仙台と山形のみちのくダービーはドロー! 九州ダービー制した大分が3戦ぶり白星【明治安田J2第23節】

2022.06.25 21:06 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
25日、明治安田生命J2リーグ第23節の4試合が各地で行われた。

3位のベガルタ仙台と7位のモンテディオ山形がユアテックスタジアム仙台で対戦。今季2度目の“みちのくダービー”は、前回対戦で勝利したホームチームが優勢に試合を運ぶ。機動力のある2トップを使った背後を狙う攻撃から名倉巧がボックス内で決定機を迎えるが、GK後藤雅明の好守に遭う。

以降もしばらく仙台の時間帯が続いたが、山形も徐々にボールを握って相手を押し込み、鋭いクロスから際どいシーンを創出。すると、ほぼイーブンで迎えた30分過ぎにアウェイチームが先手を奪った。33分、相手陣内右サイドで得たFKの場面で、味方がゴール前に飛び出してラインを押し下げたスペースでフリーになった野田裕喜にキッカーの國分伸太郎から絶妙なボールが上がると、野田が抑えの利いた見事な右足ジャンピングボレーで合わせ、ゴール左上隅に突き刺した。

相手の見事なサインプレーに屈してビハインドを負った仙台は、その数分後にペナルティアークで得たFKの場面で、キッカーの中島元彦が鋭い直接FKを枠の左隅へ飛ばしたが、ここはGK後藤の好守に阻まれた。

山形の1点リードで折り返した試合はホームの仙台が序盤から攻勢を仕掛けていく。さらに、前回対戦で決勝点を決めた遠藤康や皆川佑介をピッチに送り込む、アプローチを変えてゴールを目指す。

山形の堅い守備をなかなか崩し切れず、連戦と30度を超える猛暑の影響でパワーダウンも見え始めたが、土壇場で試合を振り出しに戻す。85分、フォギーニョとのパス交換から左サイドの遠藤が入れた低いクロスをゴール前の皆川が左足ボレーで合わす。これはGK後藤に弾かれたが、こぼれ球に詰めた中山仁斗が前回対戦に続き古巣のゴールへ流し込んだ。

その後、両チームはダービー勝利を目指して勇敢に攻め合い、幾つか決定的なシーンを作り出すが、両GKを中心とする守備陣の粘りに遭い、1-1の痛み分けに。共にリーグ4戦未勝利と足踏みが続く。

えがお健康スタジアムで行われた9位のロアッソ熊本と12位の大分トリニータの“九州ダービー”は、アウェイの大分が1-2で勝利した。

5試合ぶりの白星を目指すホームチームと、3戦ぶりの勝利を目指すアウェイチームの一戦は、ダービーらしい白熱の展開に。立ち上がりは熊本が良い入りを見せたが、23分には左サイドから藤本一輝が右足で入れたクロスを、ファーに走り込んだ155cmの中川寛斗が頭で合わせ、大分が先制に成功する。

それでも、熊本は10分後の33分に杉山直宏の右サイドからのクロスを、髙橋利樹が飛び出したGKの寸前で打点の高いヘディングで合わせ、すぐさまスコアをタイに戻した。

1-1で折り返した後半は一進一退の攻防となったが、57分には浮き球のフィードに対してDFとうまく入れ替わった渡邉新太が、ボックス内でDF2枚に囲まれながらも鮮やかなステップから右足のシュートを突き刺し、アウェイチームが再び一歩前に出る。

以降は互いに交代カードを切っていく中、フレッシュな選手の投入で試合の流れに変化を加えようと試みる。だが、後半半ば終盤に入っても拮抗して状況が維持される。それでも、終盤の熊本の攻勢を冷静に凌ぎ切った大分がこのまま勝ち切り、ダービー勝利と共に3戦ぶりの白星を手にした。

また、共にプレーオフ圏内の4位に位置するファジアーノ岡山と、5位のV・ファーレン長崎は、それぞれ13位の水戸ホーリーホック、15位のブラウブリッツ秋田と対戦。

岡山は23分に相手のハンドで得たPKをヨルディ・バイスが決めて先制に成功。以降は危なげなく試合を進めるが、後半半ばを過ぎて相手の攻勢に晒されると、土壇場の89分にゴール前の混戦から安藤瑞季に同点ゴールを献上。さらに、試合終了間際には防戦一方を強いられたが、ラストプレーのピンチをGK堀田大暉のビッグセーブで凌ぎ、最低限の勝ち点1を奪取。

一方、リーグ戦3連勝に天皇杯でのFC東京撃破で勢いに乗る長崎は、6戦未勝利の秋田をホームで迎え撃った。前半からボールを握って攻め手を窺うが、相手の集中した守備に苦戦。後半終盤にはクリスティアーノ、ビクトル・イバルボら切り札を投入し、攻勢を仕掛けたが、最後の精度を欠いた。そして、試合は0-0のドローに終わり、原田武男暫定体制の有終の美を飾ることはできなかった。

◆第23節
▽6月25日(土)
ベガルタ仙台 1-1 モンテディオ山形
水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山
V・ファーレン長崎 0-0 ブラウブリッツ秋田
ロアッソ熊本 1-2 大分トリニータ

▽6月26日(日)
《14:00》
ジェフユナイテッド千葉 vs 東京ヴェルディ
《18:00》
栃木SC vs いわてグルージャ盛岡
横浜FC vs アルビレックス新潟
徳島ヴォルティス vs ザスパクサツ群馬
《18:30》
FC琉球 vs FC町田ゼルビア
《19:00》
大宮アルディージャ vs ツエーゲン金沢
レノファ山口FC vs ヴァンフォーレ甲府

関連ニュース
thumb

新潟が暫定ながらも首位奪還、大分は梅崎が復帰後初得点も2点のリードを守り切れず【明治安田J2第31節】

14日、明治安田生命J2リーグの3試合が各地で行われた。 昨日の横浜FCの試合中止を受け、暫定ながらも首位奪還のチャンスを得た2位のアルビレックス新潟は、アウェイで15位・栃木SCと対戦した。 3分に小見洋太のヘディングがポストのわずか右へそれると、以降はいちご一会とちぎ国体開催記念ユニフォームを着用した栃木の攻勢を受けたものの、ゴールレスで迎えた前半終了間際に先手を取る。中盤でのトーマス・デンのパスカットから伊藤涼太郎、鈴木孝司へと素早く縦パスが2つ渡ると、ストライカーは巧みなステップでシュートコースを作り、ボックス左から強烈な左足の一撃を叩き込んだ。 最少点差で迎えた後半は終了間際の86分、高宇洋のロングボールから右のハイサイドへ抜け出した松田詠太郎が折り返し、走り込んだ藤原奏哉がペナルティアーク内右から3試合連続となるゴールを決めて勝負あり。2-0で勝利し、第27節以来となる首位返り咲きを果たした。 フクダ電子アリーナでは勝ち点「2」差の10位・ジェフユナイテッド千葉(勝ち点41)と、7位・FC町田ゼルビア(勝ち点43)が顔を合わせた。 J1昇格プレーオフ圏内を目指す両チームは、18分に町田が敵陣での流れるような連続ワンタッチパスで一気に相手を崩す。最後は太田修介の縦パスで裏を取ったドゥドゥがボックス手前右から右足を振り抜くと、強烈なシュートはGK新井章太の手を弾いて右隅へ決まった。 熊谷アンドリューの負傷交代というアクシデントもあった千葉は、ビハインドで迎えた後半の早い時間帯に末吉塁のシュートが深津康太のハンドを誘い、PKを獲得する。これをチアゴ・デ・レオンソを沈めて52分に試合を振り出しに戻した。 同点のまま終盤まで推移するも、町田はドゥドゥが西久保駿介に倒され、こちらもPKを獲得。自ら蹴り込んでネットを揺らすと、これが決勝点となり、町田が2-1で千葉を退けている。 14位・徳島ヴォルティスと9位・大分トリニータの一戦は、梅崎司のリーグ戦では大分復帰後初となるゴールなどで大分が2点を先行するも、徳島も54分に藤尾翔太、後半アディショナルタイムに白井永地がネットを揺らして土壇場で試合を振り出しに戻し、勝ち点「1」を分け合うこととなった。 なお、台風8号の影響で中止となっていた横浜FC vsザスパクサツ群馬は、16日に開催予定。水戸ホーリーホックvs東京ヴェルディの代替日は未定となっている。 ◆第31節 ▽8月14日(日) 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> 徳島ヴォルティス 2-2 大分トリニータ ▽8月16日(火) 《19:00》 横浜FC vs ザスパクサツ群馬 ▽8月13日(土) いわてグルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ブラウブリッツ秋田</span> ヴァンフォーレ甲府 2-2 ロアッソ熊本 ベガルタ仙台 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-2 レノファ山口FC V・ファーレン長崎 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC琉球</span> ▽未定 水戸ホーリーホック vs 東京ヴェルディ 2022.08.14 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

大分のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性‥39.2℃の発熱

大分トリニータは13日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは10日に家族の濃厚接触者として自宅待機となっていた。 11日に37.5℃の発熱があり、12日には39.2℃の発熱。13日に検査期間にて陽性判定を受けた。 なお、チーム内には濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.08.13 21:57 Sat
twitterfacebook
thumb

大分の選手2名、スタッフ2名が新型コロナ陽性‥1名ずつが発熱

大分トリニータは10日、トップチームの選手2名、スタッフ2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、スタッフ1名は8日に37.6℃の発熱があると、9日も38.8℃の発熱。検査期間にて陽性判定を受けた。 スタッフのもう1名は症状などもなく、オフ明けの前選手・スタッフのPCR検査で陽性判定となった。 選手1名は6のFC町田ゼルビア戦にエントリー。その後症状はなかったが、10日に38.4℃の発熱と咽頭痛があり、PCR検査で陽性判定に。もう1名の選手は症状などはなかったが、オフ明けの前選手・スタッフのPCR検査で陽性判定となった。 なお、チーム内に濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.08.10 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

大分の選手1名、スタッフ2名が新型コロナ陽性‥選手は町田戦にメンバー入りも8日に38.8℃の発熱が

大分トリニータは8日、トップチームの選手1名とスタッフ2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、7日にスタッフ1名が陽性判定に。8日に選手とスタッフが陽性判定となった。 選手は症状がなく、6日のFC町田ゼルビア戦にメンバー登録。しかし、8日に38.8℃の発熱があり、検査期間で陽性となった。 スタッフ1名は6日に陽性となったスタッフの濃厚接触疑い者となっていたが、7日に37.5℃の発熱があり陽性判定となった。 スタッフのもう1名は、同様に濃厚接触疑い者となっていたが、症状はなし。8日に検査を受けたところ陽性となったという。 なお、今回の3名に関する濃厚接触者はいなかったとのことだ。 2022.08.08 21:54 Mon
twitterfacebook
thumb

大宮が首位・横浜FCを撃破し相馬体制初のホーム白星で暫定ながら降格圏脱出! 3位仙台は快勝でトップ2を射程圏に【明治安田J2第30節】

6日、明治安田生命J2リーグ第30節の8試合が各地で行われた。 首位の横浜FCはアウェイで21位・大宮アルディージャと対戦し、壮絶な打ち合いの末に敗れた。 左クロスに詰めた柴山昌也の今季初ゴールで大宮が3分に先手を取ると、横浜FCもクロスのこぼれ球に右足を振った亀川諒史のシュートがディフレクションしてネットを揺らし、14分に同点とする。 後半開始早々の48分には奥抜侃志に左サイド突破から再び柴山がゴールを奪ってホームチームが再び前へ出るも、2分後に横浜FCもボックス手前からサウロ・ミネイロが強引に左足を振り抜き、グラウンダーのミドルを右隅に沈めて首位の意地を見せる。 たが、次の1点はまたしても大宮に。新里亮のロングボールをボックス外で処理しようとしたGKスベンドブローダーセンと岩武克弥が被ってしまい、まさかの後逸。がら空きのゴール前でフリーとなった富山貴光が難なくネットを揺らし、三度大宮がリードを奪うと、アディショナルタイムの7分もしのぎ切って9試合ぶりの勝利。相馬直樹監督就任後は初となる、5月25日以来のホームゲーム白星で、暫定ながらも降格圏を抜け出している。 2位のアルビレックス新潟は13位の徳島ヴォルティスをホームに迎えた。 山下良美主審がプロ契約締結後、初の笛を吹いた一戦は徳島がショートカウンターから17分に先手を取る。中盤でのボールを奪うと、センターサークル内から児玉駿斗が右前方へスルーパスを送り、ボックス右へ侵入した藤尾翔太の短い折り返しを白井永地がシュート。GK小島亨介が弾いたところを一美和成が押し込んだ。 58分にはまたもこの3人の連携から徳島が追加点を奪取。右サイドで組み立て、児玉の斜めのパスから白井が右のポケットを取ってクロスを送ると、一美が高い打点のヘディングを叩き込んでリードを広げる。 反撃に出たい新潟はボックス手前左でFKを獲得すると、高木善朗の柔らかいクロスに藤原奏哉が頭で合わせて78分に1点を返すと、7分後には右サイド高い位置での細かいボール回しから秋山裕紀が左足でインスイングのクロスを送り、ゴール前に顔を出した堀米悠斗がヘディングを沈めて試合を振り出しに戻した。 以降も攻勢を強めた新潟だったが、逆転までには至らずドローでタイムアップ。ホームで粘りを見せたものの、勝ち点「1」にとどまり、追い付かれた徳島は18個目の引き分けとなった。 3位・ベガルタ仙台は16位・ツエーゲン金沢と石川県西部緑地公園陸上競技場で相まみえた。開始早々の9分、仙台は中山仁斗が倒されて得たPKを自ら沈め、チームトップスコアラーの4試合連続で先制に成功すると、18分には富樫敬真が追加点を奪取。中盤でのセカンドボール争いを制し、フォギーニョの縦パスから中島元彦が強烈な左足を見舞うと、GKが弾いたボールを頭で押し込んだ。 後半の立ち上がりにも氣田亮真が距離のある位置から左足でネットを揺らすと、66分にはFKから再び中山が決めて4点差に。75分に林誠道に1点を返され、ラストプレーでは皆川佑介がPKをGK白井裕人にストップされたものの、4-1と敵地で快勝を収めている。 熾烈なJ1昇格プレーオフ圏内では、4位のV・ファーレン長崎が12位・東京ヴェルディに敗戦。鹿島アントラーズから今夏に加入した染野唯月の移籍後初ゴールが決勝点となった。5位・ファジアーノ岡山はチアゴ・アウベスの2ゴール1アシストで19位・いわてグルージャ盛岡に3-1と快勝。7位・FC町田ゼルビアと8位・大分トリニータの一戦は1-1の引き分けに終わっている。 ◆第30節 ▽8月6日(土) いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 5</span>-2 FC琉球 アルビレックス新潟 2-2 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-2 横浜FC FC町田ゼルビア 1-1 大分トリニータ ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ベガルタ仙台</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> ▽8月7日(日) ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック ザスパクサツ群馬 vs ジェフユナイテッド千葉 ロアッソ熊本 vs 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;"></span> 2022.08.06 22:04 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly