鹿児島、いわき、松本の上位3チームが揃って勝利、富山は連勝が6でストップ【明治安田J3第15節】

2022.07.02 21:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第15節の7試合が2日に各地で行われた。

首位の鹿児島ユナイテッドFCはアウェイで13位・ギラヴァンツ北九州との"バトルオブ九州"に臨んだ。前半終了間際に失点を喫してビハインドで迎えた76分、相手FKをしのいでカウンターへ転じると、右のポケット深くまで侵入した山本の折り返しを米澤が流し込んで同点に。

さらに4分後、左サイドの敵陣中央でFKを得ると、木村のキックに有田が今季7点目となるヘディングを沈めて逆転に成功。これが決勝点となり、2-1でダービーを制した鹿児島が首位をキープしている。

2位のいわきFCはJヴィレッジスタジアムで11位・テゲバジャーロ宮崎と対戦した。

ゴールレスで後半を迎えると、左サイドの崩しからハーフタイムに送り出された谷村海那がクロスに合わせて52分に均衡を破る。さらに7分後にはロングボールのこぼれ球勝負を制し、有馬幸太郎が追加点を奪取。2-0で3試合ぶりの白星を飾ったいわきが、鹿児島を勝ち点「1」差で追走している。

3位・松本山雅FCは八戸三社大祭山車ユニフォームを着用した16位・ヴァンラーレ八戸とのアウェイゲームに臨んだ。前半はボックス内でのチャンスを見いだせなかった松本だが、ゴールレスで迎えた73分に試合を動かす。セカンドボールを拾い続けて分厚い攻撃を仕掛けると、左サイドから佐藤が送ったクロスに榎本がヘディング。GKが弾いたボールを下川が押し込んだ。

下川の今季初ゴールが決勝点となり、松本が2連勝を達成。こちらも鹿児島と勝ち点「1」差の3位に付けている。

6月の4試合をすべて"ウノゼロ"で制し、4位まで浮上してきたカターレ富山は、9位・福島ユナイテッドFCの敵地へ乗り込んだ。19分に神山のゴールで先制するも、53分に橋本の得点で追い付かれてドロー決着。連勝は「6」でストップしている。

その他の結果は以下の通り。

◆第15節

▽7月2日(土)
アスルクラロ沼津 3-0 ガイナーレ鳥取
いわきFC 2-0 テゲバジャーロ宮崎
福島ユナイテッドFC 1-1 カターレ富山
藤枝MYFC 2-0 愛媛FC
SC相模原 1-2 AC長野パルセイロ
ギラヴァンツ北九州 1-2 鹿児島ユナイテッドFC
ヴァンラーレ八戸 0-1 松本山雅FC

▽7月3日(日)
カマタマーレ讃岐 vs Y.S.C.C.横浜
FC岐阜 vs FC今治

関連ニュース
thumb

松本主将の前貴之が山口に完全移籍加入! 古巣復帰に

レノファ山口FCは11日、松本山雅FCからDF前貴之(28)の完全移籍加入を発表した。背番号「15」をつける。 前はコンサドーレ札幌でプロデビュー後、複数クラブでのプレーを経て、2020年夏に横浜F・マリノスから松本に期限付き移籍加入。完全移籍に切り替わった翌年も主力としてプレーし、チームが明治安田生命J3リーグを戦う今季もここまで16試合に出場していた。 今季から松本の主将を務めるなか、2017年から3シーズンを過ごしたJ2リーグの山口に復帰を果たす前は両クラブを通じて、次のようにコメントしている。 ◆レノファ山口FC 「このたび、レノファ山口FCに加入することになりました。自分の持っているもの全て出し、チームの力になれるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「このたび、チームを離れることになりました。突然の報告、チームがここからというタイミング、そしてチームキャプテンという立場でありながらこのような決断になったこと、大変申し訳ありません。数日間、悩みに悩んだ結果、サッカー選手としてチャレンジしまだまだ成長していきたいという思いが強くなり、このような決断に至りました」 「松本で過ごした2年間、結果が出ず苦しいことが多かったかも知れませんが、日々応援してくださるファン・サポーターの皆さんの存在が心強く、これまでやってくることができました。本当に感謝しています。アルウィンの雰囲気、景色を決して忘れません。今まで本当にありがとうございました」 2022.08.11 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

今治のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性…40.1℃の発熱

FC今治は10日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは9日に40.1℃の発熱があり、10日にPCR検査を実施。陽性判定を受けた。 なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのことだ。 また、当該者は適切な指導及び対策の下、療養しているとのことだ。 2022.08.10 22:06 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島の選手1名が新型コロナ陽性‥スタッフ1名が濃厚接触疑い者に

鹿児島ユナイテッドFCは10日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は8日に痰と咳があったものの抗原検査で陰性に。9日には痰と咳に加えてノド痛と頭痛があったものの、抗原検査では陰性だった。 しかし、10日に37.5℃の発熱もあり、その他の症状も続いた中、抗原検査で陽性となった。 なお、保健所に相談したところ、陽性確定となったという。 また、スタッフ1名が濃厚接触疑い者となり、自主隔離しているという。 2022.08.10 20:31 Wed
twitterfacebook
thumb

北九州が限定ユニフォームを発表、ピンクと白のジャギッドデザインが特徴

ギラヴァンツ北九州は9日、2022シーズンリミテッドユニフォームの着用および受注販売開始を発表した。 デザインコンセプトは10月2日の明治安田生命J3リーグ第27節、テゲバジャーロ宮崎戦にて開催予定の「レディースデー」(仮称)をテーマに、左肩から右裾へかけての特徴的なジャギッドデザインをピンクとホワイトでカラーリングした。 リミテッドユニフォームは10月のホームゲーム3試合にて着用予定。宮崎戦のほか、10月9日第28節のヴァンラーレ八戸戦、10月23日第30節のガイナーレ鳥取戦が対象となる。 受注開始は8月10日18時から8月28日25時59分までとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真】北九州の2022リミテッドユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022 Limited Uniform<br>下記3試合で着用決定<br><br>10/2 宮崎戦<br>10/9 八戸戦<br>10/23 鳥取戦<br><br>こちらに先がけ、明日18時より限定ユニフォームの受注販売を開始いたします<a href="https://t.co/NVGSOjkf8L">https://t.co/NVGSOjkf8L</a><a href="https://twitter.com/hashtag/giravanz?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#giravanz</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AE%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%84%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ギラヴァンツ北九州</a> <a href="https://t.co/ooUvpXfDOd">pic.twitter.com/ooUvpXfDOd</a></p>&mdash; ギラヴァンツ北九州 オフィシャル (@Giravanz_staff) <a href="https://twitter.com/Giravanz_staff/status/1556938481016131585?ref_src=twsrc%5Etfw">August 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.10 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

YS横浜、治療とリハビリから復帰したDF長澤卓己を再登録「スタートラインに戻ってくる事が出来ました」

Y.S.C.C.横浜は10日、DF長澤卓己(30)の再登録を発表した。 東京ヴェルディの下部組織育ちの長澤は、駒澤大学高校から日本体育大学を経て単身ドイツへ。2018年にYS横浜のセカンドチームに加入すると、2019年にファーストチームに昇格していた。 3シーズンで明治安田生命J3リーグ通算16試合に出場していた長澤だが、2022年は契約を更新しないことが発表。ただ、長期なリハビリが必要な状態であり、クラブで治療とリハビリを行うことが発表されていた。 その長澤が再びファーストチームと登録されることに。クラブを通じてコメントしている。 「この度、再登録して頂く事になりました、長澤卓己です。シーズン初めにご挨拶・ご報告致しましたように、シーズンスタート時点ではトップチームでの登録をせずにリハビリをクラブ内で進めて頂いておりました。決して楽な道のりではありませんでしたが、様々な方々にサポート頂き、ようやくまたスタートラインに戻ってくる事が出来ました」 「再びY.S.C.C.で戦える事を光栄に思いますし、しっかりと結果が出せるよう、覚悟と責任を持って残り試合を全力で戦っていきます。よろしくお願い致します」 2022.08.10 17:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly