「ピピと陸と会いました」G大阪MF中村が日本の未来を背負う“同世代3ショット”を披露!「また同じピッチでサッカーしよう」

2022.06.21 11:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガンバ大阪のMF中村仁郎が2003年生まれの同世代の選手たちとの再会を明かした。

18日、明治安田生命J1リーグ第17節でG大阪は横浜F・マリノスと対戦。ここまでリーグ戦7試合に出場している中村だが、この日はメンバー外だった。

一方、中村と同世代の横浜FMのMF山根陸は試合終盤に途中出場。そして、この試合にはもう1人の同世代の姿もあった。



中村は20日にインスタグラムを更新。「マリノス戦終わった後にピピと陸と会いました」と山根と“ピピ”ことレアル・マドリーのフベニールA(U-19)に所属するMF中井卓大との3ショットを投稿した。

中村は「ピピとは15歳の時に代表で一緒にフランスに行ったぶりでした。陸は1週間ぶりくらいやったけど笑」と関係性について明かしており、「また同じピッチでサッカーしよう」と意気込み。さらにハッシュタグで「#2003 #ユニ交換はお互いメンバー入ってから」と綴っている。



1 2

関連ニュース
thumb

残留争い中のG大阪、長崎前監督の松田浩氏がトップチームコーチ就任 9日の練習から合流

ガンバ大阪は9日、松田浩氏(61)のトップチームコーチ就任を発表した。同氏は本日9日の非公開トレーニングからチームに合流しているという。 松田氏はヴィッセル神戸やアビスパ福岡、栃木SCで監督を歴任。昨年5月からはV・ファーレン長崎を率い、今年6月に退任した。 G大阪にとって、昨季の木山隆之現・ファジアーノ岡山監督に続くシーズン半ばのコーチ就任となる松田氏は意気込みを語っている。 「このたびトップチームコーチとして仕事をさせていただくことになりました。今、自分にできる精一杯を出し切り、チームに貢献できるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします」 片野坂知宏体制1年目のG大阪はここまでの明治安田生命J1リーグで暫定ながらJ1参入プレーオフ圏の16位と危険水域に瀕している。 2022.08.09 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、新マスコットの名前がついに決定へ! 今週末の清水戦で発表予定

ガンバ大阪が9日、今週末に新マスコットの名前を発表するとリリースした。 G大阪は14日にホームで行われる明治安田生命J1リーグ第25節で清水エスパルスと対戦。17時55分からのHEAT UP TIME内(スタジアム内ビジョン・ガンバ大阪公式You Tubeチャンネル)にて、新マスコットの名前発表を予定している。 2021年10月に創立30周年を迎えたG大阪では今季からエンブレムやロゴが刷新され、今年5月には新たなブランディングをさらに推進する存在としての新マスコットが発表。名前の募集を開始してから、約9000通の応募があったという。 2022.08.09 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

直近で福岡の選手・スタッフ15名が陽性に…6日の福岡vsG大阪が中止決定

Jリーグは4日、6日に開催予定のアビスパ福岡vsガンバ大阪に関して、中止とすることを発表した。 Jリーグによると、福岡で選手、スタッフの複数名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けており、エントリー可能な人数が規定の13名以上を充足できないことから中止となったという。 なお、代替日は決定次第発表されるという。 福岡では7月29日に選手1名、同31日に選手2名が陽性診断を受け、2日に選手とスタッフの合計9名が陽性に。3日に行われたYBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝第1戦のヴィッセル神戸戦では、ベンチ入りメンバーがわずか4名、内2名がGKとなり、GK山ノ井拓己は後半アディショナルタイムにフィールドプレーヤーとして途中出場していた。 さらに4日には選手、スタッフの合計3名が陽性に。直近で15名が陽性判定を受けていた。 2022.08.04 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「青黒がよう似合っとる」ファン・アラーノがG大阪のユニ姿で意気込み「信じてくれたクラブに心から感謝」

ガンバ大阪に加入したブラジル人MFファン・アラーノが青黒のユニフォームに袖を通した。 ファン・アラーノは2020年に母国の名門インテルナシオナウから鹿島アントラーズに完全移籍。献身性に定評があったが、今季は外国人枠の問題もあり出場機会を減らしており、G大阪への移籍が決まった。 G大阪にとってFW鈴木武蔵、FW食野亮太郎、MF山本理仁に続く今夏4人目の新戦力になったファン・アラーノは3日にオンライン会見も実施していたが、4日に自身のインスタグラムを更新。G大阪のユニフォーム姿の写真とともに改めて意気込みを語った。 「僕の能力を信じてくれたガンバ大阪に心から感謝し、この新しいチャレンジに意欲を燃やしています。多くの勝利と成果を成し遂げるサイクルになりますように!」 また、G大阪の公式ツイッターにもユニフォーム姿のファン・アラーノが登場すると、ファンからは「青黒がよう似合っとる」、「アラーノ違和感ないな(笑)」、「やっぱりガンバのユニフォーム似合うんよな〜」といった反応が寄せられている。 リーグ5試合勝ちがなく、15位に低迷するG大阪だが、ファン・アラーノは起爆剤となることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】似合う?青黒のユニフォーム姿のファン・アラーノ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg00elvragQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg00elvragQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg00elvragQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Juan Alano(@juanalano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.04 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪戦後に怒り爆発の京都FWマルティノスが謝罪「そんなつもりはなかった」

京都サンガF.C.のFWマルティノスが、騒動について謝罪した。 今季から京都に加わったマルティノス。ここまでリーグ戦でわずか3試合の出場と苦しんでいる状況だ。 そのマルティノスだが、7月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節のガンバ大阪戦でリーグ戦15試合ぶりに出場。しかし、試合中の態度が大きな話題となってしまった。 75分から途中出場したマルティノスだったが、G大阪の昌子源とのマッチアップでフラストレーションが溜まると、試合中から何度も不満をあらわに。主審にも抗議を繰り返し、83分にはイエローカードをもらっていた。 試合終了間際のPKで追いついた京都だったが、マルティノスは試合終了と同時に激昂。同点に追いつき引き分けに終わったことを喜ぶチームメイトとは全く違う反応を見せ、スタッフに制止される事態に。この様子がSNSなどを通じて、大きく話題となっていた。 また、試合後の選手インタビューの際には、引き上げたマルティノスが怒りを露わにする様子も音声ながら入り込む事態に。SNSでは更なる物議を醸していた。 そんな中、マルティノスは7月31日に自身のツイッターで「何が起きたか全て知っているのであれば、それについて意見を持てるのか?真実の半分しか見ていないなら、意見はない方が良い」とこの件についてツイートしていた。 しかし1日、引用リツイート(元ツイートは既に削除)をする形で英語と日本語で謝罪文を掲載。自身の行いについて陳謝した。 「これは試合の中で起こった出来事の一つです。チームのために感情的になりました」 「これが気分を害してしまったのならごめんなさい。そんなつもりはなかったです」 マルティノスは、横浜F・マリノス、浦和レッズ時代にもSNS上での差別的行為を受けたとして訴えている状況に。一方で、ベガルタ仙台ではクラブ批判を海外メディアに行ったことで契約解除。また、同様にSNSで差別を受けているなど、SNS上での被害に何度も遭っていた。 <span class="paragraph-title">【写真】マルティノスの謝罪文</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="zxx" dir="ltr"><a href="https://t.co/pslnF1mhDt">https://t.co/pslnF1mhDt</a> <a href="https://t.co/qgiSdA0mwn">pic.twitter.com/qgiSdA0mwn</a></p>&mdash; Quentin Martinus (@QMartinus11) <a href="https://twitter.com/QMartinus11/status/1554078240834215936?ref_src=twsrc%5Etfw">August 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.03 09:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly