エバートン退団のFWトスンが古巣ベシクタシュに4年半ぶりの復帰

2022.07.03 12:07 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベシクタシュは2日、エバートンを退団したトルコ代表FWジェンク・トスン(31)の加入を発表した。契約は2023年6月30日までとなるが、1年の延長オプションが付随している。

2018年1月に加入したエバートンでは、公式戦61試合11ゴール6アシストの数字に留まったトスン。今夏にクラブとの契約が終了した中、新天地は母国屈指の名門である古巣のベシクタシュとなった。

トルコ代表として45試合18ゴールを誇るトスンは、 フランクフルトでプロキャリアをスタートさせると、ガズィアンテプスポルを経て、2014年からベシクタシュでプレー。同クラブでは公式戦通算142試合64ゴールをマークしていた。


関連ニュース
thumb

トリノがトルコの逸材MFイルカンを獲得!

トリノは10日、ベシクタシュからU-21トルコ代表MFエミルハン・イルカン(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間に関する詳細は明かされていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、2026年6月30日までの4年契約を締結したという。移籍金は450万ユーロ(約6億2000万円)程度になる模様だ。 ベシクタシュの下部組織出身のイルカンは、175cmのボールスキル、パスセンスに長けたセントラルMF。国内屈指の育成組織、トルコの世代別代表で研鑽を積んだ逸材は、今年1月に行われたトルコ・スーパーカップのアンタルヤスポル戦でトップチームデビュー。その後、昨シーズン後半のスュペル・リグでは11試合に出場し、1ゴールの数字を残した。 フィジカル面には大きな伸びしろを残すものの、セントラルMFを主戦場にトップ下やアンカー、左右のウイングでもプレー可能なユーティリティー性。テクニックと駆け引きの巧みさを生かしたドリブルでの局面打開、創造性に溢れたラストパスで決定的な場面を作り出せる、その攻撃センスは国内で高い評価を集めている。 <span class="paragraph-title">【画像】トルコの新星がトロの一員に</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> | UFFICIALE<br><br>İlkhan al Toro<br><br> <a href="https://t.co/aT7IhVgp2f">https://t.co/aT7IhVgp2f</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SFT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SFT</a> <a href="https://t.co/6gbbDGGMi4">pic.twitter.com/6gbbDGGMi4</a></p>&mdash; Torino Football Club (@TorinoFC_1906) <a href="https://twitter.com/TorinoFC_1906/status/1557271210693726208?ref_src=twsrc%5Etfw">August 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.08.10 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハムDFマスアク、ベシクタシュへ買取OP付きレンタル

ウェストハムは2日、コンゴ民主共和国代表DFアルチュール・マズアク(28)がベシクタシュへ買い取りオプション付きのレンタルで移籍することを発表した。 2016年夏にオリンピアコスからウェストハムに加入した左サイドバックのマスアクは、ウェストハムで公式戦128試合に出場。しかし、年々出場機会を減らし、昨季はプレミアリーグ13試合、ヨーロッパリーグ4試合、FAカップ1試合、EFLカップ3試合の出場にとどまっていた。 2022.08.03 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表DFヴィダがアテネに! ベシクタシュから完全移籍

ギリシャのAEKアテネは31日、ベシクタシュのクロアチア代表DFドマゴイ・ヴィダ(33)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2024年夏までの2年間となる。 母国のオシエクでキャリアをスタートさせたヴィダは、レバークーゼン、ディナモ・ザグレブ、ディナモ・キーウでプレー。2018年1月にベシクタシュへと加入した。 ベシクタシュでは、公式戦163試合に出場し16ゴール1アシストを記録。センターバックのみならず、サイドバックやボランチでもプレーが可能な守備のユーティリティプレーヤーだ。 クロアチア代表としても98試合に出場し4ゴールを記録。2018年のロシア・ワールドカップでは準優勝に貢献していた。 2022.07.31 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

27歳のベルギー代表DFデナイヤー、新天地はトルコに? 数多のクラブが獲得を検討か

元リヨンのベルギー代表DFジェイソン・デナイヤー(27)に、トルコ行きの可能性が浮上しているようだ。 デナイヤーはマンチェスター・シティの下部組織で育ったセンターバック。シティのファーストチームには定着できず、2014-15シーズンからはセルティックやガラタサライなど、様々なクラブに貸し出され、2018年夏にリヨンへと完全移籍をしていた。 リヨンではこれまでDFラインの主力として活躍。しかし、2021-22シーズンは長期離脱を経験し、公式戦20試合の出場にとどまった。シーズン終了後には契約満了を迎え、現在は無所属となっている。 フランス『Foot Mercato』によると、現役のベルギー代表DFは各方面から高い人気がある模様。セビージャ、ビジャレアル、バレンシア、セルタなどスペイン勢からの関心がとりわけ高いが、かつてレンタルで在籍したガラタサライや、ベジクタシュ、トラブゾンスポルといったトルコの強豪クラブも獲得を検討しているようだ。 中でも獲得に熱心なのがトルコ王者トラブゾンスポルとみられ、新天地として名前が挙がるクラブの中では、セビージャと共に新シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を有するクラブの1つだ。 現時点でトラブゾンスポルがデナイヤー獲得に漕ぎ着けられるかどうかは不明瞭とのことだが、27歳と脂が乗った実力派センターバックをフリーで獲得できるチャンスとあって、各クラブが熱視線を送っているようだ。 2022.07.14 17:12 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサで戦力外のピャニッチに古巣リヨンからオファー…ラカゼット&トリソに続くか

バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(32)にリヨン復帰の可能性が浮上している。 2020年夏にユベントスからバルセロナ入りしたが、本領を発揮といかず、不遇のときを過ごすピャニッチ。昨夏からベシクタシュにローン移籍したが、契約に付帯した買取オプションを行使されるに至らず、ひとまずのバルセロナ復帰が決まった。 バルセロナとまだ2024年まで契約が残るものの、構想外で変わらず、今夏も移籍が有力視。そうしたなか、マルセイユのほかにも、ローマ時代に師事したルディ・ガルシア監督のアル・ナスルが移籍先に浮上している。 しかしながら、ピャニッチが2008年夏から2011年夏までを過ごしたリヨンもバルセロナの内情に精通するスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏いわく、復帰のオファーを出しているという。 リヨンは今夏、FWアレクサンドル・ラカゼット、MFコランタン・トリソといったかつての主力を続々と連れ戻し。ピャニッチもその流れに乗り、かつて公式戦120試合でプレーした古巣に戻るのだろうか。 2022.07.06 18:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly