近くククレジャ獲得の動きが本格化のシティ、ジンチェンコを売却可に

2022.06.19 11:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティはウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(25)を放出する用意があるようだ。

本来は攻撃的な中盤だが、シティではジョゼップ・グアルディオラ監督から左サイドバックとして重宝されるジンチェンコ。そのユーティリティ性と技術の高さが買われ、今季も公式戦28試合に出場したが、今夏の去就がにわかに騒がれ出している。

アーセナルの関心が囁かれたりと他クラブからも一定の人気を博すなか、シティも新たな左サイドバックとして、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)を獲得しようとする動きが本格化の様相を呈し始めている。

そして、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、シティはターゲットのククレジャ獲得に向けて近く正式なオファーを出す見通しのなか、ジンチェンコの放出も視野に。この決断は今年5月の段階で下されたものだという。

なお、ジンチェンコを巡ってはエバートンからメインターゲットの1人と目されるほか、他クラブからも視線が注がれているといわれる。

関連ニュース
thumb

ストーンズが代表戦で負傷交代…シティ帰還後の初戦はマンチェスター・ダービーも

イングランド代表DFジョン・ストーンズがケガを負ってしまった。 26日のUEFAネーションズリーグでドイツ代表をホームに迎え撃ったイングランド。グループステージ最下位でリーグB降格が決まっての一戦とあって、今年11月のカタール・ワールドカップを睨んだテストの場となるなか、出場停止明けのストーンズは3バックの右センターバックで先発した。 守りの部分だけでなく、10分にカウンターのキッカケとなる縦パスも披露したりしたが、35分に自身のボールカットから自ら前線に駆け上がった際に右足ハムストリングの裏を右手で抑え込み、プレーを中断。ピッチ上での治療を経て、37分にDFカイル・ウォーカーとの交代で退いている。 現時点でイングランド代表からアナウンスなく、状態不明だが、所属先のシティに戻ると、10月2日に予定するプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦が再開初戦に。検査の結果が待たれるところだ。 2022.09.27 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

デビュー目前!?長谷川唯がフォロワー1000万人超えのシティ公式アカウントに登場!「間もなく」

なでしこジャパンMF長谷川唯の新天地デビューが近づいているようだ。 長谷川は、8日にウェストハムからマンチェスター・シティへと完全移籍。イングランド屈指の強豪へ、移籍市場最終日に加入した。 ウェストハムでの最後の練習で足首を負傷したという長谷川は18日のFA女子スーパーリーグ(FAWSL)開幕戦を欠場していたが、とうとう練習に合流したようで、1300万人ものフォロワーを抱えるシティの公式ツイッターにも25日に長谷川が登場。「マンチェスターへようこそ」とトレーニングウェアに身を包んだ長谷川の姿をアップしている。 残念ながら投稿の直後に行われた25日のチェルシー戦ではベンチ外だった長谷川だが、本人もこの投稿に「soon(間もなく)」の絵文字を添えて反応。待望のデビューが近づいていることを匂わせた。 <span class="paragraph-title">【写真】マンチェスター・シティのトレーニングウェアに身を包んだ長谷川唯</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to Manchester, <a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ManCity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ManCity</a> <a href="https://t.co/t3dAkXALom">pic.twitter.com/t3dAkXALom</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1573689211529691137?ref_src=twsrc%5Etfw">September 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】マンチェスター・シティのユニフォームと長谷川唯</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">長谷川唯/Yui Hasegawa(@yui___hasegawa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.26 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが来夏の獲得目指すベルナルド・シウバ、シティの要求額は約139億円?

マンチェスター・シティは、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を目指すバルセロナに対し、巨額の移籍金を要求する構えのようだ。 ベルナルド・シウバは今夏、バルセロナ行きが度々話題に。バルセロナ側はラ・リーガのサラリーキャップ問題もあり正式オファーを提示できなかったとされるが、選手にとってバルセロナは幼少期からの憧れのクラブであり、来夏こそ移籍が実現するのではと報じられている。 だが、バルセロナにとっては高いハードルがある模様。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、契約を2025年6月まで残すシティは8000万ユーロ(約111億円)以下で手放すつもりはなく、移籍金を1億ユーロ(約139億円)にまで設定しているという。 そのため、経営難のバルセロナがベルナルド・シウバを獲得するには、やはり選手の売却や「大幅な」人件費削減が不可欠とのこと。すでにスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツや同代表DFジョルディ・アルバらの退団が囁かれているが、多額の移籍金収益も得る必要がありそうだ。 2022.09.26 20:07 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがフォーデンと6年契約で合意か? 総額118億円、週給3800万円に

マンチェスター・シティがイングランド代表MFフィル・フォーデン(22)との契約延長を検討しているという。イギリス『Football Insider』が伝えた。 シティの下部組織で育ち、2017年7月にファーストチームに昇格したフォーデン。2020年からはイングランド代表としてもプレーし、16試合で2ゴールを記録している。 シティにおいても徐々にその役割は重視され、現在はウインガーとしてプレー。公式戦179試合で48ゴール35アシストを記録している。 『Football Insider』によると、シティはフォーデンとの契約延長で合意に達したとのこと。新契約は6年間となり、総額約7800万ポンド(約118億4000万円)になると見られている。 週給にして約25万ポンド(約3800万円)になり、これはノルウェー代表FWアーリング・ハーランドやベルギー代表MFケビン・デ・ブライネに接近するクラブ最高額レベルになるという。 今夏チェルシーにイングランド代表FWラヒーム・スターリングを放出したのも、フォーデンの成長があったからこそ。正式発表は間も無くと見られている。 2022.09.26 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

シティも興味? ポルトガル代表FWラファエル・レオンが人気に…ミランとの契約は2024年まで

多くのクラブが獲得に興味を抱いているミランのポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)だが、イングランドからもその視線は熱いようだ。 ポルトガル『レコルド』によると、マンチェスター・シティが獲得を目指しているという。 今夏、現代サッカーにおいて指折りのスコアラーであるノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(22)を獲得したシティ。そのハーランドは、しっかりと期待に応え、公式戦10試合で14ゴール1アシストを記録。プレミアリーグでもその得点力は落ちることなく、7試合で11ゴール1アシストを記録していた。 そのシティは、さらに攻撃力を高めるためにレオンの獲得に動いているとのことだ。 レオンはミランとの契約が2024年夏に満了を迎えるが、当然ミランは契約延長を考えている。 レオンも現在のところセリエAでのプレーを続けることを考えているが、シティ以外にもチェルシーなどが獲得に動いているとされ、今後の去就はどうなるか不明となっている。 すぐに移籍とならない可能性が高いが、興味は続くとみられ、今後の移籍市場での動きは注視する必要がありそうだ。 レオンは、スポルティングCPの下部組織で育ち、2019年8月にリールからミランへと加入。ここまで3シーズンで公式戦115試合に出場し27ゴール21アシストを記録している。 今シーズンもここまで公式戦8試合で3ゴール6アシスト。昨季はチームのスクデット獲得に貢献するなど、一気に評価を上げている。 2022.09.25 21:57 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly