エスパニョール、降格アラベスから主砲ホセル獲得! プリメーラ3年連続2桁ゴールの実力者

2022.06.27 20:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エスパニョールは27日、アラベスを退団するスペイン人FWホセル(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。

セルタの下部組織出身のホセルは、2009年にレアル・マドリー・カスティージャに移籍。トップチームでも1試合に出場した。その後、生まれ故郷のドイツに渡り、ホッフェンハイム、フランクフルト、ハノーファーを渡り歩き、ストーク・シティ、ニューカッスルとイングランドでもプレー。2019年にアラベスへ完全移籍した。

アラベスでは3シーズン連続でラ・リーガ二桁ゴールを達成し、今シーズンはキャリアハイとなる37試合14ゴール5アシストと個人としては見事な記録を残した。しかし、クラブは最下位でのセグンダ降格となり、決定力にも優れる192cmの屈強なストライカーは、エスパニョールに新天地を求めた。

関連ニュース
thumb

ウー・レイが古巣の上海海港へ帰還! 中国人選手としてラ・リーガ&EL初の得点者

エスパニョールの中国代表FWウー・レイ(30)が、古巣に復帰することになった。エスパニョールは11日、同選手の上海海港への移籍を発表した。 上海上港(現上海海港)時代に中国スーパーリーグで得点王や年間最優秀選手賞にも輝いた同国屈指のスーパースターとして知られるウー・レイは、2019年1月にエスパニョールへ加入。 同年3月に行われたバジャドリー戦では移籍後初ゴールを記録し、中国人選手初のラ・リーガ得点者となった。そのデビューシーズンはラ・リーガ16試合3ゴール2アシストと上々の数字を残した。 翌2019-20シーズンはバルセロナ・ダービーでゴールを記録するなど、公式戦49試合8ゴール1アシスト。途中出場が目立ったものの、準主力として活躍。しかし、チームはセグンダ(スペイン2部)降格の憂き目を味わった。 これに伴い、シーズン終了後には中国資本のウォルバーハンプトンへの移籍も取り沙汰されたが、最終的に残留を決断。ただ、自身初のセグンダ・ディビシオンではチームが優勝と共に1年でのプリメーラ復帰を果たした中、31試合中先発がわずか8試合とプレータイムが激減。 昨シーズンはリーグ戦23試合1ゴールも相変わらず途中出場が目立ち、新シーズン開幕前の段階で母国復帰を決断した。 現在、中国は代表チーム、国内リーグ共に低迷期を迎えており、ラ・リーガ、ヨーロッパリーグにおいて中国人選手初の得点者となったウー・レイに続く、新たなタレントの台頭にはしばらく時間が必要かもしれない。 2022.08.11 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

サレルニターナが元オランダ代表MFヴィルエナをエスパニョールから買取OP付きレンタル…背番号「10」を託す

サレルニターナは10日、エスパニョールの元オランダ代表MFトニー・ヴィルエナ(27)がレンタル移籍で加入することを発表した。 なお、買い取りオプションが付いているとのこと。背番号は「10」をつける。 フェイエノールトの下部組織出身のヴィルエナは、2012年7月にファーストチームへ昇格。2019年7月にクラスノダールに完全移籍した。 しかし、国際サッカー連盟(FIFA)の特別措置により2022年1月にエスパニョールへとレンタル移籍すると、今夏完全移籍に切り替え。そのままレンタル移籍となった。 エスパニョールでは、公式戦17試合に出場し1ゴール1アシスト。ボランチを主戦場に左サイドの全てのポジションなどを務める。 2022.08.11 07:55 Thu
twitterfacebook
thumb

エスパニョールが乾や武藤の元同僚、エイバルMFエスポジトを完全移籍で獲得…5年契約

エスパニョールは8日、エイバルのMFエドゥ・エスポジト(26)が完全移籍で加入することを発表した。 契約期間は2027年6月までの5年間となる。 エスポジトは、2018年7月にデポルティボ・ラ・コルーニャのファーストチームに昇格。2019年7月にエイバルへと完全移籍していた。 エイバルでは公式戦117試合に出場し13ゴール10アシストを記録。乾貴士(清水エスパルス)や武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)共プレーした。 ラ・リーガでは通算70試合4ゴール4アシスト、セングンダ・ディビシオン(スペイン2部)では75試合で10ゴール9アシストを記録している。 2022.08.09 12:09 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、アーセナルの下部組織育ち…かつて大きな期待を寄せられたフラン・メリダが中国スーパーリーグの天津津門虎に加入

中国スーパーリーグの天津津門虎は5日、スペイン人MFフラン・メリダ(32)が完全移籍で加入することを発表した。 メリダはバルセロナのカンテラ育ちで、2005年7月にアーセナルのU-18へと加入。元スペイン代表MFフランセスク・ファブレガスの再来として大きな注目を集める。 2007年7月にアーセナルのファーストチームに昇格。レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験するが、その後はアーセナルでも出番がほとんどなく、2010年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍する。 しかし、アトレティコでも期待された活躍はできず。ブラガへのレンタル移籍を経験すると、2012年8月にエルクレスへ完全移籍。その後は、アトレチコ・パラナエンセやウエスカ、オサスナと渡り歩き、2020年8月からエスパニョールでプレーしていた。 2021-22シーズンはラ・リーガで10試合、コパ・デル・レイで3試合に出場も退団。中国へと活躍の場を移した。 天津津門虎は、かつて天津泰達というチーム名で活動していた中。2021年に中国スーパーリーグのルールでチーム名を変更。その後、天津泰達グループがクラブを手放していた。 2022.08.06 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーがエスパニョールのデ・トーマスに関心、昨季17ゴールのスペイン代表FW

エスパニョールのスペイン代表FWラウール・デ・トーマス(27)に古巣レアル・マドリーが関心を寄せているようだ。スペイン『アス』が報じている。 デ・トーマスは「RDT」という愛称で親しまれるエスパニョールの絶対的エース。マドリーの下部組織出身で、バジャドリーやラージョ・バジェカーノでの活躍を経て、2019年夏にベンフィカへとステップアップした。 ベンフィカでは飛躍できなかったものの、2020年1月からプレーするエスパニョールで大活躍。昨季はラ・リーガで34試合17得点3アシストと大車輪の働きでスペイン代表に初選出され、今夏はアトレティコ・マドリーやバイエルンなどからの関心も伝えられている。 一方のマドリーはフランス代表FWカリム・ベンゼマの代役が務まる人材を探しており、デ・トーマスは候補の1人。選手本人も古巣への復帰を優先しているとみられている。 だが、デ・トーマスを迎え入れるために、まずは放出が必須とのこと。スペイン人FWボルハ・マジョラルの売却が有力だという。同選手は昨季の後半戦にも貸し出されていたヘタフェへの完全移籍が取り沙汰されている。 ヘタフェとはクラブ間合意に達しており、選手本人の同意を残すのみ。売却が成立した場合は、デ・トーマスの確保に前進する流れだ。なお、エスパニョールは7500万ユーロ(約101億円)ものリリース条項を設定しているが、最終的な価格は2500~3000万ユーロ(約33億8000万~40億円)に落ち着くと考えられている。 2022.08.01 16:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly