積極的に動くアーセナル、ハフィーニャ売却に100億円求むリーズとの交渉継続か

2022.06.22 11:52 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルがリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(25)に最初のオファーを提出するも、拒否されたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

今シーズン、残留争いに巻き込まれたリーズで奮闘しプレミアリーグ35試合出場11ゴール3アシストの好成績を残したハフィーニャ。多くのビッグクラブが関心を寄せており、今夏の移籍市場の注目銘柄になっている。

ハフィーニャに対してはバルセロナが強い関心を示していたが、財政難に苦しむクラブは移籍金の捻出に苦戦しており、ここまで具体的なオファーは出していない。それに対して、積極的な動きを見せたのがアーセナルだ。

21日にポルトから移籍金総額4000万ユーロ(約56億7300万円)でMFファビオ・ヴィエイラの獲得を発表したアーセナルは間髪入れず、リーズに対してハフィーニャ獲得のオファーを提出したという。

しかし、移籍金の金額がリーズの要求に達していなかったことから、すぐに却下されたようだ。リーズはハフィーニャに対して6000万ポンド(約100億円)の移籍金を求めているが、アーセナルは引き続き交渉を続けていくと報じられている。

アーセナルはハフィーニャのほか、マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)やアヤックスのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(24)獲得に向けた交渉も行っており、積極的な夏を過ごしている。


関連ニュース
thumb

中盤を補強したいミラン、アーセナルMFサンビ・ロコンガに興味か

ミランがアーセナルのベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(22)の獲得を目指しているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が報じた。 サンビ・ロコンガはDRコンゴにルーツを持つベルギー代表MF。アンデルレヒトで育つと、昨夏アーセナルへと完全移籍を果たす。 アーセナルでの1年目はシーズン当初は出番があったものの、トーマス・パルティ、グラニト・ジャカ、モハメド・エルネニーとのポジション争いがあり、公式戦24試合の出場に終わっていた。 今シーズンも開幕戦の終盤に出場したが、ミランが虎視眈々と狙っているという。 2026年までアーセナルと契約が残っているため、ミランが獲得するとしてもレンタル移籍になる見込み。ただ、中盤の補強を行いたいクラブは、出番が限られそうなサンビ・ロコンガに目をつけ、一気に話をまとめたい考えがあるようだ。 アーセナルはトーマス、ジャカ、エルネニーに加え、U-21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラも獲得。出場機会を与えるためにサンビ・ロコンガを貸し出す可能性はありそうだと見られている。 2022.08.10 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル岩渕真奈が手術後初の実戦復帰、開幕へ向け機運上昇「やっぱりサッカーは楽しい」

アーセナルに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈がコンディションを上げているようだ。 アストンビラからアーセナルへ加入し、イングランド2年目となった昨季の終盤は欠場が続いていた岩渕。帰国後、足首の両手術を行ったことを5月20日に報告していた。 日本での充実のオフを経てイングランドへ帰還後は、長谷川唯(ウェストハム)とともにUEFA女子ユーロ決勝を観戦するなど刺激を得ていた岩渕。8日に自身のインスタグラムを更新し、チームメイトとの集合写真を公開。術後初となるゲームに臨み、プレーできる喜びを綴った。 「チームとして今シーズン初、そして個人的にも手術後はじめての試合。やっぱりサッカーは楽しいですね」 「毎日ハードにいい時間を過ごせてます。1ヶ月後のシーズン開幕に向けてコンディション上げれるように頑張ります!!!」 アーセナルは昨シーズンのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)を2位で終え、一昨年の3位から1つ順位を上げたが、優勝にはあと1歩届かなかった。今季もUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)を並行しつつ、3季ぶりの戴冠を目指している。 WSLの開幕戦は9月11日に行われるアウェイでのマンチェスター・シティ戦。メドウ・パークでの第2節、UWCLのラウンド2をはさみ、24日にはエミレーツスタジアムでトッテナムとの"ノースロンドン・ダービー"を迎える。 こちらはすでに2万枚以上のチケットが売れているとのこと。新シーズンへの期待も高まるなか、岩渕の活躍も楽しみだ。 <span class="paragraph-title">【写真】実戦復帰した岩渕、試合後にチームメイトと</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg_8t4JvhX1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg_8t4JvhX1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg_8t4JvhX1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルDFパブロ・マリがセリエA初昇格のモンツァへ!

アーセナルのスペイン人DFパブロ・マリ(28)のモンツァ移籍がまもなく決まるようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨シーズン後半をウディネーゼで過ごしたパブロ・マリ。主力としてセリエA15試合に出場する活躍を披露し、今夏にクラブは買い取りに動いていた。 だが、条件面でアーセナルと折り合いがつかずにいると、モンツァが獲得に名乗り。アドリアーノ・ガリアーニ副会長が直々にアーセナルに連絡を取り、合意に漕ぎつけたようだ。 伝えられるところによれば、移籍形態は1年間のレンタル移籍。モンツァがセリエA残留に成功した場合、買い取り義務が発生する条項がポイントとなっている。 なお、モンツァでは今夏、クラブ初のセリエAに向けてMFステファノ・センシをはじめ、MFマッテオ・ペッシーナ、FWジャンルカ・カプラーリらイタリア代表歴のある実力者が次々と加入している。 2022.08.10 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

序列が上がらないベジェリンがアーセナルと契約解除の交渉スタート? ベティス行き希望

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)だが、チームからの退団を希望しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 バルセロナの下部組織からアーセナルの下部組織に移籍。2014年7月にファーストチームへと昇格したベジェリン。攻撃的なサイドバックとして期待され、これまで公式戦239試合に出場し9ゴール29アシストを記録している。 しかし、ケガの影響などもありチーム内での序列が低下。昨シーズンはレアル・ベティスへとレンタル移籍すると、公式戦32試合で5アシストを記録。しかし、今夏アーセナルへと復帰していた。 プレシーズンでは右サイドバックとして起用されていたベジェリンだったが、開幕戦となったクリスタル・パレス戦はメンバー外。右サイドバックのポジション争いでの序列はまだまだ下にいる状況だ。 今シーズンは、日本代表DF冨安健洋がケガで出遅れていることもあり、イングランド代表DFベン・ホワイトが右サイドバックの1番手に。冨安、そしてポルトガル代表DFセドリック・ソアレスが控えており、4番手になる可能性が高い。 アーセナルとの契約は残り1年となっている中、ベジェリンは退団を希望。ベティスに留まりたい意向が強く、代理人を通して契約解除の交渉をクラブと進めたいようだ。フリーとなれば、ベティスに移籍するつもりだという。 アーセナルは、2020-21シーズンから合計で17名が退団。その中には、元ドイツ代表MFメスト・エジル、元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットらチームの中心として活躍した選手も含まれている。 また、今夏はラカゼットに加えて、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(ガラタサライ)、フランス代表MFマッテオ・ゲンドゥージ(マルセイユ)、ドイツ代表GKベルント・レノ(フルアム)、ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノス(シュツットガルト)を放出。さらにDFパブロ・マリも退団することが濃厚とされている。 その中にベジェリンも加わる可能性がありそうだが、交渉はどう進むだろうか。 2022.08.10 17:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ウィリアンがフルアム移籍で欧州復帰? 家族はブラジルの治安を懸念か

コリンチャンスに所属する元ブラジル代表FWウィリアン(34)のフルアム移籍の公算が高まっているようだ。 かつてチェルシーやアーセナルに在籍し、昨夏からは古巣のコリンチャンスでプレーしているウィリアン。ブラジルでもキレのあるプレーで、2022シーズンはここまで公式戦36試合に出場している。 直近のコパ・リベルタドーレス準々決勝2ndレグのフラメンゴ戦にも出場していたが、現在はフルアムが獲得に動いているようだ。 現時点でオファー内容は不明だが、選手本人もヨーロッパ復帰を視野に入れているとのこと。また、家族もブラジルの治安の悪さを懸念しているようで、公私ともに移籍には前向きだと考えられている。 なお、イギリス『90min』によると、コリンチャンスのヴィトール・ペレイラ監督は「私には答えることはできない。彼が幸せかどうかわからないし、家族の問題でもある」と、コメントしている。 2022.08.10 16:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly