トリノ、モナコFWペッレグリを完全移籍で獲得

2022.06.29 08:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは28日、モナコのU-21イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。イタリア『スカイ』によれば移籍金は500万ユーロ(約7億1000万円)+出来高とのことだ。

ジェノア在籍時15歳でデビューを飾り、16歳と184日でセリエA最年少ゴール記録を樹立して鮮烈な印象を残したストライカーのペッレグリ。将来性を買われ、2018年1月にモナコへ完全移籍したが、思うような活躍は見せられなかった。

そして2021年夏にはミランにレンタルで加入するも、2021-22シーズンはセリエA15試合の出場で1ゴールとやはり結果を残せず。新天地でかつて期待されたような活躍を見せることはできるか。

関連ニュース
thumb

トリノ、ハマーズからクロアチア代表MFヴラシッチを買取OP付きのレンタルで獲得

トリノは11日、ウェストハムからクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 なお『フットボール・イタリア』によれば、ヴラシッチの買い取りオプションを行使する場合は、1500万ユーロ(約20億5600万円)+300万ユーロ(約4億1000万円)のボーナスがかかるとのことだ。 ヴラシッチは、ハイデュク・スプリトの下部組織で育ち、2014年7月にファーストチームに昇格。2017年8月にエバートンへと完全移籍した。 その後CSKAモスクワへとレンタル移籍を経験。2019年7月に完全移籍したが、2021年8月にウェストハムに完全移籍し、プレミアリーグに戻ってきていた。 2021-22シーズンはプレミアリーグで19試合に出場し1ゴールを記録するなど、公式戦36試合に出場。しかし、レギュラーポジションを掴めているとは言えず、苦しい状況にある。 また、2017年5月にデビューしたクロアチア代表では、これまで39試合に出場し7ゴールを記録している。 2022.08.11 23:50 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノがアタランタからアレクセイ・ミランチュクを獲得!

トリノは11日、アタランタからロシア代表MFアレクセイ・ミランチュク(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 現在もロコモティフ・モスクワで活躍する双子のアントンと共に、同クラブの下部組織で育ったアレクセイ・ミランチュク。巧みなボールコントロールとパスセンスに優れる攻撃的MFは、2013年1月に昇格したトップチームでは、公式戦228試合に出場し43ゴール45アシストをマークした。 2020年夏に加入したアタランタでは、2シャドーの一角や中盤のバックアッパーとして、ここまで公式戦56試合9ゴール7アシストの数字を残していた。 また、2015年に19歳でデビューを飾ったロシア代表では、ロシア・ワールドカップのメンバーに選出されるなど、ここまで41試合に出場している。 FWアンドレア・ベロッティやMFデニス・プラート、FWヨシプ・ブレカロら主力の退団で迫力不足のトリノでは、アタランタと同じシャドーの一角でのチャンスメークが期待されるところだ。 2022.08.11 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノがトルコの逸材MFイルカンを獲得!

トリノは10日、ベシクタシュからU-21トルコ代表MFエミルハン・イルカン(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間に関する詳細は明かされていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、2026年6月30日までの4年契約を締結したという。移籍金は450万ユーロ(約6億2000万円)程度になる模様だ。 ベシクタシュの下部組織出身のイルカンは、175cmのボールスキル、パスセンスに長けたセントラルMF。国内屈指の育成組織、トルコの世代別代表で研鑽を積んだ逸材は、今年1月に行われたトルコ・スーパーカップのアンタルヤスポル戦でトップチームデビュー。その後、昨シーズン後半のスュペル・リグでは11試合に出場し、1ゴールの数字を残した。 フィジカル面には大きな伸びしろを残すものの、セントラルMFを主戦場にトップ下やアンカー、左右のウイングでもプレー可能なユーティリティー性。テクニックと駆け引きの巧みさを生かしたドリブルでの局面打開、創造性に溢れたラストパスで決定的な場面を作り出せる、その攻撃センスは国内で高い評価を集めている。 <span class="paragraph-title">【画像】トルコの新星がトロの一員に</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> | UFFICIALE<br><br>İlkhan al Toro<br><br> <a href="https://t.co/aT7IhVgp2f">https://t.co/aT7IhVgp2f</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SFT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SFT</a> <a href="https://t.co/6gbbDGGMi4">pic.twitter.com/6gbbDGGMi4</a></p>&mdash; Torino Football Club (@TorinoFC_1906) <a href="https://twitter.com/TorinoFC_1906/status/1557271210693726208?ref_src=twsrc%5Etfw">August 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.08.10 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがベロッティと3年契約で基本合意か? 再共演ディバラ&エイブラハムと魅惑のユニット形成へ

ローマがイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)の獲得に向け、基本合意に至ったようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏ら複数メディアが報じている。 今夏、契約満了に伴いトリノを去ったベロッティに関しては、これまで国内外のクラブへの移籍が取り沙汰され、一時はセリエA昇格組のモンツァやモナコ行きの可能性も報じられた。 しかし、ここ数日間ではローマ移籍の可能性が盛んに伝えられ、スキラ氏、アルフレド・ペドゥーラ氏ら国内の著名ジャーナリストは、同選手が2025年までの3年契約で基本合意に至ったと報じている。 年俸に関しても280万ユーロ(約3億7500万円)+アドオンや、300万ユーロ(約4億円)などと伝えられている。 なお、ベロッティの移籍はほぼ確実な状況だが、ローマは昨夏獲得したウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)の売却交渉を先に進めている。 現在、ローマはボローニャと交渉を進めており、完全移籍あるいは買い取り義務を盛り込んだレンタル移籍での売却を目指している模様。現時点でボローニャ行きが有力となっているが、イタリア『Il Messaggero』の最新の報道ではウォルバーハンプトンがここに来て関心を示しているという話もあるようだ。 セリエA通算106ゴールを誇り、カルチョを代表するストライカーの一人であるベロッティは、カピターノを務める同胞MFロレンツォ・ペッレグリーニとアッズーリで、今夏ユベントスから加入のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとパレルモで友人関係を築いており、チームへの即フィットが期待できる。 また、2トップと1トップの両方でプレー可能なこともあり、主砲タミー・エイブラハムのバックアップだけでなく、[3-4-1-2]の採用時はトップ下にディバラを置き、エイブラハムと2トップで並ぶなど、ジョゼ・モウリーニョのチームに新たな攻撃オプションを与える存在となるはずだ。 2022.08.02 18:47 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルMFラザロ、新シーズンもローン移籍 トリノが獲得発表

トリノは1日、インテルからオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(26)のレンタルを発表した。加入期間は1年で、買い取りオプションも付帯している。 ラザロは母国のレッドブル・ザルツブルク出身で、2019年夏からインテルに所属。サイドなら全般にこなせるユーティリティプレイヤーで、2020年1月のニューカッスル・ユナイテッド行きから、ボルシアMG、ベンフィカとローン移籍が続いている。 昨季はベンフィカに貸し出され、公式戦29試合に出場して2アシストをマーク。オーストリア代表としては通算36キャップを誇る実力者だが、来たる新シーズンからはトリノにレンタル加入することが決まった。 2022.08.02 08:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly