ロマニョーリがフルアムからのオファーを保留、本人の希望はあくまでラツィオ行きか

2022.07.04 11:52 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムからオファーを受ける元イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)だが、本人の希望はあくまでラツィオ加入のようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

6月に7年間在籍したミランを退団し、現在はフリーとなっているロマニョーリ。ミランでは公式戦247試合に出場してキャプテンも務めるなど経験豊富なセンターバックに対しては、守備陣刷新を目論むラツィオが獲得に関心を示しており、ロマニョーリもまた子供時代からのファンを公言してきたクラブへの加入に前向きな姿勢を示していた。

しかし、ラツィオ側が提示した年俸280万ユーロ(約3億9400万円)の条件にロマニョーリ側は納得せず、交渉は頓挫。その様子を見て、今季プレミアリーグ昇格を決めたフルアムがより好条件となる年俸400万ユーロ(約5億6400万円)の4年契約を提示した。

ロマニョーリはラツィオに対して年俸330万ユーロ(約4億6000万円)を求めていたことから、フルアムのオファーは金額的に十分なものとなっているが、移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると選手は決断を保留としているようだ。

ロマニョーリの第1希望はあくまでラツィオ行きであり、クラブから条件を改善したオファーが届くのを待っているという。

ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督はロマニョーリ獲得を強く望んでおり、クラブは最終的に加入が実現することを確信しているようだが、果たして。

関連ニュース
thumb

スパーズがミリンコビッチ=サビッチ獲得を検討? ザニオーロ獲得資金を投下か

トッテナムがラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)の獲得に動き出したようだ。 今夏の移籍市場で積極補強を見せるトッテナムだが、市場閉幕までに手薄なセンターバックと中盤の補強を目指している。 とりわけ、中盤はMFジオバニ・ロ・チェルソに続き、MFタンギ・エンドンベレのナポリ行きが迫り、構想外のMFハリー・ウィンクスの退団を含め、他のポジションに比べて手薄なポジションだ。 そういった中、イタリア『カルチョ・メルカート』によると、アントニオ・コンテ監督とリクルート部門を取り仕切るファビオ・パラティチ氏は、セリエAで仕事をしていたときから、その才能を高く評価してきたミリンコビッチ=サビッチの獲得に興味を示しているという。 クラブはローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ獲得に向けて準備していた資金を利用し、4500万ユーロ+ボーナスを含めた総額6000万ユーロ(約81億3000万円)程度のオファーを掲示することを検討しているようだ。 2015年8月にヘンクからラツィオへ移籍した27歳MFは、これまで公式戦295試合で58ゴール52アシストを記録。移籍市場が開くたびにビッグクラブの関心を集めてきたが、クラブの強気な値段設定もあってここまで移籍は実現せず。 今夏もアーセナルやチェルシー、ユベントスといったクラブからの関心が伝えられるが、具体的な動きには発展していない。 ただ、クラブとの現行契約は2024年までとなっており、ステップアップを考慮する場合、今夏あるいは来夏のタイミングでの移籍が見込まれるところだ。 セントラルMFを主戦場に攻撃的MFや2シャドーの一角でもプレー可能な191cmのMFは、コンテ監督のスタイルにフィットする可能性が高く、MFロドリゴ・ベンタンクール、MFピエール=エミール・ホイビュア、MFイヴ・ビスマ、MFオリヴァー・スキップに続き、スパーズの中盤に加わった場合は、リーグ屈指の中盤となるはずだ。 2022.08.16 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミズノユニ初陣のラツィオ、新守護神が6分でレッド…セリエAデビューでは2番目に速い退場劇

ラツィオのポルトガル人GKルイス・マクシミアーノがイタリアの地でいきなりのレッドカード提示を受けた。 今夏グラナダから5年契約の完全移籍で加入したマクシミアーノは、14日に行われたホームでの開幕節ボローニャ戦で早速セリエAデビューを果たした。 立ち上がりにはFWマルコ・アルナウトビッチへのスルーパスをケアしようと、果敢な飛び出しからキャッチ。だが、VARによるチェックの結果、手を使った位置がボックス外であったことが確認され、マクシミアーノは一発退場となった。 イタリア『スカイ・スポーツ』によれば、セリエAにおけるデビューからの最速退場記録は、2017-18シーズンでサッスオーロのフランチェスコ・カッサータ(現:ジェノア)が記録した158秒とのこと。マクシミアーノの記録はこれに次ぐ2番目の速さだと伝えている。 今シーズンはユニフォームサプライヤーに日本のスポーツメーカー「ミズノ」を迎えたラツィオ。早々に数的不利を被ったうえに先制を許すも、ボローニャも前半終了間際に退場者を出したことで互いに10人となり、後半に2点を奪っての逆転勝ちで開幕戦勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】ラツィオ新守護神がペナ外ハンド…デビューから6分で退場に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="X63f6cMEAQs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

早々に10人となったラツィオ、逆境跳ね除けボローニャに逆転勝利《セリエA》

ラツィオは14日、セリエA開幕節でボローニャをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 昨季セリエA5位でサッリ体制2季目のラツィオは、新戦力でラツィアーレを公言していたロマニョーリが先発となった。 昨季13位のボローニャに対し、アグレッシブな入りを見せたラツィオだったが、開始4分に退場者を出してしまう。 GKマクシミアーノが飛び出して手を使ったプレーがわずかにボックスの外だったとしてVARの末に一発退場判定となった。 水を差される立ち上がりとなった中、GKプロベデルを投入したラツィオが引き続き攻勢をかけると、インモービレやロマニョーリがゴールに迫っていく。 しかし35分、ザッカーニが自陣ボックス内でサンソーネをボールごと蹴ってしまいPKを献上する。 これをアルナウトビッチに決められてさらに苦しくなったラツィオだったが、追加タイム4分にボローニャにも退場者。ラッツァーリがドリブルを仕掛けたところでスマオロに倒され、スマオロに2枚目のイエローカードが提示された。 10人同士の戦いとなった中、迎えた後半、ラツィオが前がかる展開で推移すると、68分に追いつく。ボックス右で仕掛けたラッツァーリが鋭いクロスを入れると、相手のオウンゴールを誘った。 そして79分、押せ押せのラツィオが逆転する。ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスに抜け出したインモービレがシュートを決めきった。 これが決勝点となってラツィオが勝利。早々に10人となる苦しい展開だったが、白星スタートとした。 2022.08.15 03:50 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。 2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。 先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。 また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。 一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。 2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオMFエスカランテ、昇格組クレモネーゼにレンタル

ラツィオは9日、アルゼンチン人MFゴンサロ・エスカランテ(29)がクレモネーゼに1年間のレンタルで移籍することを発表した。 エイバルで活躍したセントラルMFのエスカランテは、2020年1月にラツィオに加入。シモーネ・インザーギ監督体制下では準主力としてプレーしていたものの、昨季はマウリツィオ・サッリ監督の構想外となりセリエA1試合の出場にとどまっていた。 そして1月にアラベスへレンタル移籍。そのアラベスでは慣れ親しんだラ・リーガで17試合に出場して5ゴールを挙げる活躍を見せていた。 クレモネーゼは新シーズン、26季ぶりにセリエAを戦う。 2022.08.10 07:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly