「お似合いです」来季は女王へ、浦和レディースMF塩越柚歩が大胆イメチェン「このまま試合に」

2022.06.29 20:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©WE LEAGUE
三菱重工浦和レッズレディースのMF塩越柚歩が心機一転を図った。髪を後ろに束ねてピッチを駆ける姿が印象的なプレーメイカーだが、この度イメージチェンジを決行したようだ。28日、自身のインスタグラムを更新し、短くカットしてハイトーンカラーに仕上げた姿を公開した。

「かなりバッサリスッキリ。久しぶりに短くてなんか恥ずかしいけど、みなさん長めと短めどちらがタイプですか。きれいに仕上げてもらって大満足。大宮にも行きつけができた」

季節感のある姿には「お似合いです」、「夏だから、短めいいんじゃないかな」、「このまま試合に出場お願いします」とファンも好感触。「どちらもお似合いです」、「どっちも!!ハイトーンもGOOD!!!」、「めちゃ綺麗でかわいいです」、「両方好きだけれども試合中の髪型格好いいので縛れるくらいが最高なのだ」と、甲乙つけがたいファンも多いようだ。

今季の浦和レディースは「Yogibo WEリーグ」で2位、皇后杯では初制覇を成し遂げた。来季のリーグ戦は10月に開幕が決定。女王の座を射止めるべく、塩越にもさらなる期待が寄せらるだろう。

1 2

関連ニュース
thumb

中田英寿以来2人目! なでしこジャパンDF南萌華、新天地はローマに決定

ローマは24日、三菱重工浦和レッズレディースのなでしこジャパンDF南萌華(23)が完全移籍で加入することを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの2年間。ローマは昨季のセリエA女子を2位でフィニッシュし、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の出場権を手にしている。 浦和レディースの育成組織出身のセンターバックである南は、ジュニアユース時代から赤いユニフォームで戦い続けてきた。2017年にトップチームへ昇格し、なでしこリーグでは48試合、昨季のWEリーグでは全20試合にフル出場し、2得点を挙げている。 世代別の日本女子代表では2014年の U-17女子ワールドカップ(W杯)コスタリカ大会、2018年のU-20女子W杯フランス大会で優勝を経験。なでしこジャパンとしては26試合1得点を記録しており、女子史上初のW杯全世代制覇選手となる可能性を秘めている。 加入にあたって南は両クラブへコメントを残しており、特に浦和レディースへは想いのこもった長文を充てている。 ◆ローマ 「これは私の初めての海外挑戦です。今はとても多くの感情を抱いていますが、何よりもASローマでプレーできることをとても嬉しく思います。チームが成功するのを助けるために最善を尽くします」 ◆浦和レディース 「改めまして12年間大変お世話になりました。昨シーズン最終戦の挨拶の時に13年間と言ったのですが、12年間でした。ごめんなさい」 「右も左もわからず浦和レッズレディースジュニアユースに入り、間近でレッズレディースの選手を見ながら育ち、私もいつかレディースの選手になりたいと自然と思うようになりました。ジュニアユースからはじまり、今まで一緒にプレーをしたすべての選手からたくさんのことを学び、成長することができました。私にとってはかけがえのない存在であり、出会えたことに感謝しています。中学、高校時代は家族との時間よりも、その時の仲間達と過ごした時間の方が長いくらい一緒にいました。そんな仲間達とレディースの試合をたくさん運営する機会をいただけて、試合を間近で観て、みんなで刺激を受けながら切磋琢磨する日々を過ごしました。そのような素晴らしい環境がこのクラブにはあります」 「レディースに昇格してからは、試合に出られず自分の力のなさに悩んだ時期もありました。しかしそんな時も一緒に頑張ってくれる仲間がいて、支えてくれる指導者やスタッフの皆さんがいて、温かい声をかけてくださるファン・サポーターの皆さんがいて私は頑張れました。だからこそ、試合に出られるようになってからは、試合に出られていない選手の分まで戦う気持ちでいましたし、このチームのために、応援してくださる皆さんのために、今までの感謝を表現しようと全力でプレーしてきました。たくさん負けたし、たくさん落ち込んだけど、それ以上に試合に勝ってチームのみんなと、ファン・サポーターの皆さんと喜びを分かち合う瞬間が大好きで、何度でも立ち上がることができました」 「この大好きなチームを離れるのは本当に寂しいですが、ここまで私を育ててくれたクラブへの感謝のおもいとこれからの女子サッカーの未来のために、浦和レッズで得たものを活かして新たなステップにチャレンジしたいと思います。海外にいってもレッズレディースの試合は必ずチェックしますし、辛い時はみんなの顔を思い出して頑張ります!チームを離れても浦和レッズのことはずっと大好きです」 「最後になりますが、これからも三菱重工浦和レッズレディースをよろしくお願いします!皆さんの耳に私のニュースが届くくらい活躍できるように、海外でも自分らしく頑張ってきます。本当にたくさんお世話になりました。ありがとうございました!」 <span class="paragraph-title">【動画】ローマでのインタビューに応じる南萌華</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">La prima intervista di <a href="https://twitter.com/moeka1207?ref_src=twsrc%5Etfw">@moeka1207</a> in giallorosso <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRomaFemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRomaFemminile</a> <a href="https://t.co/EVQ1URgrlW">pic.twitter.com/EVQ1URgrlW</a></p>&mdash; AS Roma Femminile(@ASRomaFemminile) <a href="https://twitter.com/ASRomaFemminile/status/1551137981620260864?ref_src=twsrc%5Etfw">July 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】ローマの先輩、中田英寿のユニフォームの前でポーズを決める南</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/ASRomaFemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRomaFemminile</a> <a href="https://t.co/8uRAjjvSoh">pic.twitter.com/8uRAjjvSoh</a></p>&mdash; AS Roma Femminile (@ASRomaFemminile) <a href="https://twitter.com/ASRomaFemminile/status/1551145814264889344?ref_src=twsrc%5Etfw">July 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.24 20:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ACLユニでPSG戦の埼スタへ足を運んだ浦和レディース遠藤優、まさかのオチ

三菱重工浦和レッズレディースのMF遠藤優はパリ・サンジェルマン(PSG)戦が開催されたスタジアムへ足を運んだようだ。 23日、『エアトリ presents PSG JAPAN TOUR 2022』の第2戦として、PSGvs浦和レッズが埼玉スタジアム2002で行われ、3-0でPSGが勝利を収めた。 遠藤は同日夜に自身のインスタグラムを更新。浦和レッズの2019シーズンAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)用ユニフォームを着用し、会場でスタジアムグルメを堪能する一枚を投稿した。 「練習試合を終えて埼スタへGO」 「スタグルのケバブとポテトを食べて牛カルビ丼と焼き鳥を買って自宅観戦」 「試合は負けてしまったけど、色々な選手を見れて楽しかった!!」 「カップ戦開幕まで1ヶ月を切ったので、ギア上げて頑張っていきます」 スタジアムへは足を運んだものの、その後自宅観戦したことを明かした遠藤。「そのために埼スタ行かれたんですか?」、「現地参戦しないのかい(笑)」などとファンからのツッコミを受けた。 チケットを所持していなかったため、お土産を手にして会場を後にする姿も公開。手には家族6人で食したという牛カルビ丼4つが携えられている。 リプライに対しては「一応、コロナの感染症対策ということで、今回はやめておきました。でもスタジアムの賑わいは感じれました」と返した遠藤。会場の外でも得られる雰囲気は心地よかったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】PSG戦の会場でスタグルに舌鼓をうつ遠藤優</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgW2cSrPkDi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgW2cSrPkDi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgW2cSrPkDi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">遠藤 優(@yu_endo.17)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.24 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「雑誌の表紙やん」、「女優さん」浦和Lの塩越柚歩のラフなオフショットがカワイイと反響

夏を感じるオフショットに反響が寄せられている。 オフショットを披露したのは三菱重工浦和レッズレディースのMF塩越柚歩。自身のインスタグラムで写真を2枚投稿した。 2年目のWEリーグの開幕に向け、各チームがトレーニングキャンプや調整を行っている中でのオフショットは白のTシャツにゴールドのアクセサリーをつけたもの。胸には緑のワンポイントが入っている。 塩越は「今年のなつはみどりが多め。白ティーにみどりに惹かれまくってます。アクセサリーはゴールド推し」と投稿。「明日も暑いみたいなので熱中症には気をつけましょう」と、健康も気遣った。 この投稿には「可愛い」、「美」、「可愛い過ぎる」、「雑誌の表紙やん」、「女優さん」と称賛の声が集まった。 <span class="paragraph-title">【写真】まるで雑誌の表紙!塩越柚歩のオフショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgT7Qe5Phr6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgT7Qe5Phr6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgT7Qe5Phr6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">塩越 柚歩(@yuzuho_shiokoshi19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.23 12:17 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国戦トップ下で先発の猶本光、1年後のW杯では「優勝して日本の女子サッカーの価値を上げたい」

なでしこジャパンのMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)が20日、メディアのオンライン取材に応対し、EAFF E-1サッカー選手権2022の初戦を振り返った。 なでしこジャパンは19日に行われたEAFF E-1サッカー選手権の初戦で、韓国女子代表と対戦した。立ち上がりから相手の圧力に苦しみ、思うような展開を作れない時間が続いたが、33分にMF宮澤ひなたのゴールで先制に成功。後半一度は追い付かれたものの、MF長野風花のゴールで再びリードを奪うとその後は最後まで守り抜き、2-1で勝利した。 この試合にトップ下で先発した猶本は初戦勝利について「初戦なので、チーム全員で勝ち切れたのが一番良かった点だと思います。相手のDFラインとMFの間で受けて、ターンしたり仕掛けたりするプレーを想定して試合に入りました。ただ、思ったより韓国の守備の圧力が強くて、押し込まれる時間も長かったので、想定していた展開や場面は少なかったです。そのなかで味方のクリアボールを一回収めて、時間を作ってから攻撃の流れを生めれば良いなとトライしました。ただ、もっとできた部分、時間を作れた部分はあったかなと思います」と振り返り、内容については課題が多かったという見解を示した。 苦戦した理由として「韓国は早い段階でロングボールを蹴り、ゴールに向かってきていたので、自陣深くに押し込まれてボールを奪う位置が低かったです。そこから攻撃となったときはどこかで時間を作りたかったですね。そうでないと、皆が正しいポジションに立てないので」と分析。そのうえで、「(相手の3バックへのプレスは)スタートポジションを相手と近くして、より寄せる必要がありました。チームとしてトライはしましたが、はまったシーンはなかったかなと。昨日の試合で始めてやった試みだったので、続けていくうちにお互いわかっていくのではないかと思います」と語り、今後戦術は改善していくはずだと語った。 一方で、半年前の1月に行われた韓国戦と比較して「アジアカップでは相手の10番のソヨンさんや8番のソヒョンさんのような海外組、イングランドでやっているような選手たちの間合い、パワーが読めていなかったなと感じました。でも、昨日の試合ではボールを奪ったりコンタクトだったりで、アジアカップより手応えがあったと思います」と強調。自身についても「まだ成長できます。技術や戦術面だけでなく、運動能力、スピードやパワーの部分でも成長できると思っています。半年で成長できるのは韓国戦で実感できたので、そこは良かったです」とし、さらなる成長に向けて意気込みを示している。 ボランチだけでなく、韓国戦ではトップ下を務めるなど中盤複数のポジションでプレーする猶本。それぞれのポジションの違いとして「ボランチだとより守備的で、ノーリスクでやる比重に傾きますね。でも、トップ下はゴールとかアシストとか、結果をより求めるマインドでやらないといけません。昨日は前半45分で結果を出す必要があると思っていました。そういう意味では、ラッキーな形ではあったけど、縦パスから得点に繋がったので良かったです」と説明した。 残り1年に迫ったFIFA女子ワールドカップに向けては「プレーの幅、できることを増やしたい」と語った猶本。同時に「(W杯に)出場すること自体がゴールではないと思います。2011年のW杯優勝から、私たち女子サッカーの環境は変わりました。代表選手というのは、そういう日本の女子サッカー界の価値を上げる責任を背負っているんです。今、自分はその立場にいるのだから、W杯優勝によって2011年直後に比べると衰退している日本女子サッカーを盛り上げ、どうにか価値を上げていきたいです。メンバーに入る、入らないではなく、出たときに良いプレーをして優勝できるようにしたいと考えています」と打ち明け、日本女子サッカー界の将来のためにも、W杯で結果を残すことを一番に考える姿勢を示した。 2022.07.20 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

WEリーグ得点王の菅澤優衣香、代表でも結果を「自分のプレーは出せていない」

なでしこジャパンのFW菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)が16日、EAFF E-1サッカー選手権2022を前にメディア向けのオンライン取材に登場。意気込みを語った。 19日からスタートするE-1選手権決勝大会。なでしこジャパンは19日に韓国女子代表、23日にチャイニーズ・タイペイ女子代表、26日に中国女子代表と、いずれも茨城県立カシマサッカースタジアムで対戦する。 E-1選手権への思いについては「まずは欧州遠征に続いて選出してもらえて嬉しく思います。前回は結果を残せていなかったので、FWとして結果を残していきたいと思います」とコメント。「今のサッカーになって自分のプレーは出せていないと思うので、キープやポストプレーをしっかり見せていけるようにしたいと思います」と、池田太監督の体制になってから自身の結果がでいないことを嘆いた。 それでもWEリーグの初代得点王であり、得点力は高い。ゴールを奪う形については、「欧州の相手だと背が高く、クロスからの得点は難しいと思いますが、アジアのチームということで身長も大きく変わらないですし、自分は日本でも高い方で、アジアでも遜色なく戦える部分ではあるので、そういったところは見せていきたいと思います」と、高さを生かしたプレーができると予想した。 今回のE-1ではアジアカップで勝てなかった韓国と中国とも対戦する。アジアカップを振り返り「ポストプレーは自分の強みでもあるので、チームが全体的に前線でプレーできるというところを増やしていきたいと思います」とコメント。「高い位置で奪われた時にも奪い返すことでカウンターで効果的だと思うので、やりたいと思います」と、チームのテーマでもある「奪う」をしっかりとやっていきたいとした。 今回は自国開催に変更となったE-1選手権。優勝が期待されるが「1つの大事な大会というところで、チームとして優勝というのは掲げていますが、プレッシャーがないわけではないです。みんなが自分のやるべきことをやれば勝てると思いますし、優勝という目標を達成できると思います」とコメント。「日本開催というところで、慣れたところでプレーするので、そこは自分たちの力になると思うので、ポジティブにやっていければと思います」と、環境面でのアドバンテージを生かしたいとした。 2022.07.17 22:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly