ボーフム、バジャドリーからガンビア代表DFヤンコをレンタルで獲得

2022.06.28 07:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーフムは27日、バジャドリーからガンビア代表DFサイディ・ヤンコ(26)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。

マンチェスター・ユナイテッドでプロキャリアをスタートした右サイドバックやサイドハーフを主戦場とするヤンコは、セルティック、サンテチェンヌ、ポルトを経て、2020年10月にバジャドリーへ加入。

バジャドリーでは、加入初年度から右サイドバックを主戦場にラ・リーガ19試合に出場したが、チームがセグンダ(スペイン2部)に降格した今季はケガにも悩まされ、公式戦16試合の出場にとどまっていた。

新天地で自身初のブンデスリーガに臨むヤンコは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ボーフムは伝統あるクラブで、スタジアムがとてもカッコよくて、雰囲気もいい。ブンデスリーガへの好奇心もさることながら、チームへの期待感も大きいよ。トップリーグの2年目は、1年目よりも難しいかもしれないけど、必ずや成功させることができると信じている。個人的には、多くの試合に出場しチームの目標のために全力を尽くすよ」

関連ニュース
thumb

ベンフィカは撤退…レアルMFヘイニエルの移籍が暗礁に乗り上げる…

レアル・マドリーのU-23ブラジル代表MFヘイニエル(20)だが、移籍先がなかなか決まらない事態となっている。 ヘイニエルは2020年1月にフラメンゴからレアル・マドリーへと完全移籍。2020年8月には2年間のレンタル移籍でドルトムントへと武者修行に出ていた。 外国人枠の関係もありレンタルに出されたヘイニエルだったが、2シーズンで出場した試合は39試合。1ゴール1アシストという結果に終わり、両クラブにとっても、ヘイニエルにとってもプラスに働いたものとはならなかった。 マドリーは新シーズンもEU圏外枠の3枠は埋まっている状況。その中で、予てから移籍先として浮上していたのはベンフィカだった。 スペイン『アス』によると、ベンフィカは買い取りオプション付きのレンタル移籍を希望しオファーを出しており、すんなり決まるものかと思われていたが、条件面で合意に至らなかったようだ。 1つはベンフィカとマドリーの間でのヘイニエルの給与の配分について。そしてもう1つが、買い取りオプションの値段だったという。ベンフィカは手頃な価格を希望しており、マドリーは手頃な価格を提案したが、両者の開きがあったようだ。 これによりベンフィカはヘイニエル獲得から撤退。そして、他のオファーはほとんどないという。 マドリーの北米ツアーにも参加せず、移籍のために残ったが、一向にエージェントからの電話はないとのこと。レンタル移籍になるとしても、プレーしなければいけない状況だ。 可能性があるとすれば、現時点ではトリノとレアル・バジャドリーとのこと。あとはスポルティングCP、ポルトのポルトガル勢も関心は示しているようだ。 ただ、ヘイニエルはイタリアでのプレーは望んでいないとされ、バジャドリーが優位な立場だが、金銭面がネックになっているという。 2022.07.28 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、グラナダ退団のDFエスクデロを獲得

バジャドリーは13日、グラナダを退団していたスペイン人DFセルヒオ・エスクデロ(31)の加入を発表した。契約期間は2024年6月までの2年間となっている。 ムルシアでプロデビューを飾った左サイドバックのエスクデロは、シャルケ、ヘタフェを経て、2015年夏にセビージャに加入。セビージャでは公式戦176試合に出場し、主力として活躍した。 昨季はグラナダに完全移籍。ラ・リーガ27試合(うち先発は15試合)に出場し2ゴール1アシストを記録するも、チームは18位に終わって2部に降格していた。 2022.07.14 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バジャドリーが21歳エクアドル代表FWの完全移籍移行を発表! 獲得噂の久保建英と同じ右ウイングが主戦場

バジャドリーは11日、スポルティングCPからエクアドル代表FWゴンサロ・プラタ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月までの5年間となる。 プラタは2019年1月に母国のインペディエンテからスポルティングの下部組織に加入した快足ウインガー。2019-20シーズンからはファーストチームに昇格していたが、ポルトガル屈指の名門では多くのプレータイムを得られず、昨夏にバジャドリーへレンタル移籍で加入していた。 2021-22シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で30試合に出場し6ゴール5アシストを記録。[4-3-3]の右ウイングを主戦場にチームをけん引し、ラ・リーガ昇格の立役者の1人となっていた。 また、エクアドル代表としてもすでに28試合に出場し5ゴールを記録。カタール・ワールドカップ出場も期待されている。 なお、バジャドリードは元ブラジル代表のロナウド氏が会長を務めるクラブとして知られており、レアル・マドリーの日本代表MF久保建英(21)の獲得に動いているとの報道がなされている。久保はこのオファーを拒否との憶測も出ているが、久保とポジションの被るプラタの完全移籍移行は、日本代表MFの新天地選びが関わっていると言えるかもしれない。 2022.07.11 21:44 Mon
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、スペイン人GKチュリッピとの契約を解除

バジャドリーは10日、スペイン人GKホセ・アントニオ・カロ・ディアス(28)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 “チュリッピ”の愛称で知られるホセ・アントニオ・カロ・ディアスは、セビージャの下部組織で育った194㎝の大型GK。2018年の夏にセビージャからバジャドリーに加入したが、出場機会を得られず、アルバセテやポンフェラディーナ、ブルゴスなどへ武者修行を繰り返していた。 昨夏にレンタルで加入したブルゴスでは、第二GKを役割に甘んじ、セグンダ(スペイン2部)15試合の出場にとどまっていた。 バジャドリーでは、8日にビジャレアルを退団した元スペイン代表GKセルヒオ・アセンホ(32)の獲得を発表していた。 2022.07.11 01:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル退団のGKアセンホが13年ぶりに古巣バジャドリーに復帰

バジャドリーは7日、ビジャレアルを退団した元スペイン代表GKセルヒオ・アセンホ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 バジャドリーの下部組織出身のアセンホは、2007年12月にトップチームデビューを飾ると、アトレティコ・マドリーやマラガでのプレーを経て、2013年7月にビジャレアルへレンタル移籍で加入。 翌年に完全移籍を果たしたアセンホは、加入初年度から守護神に定着すると、9年間でクラブ最多出場となる公式戦258試合に出場。2020-21シーズンにはヨーロッパリーグ制覇に貢献した。 しかし、昨季はアルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジによって正守護神の座を奪われると、公式戦8試合の出場にとどまり、契約満了の6月30日をもって退団となっていた。 2022.07.08 06:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly