複数クラブが関心も、インテルFWピナモンティはアタランタ移籍を熱望か

2022.06.30 10:46 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのイタリア人FWアンドレア・ピナモンティ(23)が、アタランタ行きを希望しているようだ。

インテルの下部組織出身であるピナモンティは、2016年12月にファーストチームデビューを果たすと、フロジノーネへのレンタル移籍を経て2019年夏に買い取りオプション付きのレンタル移籍でジェノアに加入。その後、ジェノアが買い取るも17日後にインテルが買い戻しオプションを行使したことで2020年9月に古巣帰還。しかし、出場機会には恵まれず昨夏に昇格組エンポリへのレンタル移籍が発表された。

エンポリでは、セリエAの36試合に出場して13ゴール2アシストの成績を残す活躍を見せたことから、今夏再びインテルに帰還した同選手にはイタリアの複数クラブが獲得に関心を示している。

しかし、『Sport Italia』の移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、野心的なクラブへの移籍を望むピナモンティは、昇格組モンツァや今季セリエAで17位のサレルニターナからのオファーを拒否。今季こそリーグ8位に終わったものの、安定して上位争いに参戦しているアタランタへの移籍を希望しているようだ。

新シーズンの巻き返しを図りたいアタランタもピナモンティ獲得を望んでおり、すでに1300万ユーロ(約18億5000万円)+ボーナスのオファーを提示。しかし、インテル側は最低でも1800万ユーロ(25億6000万円)を求めており、オファーを拒否したという。

また、アタランタからのコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(31)を含めたオファーについてもインテルは関心を示していないようだが、交渉自体は継続しており、最終的に合意に至る可能性もある。

関連ニュース
thumb

昇格組フォレスト、アタランタMFフロイラーを完全移籍で獲得!

ノッティンガム・フォレストは14日、アタランタからスイス代表MFレモ・フロイラー(30)を完全移籍で獲得した。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者によれば、移籍金は基本移籍金900万ユーロ(約12億3000万円)+アドオンとなったようだ。 2016年1月に母国のルツェルンから加入したアタランタで通算259試合の出場を数えるフロイラー。エネルギッシュな立ち回りを武器に中盤で欠かせない存在となった同選手はジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の信頼も厚く、公式戦43試合出場に出場した昨季は多くの試合でキャプテンマークを巻いてピッチに立った。 プレミアリーグ昇格組のフォレストは今夏、マンチェスター・ユナイテッドからイングランド代表MFジェシー・リンガード、同代表GKディーン・ヘンダーソンを補強。その他にもリバプールのウェールズ代表DFネコ・ウィリアムズを獲得するなど、各ポジションに即戦力となり得る人材を揃え、プレミアでの戦いに備えている。 2022.08.15 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。 2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。 先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。 また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。 一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。 2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格組フォレスト、アタランタMFフロイラーも獲得へ! 開幕後も補強続く

ノッティンガム・フォレストがアタランタからスイス代表MFレモ・フロイラー(30)の獲得を決めたようだ。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者によれば、フォレストはアタランタと基本移籍金900万ユーロ(約12億3000万円)+アドオンで完全合意した模様だ。 フロイラーとは2025年6月までの契約を結ぶという。また、本日12日にも発表がなされる見通し。メディカルチェックを予定するフロイラーもすでにイングランドにいるという。 2016年1月に母国を飛び出して以来、アタランタで通算259試合の出場を数えるフロイラー。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下、エネルギッシュな立ち回りを武器に中盤で欠かせない存在となり、チームの躍進にも多大な貢献を誇る。 昨季も公式戦43試合出場で2得点6アシストを記録して、今季も活躍が期待されたが、最近はプレミアリーグ昇格初年度となる今季を迎えるにあたって積極補強を続け、さらなる増強の動きも取り沙汰されるフォレストの関心が浮上中だった。 2022.08.12 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノがアタランタからアレクセイ・ミランチュクを獲得!

トリノは11日、アタランタからロシア代表MFアレクセイ・ミランチュク(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 現在もロコモティフ・モスクワで活躍する双子のアントンと共に、同クラブの下部組織で育ったアレクセイ・ミランチュク。巧みなボールコントロールとパスセンスに優れる攻撃的MFは、2013年1月に昇格したトップチームでは、公式戦228試合に出場し43ゴール45アシストをマークした。 2020年夏に加入したアタランタでは、2シャドーの一角や中盤のバックアッパーとして、ここまで公式戦56試合9ゴール7アシストの数字を残していた。 また、2015年に19歳でデビューを飾ったロシア代表では、ロシア・ワールドカップのメンバーに選出されるなど、ここまで41試合に出場している。 FWアンドレア・ベロッティやMFデニス・プラート、FWヨシプ・ブレカロら主力の退団で迫力不足のトリノでは、アタランタと同じシャドーの一角でのチャンスメークが期待されるところだ。 2022.08.11 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ファビアン・ルイスのPSG行きがラスパドーリやピナモンティの去就に影響も?

セリエAで移籍ドミノが起こる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 財政的に厳しい状況のなか、来季までの契約延長を拒んだスペイン代表MFファビアン・ルイス(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が迫っているとの報道がなされるナポリ。売却が成立した場合は資金に余裕ができ、サッスオーロからイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)の獲得を目指せるという。 そうなると、サッスオーロはイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカに続いてラスパドーリまでも流出となり、後釜としてインテルからイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)の獲得に全力に注ぐことになる模様。ピナモンティは昨季、レンタル先のエンポリでセリエA36試合13得点2アシストを記録して、イタリア代表にも初選出されたが、インテルは今夏売却を既定路線としているようだ。 最近、ピナモンティの獲得に最も近かったのはアタランタだが、ライプツィヒからナイジェリア代表MFアデモラ・ルックマンを確保。選手本人もアタランタ行きを希望していたようだが、これにより、別の選択肢を検討し始めたようだ。 なお、インテルは移籍金として2000万ユーロ(約27億5000万円)を要求。将来的な買い戻しオプションの付帯を条件にしているものとみられている。 2022.08.08 16:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly