で結局解任のチャビ監督、韓国代表も断りバルサへの忠誠誓う「戻るためにドアを閉めることはない」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、ラストゲームを前に記者会見で思いを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日、バルセロナはラ・リーガ最終節でアウェイでセビージャと対戦する。 すでに2位が確定しているバルセロナだが、チーム内でゴタゴタが。一度電撃的に退任を発表していたチャビ監督は、ジョアン・ラポルタ会長らの説得受けて来季も続投することが決まっていたが、自身の発言が不信感を生み出し、電撃的に解任となった。 結局、1月の自身の発言通り、クラブを去ることとなったチャビ監督。最終節に向けた記者会見で、監督としての期間を振り返り、ラストマッチに言及した。 「困難な日々だったが、私は誇りを持っているし、満足している。我々は良い仕事をしてきたからだ。全てを出し切った。最高の形で終わりたく、バルサの監督としての最後の試合を楽しみたいと強く思っている」 「振り返ってみれば、この経験は素晴らしものであり、非常に大きな学びがあった。私はこの機会(ファーストチームの監督)を与えてくれたクラブに感謝している」 クラブへの感謝を語ったチャビ監督。ラポルタ会長から、解任を伝えられた時のことも振り返った。 「会長が私に理由を教えてくれた。そして私は受け入れた」 「私はコンセンサスを持っており、クラブの一員でもある。バルサが必要だということにいつでも対応する」 「これからは1人のファンになり、家族と共にモンジュイックとスポティファイ・カンプ・ノウを訪れるよ。いつでもバルサにとっての最善を祈っている」 クラブが臨むことは受け入れると忠誠を誓ったチャビ監督。酷い扱いを受けているという見方もされる中、再びクラブに戻る可能性を否定しなかった。 「感情的にはジェットコースターのようなものを経験しているにも関わらず、私はバルサにいること、そしてバルサのために働くことが好きだ」 「もし、彼らが私に求めてくるのであれば、私は戻るためにドアを閉めることはない。なぜなら、ここは私の人生のクラブだからだ」 1月の退任発言後はユルゲン・クリンスマン監督を解任した韓国代表からのオファーがあったことも明かしたチャビ監督。断りを入れていたことを明かしたが、バルセロナを去り、この先の監督キャリアがどうなるのか注目を集める。 2024.05.26 09:15 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly