「試合中に日本語の指示が」アメリカでプレーする永里優季が川澄奈穂美&横山久美との日本人対決で驚き「新鮮だった」

2022.07.04 19:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)でプレーする日本人選手たちが激突した。

3日、元なでしこジャパンのMF川澄奈穂美とFW横山久美が所属するNJ/NYゴッサムFCとFW永里優季が所属するシカゴ・レッドスターズと対戦。アウェイのシカゴ・レッドスターズが0-3と完勝を収めた。

日本人選手3人も先発出場した試合を終え、永里はインスタグラムを更新。「相変わらずキックの精度高すぎ 試合後の喋りの精度も高すぎ」と川澄との2ショットを添えた。

さらに、「あれ?横山は?」ととぼけた永里だったが、2ショットに写り込もうとする横山の姿もあり、仲の良さをうかがわせた。

永里は「試合中に日本語の指示が相手チームから聞こえてきたのは新鮮だった」と日本人対決を回顧。「次はシカゴで」とホームでのリターンマッチに意気込んでいる。



1 2

関連ニュース
thumb

杉田妃和が後半ATに決勝点をアシスト!! ポートランドは逆転勝ちで首位堅持

ポートランド・ソーンスFCに所属するなでしこジャパンの杉田妃和がチームの攻撃をけん引している。 現地時間10日に行われたアメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)で、ポートランドはワシントン・スピリットとのアウェイ戦に臨んだ。杉田はフル出場を果たし、アディショナルタイムにアシストを記録している。 ポートランドはゴールレスで迎えた76分にオウンゴールで先制を許したが、2日にブリティッシュ・コロンビア勲章授与が決まったばかりのカナダ代表FWクリスティン・シンクレアのゴールで8分後に試合を振り出しに戻す。 さらに8分というアディショナルタイムの目安が示された追加タイム2分、自陣でボールをキープしたアウェイチームは、右サイドの中盤タッチライン際へ開いていた杉田へとパス。 半身で受けた杉田は即座に前を向き、ダイアゴナルに裏へ抜ける味方へと逆足でスルーパスを送ると、右のハイサイドを取った途中出場のFWモーガン・ウィーバーがまたぎを入れてからワンタッチでDF2枚の間を割ってボックス内へとカットインし、左足でのコントロールショットを左隅へと流し込んだ。 これが決勝点となったポートランドは無敗記録を「11」に伸ばし、首位をキープしている。 NWSLによる公式スタッツによれば、杉田はこの日チーム最多となる4本のキーパスを記録。7月はアメリカ『Just Women's Sports』だけでなく、NWSL公式の月間ベストイレブンにも選出される活躍を見せていたが、8月に入っても好調を維持している。 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATの逆転弾をアシストした杉田のスルーパス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">IN EXTRA TIME, FOR THE LEAD, MORGAN WEAVER!<br>This <a href="https://twitter.com/hashtag/WASvPOR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WASvPOR</a> game is not over, yet!<a href="https://twitter.com/ThornsFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@ThornsFC</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/BAONPDX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BAONPDX</a> <a href="https://t.co/6KMBiylBYj">pic.twitter.com/6KMBiylBYj</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1557552967926001666?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.11 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

永里優季と川澄奈穂美が再戦!試合後にはツーショット披露「サッカー本当に好きな人」

シカゴ・レッドスターズのFW永里優季がNJ/NYゴッサムFCのMF川澄奈穂美と再戦した。 現地時間7日に行われたアメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)では、シカゴ・レッドスターズがNJ/NYゴッサムとホームで対戦。2-0でシカゴ・レッドスターズが勝利を収めた。永里はフル出場、川澄は67分から途中出場を果たしている。 長きにわたってなでしこジャパンで切磋琢磨した2人は試合後に記念撮影。9日に永里がピッチ上での2ショットを公開している。 「サッカー本当に好きな人。しぶとくサッカーし続ける人。コメンテーターナホミ。どこまでもこよなくサッカーな人。今シーズンはこれにて見納め。肉しか勝たん!ご馳走様でした」 7月3日の対戦時にも2ショットを披露した2人。なお、この日はメンバー外だったゴッサムFCの横山久美は「僕も会いたかったよ〜stay home」とリプライを寄せている。 10日現在、シカゴ・レッドスターズは12位中3位、ゴッサムFCは11位に位置。両者は2回戦総当たりのレギュラーシーズンでの対戦はすでに終えたが、上位6位以内に入ればプレーオフでの再々戦の可能性も残されており、日本人選手の活躍にも期待が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】アメリカで再戦、永里×川澄のツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">YuKi Nagasato(@yuki_nagasato)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこ永里優季と杉田妃和、メディアのNWSL7月度月間ベストイレブンに選出

『Just Women's Sports』はナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)の7月の月間ベストイレブンに、なでしこジャパンでも活躍するポートランド・ソーンスFCのMF杉田妃和と、シカゴ・レッドスターズのFW永里優季を選出した。 同メディアは7月のベストイレブン選出にあたり、「今月は国際大会のために多くの選手が不在であったが、別の選手が輝く機会を与えられた」と、ニューカマーの台頭を喜ばしく伝えている。 7月中には、北中米でオーストラリア&ニュージーランドワールドカップ(W杯)の予選を兼ねたCONCACAF女子チャンピオンシップが、南米でコパ・アメリカ女子がそれぞれ開催されており、各チームともに各国代表選手が不在だったという背景がある。 とはいえ、杉田や永里はこれまでもレギュラー格として活躍しており、トップトップの選手が不在の中でも主軸としてチームをけん引し、結果も残したと言えるだろう。 なお、『Just Women's Sports』による、2人への総評は以下の通りだ。 ◆永里優季 「7月は印象的なスキルと多彩さを発揮し、中盤と前線を含めて347分間プレー。多くの惜しいシュートを放ち、3-0で完封勝ちした7月2日のNJ/NYゴッサムFC戦ではヘディングでアシストも記録した」 ◆杉田妃和 「7月はフルタイム出場を果たし、今季の4点中2点を決めた。その中には2-1で勝利したレーシング・ルイビルFC戦のものも含まれている。パス成功率は80.3%。7人を代表招集で欠く中、ソーンズの無敗を「9」に伸ばすのを助けた」 <span class="paragraph-title">【動画】永里優季のヘディングアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/stevens_ella?ref_src=twsrc%5Etfw">@stevens_ella</a> makes it three <a href="https://twitter.com/hashtag/MKOT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MKOT</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/AllTheAction?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllTheAction</a> <a href="https://t.co/0A20pKEx08">pic.twitter.com/0A20pKEx08</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1543396941152886785?ref_src=twsrc%5Etfw">July 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】中盤ではたきフィニッシュまで至った杉田妃和のプレー</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> HinaHive where you at? <a href="https://t.co/ypKTFT8yhU">pic.twitter.com/ypKTFT8yhU</a></p>&mdash; Portland Thorns FC (@ThornsFC) <a href="https://twitter.com/ThornsFC/status/1553195533262397440?ref_src=twsrc%5Etfw">July 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】米メディアが選んだNWSL7月度ベストイレブン</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The end of July means it’s time for our monthly <a href="https://twitter.com/NWSL?ref_src=twsrc%5Etfw">@NWSL</a> Best XI. This month&#39;s international competitions gave other players opportunity to shine. <a href="https://t.co/aynh1FXBUl">pic.twitter.com/aynh1FXBUl</a></p>&mdash; Just Women’s Sports (@justwsports) <a href="https://twitter.com/justwsports/status/1554572752123838467?ref_src=twsrc%5Etfw">August 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.03 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこ海外勢奮闘!杉田妃和が決勝点となるリーグ戦4点目をマーク

ポートランド・ソーンスFCに所属するなでしこジャパンのMF杉田妃和の左足がチームを勝利に導いた。 現地時間29日に行われたナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)、ポートランドはアウェイでレーシング・ルイビルFCと対戦した。 7分にアメリカ代表FWソフィア・スミスのソロゴールで先制したものの、29分にはジェフユナイテッド市原・千葉レディースでもプレーしたMFアレックス・チディアックに見事なライン際でのドリブルから同点弾を許してしまう。 後半の立ち上がりは守勢の時間もありながら同点で迎えた74分、均衡破ったのはなでしこのレフティーだった。 敵陣までボールを運んだ杉田は中央のコスタリカ代表FWラケル・ロドリゲスに預けて自らはさらに前線へ。ポートランドは右への大きな展開から横パスをつないで再び中央を使うと、ボックス手前からラケル・ロドリゲスが左足のミドルシュート。これはGKにはじかれるも、こぼれ球を狙って誰よりも早く動きだしていた杉田が左足で流し込んだ。 ポートランドの公式SNSも「HinaHiveはどこにいる?」と紹介。中盤からゴール前まで顔を出した神出鬼没ぶりを、献身的なミツバチに例えたか、あるいは巣(ポジション)はどこかと感嘆したか。 終盤には一対一のピンチを迎えたポートランドだが、GKベラ・ビクスビーのファインセーブによってリードを死守。杉田のゴールが決勝点となり、9試合無敗で暫定ながらも首位に立っている。 <span class="paragraph-title">【動画】杉田妃和がゴールへの嗅覚を発揮し決勝点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> HinaHive where you at? <a href="https://t.co/ypKTFT8yhU">pic.twitter.com/ypKTFT8yhU</a></p>&mdash; Portland Thorns FC (@ThornsFC) <a href="https://twitter.com/ThornsFC/status/1553195533262397440?ref_src=twsrc%5Etfw">July 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】杉田のゴールを別角度から</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The lead is restored by <a href="https://twitter.com/hina_0_8_2?ref_src=twsrc%5Etfw">@hina_0_8_2</a>! <a href="https://twitter.com/ThornsFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@ThornsFC</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/BAONPDX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BAONPDX</a> <a href="https://t.co/yvstTi1vfB">pic.twitter.com/yvstTi1vfB</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1553197824602284033?ref_src=twsrc%5Etfw">July 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.30 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこMF長野風花が大坂なおみ共同オーナーのノースカロライナ・カレッジへ完全移籍「自分らしく挑戦し続け、必ず成長した姿を」

マイナビ仙台レディースは12日、なでしこジャパンMF長野風花(23)がアメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のノースカロライナ・カレッジへ完全移籍することを発表した。 ノースカロライナ・カレッジも同日に加入を発表。契約期間は2022年末までで、1年間の延長オプションが付随する。 長野は現:三菱重工浦和レッズレディースの育成組織出身で2014年には15歳でトップチームに登録。2018年には韓国の仁川現代製鉄レッドエンジェルズへ加入した。 翌年は日本へ戻り、ちふれASエルフェン埼玉でプレー。2021年からはマイナビ仙台レディースへ籍を移し、中盤の絶対的な存在として昨季のWEリーグでチーム唯一の全20試合フル出場を果たした。 世代別の代表ではコスタリカで行われた2014年のU-17女子ワールドカップ(W杯)に飛び級招集。高倉麻子監督に率いられて優勝を経験し、2年後のヨルダン大会では準優勝ながらも、大会MVPに輝いている。 なでしこジャパンには2018年に初招集を受け、池田太監督のもとでは今年6月の欧州遠征で10番を背負って躍動。代表キャップは10試合0得点という記録を残している。 ノースカロライナ・カレッジでは過去に川村優理(アルビレックス新潟レディース)が所属。現在はプロテニス選手の大坂なおみが共同オーナーを務めている。 長野は両クラブを通じて次のようなコメントを発信している。 ◆マイナビ仙台レディース 「このたび、North Carolina Courageへの移籍を決断しました」 「1年半という短い期間でしたが、このクラブの一員として、大好きな仙台の街でプレーできたことに、本当に感謝しています。また、ホームのユアスタで、サポーターのみなさんと喜び合えたことも、ずっと忘れません。マイナビ仙台で得た経験や出会いを今後も大切にし、アメリカでも自分らしく挑戦し続けます。そして、必ず成長した姿をお見せできるようにがんばります。1年半、本当にありがとうございました」 ◆ノースカロライナ・カレッジ 「North Carolina Courageの一員となれたことを光栄に思い、感謝しています。この素晴らしい機会を最大限に生かし、チームに貢献ことを楽しみにしています」 2022.07.13 13:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly