ベッカムに並ぶ“イケメン”…日韓W杯で一大ブームとなったイルハンはすっかり“イケオジ”に

2022.06.25 22:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イルハン・マンスズの名を覚えているだろうか。今から20年前の2002年に日韓ワールドカップが開催。国中がサッカーに沸いた中、その中でもひと際注目を集めたのが、当時イングランド代表だったデイビッド・ベッカム氏だ。日本では“ベッカム・フィーバー”が巻き起こり、その髪型を模したモヒカンヘアーも流行った。

そして、もう1人“イケメン”として脚光を浴びたのがトルコ代表だったイルハンだ。

「イルハン王子」の愛称で女性を中心にファンを獲得し、テレビや雑誌でも特集がなされた。長髪をなびかせながら頭の上で髪の毛をとめるちょんまげスタイルにクシャっとした笑顔は多くの人のハートを撃ち抜いた。

ピッチの上でも、控えという立場ながら全7試合に出場すると、チーム最多の3得点をマーク。トルコの史上初の3位という結果に大きく貢献している。

そのイルハンは大会後の2004年にヴィッセル神戸へと加入。Jリーグでは負傷の影響もありほとんど出場機会もないまま、最終的には無断帰国という形での退団となったが、その意味でも記憶に残っている人はいるのではないだろうか。

現役引退後にはフィギュアスケーターへの転身も明らかになったイルハン。46歳になったイルハンのSNSを覗くとすっかり“イケオジ”になったようだ。

トルコ代表の公式SNSや現地のメディアなどは22日、「今から20年前、イルハンのゴールで代表が準決勝に進出」と当時を振り返っており、現地では、代表チームを史上初のW杯3位に導いた英雄として認識されているようだ。


関連ニュース
thumb

ユーベ、U-17トルコ代表の逸材ケナン・ユルディズ加入を発表!

ユベントスは12日、バイエルンユース出身のU-17トルコ代表MFケナン・ユルディズ(17)の加入を発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となる。 ケナン・ユルディズはドイツのバイエルン州レーゲンスブルクで生まれ育った17歳。中盤の攻撃的なポジションを得意とするファンタジスタだ。バイエルンには7歳から在籍しており、2021-22シーズンはU-19チームを主戦場としていた。また、母親がトルコ出身であることから、世代別代表では同国代表でのプレーを選択している。 先月30日付でバイエルンとの契約が満了となっており、かねてよりユベントスやバルセロナといったビッグクラブからの関心が寄せられていた逸材ケナン・ユルディズ。当面の間はU-19やU-23チームに身を置くと考えられ、近い将来のファーストチーム入りが期待されている。 2022.07.12 21:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがトルコ代表DFチェリク獲得を発表! 20-21はリールでリーグ・アン制覇の右SB

セリエAのローマは5日、リールからトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(25)の獲得を発表した。契約は2026年6月までで、背番号は「19」となる。 チェリクは2018年夏からリールに在籍し、公式戦通算143試合8得点14アシストを記録。2020-21シーズンはリーグ・アン優勝にも貢献した。また、トルコ代表としては昨夏のユーロ2020にも出場し、通算32試合2得点を記録している。 チェリクはローマ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ローマのように大きなクラブでプレーする機会をもらえて光栄だよ。僕には大きな野心があり、チームの成功に貢献したいと思っているよ」 「僕はとても集中していて、ローマのために戦う準備ができている。決して諦めず、ピッチ上で全力を注ぐ僕を見せるよ」 ローマは元セルビア代表MFネマニャ・マティッチらに続いて、チェリクが今夏3人目の新戦力となる。 なお、イタリア『スカイ』によると、移籍金は700万ユーロ(約9億9000万円)。年俸は200万ユーロ(約2億8000万円)のようだ。 2022.07.05 17:24 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯プレーオフ敗退直後の試合で白星のイタリア、マンチーニ監督は若手を評価「簡単な状況ではなかったが…」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、若手の活躍を喜んだ。『フットボール・イタリア』がコメントを伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)プレーオフ準決勝で北マケドニア代表に敗れ、2大会連続でW杯本大会出場を逃したイタリアは、29日に行われた国際親善試合でトルコ代表と対戦した。 FWジャコモ・ラスパドーリやFWジャンルカ・スカマッカら多くの若手を先発起用して臨んだ一戦は、開始早々に失点を許す苦しい展開になったものの、MFブライアン・クリスタンテ、ラスパドーリのゴールによって前半で逆転に成功。後半にもラスパドーリに点が生まれると、その後1点を返されたものの3-2で勝利した。 試合後、イタリア『RAI Sport』のインタビューに応じたマンチーニ監督は、勝利の価値は薄くとも、若手の奮闘は喜ばしいと前向きなコメント。だが、やはりW杯に出場できなかった痛みは大きいようだ。 「この試合は競争という点では無意味だった。でも、チームとしてやることがあるならば、ネガティブな状況であったとしてもしっかりやる必要がある」 「若い選手たちはよくやってくれた。それは喜ばしいことだ。0-1となったときの反応も良かったと思う。ここは熱狂的なファンがいて、雰囲気は素晴らしかった。だから、試合開始から15分後には冷静さを保ち、主導権を握ることができたのだ」 「多くの選手が初めて一緒にプレーしたのだから、簡単ではなかった。若い選手たちには時間が必要であり、簡単な状況ではなかったと思う。それでも、彼らが良くやってくれたことは嬉しい」 「残念ながら、ここは我々が望んでいた場所ではなかったとしても、チームの反応は強烈だった。とはいえ、(カタールW杯が終わる)12月まではずっと悔いが残るだろう」 2022.03.30 16:29 Wed
twitterfacebook
thumb

2大会連続W杯出場逸の失意イタリア、トルコ戦に臨むメンバー発表

イタリアサッカー協会(FIGC)は28日、明日敵地で行われるトルコ代表との国際親善試合に臨むイタリア代表メンバー24名を発表した。 24日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ準決勝で北マケドニア代表にまさかの敗戦を喫して2大会連続でW杯出場を逃したイタリアは、北マケドニア戦に挑んだメンバーから9名が離脱。 代表を離れたのはFWチーロ・インモービレ、FWロレンツォ・インシーニェ、FWマッテオ・ポリターノ、FWドメニコ・ベラルディ、MFジョルジーニョ、MFマルコ・ヴェッラッティ、DFジャンルカ・マンチーニ、DFルイス・フェリペ、DFアレッサンドロ・フロレンツィの9選手。 再起を図るイタリアはプレーオフ準決勝でポルトガル代表に敗れたトルコとの一戦で新スタートを切る。 ◆イタリア代表メンバー GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン/フランス) ピエルルイジ・ゴッリーニ(トッテナム/イングランド) サルバトーレ・シリグ(ジェノア) アレッシオ・クラーニョ(カリアリ) DF フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ) クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ) レオナルド・ボヌッチ(ユベントス) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ) アレッサンドロ・バストーニ(インテル) エメルソン・パルミエリ(チェルシー/イングランド) MF マッテオ・ペッシーナ(アタランタ) サンドロ・トナーリ(ミラン) ステファノ・センシ(サンプドリア) ニコロ・バレッラ(インテル) マヌエル・ロカテッリ(ユベントス) ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ) ブライアン・クリスタンテ(ローマ) FW ニコロ・ザニオーロ(ローマ) マッティア・ザッカーニ(ラツィオ) ジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ) ジャンルカ・スカマッカ(サッスオーロ) アンドレア・ベロッティ(トリノ) ジョアン・ペドロ(カリアリ) 2022.03.28 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラク・ユルマズがトルコ代表引退…歴代2位の31ゴールもラストゲームで無念のPK失敗…

リールのトルコ代表FWブラク・ユルマズ(36)が代表引退を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 トルコは24日、敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフ準決勝でポルトガル代表と対戦し、1-3で敗戦。この結果、カタールW杯本大会出場の可能性が潰えることになった。 ユルマズは同試合で後半半ばの65分に0-2から1点差に追いつくゴールを決めたが、83分に迎えた絶好の同点機ではPKを枠の上に大きく外し、痛恨の失敗に。このPK失敗が響き、チームは厳しい予選敗退となった。 同試合後、ユルマズは、「今日は(トルコ代表としてプレーする)最後の試合となった」と、このタイミングでの代表引退を認めた。 さらに、「僕はこのPKを決めるべきだったと、残りの人生において毎晩目を覚ますことになるかもしれない」と、沈痛な思いを口にしている。 トルコの世代別代表で常に主力を担ってきたユルマズは、2006年4月に行われたアゼルバイジャン代表戦でフル代表デビュー。以降は77試合に出場し、ハカン・シュキュル(51ゴール)に次ぐ歴代2位の31ゴールを決めていた。 2022.03.25 22:49 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly