鹿児島、いわき、松本の上位3チームが揃って勝利、富山は連勝が6でストップ【明治安田J3第15節】

2022.07.02 21:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第15節の7試合が2日に各地で行われた。

首位の鹿児島ユナイテッドFCはアウェイで13位・ギラヴァンツ北九州との"バトルオブ九州"に臨んだ。前半終了間際に失点を喫してビハインドで迎えた76分、相手FKをしのいでカウンターへ転じると、右のポケット深くまで侵入した山本の折り返しを米澤が流し込んで同点に。

さらに4分後、左サイドの敵陣中央でFKを得ると、木村のキックに有田が今季7点目となるヘディングを沈めて逆転に成功。これが決勝点となり、2-1でダービーを制した鹿児島が首位をキープしている。

2位のいわきFCはJヴィレッジスタジアムで11位・テゲバジャーロ宮崎と対戦した。

ゴールレスで後半を迎えると、左サイドの崩しからハーフタイムに送り出された谷村海那がクロスに合わせて52分に均衡を破る。さらに7分後にはロングボールのこぼれ球勝負を制し、有馬幸太郎が追加点を奪取。2-0で3試合ぶりの白星を飾ったいわきが、鹿児島を勝ち点「1」差で追走している。

3位・松本山雅FCは八戸三社大祭山車ユニフォームを着用した16位・ヴァンラーレ八戸とのアウェイゲームに臨んだ。前半はボックス内でのチャンスを見いだせなかった松本だが、ゴールレスで迎えた73分に試合を動かす。セカンドボールを拾い続けて分厚い攻撃を仕掛けると、左サイドから佐藤が送ったクロスに榎本がヘディング。GKが弾いたボールを下川が押し込んだ。

下川の今季初ゴールが決勝点となり、松本が2連勝を達成。こちらも鹿児島と勝ち点「1」差の3位に付けている。

6月の4試合をすべて"ウノゼロ"で制し、4位まで浮上してきたカターレ富山は、9位・福島ユナイテッドFCの敵地へ乗り込んだ。19分に神山のゴールで先制するも、53分に橋本の得点で追い付かれてドロー決着。連勝は「6」でストップしている。

その他の結果は以下の通り。

◆第15節

▽7月2日(土)
アスルクラロ沼津 3-0 ガイナーレ鳥取
いわきFC 2-0 テゲバジャーロ宮崎
福島ユナイテッドFC 1-1 カターレ富山
藤枝MYFC 2-0 愛媛FC
SC相模原 1-2 AC長野パルセイロ
ギラヴァンツ北九州 1-2 鹿児島ユナイテッドFC
ヴァンラーレ八戸 0-1 松本山雅FC

▽7月3日(日)
カマタマーレ讃岐 vs Y.S.C.C.横浜
FC岐阜 vs FC今治

関連ニュース
thumb

松本、U-18から田中想来の昇格決定 「夢を与えられるように」

松本山雅FCは30日、U-18からFW田中想来(17)の2023シーズン昇格内定を発表した。 田中は長野県生まれで、U-15カテゴリーから松本に在籍。今年5月にトップチーム登録され、ここまで明治安田生命J3リーグ7試合に出場している。育った松本でのプロ入りを受け、クラブ公式サイトで喜びの思いとともに意気込みを語った。 「このたび、松本山雅FC U-18からトップチームに昇格することになりました、田中想来です。幼い頃からの夢であるプロサッカー選手のキャリアを、この松本山雅FCという素晴らしいクラブではじめられることをたいへん嬉しく思います。小学生の頃から山雅を見て育ち、中学生から山雅のユースアカデミーに入り、大歓声のアルウィンでプレーすることをずっと目標にしてきました」 「プロサッカー選手になれたのは、自分を全力でサポートしてくれた家族、友人、これまで指導していただいたコーチ・スタッフの皆様のおかげです。自分を支えてくださった全ての方へ感謝の気持ちを忘れず、今度は自分が、昔の自分のような子どもたちに夢を与えられるように、精一杯頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 2022.09.30 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

相模原が桐蔭横浜大学FW左部開斗の来季加入内定を発表「全身全霊をかけて」

SC相模原は29日、桐蔭横浜大学のFW左部開斗(さとりかいと/22)の来季加入内定を発表した。 東京都出身の左部は、流通経済大学付属柏高校から桐蔭横浜大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では12試合に出場し1得点1アシストを記録している。 左部はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンからSC相模原に加入することになりました、桐蔭横浜大学の左部開斗です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としての第一歩をこのSC相模原で踏み出せることを大変嬉しく思います」 「家族をはじめ、指導者の方々、これまで私を支えてくださったすべての皆様に心から感謝し、全身全霊をかけてSC相模原のJ2昇格のために全力で戦います!」 「そして、1人でも多くの方に心震わせる熱いプレーで勇気や感動を届けられる選手になれるように日々精進していきます。サガミスタの皆様応援よろしくお願い致します!」 <span class="paragraph-title">【写真】来季から相模原でプレーするFW左部開斗</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/7ZB0Ttbnfq">https://t.co/7ZB0Ttbnfq</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SC%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SC相模原</a> <a href="https://t.co/6eqIO7GMJP">pic.twitter.com/6eqIO7GMJP</a></p>&mdash; SC相模原 (@sc_sagamihara) <a href="https://twitter.com/sc_sagamihara/status/1575396481850576897?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.29 21:57 Thu
twitterfacebook
thumb

台風15号で断水や浸水被害の静岡市にJ3カターレ富山が水の支援! サポーターの有志も参加

カターレ富山は28日、台風15号の影響で断水が続いている静岡市清水区を中心とした被災者の方への水の支援を発表した。 24日に発生した台風15号の影響で、静岡県内では断水や浸水の被害が発生。特に静岡市清水区を中心に6万世帯を超える断水が起き、市民は困っていた。 こうした状況を受け、アスルクラロ沼津、藤枝MYFC、清水エスパルス、ジュビロ磐田の静岡県のJリーグクラブがそれぞれ支援活動を行い、水を中心に物資の支援を行っている。 この影響で10月1日に予定されていた清水vs磐田の“静岡ダービー”は中止に。まだまだ、復旧しきれていない状況が続いている。 そんな中、遠く離れた富山県からも支援が。代表取締役社長の左伴繁雄氏は、かつて清水の社長を務めており、バスケットのB3リーグに所属するベルテックス静岡のエグゼグティブスーパーバイザーも務めていたこともあったこと。また、清水に所属していた鎌田翔雅からも提案があり、今回の水の支援を行うことを決めたという。 今回は「カターレ富山ナチュラルミネラルウォーター」(1ケース500ml×24本入)を、合計335ケース支援。株式会社IACと鎌田から100ケース、クラブとして100ケース、サポーターオンライン購入分として135ケースを提供することとなった。 富山が寄付の背景をクラブ公式サイトで説明している。 「9月24日(土)に発生した台風15号の影響により静岡市清水区を中心に発生した断水がいまだ続いております」 「給水支援が追い付いていない状況下で、カターレ富山でも何か出来ることがないか模索したところ、弊社代表取締役社長の左伴繁雄が所属していたベルテックス静岡(B3リーグ)が支援物資を募っていることを知りました」 「また、清水エスパルスに所属していた鎌田翔雅選手からも提案があり、株式会社IACと協力して同社の商品「カターレ富山ナチュラルミネラルウォーター」200ケースを支援することを決定し、受け入れ先についてはベルテックス静岡と調整し、株式会社田子の月清水店に配送致しました」 「加えて、SNSで支援を申し出たサポーターのオンライン購入分135ケースを、静岡市清水区に本社があるフジ物産株式会社に配送致しました。配送した水は、株式会社田子の月清水店、フジ物産株式会社を通じて断水でお困りの各所へお届けされます」 <span class="paragraph-title">【写真】鎌田翔雅らも静岡市へ水の支援に協力</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%9C%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田子の月</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%82%B8%E7%89%A9%E7%94%A3%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フジ物産株式会社</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E9%9D%99%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベルテックス静岡</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ht?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ht</a><a href="https://t.co/WgGKupkNRq">https://t.co/WgGKupkNRq</a> <a href="https://t.co/CUEcD0wn3J">pic.twitter.com/CUEcD0wn3J</a></p>&mdash; カターレ富山 (@katallertoyama) <a href="https://twitter.com/katallertoyama/status/1575055196388225024?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグが明治安田生命と契約更新、2026年末までの4年間

Jリーグは27日、明治安田生命保険相互会社と「Jリーグタイトルパートナー」契約を更新することを発表した。 契約期間は2023年1月1日から2026年12月31日までの4年間となる。 Jリーグと明治安田生命は、2015年からタイトルパートナー契約を結んでおり、今回の契約で12年間継続することとなる。 Jリーグ発足当時は、サントリーシリーズ、ニコスシリーズとシーズンのステージにスポンサーがついていたが、その後は廃止。2014年に村井満氏がチェアマンに就任すると、J3リーグに明治安田生命がタイトルパートナーとして契約。翌年の2015年からJ1、J2、J3統一で明治安田生命がタイトルにつくこととなった。 なお、詳細は12月下旬に発表されることとなる。 2022.09.27 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

新宿は認定されず、青森、三重、FC大阪、奈良、高知、V大分の6クラブにJ3クラブライセンス交付…JFL4位以内を熾烈に争う

J1クラブライセンスが46クラブに交付! J2岩手が新たに取得 Jリーグは27日、2023シーズンのJ3クラブライセンスについて発表した。 今回発表されたのは、J3に入会を希望するクラブのうち、J3クラブライセンス申請があったクラブが対象となっている。 今回J3クラブライセンスが交付されたのは、Jリーグ百年構想クラブのラインメール青森、ヴィアティン三重、FC大阪、奈良クラブ、高知ユナイテッドSC、ヴェルスパ大分の6クラブとなる。 また、クリアソン新宿も申請していたが、施設基準が未充足であると判断されたため、認定されなかった。 なお、11月の理事会にて、Jリーグ入会が審議。さらに、JFLで4位以内に入り、百年構想クラブのうちの上位2クラブで、平均入場者数が2000人を超えるクラブという入会条件がある。 ◆JFL順位表 ※9/27現在 順位/チーム名/勝ち点(試合数/得失点) 1.Honda FC 45(22/+21) 2.FC大阪 45(22/+14)★ 3.奈良クラブ 49(22/+11)★ 4.ライメール青森 37(22/+9)★ ーーーJ3昇格条件ライン 5.ヴェルスパ大分 37(22/+8)★ 6.東京武蔵野ユナイテッドFC 36(23/+10) 7.FCマルヤス岡崎 36(23/+7) 8.高知ユナイテッドSC 33(23/+1)★ 9.ヴィアティン三重 32(22/+6)★ 10.鈴鹿ポイントゲッターズ 31(23/-7) 11.FC神楽しまね 26(23/-8) 12.ホンダロックSC 25(23/-1) 13.FCティアモ枚方 22(23/-8) 14.ソニー仙台FC 22(23/-13) 15.クリアソン新宿 16(23/-19) 16.MIOびわこsiga 15(23/-19) ★J3クラブライセンス交付クラブ ◆Jリーグ百年構想クラブ (2022年9月27日現在) ・ ラインメール青森(JFL) ・ コバルトーレ女川(東北社会人サッカーリーグ1部) ・ 栃木シティフットボールクラブ(関東サッカーリーグ1部) ・ VONDS市原FC(関東サッカーリーグ1部) ・ 南葛SC(関東サッカーリーグ1部) ・ クリアソン新宿(JFL) ・ 東京23FC(関東サッカーリーグ1部) ・ ヴィアティン三重(JFL) ・ FC大阪(JFL) ・ 奈良クラブ(JFL) ・ 高知ユナイテッドSC(JFL) ・ ヴェルスパ大分(JFL) ・ 沖縄SV(九州サッカーリーグ) 2022.09.27 19:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly