ケルン、ライプツィヒからU-21ドイツ代表MFを獲得!

2022.06.24 20:16 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ケルンは24日、RBライプツィヒからU-21ドイツ代表MFエリック・マルテル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。

ライプツィヒのアカデミー育ちのマルテルは、センターバックもこなす188cmの守備的MF。2020年12月に行われたDFBポカールのアウグスブルク戦でトップチームデビューを果たしたが、以降は出番に恵まれず。2021年1月にオーストリア・ウィーンへ1年半のレンタルに出されると、ここまで公式戦55試合に出場し、4ゴール5アシストの数字を残していた。

ドイツの世代別常連でもあるホールディングMFには国内外からオファーが届いていたものの、母国のトップリーグでのプレー機会を求めたマルテルは、ケルンという堅実な移籍先を選択した。

関連ニュース
thumb

後半連続失点のドルトムントがケルンに逆転負け…《ブンデスリーガ》

ドルトムントは1日、ブンデスリーガ第8節でケルンと対戦し2-3で敗戦した。 ここまで5勝2敗で3位に位置するドルトムントが、9位ケルンのホームに乗り込んだ一戦。 前節のシャルケ戦で公式戦連敗を止めたドルトムントは、その試合同様に最前線にモデストを据えた[4-2-3-1]を採用。2列目は負傷したロイスに代わり、ブラントがトップ下、右にアデイェミ、左にマレンを起用した。 試合は一進一退の展開となる中、ドルトムントは24分に決定機を迎える。右サイドでボールを拾ったムニエのアーリークロスがボックス左まで流れるとマレンがダイレクトで折り返したがゴール前のモデストには合わず。 一方のケルンは29分、右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったカインツがボックス左まで切り込みシュートを放ったが、これはゴール右に逸れた。 ピンチを凌いだドルトムントは31分、中盤でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けるとダイアゴナルに持ち上がったベリンガムのラストパスを受けたブラントがゴール前まで切り込みゴール右隅にシュートを流し込んだ。 迎えた後半は、1点ビハインドのケルンが積極的な入りを見せると53分に試合を振り出しに戻す。ヘクターのスルーパスに反応押したマイナがボックス左深くから折り返すと、最後はゴール前に走りこんだカインツが流し込んだ。 さらにドルトムントはその3分後にも、カインツの右CKをニアに走りこんだティゲスにヘディングシュートを決められると、71分にはボックス左手前でパスを受けたリュビチッチのコントロールショットをゴール右に決められた。 2点を追う展開のドルトムントは、77分にマレンとラファエル・ゲレイロを下げてジャンとローテを投入。すると78分、ムココのパスを左サイドで受けたローテがボックス左横からクロスを入れると、相手DFにディフレクトしたボールがGKシュワーブの上を越す絶妙なループシュートとなり、そのままゴールに吸い込まれた。 一気に追いつきたいドルトムントは、83分にGKのロングフィードから抜け出したT・アザールの右クロスにムココが反応するもこれは届かず。さらに87分にもムニエの右クロスからムココが決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠に上に外れた。 結局、試合はそのまま3-2でタイムアップ。後半の連続失点が響き、ドルトムントがケルンに逆転負けを喫した。 2022.10.02 00:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがケガ人の状況を報告…主将ロイスが来週にも練習復帰か

ドルトムントを率いるエディン・テルジッチ監督が、次節のケルン戦に向けて、ケガ人の状況を語った。 ケルン戦を10月1日にに控え、29日に会見に臨んだテルジッチ監督は次のように話した。 「ケルン戦では、長期負傷中のセバスティアン・アラー、マハムド・ダフード、マテウ・モレイ、ジェイミー・バイノー=ギテンスに加え、グレゴール・コベル、 ジョバンニ・レイナ、マルコ・ロイスが欠場する」 「レイナはアメリカ代表での国際親善試合で筋肉疲労を起こし、7日から10日間の離脱となる。復帰は水曜日のセビージャ戦以降になるだろう」 また、シャルケとの“レヴィア・ダービー”で負傷したロイスについては「幸い、ロイスのケガは当初心配したほどひどくはない。来週にも少しずつチームのトレーニングに復帰できることを期待している」 2022.09.30 01:51 Fri
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、退場者出しケルンにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは28日、ブンデスリーガ第4節でケルンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 前節、堂安フライブルクとの日本人対決に敗れたシュツットガルトは2分け1敗スタートとなった中、遠藤と伊藤が開幕から4試合連続揃って先発となった。 1勝2分けスタートのケルンに対し、[3-5-2]で臨んだシュツットガルトは遠藤がボランチ、伊藤が左センターバックでスタート。 開始20秒、遠藤のミドルシュートで幕を開けた一戦は、シュツットガルトが良い入りを見せる。5分、CKからマヴロパノスのヘディングシュートが枠を捉えるもGKシュワーブのセーブに阻まれた。 さらに22分にも決定機。カウンターからヒューリッヒのパスを受けたムヴァンパがシュート。しかし、ここもGKシュワーブのセーブに阻止された。 良い流れが続くシュツットガルトは38分、やはりカウンターから絶好機。だが、ムヴァンパはGKとの一対一を止められ、ゴールを割ることができずに前半を終えた。 迎えた後半、開始5分にまたもムヴァンパに決定機が訪れたシュツットガルトだったが、これを決めきれずにいると、56分に退場者。ファイファーがヒューバースの足首にタックルを見舞って一発退場となった。 10人となったシュツットガルトだったが、ケルンに主導権を握られることなく時間を進めていく。 ラストプレーの追加タイム5分には大ピンチを迎えるも、ティールマンの強烈なシュートをGKミュラーがビッグセーブで凌ぎ、0-0で終了。勝ち点1を持ち帰っている。 2022.08.29 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表FWウートが手術へ…最低3週間の離脱か

ケルンの元ドイツ代表FWマルク・ウートが手術を受けるようだ。ケルンのスポーツディレクター(SD)を務めるクリスチャン・ケラー氏が公式会見で明かした。 ウートは7月末に行われ、PK戦までもつれたDFBポカール1回戦のヤーン・レーゲンスブルク戦にフル出場していたが、この試合で恥骨を負傷。以降の公式戦4試合を欠場していた。 23日に会見に臨んだケラーSDは、ウートの状態について「彼の問題を解決するのには手術が必要となり、すぐに復帰することはできない。3~4週間はかかるだろう」とコメントした。 ここまで1勝2分けで8位に位置するケルンは、25日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ予選プレーオフ2ndレグでフェヘールヴァール(ハンガリー)戦を戦い、28日にブンデスリーガ第4節でシュツットガルトと対戦する。 2022.08.24 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の鎌田が2戦連発もフランクフルト、ケルンに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第3節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は69分から出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ヘルタ・ベルリン戦では開始早々のトラップミスで失点に絡んだものの同点弾を挙げて借りを返した鎌田。チームは試合終了間際のPK取り消しで引き分けに終わった中、鎌田はベンチスタートとなった。 1勝1分けスタートのケルンに対し、押し込む入りとしたフランクフルト。しかしシュートに持ち込むには至らず、膠着した前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も同様の構図で試合が進んだ中、69分に鎌田が2シャドーの一角に投入される。 すると71分、左サイド高い位置で鎌田が得たFKを自ら直接狙うと、DFの頭にかすかに当たったボールがそのままゴールに吸い込まれ、フランクフルトが先制した。 しかし82分、ティールマンに見事なボレーシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻されてしまう。 勝ち越しを狙うフランクフルトは88分、鎌田のポストプレーからヤキッチが決定機なシュートを放つも、GKシュワーブの正面。7分の追加タイムでも勝ち越しゴールは生まれず1-1の引き分けに終わった。 2022.08.22 00:28 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly