24季ぶりプレミア昇格のN・フォレスト、クラブレコードで元リバプールFWアウォニイを獲得!

2022.06.25 17:39 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノッティンガム・フォレストは25日、ウニオン・ベルリンからナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニイ(24)を獲得したことを発表した。契約は2027年6月30日まで。

来シーズンから24年ぶりにプレミアリーグの舞台に戻るN・フォレスト。久々のトップリーグでの善戦に期待が募るなか、今夏初めての新戦力が到着した。

かつてリバプールの下部組織に在籍していた経歴を持つアウォニイは、オランダやベルギー、ドイツをレンタルで転々とする中で2020-21シーズンからウニオン・ベルリンでプレー。完全移籍に切り替えた今季は、公式戦43試合の出場で20ゴール5アシストと得点力を開花させていた。

複数クラブが視線を送る存在だったが、古豪N・フォレストが争奪戦を制する結果に。1750万ポンド(約29億円)のリリース条項を発動させ、クラブ史上最高額での加入となった。なお、そのうちの10%はリバプールに渡る契約となっているようだ。


関連ニュース
thumb

オーセル、フォレストからFWダ・コスタを完全移籍で獲得、昨季はリーグ・ドゥで9Gをマーク

オーセルは7日、ノッティンガム・フォレストから元カーボベルデ代表FWヌーノ・ダ・コスタ(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月までの2年間で、1年の延長オプションが付随している。 ヴァランシエンヌやストラスブールで活躍したダ・コスタは、2020年1月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のフォレストに完全移籍。半年間でリーグ戦10試合に出場したが無得点に終わると、2020年の夏にベルギーのムスクロンへレンタル移籍。 昨季はリーグ・ドゥ(フランス2部)のカーンへレンタルに出されると、リーグ戦24試合に出場し9ゴール4アシストを記録していた。 2022.08.08 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタ主軸MFフロイラー、プレミア昇格組フォレストへの移籍が濃厚か

アタランタのスイス代表MFレモ・フロイラー(30)が、ノッティンガム・フォレストへの移籍に近づいているようだ。 フロイラーは2016年1月に母国のルツェルンからアタランタへ加入。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督から大きな信頼を寄せられており、クラブ通算259試合に出場し、20得点23アシストを記録。昨季は多くの試合でキャプテンマークを巻いてピッチに立った。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、アタランタはフロイラーの移籍金として1000万ユーロ(約13億6000万円)を要求。一方のフォレストは700万ユーロ(約9億6000万円)を提示しているとのことだ。 現時点では金額に隔たりがあるものの、両者は合意に接近しつつあり、フロイラーも代理人を通じてフォレスト側とのやりとりを開始したとのこと。また、周囲に対しても退団を示唆しているという。 プレミアリーグ昇格組のフォレストは今夏、マンチェスター・ユナイテッドからイングランド代表MFジェシー・リンガード、同代表GKディーン・ヘンダーソンを補強。その他にもリバプールのウェールズ代表DFネコ・ウィリアムズを獲得するなど、各ポジションに即戦力となり得る人材を揃え、プレミアでの戦いに備えている。 2022.08.04 18:34 Thu
twitterfacebook
thumb

元アーセナルDFジェンキンソンが豪ニューカッスルへ加入

Aリーグ(オーストラリア1部)のニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツは3日、元イングランド代表DFカール・ジェンキンソン(30)の加入を発表した。 昨シーズン限りでノッティンガム・フォレストとの契約が満了したジェンキンソンは、フリートランスファーでの加入となり、2年契約にサインしている。 チャールトンの下部組織出身のジェンキンソンは2011年にアーセナルに加入。アーセナルでは在籍8年間で通算70試合に出場。その間、2014年夏からの2年間はウェストハムに、2017-18シーズンはバーミンガムにレンタル移籍していた。 その後、2019年には当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたフォレストに完全移籍で加入。しかし、その新天地では足首のケガなどの影響もあり、思うように出場機会を得られず。今年1月にはAリーグのメルボルン・シティへシーズン終了までのレンタルで加入し、公式戦27試合3ゴールの数字を残していた。 2022.08.03 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

「本当に犯罪的で腹立たしい」D・ヘンダーソンが約束反故のユナイテッドに怒り

ノッティンガム・フォレストにレンタル移籍で加入したイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンが、マンチェスター・ユナイテッドへの怒りを露わにした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ユナイテッドの下部組織出身であるディーン・ヘンダーソンは、2018年6月からの2年間にわたるシェフィールド・ユナイテッドでの武者修行を経て大きく成長。2020-21シーズンにユナイテッドへ復帰すると、シーズン終盤にはポジションを掴み守護神への定着が期待された。 しかし、昨シーズンは新型コロナウイルス感染などで出遅れると、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの控えに甘んじて公式戦わずか3試合の出場にとどまることに。本人は今年11月に開催するカタール・ワールドカップ(W杯)行きを諦めておらず、出場機会を求めてフォレストへのレンタル移籍を果たした。 新天地で今週末に迫ったプレミアリーグ開幕に向け準備を進めるディーン・ヘンダーソンだが、イギリス『talkSPORT』に出演した際ユナイテッドへの不満が爆発。昨季開幕前に交わしていた約束を破ったクラブへの怒りを隠さなかった。 「正直に言って、(昨シーズンは)僕のキャリアの中でもっともタフな12カ月間だったと思う。タフで、ハードだった。そして今、その反対に位置する場所に来ることができて、とても幸せだよ」 「昨年行われたユーロのメンバーから外れた後、『君はユナイテッドに戻ってナンバーワンのGKになるんだ』とクラブから言われていた。でも、新型コロナウイルス感染から復帰してチームに戻ったら、誰もその言葉を実行に移そうとしなかったね」 「昨年の夏、僕には多くの良いローンのオファーがあったんだ。でも彼らはそれを断り、僕を手放さなかった。それもまた悔しいね。この年齢で12カ月も無駄に過ごすなんて、本当に犯罪的だよ。腹が立って仕方なかった」 また、ディーン・ヘンダーソンは今夏に何としても移籍するため、エリク・テン・ハグ監督に自身を評価して欲しくもなかったとコメント。どうしても出場機会が必要だったことを訴えている。 「僕は彼(テン・ハグ)に、トレーニング中の自分を見て欲しくなかった。おそらく彼は、僕を引き留めたいんだろうなと思っていたからね。だから僕はクラブの上層部に対して『フットボールをする必要がある。ここに残って昨季の二の舞はごめんだ』と言ったよ」 2022.08.03 12:54 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤航の相棒・マンガラが23年ぶり昇格のフォレストに完全移籍

ノッティンガム・フォレストは31日、シュツットガルトのベルギー代表MFオレール・マンガラ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金などは明かされておらず、契約期間も長期とのみ発表。イギリス『BBC』によると、1200万ポンド(約19億5000万円)の移籍金を支払ったとのことだ。 アンデルレヒトの下部組織で育ったマンガラはドルトムントの下部組織へもレンタル。2017年7月にシュツットガルトに完全移籍した。 ハンブルガーSVへのレンタル移籍を経験し、2019年6月からはシュツットガルトでプレー。デュエルキングの遠藤航の相棒としてボランチでプレー。シュツットガルトでは公式戦109試合で3ゴール10アシストを記録した。 マンガラは今季23年ぶりに昇格したフォレストの12人目の新加入選手に。ジェシー・リンガードやネコ・ウィリアムズらを補強していた。 2022.07.31 20:56 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly