W杯大丈夫? カタール代表がアイルランド王者に練習試合で敗戦

2022.06.22 18:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワールドカップ(W杯)の開催国であるカタール。史上初の冬開催となる大会を行うカタールは準備を進めている。

史上初の出場となるカタールだが、開催国のために予選は免除。2021年は中東地域で行われるアラブカップや、北中米カリブ海のゴールドカップに参加。また、フレンドリーマッチで調整を続けていた。

今年に入り3月にはブルガリア代表に2-1、スロベニア代表に0-0と結果を残していた中、現在はスペインでキャンプを行っている。

そんな中、21日にアイルランド・プレミアシップの王者であるリンフィールドとトレーニングマッチを実施。なんと1-0で敗れてしまったのだ。

試合はクリス・マッキーのゴールでリンフィールドが勝利したという。

あくまでもトレーニングマッチだが、開催国として調整がどれほど進んでいるのか不安になるところだろう。

カタールは11月21日にエクアドル代表と開幕戦を語り、25日にセネガル代表と、29日にオランダ代表と対戦する。

なお、リンフィールドはチャンピオンズリーグの予選に出るための準備中で、最初のトレーニングマッチだった。7月5日にウェールズのザ・ニュー・セインツと対戦する。



1 2

関連ニュース
thumb

カタールW杯の開幕1日前倒しが正式決定! 11月20日開幕、カタールvsエクアドルを開幕戦に変更

国際サッカー連盟(FIFA)は11日、11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)の開幕日を1日前倒すことを正式決定した。 史上初の中東で、冬に開催される今大会。ヨーロッパのシーズン中に行われるなど、これまでとは大きく異なる大会として注目されている。 開幕日は11月21日(月)に決まり、通例では開催国の試合がオープニングマッチとして行われてきた中、セネガル代表vsオランダ代表がオープニングマッチに設定されるなど、異例づくめとなっていた。 しかし、FIFAはオープニングマッチと開会式に関して従来の形に変更。20日(日)に開幕することとし、カタール代表vsエクアドル代表がオープニングマッチに設定され、20日の25時にキックオフ。これにより、開催国か前回大会王者が関わる試合で大会をスタートさせるという伝統を守ることとした。 なお、セネガルvsオランダは日付こそ変わらないものの、試合時間が後ろ倒しになることに。21日の25時キックオフとなった。 2022.08.12 08:03 Fri
twitterfacebook
thumb

アジアカップ2023開催地にオーストラリアや韓国など4カ国が立候補

アジアサッカー連盟(AFC)は18日、来年6月に開催されるアジアカップ2023の代替開催地にオーストラリア、インドネシア、韓国、カタールの4カ国が立候補したことを発表した。 従来は中国で開催される予定だった今大会。しかし、中国が新型コロナウイルス感染拡大の影響を理由に開催権を返上すると、AFCは今年5月に全AFC加盟協会へ代替開催地への立候補を呼びかけていた。 そして今回の発表によれば、7月15日の締め切りまでにオーストラリア、インドネシア、韓国、カタールの4カ国の協会がAFCに回答を送り、代替開催地への関心を表明したという。 なお、今後は各協会が8月31日に設定された入札書類提出期限日までに入札書類を提出し、その後AFC事務局による入札の総合評価が行われ、10月17日のAFC執行委員会で開催地が決定される見込みとなっている。 2019年に行われた前回大会では、カタール代表が初優勝。日本代表は準優勝だった。 2022.07.18 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがカタール代表との試合を取りやめ…サポーター団体の懸念を聞き入れ

ワトフォードが27日、カタール代表とのフレンドリーマッチ取りやめを発表した。 プレミアリーグ復帰から1シーズンでチャンピオンシップに逆戻りのワトフォード。7月5日からオーストリアでプレシーズンキャンプを始め、最終日の10日にカタールとの試合を予定したが、サポーターの声を聞き入れる形でキャンセルを決めたようだ。 イギリス『BBC』によると、ワトフォードの複数サポーターグループはクラブがカタールとの試合決定を発表した当初から失望感を露わに。国として同性愛を違法とする反LGBTQ+の姿勢や移民労働者の不当な扱いを問題視して、支持しなかったという。 ワトフォードはクラブ広報を通じて「試合を開催すべきではないというのが明確になったため、日程を修正した」と報告。サポーターグループもこの決定に「我々の懸念に耳を傾け、カタールとの試合を中止してくれて非常に満足している」と反応した。 今年11月に幕を開けるワールドカップで中東勢初のホスト国として注目されるカタールだが、以前から人権問題に懸念の声が上がっている。 2022.06.28 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

カタール開催に皮肉のオランダ代表指揮官、カタールとの同居にまた皮肉「プレーしているのを見たこともない」

オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。オランダ『Voetbal International』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 オランダは抽選の結果、グループAに入り、開催国のカタール代表の他、セネガル代表、エクアドル代表と同居した。 ファン・ハール監督は、そもそもカタールでW杯が開催されることに対し、国際サッカー連盟(FIFA)に対して痛烈な皮肉を口にしていた中、今回の抽選結果に対してもなんとも大人気ないコメントを残した。 「これが素晴らしい抽選だったかどうかは分からない。私は対戦相手の国についてよく知らない」 「カタールとセネガルにはほとんど行ったことがない。カタールはバイエルン時代に1回、2年前にはセネガルで休暇を過ごしていた。エクアドルには行ったことがない。カタールがプレーしているのを見たこともない」 「それらの国を知らないので、何も言うことができない。幸いなことに、敵を分析しなければいけない非常に優秀なスカウトがいる」 「我々はまだ負けておらず、これまでのところは素晴らしい仕事してくれたと言える」 「ワールドカップの準備に、利用できるネーションズリーグの試合が6試合ある。大会初日にプレーするため、準備する時間がない。しかし、我々が勝ち進んでいけば、トーナメントの終わりには有利に働く」 2022.04.02 22:43 Sat
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、斉藤光毅&山本理仁の鮮烈弾でU-23カタール撃破! 連勝で29日の順位決定戦へ《ドバイカップU-23》

U-21日本代表は26日、ドバイカップU-23でU-23カタール代表と対戦し、2-0で勝利した。 パリ・オリンピックを目指す世代の初の国際試合となった今大会。日本は23日に行われたU-20クロアチア戦を小田裕太郎のゴールで1-0と勝ち切り、大岩剛監督の初陣を白星で飾った。 連勝を目指す日本は中2日での一戦に向け、半田陸、甲田英將、斉藤光毅を除く先発8人を変更。GKに小久保玲央ブライアンが入ったほか、初戦で出場機会がなかった鈴木海音、木村誠二、川崎颯太、細谷真大が今大会初出場となった。 ◆U-21日本代表(スターティングメンバー) GK:小久保玲央ブライアン(ベンフィカ) DF:半田陸(山形)、鈴木海音(栃木)、木村誠二(山形)、加藤聖(長崎) MF:川崎颯太(京都)、松木玖生(FC東京) MF:甲田英將(名古屋)、荒木遼太郎(鹿島)、斉藤光毅(ロンメル) FW:細谷真大(柏) 引き続き[4-2-3-1]の布陣で臨んだ日本は、立ち上がりからボールの主導権を掌握。開始4分には甲田の右から中央への仕掛けを起点に、最後はボックス内の斉藤がファーストシュートに持ち込む。 しかし、10分が過ぎた辺りから不用意なボールロストが増えると、相手に続けてセットプレーを与えるなど、一転して押し込まれる場面が目立ち始める。 ビルドアップの苦戦に加え、相手にボールを握られて縦に速い攻撃に晒されて、GK小久保玲央ブライアンの身体を張った守備で幾度かピンチを凌ぐ場面も。そういった中、前半半ば過ぎの28分には松木の浮き球パスに反応した細谷が相手DFに先んじてボールを突いてボックス左でフリーの斉藤につなぐも、フリーで放った左足のシュートは左ポストを叩き、この試合最大の決定機を逸した。 飲水タイムによる中断を経て、全体の戦い方を整理した日本はやや相手陣内でのプレータイムを増やすが、終盤にかけては相手の強度の高いプレーにボールロストが目立ち防戦の展開に。最後の粘りで失点こそ喫しなかったが、難しい状況のままハーフタイムを迎えることになった。 メンバー交代なしで臨んだ後半は相手のプレッシャーをうまくかい潜りながらサイドを起点にチャンスを作り出す。49分には半田の裏への飛び出しからのプルバックをボックス中央の甲田がダイレクトシュートもDFの身体を張ったブロックに遭う。 しかし、良い形で攻撃を続ける日本は53分、甲田のフリックに反応した細谷が快足を飛ばして右サイド深い位置まで運び、並走する斉藤へ絶妙な折り返しを供給。斉藤はダイレクトでシュートを打つことはできなかったものの、ボックス中央で細かいフェイントでDFのタイミングを外して股間を抜く技ありのシュートをゴール左下隅へ流し込んだ。 前半の決定機逸を払しょくする斉藤のゴールで2試合連続で先制に成功した日本は、これで完全に勢いに乗る。直後の54分には荒木のスルーパスに抜け出した甲田がボックス内でGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、ここは続けざまに放ったシュートのコースが甘くなり相手GKのファインセーブに阻まれる。 その後、徐々にビハインドを追うカタールに攻め込まれる場面が増えてきた日本は、64分にこの試合最初の選手交代を敢行。甲田と川崎を下げて、松村優太と共に今大会初出場の山本理仁をいずれも同じポジションに投入した。すると、67分にはその山本がボックス左で得意の左足を振り抜き、いきなり相手GKを脅かす。さらに、直後にも細谷が高い位置でのボール奪取からそのままボックス内に持ち込むが、ここはシュートを逡巡して相手のブロックに阻まれる。 追加点を奪い切れないものの、危なげなく時計を進めていく日本は、さらに76分に3枚替え。殊勲の斉藤、荒木、松木を下げて藤尾翔太、鈴木唯人、藤田譲瑠チマと初戦で先発した3選手を投入し、藤尾と細谷が前線に並ぶ[4-4-2]に並びを変えた。 相手にボールを持たれるが、カウンターから幾度か良いシーンを作り出した日本は終盤にセットプレーから試合を決める2点目を奪い切る。鈴木の左CKがゴール前でDFに撥ね返されるが、ペナルティアーク付近でこぼれに勢いを持って飛び込んできた山本が見事な左足のジャンピングボレーシュートをゴール左隅に突き刺した。 その後、加藤を下げて内野貴史の投入で試合をクローズに入った日本はこのまま2-0でタイムアップを迎え、今大会2連勝を飾った。そして、29日に行われる順位決定戦で大会3連勝締めを狙う。 U-21日本代表 2-0 U-23カタール代表 【日本】 斉藤光毅(53分) 山本理仁(86分) ◆U-21日本代表 GK:小久保玲央ブライアン(ベンフィカ) DF:半田陸(山形)、鈴木海音(栃木)、木村誠二(山形)、加藤聖(長崎)[→内野貴史(デュッセルドルフ)] MF:川崎颯太(京都)[→山本理仁(東京V)]、松木玖生(FC東京)[→藤田譲瑠チマ(横浜FM)] MF:甲田英將(名古屋)[→松村優太(鹿島)]、荒木遼太郎(鹿島)[→鈴木唯人(清水)]、斉藤光毅(ロンメル)[→藤尾翔太(徳島)] FW:細谷真大(柏) 2022.03.26 22:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly