「柏レイソルの象徴となるために」柏の大卒ルーキーFW森海渡がプロA契約

2022.06.30 18:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルは30日、FW森海渡(22)とプロA契約を締結することを発表した。

柏の下部組織出身の森は、U-12、U-15、U-18でプレー。その後、筑波大学へと進学し、今シーズンから柏に入団した。

YBCルヴァンカップ第1節の京都サンガF.C.戦でデビューを果たすと、その後に明治安田生命J1リーグでもプレー。6月22日の天皇杯3回戦の徳島ヴォルティス戦で36分間プレーし、規定の450分を超えることとなった。

なお、今シーズンは明治安田J1で9試合4得点、ルヴァンカップで5試合出場、天皇杯で1試合に出場していた。

森はクラブを通じてA契約の喜びをコメントしている。

「柏レイソルでA契約を締結することができ、大変嬉しく思います。もっともっと柏レイソルを勝利に導ける選手、そして柏レイソルの象徴となるためにより覚悟と責任を持ち、謙虚に日々取り組んでいきたいと思います」

関連ニュース
thumb

柏FW鵜木郁哉が水戸に育成型期限付き移籍 「成長した姿を皆様に見ていただけるように」

水戸ホーリーホックは8日、柏レイソルからFW鵜木郁哉(21)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「37」をつける。 鵜木は柏のアカデミー育ちで、2種登録選手としてのトップチーム入りを経験して、2020年に正式昇格。今季にはYBCルヴァンカップでプロ初ゴールを決め、プロA契約も勝ち取ったが、この夏から出番の増加を狙って水戸へのレンタル移籍を決断した。 水戸を通じては「このたび、柏レイソルから育成型期限付き移籍してきました鵜木郁哉です。覚悟をもってこのチームに来ました。結果を出し、プレーオフ圏内そしてJ1昇格できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントしている。 一方の柏では「このたび、水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍することになりました。柏レイソルではアカデミー時代から約10年間お世話になりました」と感謝しつつ、水戸での成長を誓った。 「監督、チームスタッフ、選手、サポーター、チームに関わる全ての皆様には感謝しかありません。『柏レイソルの主力として戦う』という夢は変わりません。成長した姿を皆様に見ていただけるように頑張ります。水戸に行っても、応援よろしくお願いします」 2022.08.08 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

後半ATラストプレーで劇的逆転ゴールの柏・武藤雄樹「最高の瞬間でした!これからも柏のために!」

柏レイソルの元日本代表FW武藤雄樹が劇的な決勝点を挙げた。 6日、柏は明治安田生命J1リーグ第24節で京都サンガF.C.とのアウェイゲームに臨んだ。武藤は1-1で迎えた77分にアンジェロッティとともに途中出場。相手の足が止まり始め、ボールを握り出したタイミングでゴールを期待されて送り出される。 チャンスはありながらも、決定機までは至らずに後半のアディショナルタイムまで突入したが、追加タイムの目安5分を過ぎた98分、最後の最後で武藤が大きな仕事をやってのけた。 敵陣中央でこぼれ球を拾った椎橋慧也が即座に前を向くと、ディフェンスラインの背後へスプリントしてスルーパスを要求。ボックス右で受けると、迷いなく右足を振り抜き、GK上福元直人の股間を抜くシュートを突き刺した。 そして、逆転ゴールを決めた直後に試合終了のホイッスル。DAZNの公式ツイッターには「武藤のゴールは胸が熱くなる」、「椎橋から武藤とか最高やないか」、「痺れるねえ武藤」、「なだ泣ける」、「元仙台ホットライン」など、劇的な一撃を絶賛する声が相次いだ。 武藤自身も自身のツイッターで動画を引用。「最高の瞬間でした!これからも柏のためにゴールを決めたい!!」とのコメントを残すと、こちらにもファンから「素晴らしいゴールをありがとうございます」、「サイコーです!」、「めちゃくちゃ泣きました!本当に本当にありがとうございます」などの声が届けられた。 今季の武藤は右膝半月板損傷により、序盤戦を欠場。4月29日のサガン鳥栖でリーグ戦初出場を果たすも、以降もメンバー入りからは遠ざかっていた。6月18日のヴィッセル神戸戦で再復帰後に即ゴールを挙げると、以降も限られた時間の中で結果を残し、京都戦のゴールが今季4点目に。4連勝で2位へ浮上した柏にとって、頼れるアタッカーの復活は心強いだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】後半AT8分に生まれた武藤雄樹の劇的逆転ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1CGwx2ukkKQ";var video_start = 351;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.07 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

柏が後半ATの武藤弾で劇的逆転勝利!コロナ8人逆境の京都は武田のJ1初ゴールも実らず【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、京都サンガF.C.vs柏レイソルが6日にサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、2-1でアウェイの柏が逆転勝ちを収めた。 中断前のサンフレッチェ広島戦、代表ウイーク明けのガンバ大阪戦と、2試合連続で追い付いてのドローとなっている京都。3日間で選手8名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定となる苦しい条件下、前節から先発を7人入れ替えた[3-4-2-1]でスタートした。 一方、3連敗のち3連勝と好調の柏は、キーマンのマテウス・サヴィオと日本代表DF大南がベンチからも外れた。ルーキーの土屋がJ1初出場を飾り、中盤の一角を務めた。 ボックス手前右から武田が左足でのフィニッシュを見せた立ち上がりの京都は序盤からペースを握ると、早々の7分にゲームを動かす。中盤の自陣右寄りで豊川がファウルを受けると、この日は右のウイングバックに入った福岡がクイックリスタートで武富を狙って一気に前線へ。対角へのパスは、古巣対戦となった高橋に対応されたが、GK佐々木も飛び出しており、ゴールはがら空きの状態に。こぼれ球を武田が蹴り込んでネットを揺らした。 武田のJ1初ゴールでさらに勢いづいた京都は20分にも分厚い攻撃を仕掛け、松田のシュートが弾かれたところに詰めれば1点というシーンを作る。ただ、柏もこれをしのいでカウンターに転じ、ドッジがボックス内からシュート。GK上福元にセーブを強いた。 すると、飲水タイム明けの25分。柏は京都のプレスを高橋が縦パスでひっくり返すと、右サイドのスペースへ出たボールは、ドッジと本多の走り合いとなる。ドッジの推進力に圧を感じた本多はバックパスを選択すると、これが前に位置取っていたGK上福元の頭上を越えてしまい、オウンゴールとなった。 互いに鋭い攻撃を繰り出しつつ、同点で迎えた後半は京都の武富が51分にマーカーをずらしつつ、ボックス手前左から右下隅を狙う際どいシュートを放つも、GK佐々木のファインセーブに阻まれた。また、このプレーの直前にアタッキングサードで相手をかわそうとした荻原が着地の際に左足首を捻り、担架でピッチを後に。54分にメンデスとの交代を余儀なくされた。 64分に椎橋の地の這うようなミドルを見せた柏は、相手の足が止まり始めたこともあり、次第にボールを握る時間が増加。ブロックには遭うものの、フィニッシュに至るシーンも数多く作る。 流れを取り戻したい京都はピーター・ウタカに加え、J1通算200試合出場となる大前も投入。さらに、足を痛めた先制点の武田に代わり、山田がピッチへ送り出された。 オープンな展開となった終盤にはアンジェロッティやウタカなど、両チーム途中出場選手がフィニッシュシーンを作るも、枠を捉えられずにアディショナルタイムへ突入。引き分けかと思われた最終盤、試合は劇的な幕切れを迎える。 目安の5分を過ぎた追加タイム8分、椎橋のスルーパスから相手ディフェンスラインの背後を取った武藤がボックス右での一対一を迎えると、シュートはGK上福元の股間を抜けてゴールに吸い込まれた。 これが決勝点となり、柏が逆転勝ちで4連勝を達成。一方の京都は、5試合勝利から遠ざかっている。 京都サンガF.C. 1-2 柏レイソル 【京都】 武田将平(前7) 【柏】 OG(前25) 武藤雄樹(後53) 2022.08.06 20:41 Sat
twitterfacebook
thumb

柏のトップチーム関係者3名が新型コロナ陽性、1名が濃厚接触者に

柏レイソルは3日、トップチーム関係者3名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、1名は近親者が陽性判定となり、濃厚接触者として自主隔離中。2日に検査を受けたところ、陽性判定となったとのことだ。 2日にトップチーム関係者に検査を実施し、2名が新たに陽性判定となった。 なお、1名が濃厚接触者となり、自主隔離中とのことだ。 3日にはトップチーム関係者に対してスクリーニング検査を実施。全員が陰性判定となった。 2022.08.03 21:12 Wed
twitterfacebook
thumb

柏が3戦連続のウノゼロ勝利! 無敗の吉田・神戸を破り暫定3位に浮上【明治安田J1第23節】

30日、明治安田生命J1リーグ第23節のヴィッセル神戸vs柏レイソルがノエビアスタジアム神戸で行われ、0-1で柏が勝利を収めた。 中断前は4戦無敗で勝ち点を積み上げている神戸と、練習中の柏の一戦。下位から脱するための勝ち点3が欲しい神戸と、上位争いを続けるために勝ち点3が欲しい柏の一戦となった。 神戸は前節から前節から4名を変更。ケガで離脱中の菊池、武藤、さらにウエスカへと移籍した橋本、そしてイニエスタが外れ、初瀬、大﨑、中坂、ムゴシャが先発。飯野とムゴシャは加入後初先発に。また、ベンチには小林祐希が入った。 対する柏は3名を変更。古賀、川口、山田が外れ、田中、大南、ドッジが起用された。 神戸は勝利すればJ1でのホーム通算150勝を達成することとなる。 立ち上がりから柏が攻め込むと17分にゴール。神戸が最終ラインからビルドアップをしようとしたところマテウス・サヴィオがカット。ドリブルで運んで小屋松に繋義、リターンを受けたマテウス・サヴィオが椎橋とのワンツーからシュート。これはブロックすると、こぼれ球を椎橋がシュート。これもブロックするが、こぼれ球を細谷が蹴り込み、GK飯倉が触るもネットを揺らした。 良い形でボールを奪ってからのカウンターで仕留めた柏に対し、神戸は前線のムゴシャを狙ったボールを送って攻めるが、効果的な攻撃にはならない。 柏が攻め込み続ける展開となるが、神戸は31分には右サイドからの酒井クロスをムゴシャがヘッド。しかし、これは上手くミートしない。 35分には山口がパスカットからミドルシュートを狙うも枠外。その後もムゴシャを狙った攻撃を仕掛けるが、得点は生まれない。 柏の1点リードで迎えた後半。神戸はハーフタイムに3枚替え。汰木、中坂、ムゴシャを下げて、小田、大迫、そして加入したばかりの小林祐希を投入する。 すると神戸が徐々に押し込み出すと、59分には決定機。ボックス手前でこぼれ球を拾った酒井が浮き球のシュート。GKが見送るが、これはクロスバーに嫌われる。 さらに攻め込む右神戸は、71分にCKからのクロスをGK佐々木がパンチング。これを大迫がヘッドで繋ぐと、佐々木がボックス内でボレー。しかし、枠を捉えられない。 神戸は85分に初瀬を下げて槙野を投入。すると直後の左CKはキッカーが小林祐に変更。左足でクロスを送ると、大迫がボックス内でヘッド。しかし、これはわずかに枠の右に外れる。 交代で入った槙野は前線に入り、大迫との2トップに。神戸はパワープレーに出る。 神戸はロングボールを前線に送るも、柏の集中した守備の前にボールを収められず。空中戦でも柏が上回る状況が続く。 それでもアディショナルタイム3分に神戸はチャンス。空中戦のこぼれ球を拾った小林祐がスルーパス。佐々木がボックス右でグラウンダーのクロスを送ると、小田がボックス内でシュートもミートできない。 結局最後まで神戸が攻め込むが、柏の堅い守備が光りタイムアップ。0-1で勝利し、3連勝を収めて暫定3位に浮上した。 ヴィッセル神戸 0-1 柏レイソル 【柏】 細谷真大(前17) 2022.07.30 20:57 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly