ポグバはやはりユベントス入り、すでに原則合意で契約条件を調整中か

2022.06.24 10:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドを退団したフランス代表MFポール・ポグバ(29)。ユベントス移籍が近づいているとされる中、その動きが芳しくない。

メディカルチェックも一部を終えているとされているポグバだが、どうやら移籍に関しては原則的に合意に達しているとイタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。

『スカイ・スポーツ』によれば、細部を詰めているとのことで、契約期間が3年+1年の延長オプションになるか4年になるかが争点のようだ。

また、ポグバは7月に入ってから契約にサインするとされ、あと1週間はかかる見込み。パリ・サンジェルマン(PSG)の噂も出た中、ユベントス入りはほぼ確実にようだ。

ユナイテッドとユベントスの間を行き来しているポグバ。ユベントスで輝きを放ち、期待を受けて6年前にユナイテッドに復帰したものの、獲得したタイトルはEFLカップとヨーロッパリーグの2つ。近年はサポーターにブーイングされるなど、関係は良いとはいえず、潮時と言えるだろう。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドFDとラビオ代理人、トリノでの会談はポジティブに終了…交渉継続へ

マンチェスター・ユナイテッドはユベントスから獲得を狙うフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の代理人と前向きな話し合いができたようだ。 先週末のプレミアリーグ開幕節でブライトン&ホーヴ・アルビオンに敗れ、黒星スタートのユナイテッド。ショッキングな一敗を喫したなか、MFフレッジとMFスコット・マクトミネイの出来が悪かった中盤を巡って補強の必要性が改めて浮き彫りとなり、新たなターゲットにラビオが急浮上している。 バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングにチェルシー移籍の線が強まるなかで浮かび上がったラビオ獲りの動きは売却視野のユベントスと移籍金1700万ユーロ(約23億2000万円)で合意に至り、実母で代理人のヴェロニク氏との交渉を乗り越えられればというところまできているとされる。 そのなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者は12日にトリノでユナイテッドの補強を司るフットボールディレクター(FD)のジョン・マータフ氏とヴェロニク代理人の会談予定を主張。続報によれば、その交渉は既報通りの12日に執り行われ、ポジティブなミーティングになったという。 両者は選手のサラリーを巡ってまだ完全合意に至っていないものの、今後も交渉を続けていく模様。マータフFDはヴェロニク代理人と会談後、トリノを後にする姿が確認されている。 なお、ユベントスはラビオがユナイテッド移籍の場合、その穴埋めとしてパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(28)を獲得しにいくとみられる。 2022.08.13 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

コスティッチ獲得のユベントス、フランクフルトへペッレグリーニをレンタル

ユベントスは12日、イタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)がフランクフルトへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 ユベントスでは同日、フランクフルトからセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得。同じく左サイドを主戦場とするペッレグリーニがフランクフルトへ移籍する形となった。 ルカ・ペッレグリーニはローマの下部組織出身で、2019年夏にユベントスに加入。カリアリやジェノアにレンタルで移籍して武者修行を積み、昨季はユベントスでセリエA18試合(うち先発は15試合)に出場していた。 2022.08.13 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがフランクフルトMFコスティッチの獲得を正式発表、4年契約で移籍金は16.5億円

ユベントスは12日、フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2026年6月30日までの4年間となる。 なお、移籍金は1200万ユーロ(約16億5000万円)で、3年後に支払われるとのこと。また、FIFA(国際サッカー連盟)の規則によって規定されている連帯ボーナスは最大150万ユーロ(約2億円)。さらに、スポーツの特定条件を満たした場合は、300万ユーロ(約4億円)のボーナスが追加される。 コスティッチは母国のラドニチュキから2012年7月にフローニンヘンへと完全移籍。2014年8月にシュツットガルトへ完全移籍し、ドイツでのキャリアを始める。 その後は、ハンブルガーSVへと移籍し、2018年8月にフランクフルトへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入した。 フランクフルトでは、公式戦171試合に出場し33ゴール64アシストを記録。左利きのプレーメーカーとしてチームを支え、昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場し4ゴール9アシスト、優勝したヨーロッパリーグ(EL)では11試合で3ゴール6アシストを記録していた。 2021-22シーズンはブンデスリーガで87回と最も多くのチャンスを作り出し、218回と最も多くのクロスを上げていた。 2022.08.12 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA・シーズンプレビュー】ルカク復帰のインテルが本命、積極補強のユーベが対抗

2022-23シーズンのセリエAが13日に開幕する。昨季はミランがインテルとの熾烈なスクデット争いの末、11季ぶりに優勝を果たした。迎える新シーズン、覇権奪還を目論むインテルを本命、2季連続不本意なシーズンを送ったユベントスを対抗に推したい。 ◆ルカク復帰で覇権奪還へ~インテル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はミランとのデッドヒートの末、後一歩で連覇に届かなかったインテル。ただ、主砲のFWルカクが移籍し、コンテ監督が退任となった中、大健闘のシーズンだったとも言える。そのインテルは新シーズンに向けてチェルシーで不発に終わったルカクが復帰。これ以上ない戦力が戻り、年々進化を遂げるFWラウタロ・マルティネスとのコンビで優勝したシーズンのような破壊力が復活するはずだ。 守備面に関しては相変わらずの安定感を誇る守護神のハンダノビッチが健在。仮に離脱したとしても控えにGKオナナを獲得と隙がない。そして財政難により放出が噂されたDFシュクリニアル、DFダンフリース、DFデ・フライらが揃って残留濃厚な情勢と、S・インザーギ監督にとっては好ましい状況だ。現状の戦力を維持できれば、スクデットの本命で間違いないだろう。 ◆積極補強で4季ぶり王座奪還へ~ユベントス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はアッレグリ監督が復帰し、少なくとも優勝争いをすることが予想されたが、甘くはなかった。FWロナウドが去った前線は得点力不足に陥り、1月にFWヴラホビッチが加入するまで攻撃の形が見えない程だった。何とか4位に滑り込んでチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得し、体裁を保っただけのシーズンとなった。 そのユベントスは新シーズンに向けてFWディ・マリア、MFポグバ、MFコスティッチ、DFブレメルと好タレントを各ポジションに迎え入れた。FWディバラとDFデ・リフトの両主力がクラブを去ったが、戦力は増した印象だ。とりわけプレシーズンを見る限り、ディ・マリアの加入が大きそうだ。34歳となったアルゼンチン代表FWだが依然としてキレがあり、ボールを持った際の選択肢の豊富さはディバラを上回り、攻撃のバリエーションが増えそうだ。心配なのはケガがちなポグバだ。彼がユナイテッド時代同様にケガに悩まされ続けるようだとインテルの背中は遠のくばかりだ。 ◆ベルギーの至宝一本釣り~ミラン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> フロントの的確な補強、ピオリ監督の手腕で11季ぶり優勝を遂げたミランも優勝候補の一角だ。主力ではMFケシエとDFロマニョーリが契約満了で旅立ったが、大半の主力が残留しており、戦力は維持されている。得点力不足の前線にはFWオリジが加入したが、まだまだ粗削りな印象の27歳はイタリアの地で覚醒となるか。 そして何より楽しみなのが至宝MFデ・ケテラエルの加入だ。次世代のベルギー代表の中軸を担うことが期待される21歳は、ゴールとアシストでチームを勝利に導ける、かつてのレジェンドであるカカのような存在。トップ下の人材が定まらないミランとしては打ってつけのタレントと言えそうだ。昨季露呈した脆弱な攻撃陣をどれだけこの若武者が牽引できるか、ミランの命運を握っている。 ◆欧州王者が3強に続くか~ローマ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ミラノ勢、ユベントスに次ぐ存在が昨季ヨーロッパ・カンファレンスリーグ初代王者となったローマになるだろう。ユベントス退団となったディバラを迎え、モウリーニョ監督の愛弟子であるMFマティッチを獲得。それに留まらずMFワイナルドゥムまで獲得とセンターラインを強化。仮にFWベロッティまで加われば各セクションの充実ぶりは上記の3強に匹敵する。移籍が噂されたMFザニオーロも残留濃厚で攻撃陣は十分。モウリーニョ監督の戦術が浸透して鉄壁の守備が築かれれば、CL出場権獲得は難しくないタスク。あわよくばスクデット争いに絡んでいきたい。 ◆戦力維持で迎えるサッリ体制2季目~ラツィオ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> サッリ体制2季目のラツィオは戦力維持に成功している。新加入はDFロマニョーリとMFベシーノと計算の立つ実力者だ。スクデット争いに絡むには戦力不足かもしれないが、CL出場権争いには確実に絡んでくるだろう。サッリ監督の戦術がさらに浸透することが予想され、上位に食い込んでくることは間違いなさそうだ。 ◆攻守の要流出…~ナポリ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はスクデットが狙える陣容だったが、財政難によりクラブの象徴だったFWインシーニェ、DFクリバリ、FWメルテンスがクラブを去った。代役として獲得したのはセリエA未経験のMFクワラツヘリア、DFキム・ミンジェと不安が大きい。CL出場権を確保できれば十分なシーズンか。 ◆リーグ戦一本の強み~アタランタ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 上位に居ることが定着したプロビンチャの雄アタランタは静かな夏を過ごしている。目立った補強はせず、主力の流出もない。FWムリエルに移籍の噂があるが、残留すればCL出場返り咲きを狙える戦力を擁しているものと思われる。何より今季は欧州の大会に出場しないため、セリエAだけに集中できる状況。名将ガスペリーニ監督も続投しており大崩れはしないだろう。 2022.08.12 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGのパレデスがユベントスと条件面で合意へ、クラブ間交渉はこれからも移籍金は27億円程度か

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(28)だが、ユベントスへの移籍で個人合意したようだ。 2019年1月にゼニトから加入したパレデス。これまでPSGでは公式戦115試合に出場し3ゴール10アシストを記録していた。 ジャパンツアーにも帯同し、ガンバ大阪戦に出場。また、今季はリーグ・アンの開幕戦となったクレルモン戦に途中出場すると、リオネル・メッシのバイシクルシュートをアシストしていた。 しかし、パレデスはPSGにとって今夏の放出候補の1人とされており、予てから中盤を補強したいユベントスが目をつけていた。 移籍市場に精通するジャーナリストであるファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、パレデスとユベントスの間では条件面で合意したとのことだ。 なお、移籍金に関しては2000万ユーロ(約27億5000万円)と見られているが、現時点ではクラブ間の合意には至っていない。 また、ユベントスはフランス代表MFアドリアン・ラビオがマンチェスター・ユナイテッドに移籍する状況があり、パレデスの場所を空けたい考えがあるようだ。 ユベントスは今夏獲得したフランス代表MFポール・ポグバがまさかの負傷でしばらく離脱。また、アメリカ代表MFウェストン・マッケニーも負傷し、中盤の枚数が足りない状況。11日にはフランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチを獲得したが、まだ補強を進めたいようだ。 2022.08.12 18:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly